久保欠場のヘタフェ、レアルとドローも指揮官はある質問に不快感「必ず何かを言われる」

2021.04.19 11:35 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヘタフェのホセ・ボルダラス監督が、レアル・マドリーとの一戦を振り返った。スペイン『マルカ』が伝えた。ヘタフェは18日、ラ・リーガ第33節でマドリーをホームに迎えて戦った。

優勝を争うマドリーと、残留を争うヘタフェの一戦。互いに勝ち点が必要な試合はゴールレスドローで終了し、勝ち点1を分け合うことに。日本代表MF久保建英は古巣対決が注目されたが、ベンチに座ったまま出場機会はなかった。


試合後、ボルダラス監督はチームのパフォーマンスを評価。勝てた試合だったと振り返った。

「試合前も試合後も勝てたのではないかと思っている。チームは素晴らしい試合をしたし、15本のシュートを放ち、より多くのチャンスを作ったが、簡単なことではなかった」

「選手たちは全力を尽くしてくれたし、良いプレーができ、大胆なプレーもできた。彼らを祝福したい。我々は完璧な試合をした」

また、ヘタフェのホームで行われたことで、コリセウム・アルフォンソ・ペレスの芝が乾いており、ボールが動かなかったと指摘されたが、ボルダラス監督はこの質問に不快感を示し、ルール内で行なっていると主張した。

「コメントしない。どうでも良いことだろう。自分のチームが良い試合をすると、なぜだか必ず何かを言われる」

「ピッチは、ルールと合法性の範囲内で、チームが望む形になっている」
4月19日 11:30
1 2
関連ニュース
thumb

「今日は幸せ」加入後初ゴール、救世主となった久保建英が喜びを語る「喜びを共有したい」

ヘタフェの日本代表MF久保建英が、チームを残留に導くゴールを喜んだ。スペイン『マルカ』が伝えた。 ヘタフェは16日、ラ・リーガ第37節でレバンテをホームに迎えた。 残留争い真っ只中のヘタフェ。苦しい状況で迎えた試合で久保はベンチスタート。チームは13分にカルレス・アレーニャがゴールを奪い1-0とリードする。しかし、30分にゴンサロ・メレロにゴールを許し1-1に。そのまま試合は進む。 久保は75分にピッチに立つと84分、ロングフィードの処理に飛び出したGKカルデナスのミスパスをカットした久保がボックス左から左足一閃。これがゴール左に突き刺さり、2-1と勝ち越しに成功。そのまま勝利を収め、チームは残留が決定した。 試合後、ヘタフェ加入後初ゴールが決勝点となった久保がコメント。残留争いのライバルであるエルチェが勝っていることを知り、発破をかけられたと明かした。 「僕はベンチスタートでした。そしてウォーミングアップしている時に、エルチェが勝っているというニュースを知り、引き分けでは僕たちにあまり価値がなくなってしまいました。そして、僕たちがゴールを目指せと言われました」 この試合では、同じタイミングでチームに加入したアレーニャとゴールで共演したが「最初の試合で2人とも来たばかりでしたが上手くできましたし、今日も素晴らしい試合ができました。ビジャレアルとヘタフェでだいぶ苦しみましたが、大切なことだと思いますし、今日は幸せです」とコメント。今シーズンは苦しんだものの、それが重要だと語った。 ここ最近は試合に出場しないことも多かった久保。それでも「プレーしていないときは一生懸命トレーニングをしており、監督はそれを知っています。チームに参加し、状況が変わるのかどうか。昨シーズンのリズムを取り戻し、さらに上を目指せるかの確認ができました」と語り、チームに貢献できたことを喜んだ。また「早くドレッシングルームに戻って、僕たちで祝いたいです。観客の前でプレーすることはできません。でも、外にたくさんの人を見たので、その人たちと喜びを共有したいです」とし、残留を待ちわびたファンとも喜びを分かち合いたいと語った。 <span class="paragraph-title">【動画】救世主・久保建英が初ゴールで残留を手繰り寄せる(3:40〜)</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=t0g5e4ipzjd21nrumw07jizja" async></script> 2021.05.17 10:43 Mon
twitterfacebook
thumb

久保がヘタフェ移籍後初ゴールでチームを残留に導く!敵地で完敗のエイバルは2部降格が決定…《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第37節が16日に一斉開催で行われた。 引き分け以上で残留の決まる16位ヘタフェ(勝ち点34)は、ホームで13位のレバンテ(勝ち点40)と対戦し2-1で勝利した。ヘタフェのMF久保建英は、75分からプレーし84分に移籍後初ゴールをマークした。 ヘタフェは13分、敵陣でボールを奪ったククレジャがボックス左深くから折り返すと、ボックス内に走りこんだアレーニャがダイレクトシュートをゴール右隅に流し込み、先制に成功した。 その後、30分にメレロのゴールで同点とされたヘタフェは、38分にマティアス・オリベラの折り返しをマタがダイレクトで合わせたが、このシュートはクロスバー直撃した。 後半は立ち上がりからレバンテにボールを握られる展開となる中、ヘタフェは75分にククレジャを下げて久保を投入。すると84分、ロングフィードの処理に飛び出したGKカルデナスのミスパスをカットした久保がボックス左から左足一閃。これがゴール左に突き刺さった。 結局、これが決勝点となり、2-1で勝利したヘタフェがラ・リーガ残留を決めた。 また、奇跡の逆転残留へ勝利が絶対条件の最下位エイバル(勝ち点30)は、アウェイで14位のバレンシア(勝ち点39)と対戦し1-4で敗戦した。FW武藤嘉紀は36分までプレー、MF乾貴士はベンチ入りも出場機会はなかった。 武藤が16試合ぶりの2トップの一角として先発したエイバルは、開始早々に失点する。3分、ドリブルで持ち上がったソレールのラストパスをボックス左手前で受けたゴンサロ・ゲデスが縦に切り込みシュート。これがゴールネットに突き刺さった。 反撃に出たいエイバルだったが、再びスコアを動かしたのはバレンシア。19分、ガヤとのパス交換で左サイド深くまで抜け出したゴンサロ・ゲデスの折り返しをソレールが流し込んだ。さらに30分にも、ガヤの左クロスからソレールがゴールネットを揺らし、リードを3点に広げた。 流れを変えたいエイバルは、36分に武藤とK・ロドリゲスを下げてセルジ・エンリクとブライアン・ヒルを投入。すると39分、オーバーラップしたT・コレイアの折り返しをゴール前のブライアン・ヒルが押し込み、1点を返した。 勢いづきたいエイバルだったが、後半早々に再び失点する。49分、ガブリエウのロングパスで右サイドを抜け出したマキシ・ゴメスの折り返しをゴンサロ・ゲデスがワンタッチで流し込み、4点目。 結局、試合はそのまま1-4でタイムアップ。敗戦したエイバルは最終節へ望みをつなぐことが出来ず、2部降格が決定した。 そのほか、岡崎慎司の所属する17位ウエスカ(勝ち点33)は、アウェイで6位ベティスと対戦し0-1で敗戦。岡崎はベンチ入りも出場機会はなかった。 ウエスカは54分にボックス内の混戦からガストン・シルバがボルハ・イグレシアスを倒しPKを献上。これをボルハ・イグレシアスに決められると、最後まで同点弾が奪えず、そのまま敗戦。 残留を争う18位のエルチェが勝利したため、ウエスカの残留は最終節に持ち越しとなった。 2021.05.17 04:41 Mon
twitterfacebook
thumb

サンドロ・ラミレス弾でウエスカが残留へ大きな勝ち点3を獲得!久保途中出場のヘタフェは3連敗…《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第36節が12日に行われ、岡崎慎司の所属するウエスカはビルバオと対戦し1-0で勝利した。岡崎はベンチ入りも出場機会はなかった。 ラ・リーガ残留へ望みの繋ぎたい18位ウエスカ(勝ち点30)が、9位ビルバオ(勝ち点46)をホームに迎えた一戦。ウエスカの岡崎は5試合連続のベンチスタートとなった。 立ち上がりから試合をコントロールするウエスカは20分、自陣ハーフライン付近で獲得したFKからヴァヴロがロングシュートで直接ゴールを狙うと、これがクロスバーを直撃した。 さらにウエスカは34分にも、ガランの左CKからラファ・ミルのヘディングシュートでビルバオゴールに迫ったが、これはGKウナイ・シモンの好セーブに阻まれた。 ゴールレスで迎えた後半も積極的な入りを見せたウエスカは、61分にボックス右角付近でパスを受けたサンドロ・ラミレスが右足一閃。強烈なシュートはGKウナイ・シモンの手を弾き、そのままゴールネットに突き刺さった。 結局、これが決勝点となり1-0でウエスカが勝利。残留に向けて大きな勝ち点3を手にした。 また、久保建英の所属するヘタフェはアウェイでセルタと対戦し0-1で敗戦した。久保は60分からプレーしている。 久保がベンチスタートとなった一戦は、立ち上がりから一進一退の展開が続く中、セルタが24分にスコアが動かす。アルパスのパスで右サイドを抜け出したデニス・スアレスのクロスがファーサイドまで流れると、これを受けたノリートがゴールエリア左からシュートを流し込んだ。 先制を許したヘタフェは43分、ロングフィードを前線のウナルが頭で繋ぐと、これを受けたアンヘルがうまくDFと入れ替わりゴール前まで侵攻したが、シュートはGKビジャールに阻まれた。 迎えた後半も膠着状態が続く中、ヘタフェは60分にウナルとイグレシアスを下げてマタと久保を投入。すると76分、アレーニャの左クロスのセカンドボールをバイタルエリア中央に走りこんだチェマ・ロドリゲスがダイレクトボレーで合わせたが、これはGKビジャールの好セーブに弾かれた。 結局、試合はそのまま0-1でタイムアップ。ホームで痛恨の3連敗となったヘタフェは残留争いから抜け出すことに失敗した。 2021.05.13 05:03 Thu
twitterfacebook
thumb

日本人3選手不出場のヘタフェvsエイバルはエイバルに軍配! 今季初の連勝で奇跡の逆転残留に望み《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第35節、ヘタフェvsエイバルが8日にコリセウム・アルフォンソ・ペレスで行われ、アウェイのエイバルが0-1で勝利した。なお、ヘタフェのMF久保建英、エイバルのMF乾貴士、FW武藤嘉紀の3選手はベンチ入りしたものの、いずれも出場機会なしに終わった。   15位のヘタフェ(勝ち点34)と最下位のエイバル(勝ち点26)による残留争い直接対決。   ヘタフェは前節、ビジャレアル相手に0-1で競り負けて残留争いを抜け出す連勝とはならず。2戦ぶりの白星を目指す一戦において久保は引き続きベンチスタートとなった。   対するエイバルは前節、乾と武藤がいずれも途中出場となった中でキケ・ガルシアの見事なハットトリックの活躍によってアラベスに快勝し、17戦ぶりの白星を手にした。奇跡の逆転残留に向けて連勝を狙うチームでは乾、武藤共にベンチから戦況を窺うことになった。   試合は戦前の予想通り、互いに守備から入る慎重な入りを見せる。球際でバチバチやり合う残留争い直接対決らしい拮抗した展開が続き、共になかなかフィニッシュまで持ち込むことができない。   そういった流れの中で前半半ば過ぎにはヘタフェにアクシデント発生。相手と交錯した際に左肩を強かにピッチへ打ちつけたジェネがプレー続行不可能となり、26分にチャクラが緊急投入された。その後はややヘタフェ優位で試合が進んだものの、共に枠内シュート0に終わるクローズな状況のまま試合は0-0で折り返した。   後半も試合展開に大きな変化はなし。前半同様に主導権を握るヘタフェはサイドからのシンプルなクロス、セットプレーから先制ゴールを狙い、前半から動きにキレを見せていたエネス・ウナルがゴール前で迫力を見せる。   さらに、徐々に攻勢を強めるヘタフェは62分、ハーフウェイライン付近でルーズボールを回収したマタが相手GKの前目のポジションを見極めて意表を突くロングシュート。これが枠を捉えるが、GKドミトロビッチに対応される。さらに、66分には人数をかけた攻撃からボックス手前右角でニョムが上げたクロスをファーでフリーのオリベラがワンタッチで合わせるが、力のないシュートはGKに処理された。   逆転での残留に向けて勝ち点3が必須もなかなか攻撃の形を作れないエイバルは70分にエスポジトを下げてレシオを最初のカードとして切る。この交代直後の71分には左サイドからホセ・アンヘルが上げたクロスをボックス中央で収めたセルジ・エンリクが反転から左足のシュートを狙うが、これは枠を捉え切れない。   その後、ホームのヘタフェがウナルを下げてチェマをピッチに送り出し、0-0での幕引きを意識した守備的な交代策で試合を締めにかかる。   ヘタフェの思惑通り、このままゴールレスドローでの終了かに思われたが、90分を通してほぼゴールの匂いを感じさせなかったエイバルが土壇場で試合を動かす。左CKの場面でセルジ・エンリクのフリックがマクシモビッチのハンドを誘い、オンフィールドレビューの結果、PKが与えられる。これをキッカーのレシオがきっちり左隅に突き刺し、先制点を奪った。   そして、慌ててアレーニャ、アンヘルを投入しゴールを目指したホームチームの反撃をきっちり凌いだエイバルが対ヘタフェ初勝利を挙げると共に、今季初の連勝を飾って奇跡の逆転残留に向けて大きな勝ち点3を手にした。 2021.05.09 23:09 Sun
twitterfacebook
thumb

EL2ndレグの控えるビジャレアルがヘタフェに辛勝で3試合ぶりの白星! 古巣対戦の久保は84分から出場《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第34節のビジャレアルvsヘタフェが2日に行われ、1-0でビジャレアルが勝利した。ヘタフェの久保建英は、84分からプレーした。 前節8試合ぶりに勝利した15位ヘタフェ(勝ち点34)が、リーグ戦連敗中の7位ビジャレアル(勝ち点49)のホームに乗り込んだ一戦。 ミッドウィークにヨーロッパリーグ準決勝1stレグのアーセナル戦を行ったビジャレアルは、その試合からスタメンを6人変更。ジェラール・モレノやトリゲロス、アルビオル、GKルジらに代えてモイ・ゴメスやフネス・モリ、ガスパール、GKアセンホらがスタメンで起用された。 古巣対決となる久保がベンチスタートとなった一戦は、開始早々の4分にヘタフェがチャンスを迎える。ダミアン・スアレスの右クロスをファーサイドに走りこんだマタがヘディングシュートで合わせたが、叩きつけたボールはゴール左に外れた。 高い位置から激しくプレスをかけるヘタフェの守備に苦戦するビジャレアルは、30分を過ぎても決定機はおろかシュートすら打てない状況が続いたが、最初のチャンスでネットを揺らす。32分、スローインをボックス左手前のアルカセルが頭でつなぐと、ボックス左に抜け出したチュクウェゼがゴールネットを揺らしたが、これはチュクウェゼのオフサイドを取られた。 膠着状態が続く中、ビジャレアルは43分にも決定機。敵陣でアルカセルがロストしたこぼれ球をペナルティーアーク内のキャプーがボレーシュート。しかし、これはGKソリアのセーブに阻まれ、前半はゴールレスで終了した。 迎えた後半も開始早々にヘタフェがチャンスを作る。47分、アランバリのミドルシュートからGKアセンホの弾いたボールをマタが押し込んだが、これはオフサイドと判定され、ゴールは取り消された。 その後は一進一退の展開が続く中、ビジャレアルは62分にアルカセル、ラバ、パレホを下げてバッカ、ジェラール・モレノ、コクランを投入。さらに69分には、チュクウェゼを下げてジェレミ・ピノをピッチに送り出した。 すると79分、GKからのロングフィードをジェラール・モレノが頭でつなぐと、最前線で受けたバッカがワンタッチで右サイドへ展開。これをバイタルエリア右で拾ったジェレミ・ピノがドリブルでボックス右まで持ち込み、ゴール左隅にシュートを突き刺した。 先制を許したヘタフェは、84分にアランバリを下げて久保を投入したが、シュートなどの見せ場は訪れず。 結局、試合はそのまま1-0でタイムアップ。リーグ戦3試合ぶりの白星を飾ったビジャレアルが、ミッドウィークに行われるEL2ndレグのアーセナル戦に向けて良い流れを持続している。 2021.05.03 01:20 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly