「クリロナじゃん」新潟FW矢村の“衝撃”オーバーヘッドに絶賛「年間ベストゴール確定」

2021.04.22 12:20 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
アルビレックス新潟のFW矢村健が2試合連続のゴールを決めた。矢村は17日に行われた、明治安田生命J2リーグ第8節のツエーゲン金沢戦で試合途中から今季初出場を果たすと決勝点をマーク。クラブ新記録となる開幕8戦連続無敗に大きく貢献すると、21日に行われた第9節の栃木SC戦では今季初の先発出場を果たした。

すると8分、右サイドから高木善朗が抑えのきいた高精度クロスを供給。ゴール前の矢村は、真横からの難しいボールを、大胆にオーバーヘッド。しっかりと捉えたシュートは、ワンバウンドしてゴールネットを揺らした。


ベンチのチームメイトたちも思わず頭を抱える衝撃のゴールだったが、このシーンがJリーグの公式ツイッターで公開されると、ファンからは「これはJ2年間ベストゴール確定」「マンガのレベル」と矢村を称賛する投稿や、2017-18シーズンのチャンピオンズリーグ準々決勝で当時レアル・マドリーのFWクリスティアーノ・ロナウドが決めたオーバーヘッドを彷彿とさせることから「クリロナじゃん」という声もあった。

新潟はその後逆転を許し、2-1とリードを奪われるものの、後半アディショナルタイム2分に右CKのクロスからDF千葉和彦が劇的なヘディング弾。クラブ記録更新の開幕9戦無敗でリーグ首位を維持している。

1 2
関連ニュース
thumb

采配的中の首位・新潟が大宮に逆転勝利で3連勝!追う琉球と京都は直接対決で痛み分け【明治安田J2第12節】

明治安田生命J2リーグ第12節の11試合が5日に行われた。 首位のアルビレックス新潟は、アウェイで大宮アルディージャと対戦。まずは首位の新潟が決定機を迎える。6分、前線でタメを作った谷口が戻すと藤原がダイレクトクロス。これに走り込んだ矢村がフリーでダイビグングヘッドで合わせるが、枠を捉えられない。 それでも、ここまで全試合で先制している新潟がこの試合でも先にスコアを動かした。15分、左CKの高木のクロスをファーサイドに飛び込んだ早川が合わせてゴール。体に当てて泥臭く押し込んだ。 先制を許した大宮は19分にアクシデント。CKでの競り合いで菊地が首を負傷。起き上がれずにそのまま担架で運び出され、中野と交代することになってしまった。だが迎えた31分、三門の自陣からのロングフィードに中野が抜け出し、前に飛び出していたGKとの一対一もループシュートで落ち着いて制した。 1-1で迎えた後半、立ち上がりに小野が決定機を迎えた大宮は、前半途中から見せていた背後を狙う攻撃が機能する。59分、自陣でボールを持った小島が持ち出しハーフウェイライン付近で左足アウトにかけたスルーパス。これに抜け出たハスキッチがGKとの一対一を冷静に決め、逆転に成功した。 これを受けてシステムを[4-3-3]に変更した新潟は74分、左サイドでパスを受けた高木がワンタッチヒールで縦に流すと、これを受けた本間がカットイン。ボックス左45度の角度から右足を振り抜いたシュートが右下に決まり、再びスコアはタイとなる。 こうなると勢いのついた新潟は止まらず、81分にはボックス左で三戸からパスを受けた星が、何度も相手のブロックに阻まれながらも、粘り強いキープからシュートまで持ち込み一気に逆転。その後も幾度となく決定機を迎えたアウェイチームは、相手の反撃を許すことなく2-3で試合をクローズ。3連勝を収め、開幕からの無敗を「12」に伸ばした。 一方、その新潟を追う2位のFC琉球と3位の京都サンガF.C.がタピック県総ひやごんスタジアムで直接対決。京都は勝てば2位浮上となる中、19分にウタカのミドルシュートでゴールに迫る。対する琉球は28分、左サイドから上がったクロスを風間宏矢が頭で折り返すと、阿部、富所、上里とシュートを連発。しかし、身体を張った京都ディフェンスを崩すまでには至らない。 ゴールレスで迎えた後半立ち上がりには、琉球は風間宏矢が右サイドから上げたアーリークロスを清水がダイビングヘッド。枠を捉えていたが、GK若原がビッグセーブを見せる。京都は57分に宮吉にチャンスが訪れるも、両チームとも最後までネットを揺らせず、0-0の痛み分けとなった。 ◆明治安田生命J2リーグ第12節 モンテディオ山形 2-2 ヴァンフォーレ甲府 大宮アルディージャ 2-3 アルビレックス新潟 ツエーゲン金沢 2-3 水戸ホーリーホック ファジアーノ岡山 1-2 FC町田ゼルビア レノファ山口FC 0-1 ジェフユナイテッド千葉 愛媛FC 0-0 ジュビロ磐田 V・ファーレン長崎 1-2 ブラウブリッツ秋田 東京ヴェルディ 3-1 ザスパクサツ群馬 松本山雅FC 2-1 SC相模原 栃木SC 1-2 ギラヴァンツ北九州 FC琉球 0-0 京都サンガF.C. 2021.05.05 21:15 Wed
twitterfacebook
thumb

J2首位新潟が阿部航斗とプロA契約! 今季開幕から全試合先発の若き守護神

アルビレックス新潟は4日、GK阿部航斗(23)とのプロA契約締結を発表した。 世代別代表歴を持つ阿部は新潟下部組織育ちの若き守護神で、筑波大学に進学。2020年から新潟に戻る形でプロキャリアをスタートさせた。 初年度こそ出番なしに終わったが、今季は明治安田生命J2リーグ開幕から11試合連続で先発起用。首位を走るチームに大きく貢献している。 なお、4月24日に行われた第10節の愛媛FC戦でプロA契約締結条件をクリア。晴れてプロC契約からプロA契約に変更となった。 2021.05.04 11:15 Tue
twitterfacebook
thumb

上位陣が揃って勝利 愛媛との打ち合いを制した京都は6連勝!【明治安田J2第11節】

5月1日、明治安田生命J2リーグ第11節が各地で行われた。上位陣は軒並み勝利を収めている。 ホームで千葉と対戦した新潟は開始5分、左CKのチャンスで高木が右足でクロスを上げると、ニアで合わせた谷口のヘディングシュートが突き刺さり、幸先よく先制。谷口は2試合連続ゴールとなった。 後半立ち上がりに千葉の櫻川のシュートを浴びてピンチに。だが、ここをGK阿部の好セーブで凌ぎ切ると、迎えた63分、自陣中央で相手と入れ替わって前を向いた本間のスルーパスで谷口がボックス左に侵入。カットインから右足を振り抜き、ゴール左を打ち抜いた。 これで開幕からの無敗を11試合とした首位・新潟を追うのは、こちらも好調の琉球。雷の影響で開始10分足らずでしばらくの中断を強いられた中、再開直後の11分に先制する。風間宏希のミドルシュートのセカンドボールを拾った田中がボックス右からクロス。これを清武が頭で合わせてネットを揺らした。 さらに35分には、田中が右サイドの浅い位置からグラウンダーでクロスを送ると、ボックス中央で阿部がスルーし、ファーサイドの清武が流し込み追加点。続く40分にも、チームがパスを回して攻撃の機会を窺う中で、隙を見てゴール前に走り込んだ池田がボックス手前左の沼田のパスを呼び込みシュート。一度はDFにブロックされたものの、こぼれ球を自ら押し込んで3点目を挙げた。 前半アディショナルタイムに1点を返された琉球だったが、この日は焼け石に水。79分に途中出場の茂木が右足で入れた左CKが相手DF白井のオウンゴールを誘って4点目。87分には、連動したプレスで敵陣左サイドでボールを奪い、ボックス中央の赤嶺へ。その赤嶺のポストプレーから最後は茂木がゴールを決めて大量5得点。2連勝の琉球が新潟を勝ち点差1で猛追している。 上位2チームに突き放されまいとする3位の京都も実力を見せる。愛媛をホームに迎えた一戦。開始5分にウタカのポストプレーから始まった攻撃で、味方のパスが相手に当たると、運良くゴール前に走り込んでいた宮吉の下へ。これを冷静に沈めて、先制に成功した。 3試合連続ゴールの宮吉はこれがサンガスタジアム初ゴールに。畳みかける京都は40分、敵陣中央でボールを持った武田から、左サイドからボックス右に走る松田へスルーパス。見事なフリーランでチャンスを創出し、最後は右足で流し込んだ。 前半アディショナルタイムに1点返された中、雷の影響で後半開始は1時間遅れに。試合もしばらく沈黙していたが、76分に京都は松田のシュートのこぼれ球をヨルディ・バイスが押し込んで追加点。その3分後には、愛媛も負けじと藤本がネットを揺らすなど、一転して大きく動く。 しかし、その後は両チームとも追加点は奪えず試合終了。ホームで3-2で勝利した京都はこれで6連勝となった。 また、4位に位置する磐田も栃木との打ち合いを3-2で制しており、上位陣の順位および勝ち点差に変動はなし。熾烈な争いが続いている。 ◆第11節 ▽5/1(土) ブラウブリッツ秋田 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 ファジアーノ岡山</span> ザスパクサツ群馬 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 モンテディオ山形</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ヴァンフォーレ甲府 2</span>-0 ツエーゲン金沢 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">アルビレックス新潟 2</span>-0 ジェフユナイテッド千葉 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ジュビロ磐田 3</span>-2 栃木SC <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">京都サンガS.C. 3</span>-2 愛媛FC ギラヴァンツ北九州 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 松本山雅FC</span> SC相模原 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">5 FC琉球</span> ▽5/2(日) 水戸ホーリーホック vs V・ファーレン長崎 東京ヴェルディ vs 大宮アルディージャ FC町田ゼルビア vs レノファ山口 2021.05.01 19:01 Sat
twitterfacebook
thumb

本間至恩躍動の新潟が首位堅め 愛媛は新体制初黒星【明治安田J2第10節】

明治安田J2リーグ第10節の愛媛FCvsアルビレックス新潟が24日にニンジニアスタジアムで行われ、アウェイの新潟が0-2で勝利した。 新体制となり直近2連勝中の愛媛と、前節は栃木SCと引き分けに終わった新潟による一戦。立ち上がりから新潟がリズムを作ると12分、左サイドの本間が中へ切り込み、右サイドへ浮き球を供給。これをゴールラインぎりぎりのところで星がワンタッチで折り返し、最後は谷口が頭で押し込んだ。 本間は前半終了間際にも、得意のドリブルでチャンスを演出。左サイドからドリブルを開始し、寄せてきた2人の相手の間を突破。ボックスへ侵入し、右の星へラストパスを送るが、星のシュートはクロスバーを大きく越えていった。 後半も新潟が58分に谷口が決定機を迎えるなど、ペースを握ったまま試合を進めていくが、途中投入された三戸が84分に2枚目のイエローカードを受けて退場に。嫌な雰囲気となったが、88分に最終ラインからのロングボールに反応した本間がワンタッチでDFを躱してボックス左に侵入すると、そのままシュートを流し込んで決定的な2点目をゲット。これで新潟は2試合ぶり勝利、一方の愛媛は新体制初黒星となった。 ◆第10節 ▽4/24(土) 愛媛FC 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 アルビレックス新潟</span> ▽4/25(日) ブラウブリッツ秋田 vs 水戸ホーリーホック モンテディオ山形 vs ジュビロ磐田 大宮アルディージャ vs FC町田ゼルビア ジェフユナイテッド千葉 vs SC相模原 松本山雅FC vs ザスパクサツ群馬 ツエーゲン金沢 vs 栃木SC ファジアーノ岡山 vs ギラヴァンツ北九州 レノファ山口 vs 京都サンガS.C. V・ファーレン長崎 vs 東京ヴェルディ FC琉球 vs ヴァンフォーレ甲府 2021.04.24 17:25 Sat
twitterfacebook
thumb

京都が北九州に6発圧勝!ウタカがハットトリックで本領発揮【明治安田J2第8節】

明治安田生命J2リーグ第8節の10試合が、17日に各地で行われた。 2連勝中の京都はホームのサンガスタジアムbyKYOCERAで北九州と対戦。立ち上がりから押し込むと17分、敵陣左サイドのスローインからワンタッチでパスが繋がり、武田がボックス右のウタカに展開。フリーのウタカはワントラップから右足の豪快なシュートを突き刺し、先制点を挙げた。 さらにウタカは23分、京都が波状攻撃を仕掛ける中で、飯田がボックス右角付近から上げたクロスをファーサイドで左足ボレーで合わせて追加点。これで勢いに乗った京都はその3分後、ボックス右に走り込んだ飯田が宮吉からパスを受けると、右足を振り抜いたシュートは右ポストを当たりながらもゴールに吸い込まれて3点目。飯田はこれはプロ初ゴールとなった。 その後、43分に1点を返されるも今日の京都には焼け石に水。後半立ち上がりの52分、左CKの流れでボックス右の福岡から中央でパスを受けたウタカがゴールに流し込んでハットトリックを達成。さらに72分と75分には、それぞれセットプレーからヨルディ・バイスが2点を決めて、6-1で京都が圧勝。会心の勝利で3連勝を収めた。 これで3位の京都が上位に迫った一方、首位の新潟はホームで金沢と対戦。相手にほとんどシュートを打たせることなく攻勢を維持したまま試合をすすめるが、なかなか肝心の1点が遠い。その中で65分にここまで全試合先発出場のロメロ・フランクが相手との接触で負傷。担架に乗せられ交代を余儀なくされてしまった。 嫌な雰囲気が漂ったが、試合を決定づけたのは、その交代で投入された矢村だった。77分、新潟は相手の攻撃回避のためにGK阿部が前方へロングフィードを送ると、ピッチ中央で高木が競り合ったこぼれ球を本間が前線へ運ぶ。ペナルティーアーク付近で並走する矢村がパスを受け、最後はボックス右からの強烈なシュートでゴールイン。これが決勝点となり、今季7勝目を挙げた。 また、新潟と勝ち点で並ぶ琉球も勝利を収めた。ホームで東京Vを迎えた一戦は、2連勝中と勢いのある相手に苦戦を強いられる。だが、41分に東京Vの佐藤が倒れた際に琉球の富所を足裏で押すように攻撃を妨害。これが一発レッドカードと見なされ退場となると、後半から琉球が徐々に押し込んでいく。 62分、左サイドから沼田が上げたクロスをボックス右の風間宏矢が頭で落とすと、走り込んだ田中が押し込み琉球が先制。さらにその6分後には、ドリブルでペナルティエリアに侵入した富所に対して、平が腕を使って侵攻を阻止したため、琉球にPK献上。これを富所が決めて、2-0で勝利した。 ◆第8節 ▽4/17(土) ブラウブリッツ秋田 0-0 モンテディオ山形 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">京都サンガS.C. 6</span>-1 ギラヴァンツ北九州 松本山雅FC 3-3 ヴァンフォーレ甲府 ジェフユナイテッド千葉 0-0 栃木SC 大宮アルディージャ 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 愛媛FC</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">レノファ山口 1</span>-0 ザスパクサツ群馬 V・ファーレン長崎 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 FC町田ゼルビア</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">アルビレックス新潟 1</span>-0 ツエーゲン金沢 ファジアーノ岡山 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 水戸ホーリーホック</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">FC琉球 2</span>-0 東京ヴェルディ ▽4/18(日) SC相模原 - ジュビロ磐田 2021.04.17 19:30 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly