C・ロナウドの行為にはノーコメントのストイコビッチ監督、物議を醸した場面は「間違いもスポーツの一部」

2021.03.29 10:13 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セルビア代表のドラガン・ストイコビッチ監督が、物議を醸しているシーンについて見解を語った。ポルトガル『レコルド』が伝えた。セルビア代表は27日、カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループA第2節でポルトガル代表と対戦。試合は2-2のドローに終わった。

ストイコビッチ監督の初陣となったアイルランド代表戦を3-2で逆転勝利し、連勝を目指したセルビアだったが、前半にポルトガルに2点をリードされてしまう。


しかし、後半に反撃。46分にアレクサンダル・ミトロビッチのゴールが決まり1点を返すと、60分にはフィリップ・コスティッチのゴールが決まり同点とする。

このまま同点かと思われた後半アディショナルタイムにクリスティアーノ・ロナウドがボレーシュート。これが無人のゴールに入ったと思われたが、カバーに戻ったDFステファン・ミトロビッチがボールを掻き出すと、主審はノーゴールの判定とし、2-2の引き分けに終わった。

このシーンは大きな物議を醸し、抗議したC・ロナウドはイエローカードを受けると、怒りが収まらずにキャプテンマークを投げ捨てて試合終了前にピッチを去る事態に発展していた。

ストイコビッチ監督は、C・ロナウドがキャプテンマークを投げ捨てた行為に対してはコメントを拒否したものの、今回の件について自身の見解を述べた。

「良いか悪いかに関わらず、レフェリーの決定についてはコメントしない。ミスもスポーツの一部だ」

「私はその状況を見ていない。そのゴールを見た時には、何かをコメントするかもしれない」

また、試合に関しては「とても面白かった。前半はポルトガルのものだったが、後半は我々のものだった」とコメント。「我々にとっては、2つのゴールを取り戻さなければならなかったので、間違いなく難しかったが、選手たちは勇敢な試合を見せ、降伏するという言葉は存在せず、現実的な結果となった」と諦めずに2点差を追いついたチームを評価した。

1 2
関連ニュース
thumb

ウルグアイ代表の海外組24名が発表! サスペンションのカバーニは招集外《W杯南米予選》

ウルグアイサッカー協会(AUF)は14日、カタール・ワールドカップ(W杯)南米予選に向けた国外クラブ所属の代表メンバー24名を発表した。 ウルグアイは今月、チリ代表、エクアドル代表と南米予選2試合を行う。 今回は先行して海外組が発表。GKフェルナンド・ムスレラ(ガラタサライ)やDFディエゴ・ゴディン(カリアリ)、MFフェデリコ・バルベルデ(レアル・マドリー)、FWルイス・スアレス(アトレティコ・マドリー)らが順当に選出された。 その一方で、直近のブラジル代表戦で一発退場のFWエディンソン・カバーニ(マンチェスター・ユナイテッド)がサスペンションで招集外となっている。 なお、今予選で2勝2敗の5位と出遅れているウルグアイは、6月3日にホームでパラグアイ代表戦、8日にアウェイでベネズエラ代表と対戦する。今回発表されたウルグアイ代表の海外組24名は以下の通り。 ◆ウルグアイ代表メンバー(海外組) GK フェルナンド・ムスレラ(ガラタサライ/トルコ) マルティン・カンパーニャ(アル・バーティン/サウジアラビア) DF マティアス・ビニャ(パウメイラス/ブラジル) セバスティアン・コアテス(スポルティング・リスボン/ポルトガル) マルティン・カセレス(フィオレンティーナ/イタリア) ディエゴ・ゴディン(カリアリ/イタリア) ホセ・ヒメネス(アトレティコ・マドリー/スペイン) ダミアン・スアレス(ヘタフェ/スペイン) ロナルド・アラウホ(バルセロナ/スペイン) MF ニコラス・デ・ラ・クルス(リーベルプレート/アルゼンチン) ジョルジアン・デ・アラスカエタ(フラメンゴ/ブラジル) フェルナンド・ゴリアラン(サントス・ラグナ/メキシコ) ブリアン・ロドリゲス(アルメリア/スペイン) ナイタン・ナンデス(カリアリ/イタリア) マティアス・ヴェシーノ(インテル/イタリア) ロドリゴ・ベンタンクール(ユベントス/イタリア) マウロ・アランバリ(ヘタフェ/スペイン) ルーカス・トレイラ(アトレティコ・マドリー/スペイン) フェデリコ・バルベルデ(レアル・マドリー/スペイン) FW ルイス・スアレス(アトレティコ・マドリー/スペイン) クリスティアン・ストゥアーニ(ジローナ/スペイン) ダルウィン・ヌニェス(ベンフィカ/ポルトガル) マキシミリアーノ・ゴメス(バレンシア/スペイン) ホナタン・ロドリゲス(クルス・アスル/メキシコ) 2021.05.15 06:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ブラジル代表が発表! 主力順当招集にベンフィカDFヴェリッシモが初招集《W杯南米予選》

ブラジルサッカー連盟(CBF)は14日、来月に開催されるカタール・ワールドカップ(W杯)南米予選の2試合に向けた代表メンバー24名を発表した。 チッチ監督は今回の予選に向けてエースのFWネイマール(パリ・サンジェルマン)や、GKアリソン・ベッカー(リバプール)、DFマルキーニョス(パリ・サンジェルマン)、DFチアゴ・シウバ(チェルシー)ら主力を順当に選出。 また、ルーカス・ヴェリッシモ(ベンフィカ)が25歳にして待望の初招集となった。 その一方で、MFアルトゥール(ユベントス)や負傷離脱中のMFフィリペ・コウチーニョ(バルセロナ)らが招集外となっている。 南米予選を開幕から4戦全勝で首位に立つブラジル代表は、6月4日にホームでエクアドル代表戦、8日にアウェイでパラグアイ代表戦を戦う。 ◆ブラジル代表メンバー24名 GK アリソン・ベッカー(リバプール/イングランド) エデルソン(マンチェスター・シティ/イングランド) ウェヴェルトン(パウメイラス) DF ダニエウ・アウベス(サンパウロ) ダニーロ(ユベントス/イタリア) ルーカス・ヴェリッシモ(ベンフィカ/ポルトガル) レナン・ロージ(アトレティコ・マドリー/スペイン) エデル・ミリトン(レアル・マドリー/スペイン) マルキーニョス(パリ・サンジェルマン/フランス) チアゴ・シウバ(チェルシー/イングランド) MF ルーカス・パケタ(リヨン/フランス) カゼミロ(レアル・マドリー/スペイン) エヴェルトン・リベイロ(フラメンゴ) ファビーニョ(リバプール/イングランド) フレッジ(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド) ドウグラス・ルイス(アストン・ビラ/イングランド) FW エヴェルトン(ベンフィカ/ポルトガル) ガブリエウ・ジェズス(マンチェスター・シティ/イングランド) ネイマール(パリ・サンジェルマン/フランス) リシャルリソン(エバートン/イングランド) ロベルト・フィルミノ(リバプール/イングランド) ヴィニシウス・ジュニオール(レアル・マドリー/スペイン) ガブリエウ・バルボサ(フラメンゴ) 2021.05.14 23:35 Fri
twitterfacebook
thumb

カタールW杯アジア2次予選の残り6試合が日本でセントラル開催に

日本サッカー協会(JFA)は13日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選兼AFCアジアカップ中国2023予選に関して、日本でセントラル開催となることを発表した。 日本が所属するグループFは残り6試合となっているが、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響で、開催が難しい状況となっていた。 そんな中、6月に予定されていた残りの試合をすべて日本で開催することが決定。5月28日(金)のミャンマー代表戦からスタートし、6月7日(月)のタジキスタン代表戦、キルギス代表vsモンゴル代表、同11日(金)のミャンマー代表vsキルギス代表、同15日(火)の日本代表vsキルギス代表、タジキスタン代表vsミャンマー代表が日本で行われる。 なお日本のミャンマー戦はフクダ電子アリーナで、タジキスタン戦、キルギス戦はパナソニック スタジアム 吹田で開催される。 また、日本戦以外の試合はヤンマースタジアム長居で行われる。 なお、対戦国等の関係者の入国許可などについては、今後政府との調整をするとのことだ。観客動員については、自治体のイベント方針に従うとのことだ。 ▽5/28(金) 《19:20》 日本代表 vs ミャンマー代表 [フクダ電子アリーナ] ▽6/7(月) 《16:00》 キルギス代表 vs モンゴル代表 [ヤンマースタジアム長居] 《19:30》 日本代表 vs タジキスタン代表 [パナソニック スタジアム 吹田] ▽6/11(金) 《16:00》 ミャンマー代表 vs キルギス代表 [ヤンマースタジアム長居] ▽6/15(火) 《19:25》 日本代表 vs キルギス代表 [パナソニック スタジアム 吹田] タジキスタン代表 vs ミャンマー代表 [ヤンマースタジアム長居] 2021.05.13 16:45 Thu
twitterfacebook
thumb

コソボを下したスペイン、ルイス・エンリケ監督はベンチでのセルヒオ・ラモスを評価「ベンチにいても貢献する」

スペイン代表のルイス・エンリケ監督が、コソボ代表戦を振り返った。スペイン『アス』が伝えた。 スペイン代表は3月31日、カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループB第3節でコソボ代表と対戦した。 選手を入れ替えて臨んだスペイン代表。予選初勝利を目指すコソボを相手に主導権を握ると、34分に前節値千金のゴールを決めたMFダニ・オルモのゴールで先制。さらに36分にはFWフェラン・トーレスも続き、リードを広げる。 そのスペインは70分にMFベサル・ハリミにゴールを許し1点を返されるが、75分にFWジェラール・モレノがゴールを決め、3-1で勝利した。 3月の予選3試合を2勝1分けで終えたスペイン代表。ルイス・エンリケ監督は、ピッチで示したものには満足感を示した。 「ピッチで示したものは満足している。システムを変更し、より相手は恐怖を感じただろう。良いゴール、多くのチャンスがあったが、内容は良くなかった。でも、我々は常に試合をコントロールしていた」 また、この試合の70分にはディフェンスラインの裏に出されたボールに反応したGKウナイ・シモンがボックスを飛び出して対応。ボールを奪うもタッチが大きくなり相手へパスする形に。ガラ空きのゴールに対して、ハリミが約40mのロングシュートを落ち着いて決めていた。 このシーンについてルイス・エンリケ監督はウナイ・シモンを擁護。ミスで評価はしないと語った。 「彼は飛び出なければならなかった。ウナイは全てのことをしなければならない。自信に満ち溢れ、個性を持った選手たちが集まっている」 「彼は空中戦を支配し、カバーリングをしなければならない。私は選手のミスでは判断しない」 また、この試合ではベンチスタートとなり86分から途中出場したDFセルヒオ・ラモスについても言及。ケガ明けといことも含めての判断だとしたが、ベンチにいてもリーダーシップを発揮していたと評価した。 「単純なことだ。彼の姿勢は称賛に値する。真のリーダーは彼らがプレーしていてもベンチにいても貢献する人間だ」 「私は、最も適すると思った選手を投入している。彼は大きなケガをした後だ。みんなに尋ねる唯一のことは、ラモスのように、不在の時にどうやってリーダーになるかを知るということだ」 「テクニカルな決定だ。それ以上の問題はない。誰がプレーするかを決定している」 「ラモスは問題ないが、彼はケガが癒えたばかり。他の人がプレーすることに決定した。」 <span class="paragraph-title">【動画】ウナイ・シモンが果敢な飛び出しを見せたが…</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">OH MY KOSOVO! <br><br>ONE OF THE WILDEST GOALS YOU&#39;LL SEE TODAY <a href="https://t.co/M9ugDMpLMr">pic.twitter.com/M9ugDMpLMr</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1377354347986751503?ref_src=twsrc%5Etfw">March 31, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.04.01 13:35 Thu
twitterfacebook
thumb

「ただ泣くしかない」ドイツ代表撃破の北マケドニア、世紀の大金星に指揮官「幸せすぎて、言葉が出ない」

アウェイでドイツ代表を相手に大金星を挙げた北マケドニアのイゴール・アンジェロフスキ監督が、試合を振り返った。ボスニア・ヘルツェゴビナ『sportsport』が伝えた。 北マケドニアは、カタール・ワールドカップ欧州予選でグループJに入り、3月26日のルーマニア代表戦で3-2と敗戦。しかし、3月29日のリヒテンシュタイン代表戦で5-0と勝利し、ドイツ戦に臨んだ。 北マケドニアは、しっかりと守備を構築してドイツに対抗すると、前半アディショナルタイムにゴラン・パンデフがゴールを決めて先制に成功。後半にイルカイ・ギュンドアンにPKを決められ追いつかれるが、85分にエリフ・エルマスに勝ち越しゴールを決め、アウェイで1-2と大金星を挙げた。 この勝利にアンジェロフスキ監督は言葉を失うも、サポートしてくれた人々へ感謝を述べた。 「何を話せばいいのだろうか。幸せすぎて、言葉が出ない。我々は北マケドニアを誇りに思い、幸せにした。これはユーロで優勝するようなものだ」 「彼らが祝うことを約束し、私は彼らと一緒にここに来た。妻はCOVID-19の症状があり病院にいた。幸いにも彼女は今良くなっている。子供は私をサポートしてくれた」 「みんなに感謝したい。これ以上何を言えばいいのか…ただ泣くしかない」 また、この試合にキャプテンとして出場しゴールを決めたパンデフについても称賛した。 「パンデフは素晴らしい男であり、このチームのリーダーだ。自分たちの国の歴史を作るためにライオンのように戦ってくれた。彼らを誇りに思う」 <span class="paragraph-title">【動画】北マケドニアがドイツを下した瞬間の選手や監督の反応</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">GERMANY LOSE TO NORTH MACEDONIA <br><br>Their 35-game unbeaten streak in WC qualifying games is snapped! <a href="https://t.co/Vq3xxBLW96">pic.twitter.com/Vq3xxBLW96</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1377361296044269568?ref_src=twsrc%5Etfw">March 31, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.04.01 12:10 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly