「GKはお手上げ」レアンドロ・ダミアンの「約40メートルのミドル」がJリーグ月間ベストゴールに選出!

2021.04.09 19:11 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
Jリーグは9日、2・3月の「2021明治安田生命Jリーグ KONAMI月間ベストゴール」を発表した。明治安田生命J1リーグでは、3月17日に行われた明治安田生命J1リーグ第5節、ヴィッセル神戸vs川崎フロンターレの一戦で、川崎FのFWレアンドロ・ダミアンが決めたゴールが受賞している。

0-0で迎えた神戸戦の72分、神戸GK前川黛也が自陣中央付近まで飛び出してボールを処理すると、カットを試みたDF谷口彰悟が一気に前線のレアンドロ・ダミアンに配球。ゴールから遠目の位置だが、胸トラップから右足ボレーで狙ったシュートがそのまま吸い込まれていった。


開幕から6試合で6ゴールを量産したレアンドロ・ダミアンは、初受賞の喜びを語っている。

「ベストゴールの賞をいただき、素直に嬉しく思っております。このゴールは私だけで決めたものではなく、チーム全員で決めたゴールになります。私はストライカーとして、常にゴールを目指していますが、最も大切なことはチームの勝利に貢献すること、チームの勝利に繋がるゴールを決めることです。これからもチームのために全力でプレーしていきたいと思います。ありがとうございました」

◆選考理由
播戸竜二委員
「圧巻の一言!あのボールが来た時点で、ゴールへのイメージがあるストライカーは少ないと思う。それくらい普段からゴールのイメージと自分の位置を把握しているからこそのゴール!シュートの前のコントロールも素晴らしいし、あの距離をしっかり決める技術も素晴らしい!」

柱谷幸一委員
「ピッチ上の状況を把握してシュートを選択した判断力と、浮き球を止めて反転してボレーシュートした技術が素晴らしい」

北條聡委員
「あっと驚く超絶ゴール。後方からのパスを浮かせた次の瞬間、振り向きざまに右足一閃。約40メートルのミドルを無人のゴールへ突き刺した。大きく前へ出ていたGKはお手上げ。機を逃さぬ判断力と高い技術が際立った」

なお、J2リーグからは大宮アルディージャ戦で後半アディショナルタイムにゴールを決めたSC相模原の藤本淳吾。J3リーグからは藤枝MYFC戦で35メートル超のフリーキックを沈めたFC岐阜の中島賢星のゴールが選ばれている。

1 2
関連ニュース
thumb

5月15日Jリーグの日にまつわる思い出/六川亨の日本サッカーの歩み

5月15日は「Jリーグの日」と言われている。今から28年前の93年5月15日、国立競技場でヴェルディ川崎(現東京V)対横浜マリノス(現横浜FM)の試合が開催された(2-1でマリノスの勝利)。 当時は翌16日の日曜日に残りの4試合がデーゲームとナイトゲームで開催された。昨日のJ1リーグではガンバ大阪と浦和レッズの試合が17時から開催されたが、奇しくも93年の開幕戦と同一カードだった。 この「Jリーグの日」、93年から制定されていたわけではない。2017年にJリーグが初めて制定して数々のイベントを開催するようになった。たぶん村井チェアマンの発案ではないだろうか。 というのも、初代の川淵チェアマン以降、歴代のチェアマンである鈴木氏(鹿島)、鬼武氏(C大阪)、大東氏(鹿島)の3氏はいずれもJクラブの社長経験者だった。このため「5月15日」は身近なため特別な感情を抱いていなかったのではないだろうか。その点、村井氏は一サッカーファンだったため、「5月15日」に特別な思いがあったと推測される。 28年前の開幕戦は、ヴェルディ川崎のマイヤーのJリーグ初ゴールに始まり、同年の得点王になったラモン・ディアスの決勝点、翌日の鹿島対名古屋戦でのジーコのハットトリックなど話題満載の2日間だった。 当時について、JSL(日本サッカーリーグ)時代は日産でプレーし、Jリーグの創設に伴い出身地の清水エスパルスへ加入した長谷川健太氏(現FC東京監督)は、「一番は我々がどうすればいいのか困った」と回顧する。 それもそうだろう。昨日まではアマチュアでプレーしていたのが、明日からはプロとしてプレーする。しかし「Jリーグができたからといって、すぐに上手くなるわけではない」からだ。 そこで長谷川監督は「とりあえず気持ち、姿勢だけはお客さんに満足してもらおうと開幕を迎えたと思います。戸惑いはあったが、逆にそれで注目していただいて、何か変わらなきゃ、技術はすぐに上手くならないので、気持ちでやろうと。そういう意味で大きく変わったと思います」と当時の心境を述懐した。 当時の試合を見返すと、技術・戦術のレベルは低いものの、行き来の激しい試合を90分以上も続けていた。球際での競り合いは現在より激しく、このため大けがをする選手もいた。そうした激しさ、肉弾戦がファン・サポーターの熱狂を呼び、Jリーグブームを巻き起こしたのだろう。 当時のチケットは「プラチナチケット」と呼ばれ、チケット欲しさに殺人事件が起きる悲しい出来事もあった。 ちなみに当時のサッカーダイジェストはJSL時代もJリーグが誕生してからも、選手インタビューに金銭を支払っていなかった。しかし清水エスパルスの広報から謝礼を要求された際にその理由を聞くと、「選手はプロなので」という返事だった。「プロとは何か」、誰もが試行錯誤の時代だったのかもしれない(もちろん取材は遠慮した)。 「Jリーグの日」に話を戻すと、万博で開催されたG大阪対浦和戦は19時04分キックオフのため、開幕を特集したダイジェストに掲載することはできなかった。なぜかというと、当時はまだデジタル化は到来していないのと、インターネットも現在のように普及していなかったからだ。 撮影はフィルムで行い、現像する必要がある。デーゲームなら新幹線で当日に持ち帰ることができるが、ナイトゲームでは締め切りに間に合わない。そこで掲載を断念しなければならなかった。 今から10数年ほど前のことである。縁あって浦和のムック本を制作することになった。そこで93年の開幕戦のチーム集合写真を国内最大手の写真エージェントに探しに行った。ポジフィルムで撮影された試合だったが、写真の総数は20点くらいで、いずれも選手は豆粒のように小さかった。 当時のカメラは今と違い、オートフォーカスではなく手動でピントを合わせなければならないため技術が要求される。加えて300ミリ以上の望遠レンズも欠かせない。しかし、目の前にある写真はどう考えても素人が撮影したものとしか思えなかった。 そして浦和の集合写真はない。ホームのG大阪の集合写真はあるため、そちらを優先したことで浦和の集合写真は撮り損ねたのだろう。そこでクラブを始め共同通信社などに確認したところ、判明したのはどこも93年の開幕戦の浦和の集合写真は「ない」ということだった。ちょっと衝撃的な事実である。 最後に思いついたのは、地元である埼玉新聞だった。新聞社のためモノクロかもしれないが、知人のサッカー担当記者に電話したところ、結果は「ビンゴ!」だった。ネガフィルムではあるがカラー写真で集合を撮影していた。 これもJリーグが掲げた「地域密着」のおかげかもしれない。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2021.05.17 21:45 Mon
twitterfacebook
thumb

鳥栖が流経大のMF佐藤響、MF菊地泰智の来季加入内定を発表

サガン鳥栖は17日、流通経済大学のMF佐藤響(22)、MF菊地泰智(22)の来季加入内定を発表した。 佐藤は栃木県出身。水戸啓明高校から流通経済大学へと進学した。168cm、65kgと小柄ながら「前線からのプレスでボールを奪いとる守備が特徴。攻撃ではサイドのポジションを全てこなせるユーティリティ性があり、ドリブル突破も得意」と鳥栖がプレースタイルを紹介している。 一方の菊地は埼玉県出身で浦和レッズのジュニアユース出身。流通経済大学付属柏高校から流通経済大学へと進学した。 菊地は160cm、60kgと佐藤よりも小柄だが「左足から繰り出すパスやシュートの精度が高い。ビルドアップにも積極的に関わりチャンスを作りだすミッドフィルダー」と鳥栖がプレースタイルと紹介している。 両選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆MF佐藤響 「この度サガン鳥栖に加入することになりました流通経済大学の佐藤響です。幼い頃からの目標であったプロサッカー選手のキャリアをサガン鳥栖という伝統ある素晴らしいクラブでスタートできることに大変嬉しく思います」 「サガン鳥栖の勝利、タイトル獲得に貢献できるよう全力で闘います。そしてファン、サポーターの皆さんと勝利を分かち合える日を楽しみにしています。応援よろしくお願いします!」 ◆MF菊地泰智 「2022シーズンからサガン鳥栖でプレーすることになりました流通経済大学の菊地泰智です。これまでの人生に携わっていただいた方々に感謝を忘れず、これからも皆様に応援されるようなプレーヤーになれるよう、そしてサガン鳥栖の勝利に貢献できるよう頑張りますので応援よろしくお願いいたします」 2021.05.17 12:25 Mon
twitterfacebook
thumb

Jリーグの審判1名が新型コロナ陽性判定、週末の試合は担当せず

日本サッカー協会(JFA)は16日、Jリーグを担当する審判員1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 JFAの発表によると、当該審判員は13日(木)に発熱の症状があり、14日(金)に医療機関でPCR検査を実施。15日(土)に陽性判定となった。 審判員は発熱の症状があり、関係機関の指示に従って対応しているとのことだ。 また、Jリーグ試合会場を訪れたのは9日(日)が最後となっており、試合会場に関連する濃厚接触者がいないことは管轄する保健所により確認されているとのことだ。 JFAは「当該者の一日も早い回復を祈るとともに、JFAは今後も関係者等の安全確保と健康維持を最優先に、感染拡大防止と注意喚起に取り組む一方、厚生労働省や保健所、関係当局の方針や行動計画に基づいて迅速に対応してまいります」としている。 2021.05.17 10:15 Mon
twitterfacebook
thumb

浦和がリスタートのG大阪一蹴で今季2度目の連勝 ユンカー2発&田中1G2Aの前半で勝負あり【明治安田J1第14節】

明治安田生命J1リーグ第14節の1試合が16日にパナソニック スタジアム 吹田で催され、アウェイの浦和レッズが3-0でガンバ大阪を下した。 開幕から10試合でわずか1勝の18位に沈み、宮本監督の解任に動いたG大阪は松波暫定体制発足後初のゲーム。準備期間が短いこともあり、前節のメンバーから大きな変更を施さず、一美が引き続き先発した。 一方、前節のホーム戦を白星で飾り、敵地に乗り込む10位の浦和はデビュー戦から2戦連発のキャスパー・ユンカーやリーグデビューの鈴木が引き続き先発。古巣戦の田中も第2節以来のスタメン入りを果たした。 かつて東西の雄としてタイトル争いを演じた両チームの試合は倉田を1.5列目で起用した[4-2-3-1]の布陣を敷くG大阪がショックを振り払おうと、序盤から攻守の切り替えで上回り、攻め立てる展開に持ち込む。 そのなかで、全体を押し上げ、ボールを保持して崩しにかかる時間を続けたG大阪はエースの宇佐美に立て続けのフィニッシュチャンスが巡ってくるなど、攻勢に転じていったが、受けに回る浦和も辛抱強く守る。 すると、16分にバイタルエリア左の武藤が上げたクロスの流れ球をボックス右深くで回収した田中が右足で浮き球パス。ユンカーがバックステップを踏みながらヘディングシュートをゴール右に決め、浦和が先取する。 相手の攻撃を凌ぎ、ユンカーの公式戦3戦連発となる一発で先制した浦和はその後も全体的に比重を後ろに置いた戦いが続くなか、カウンターから前がかるG大阪のスペースを突いていき、効率よく追加点を奪い切る。 20分、自陣右サイドまで下がってボールを受けたユンカーが見事なサイドチェンジ。左サイドでボールを受けた左サイドバックの明本が広大なスペースから持ち上がり、左足クロスにゴール前の田中が合わせた。 1点でも返そうと攻め続けるG大阪だが、古巣戦の田中が再び突破口に。40分、カウンターから田中が昌子を突破してボックス右から折り返すと、ゴール前で待つユンカーが押し込み、G大阪をさらに突き放した。 前半だけで今季最多失点を喫して試合を折り返したG大阪はハーフタイム明けからレアンドロ・ペレイラ、塚元を投入。前半と同じく攻撃の主導権を握るが、浦和守備陣のバランスを崩させるような決定打を欠く。 隙なしの浦和が56分にユンカーと小泉を下げて、杉本と山中を送り出すなか、62分に何とか打開しようとG大阪エースの宇佐美がバイタルエリア左から右足ミドル。鋭いシュートだったが、ゴール右上に外れた。 浮足立つシーンがほぼない浦和は67分に興梠と伊藤の交代を施すと、追いかけるG大阪も71分にパトリックをピッチへ。78分にもウェリントン・シウバとチュ・セジョンを起用して、攻撃的なカードをすべて使い切る。 そのG大阪の反撃を受けた浦和だが、後半アディショナルタイム6分も危なげなく凌ぎ切り、2試合連続の完封勝利で今季2度目の連勝。監督交代の劇薬も実らなかったG大阪は今季最多失点を喫して、3連敗となった。 ガンバ大阪 0-3 浦和レッズ 【浦和】 キャスパー・ユンカー(前16、前40) 田中達也(前20) 2021.05.16 19:00 Sun
twitterfacebook
thumb

J1通算300試合出場の小林悠が自ら祝砲!札幌を下した川崎F、J1新記録の連続22試合無敗を達成【明治安田J1第14節】

明治安田生命J1リーグ第14節、川崎フロンターレvs北海道コンサドーレ札幌が16日に等々力陸上競技場で行われ、2-0で川崎Fが勝利した。 月を跨いだ名古屋グランパスとの連戦で連勝し、早くも独走態勢を築く川崎F。だが、12日に行われた直近のベガルタ仙台戦は、後半アディショナルタイムの失点で同点に追いつかれる結果となった。それでも昨シーズンから続く無敗記録を「21」に伸ばし、今節は新記録が懸かった一戦となる。 一方の札幌は、1週間前に行われた前節の徳島ヴォルティス戦をアンデルソン・ロペスの2ゴールで逆転勝利。ここ3試合は2勝1分けと調子を上げており、昨季の等々力での試合の再現を狙っている。 そんな両チームの一戦は、川崎Fがパスを繋いで組み立てを狙うものの、札幌がアグレッシブな守備で不自由を与えながらペースに持ち込もうという構図に。ホームチームはなかなか色を出せずに我慢の時間が続く。 それでも16分、機を見て攻撃に出た山根がボックス手前からシュートへ。相手に当たってゴールへ向かったが、GK菅野に上手くキャッチされた。対する札幌もその直後、菅のシュートがGKチョン・ソンリョンを強襲。このCKではグラウンダーのクロスでサインプレーを試みるが、ボックス中央で反応したアンデルソン・ロペスのシュートは枠を越えた。 この辺りからエンジンがかかってきたA・ロペスは、19分に味方のパスからゴール前に飛び出すも、谷口のプレッシャーを受けて倒れてしまう。PKを主張したが、ここはファウル無しという判定に。37分には、左に流れた菅のクロスを左足で合わせて決定機を迎えたが、これも枠に収められず。 一方、川崎FもPK獲得に迫るシーンが訪れる。ボックス左でボールを持っていた宮澤に三笘がプレスをかけてボールを奪うと、入れ替わった際に宮澤の手が腰に引っかかるような形で転倒。主審に詰め寄り必死にアピールするも、そのままゴールキックで再開された。 ゴールレスで迎えた後半、川崎Fは小塚を下げて田中を投入しテコ入れ。すると49分、右サイドのハーフウェイライン付近でボールを奪い、田中を起点に速攻を開始。ボックス手前のダミアンから右へ展開し、家長が右足でクロスを上げると、ゴール前で旗手がトラップし損ねたところを三笘が押し込んで先制に成功した。 前半のスタッツでは上回りながらも先手を許してしまった札幌。こちらも54分に深井に代えて荒野を投入した中で、60分にボックス手前中央でFKを獲得。キッカーはもちろん福森。シュートは壁の左上を越えてゴールへ向かったが、GKチョン・ソンリョンがビッグセーブ。間一髪のところで右手で弾き出した。 なかなかネットを揺らせない札幌は、さらに青木とジェイを投入し、前線を強化。そのジェイのポストプレーから何度か良い形の攻撃を見せるものの、シュートまでは運べない。 徐々に勝利に近づく川崎Fは、殊勲の三笘を下げて長谷川を投入。その4分後の82分、長谷川は左サイドのクロスからダミアンのヘディングシュートをお膳立て。続く83分には、再び長谷川のパスからボックス左に侵入した旗手のシュートがクロスバーに直撃するなど、この交代でホームチームが攻勢を強める。 さらに、87分には小林を投入。小林はこれがJ1通算300試合目に。すると94分、センターサークル内の田中のパスから胸トラップで抜け出した小林がGKとの一対一を制しネットを揺らす。ここで副審の旗が上がっていたため即時ゴールとはならなかったが、VARでの確認後にゴールが認められた。 自ら祝砲を上げた小林のJ1通算126ゴール目で勝利した川崎F。これでJ1無敗記録を22試合に伸ばし、2012年から2013年にかけて大宮アルディージャが達成していた記録を更新した。 川崎フロンターレ 2-0 北海道コンサドーレ札幌 【川崎F】 三笘薫(後4) 小林悠(後49) 2021.05.16 17:04 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly