オランダ代表24名が発表! デ・ヨングやワイナルドゥム、デパイら主力が選出《カタールW杯欧州予選》

2021.03.19 21:50 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
オランダサッカー協会(KNVB)は19日、カタール・ワールドカップ欧州予選に向けたオランダ代表メンバー24名を発表した。

フランク・デ・ブール監督は、すでに31名の候補メンバーを発表していたが、そこから7名を外すこととなった。

候補から外れたのは、GKマルコ・ビゾット(AZ)、GKヨエル・ドロメル(トゥべンテ)、DFステファン・デ・フライ(インテル)、MFトニー・ヴィリェナ(クラスノダール)、MFケビン・ストロートマン(ジェノア)、FWヴォウト・ヴェグホルスト(ヴォルフスブルク)、FWクインシー・プロメス(スパルタク・モスクワ)となった。

また、DFイェリー・サン・ユステ(マインツ)が初選出、GKマールテン・ステケレンブルフ(アヤックス)が3年半ぶりに招集された。

オランダ代表は24日にアウェイでトルコ代表と、27日にホームでラトビア代表と、30日にアウェイでジブラルタル代表と対戦する。

今回発表されたオランダ代表メンバー24名は以下の通り。

◆オランダ代表メンバー24名
GK
イェスパー・シレッセン(バレンシア/スペイン)
ティム・クルル(ノリッジ/イングランド)
マールテン・ステケレンブルフ(アヤックス)

DF
オーウェン・ワインダル(AZ)
デンゼル・ダンフリース(PSV)
デイリー・ブリント(アヤックス)
マタイス・デ・リフト(ユベントス/イタリア)
ケニー・テテ(フルアム/イングランド)
パトリック・ファン・アーンホルト(クリスタル・パレス/イングランド)
ヨエル・フェルトマン(ブライトン&ホーヴ・アルビオン/イングランド)
イェリー・サン・ユステ(マインツ/ドイツ)

MF
ライアン・グラフェンベルフ(アヤックス)
ダビ・クラーセン(アヤックス)
マルテン・デ・ルーン(アタランタ/イタリア)
ジョルジニオ・ワイナルドゥム(リバプール/イングランド)
ドニー・ファン・デ・ベーク(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド)
フレンキー・デ・ヨング(バルセロナ/スペイン)

FW
ルーク・デ・ヨング(セビージャ/スペイン)
ステーフェン・ベルフワイン(トッテナム/イングランド)
メンフィス・デパイ(リヨン/フランス)
ライアン・バベル(ガラタサライ/トルコ)
ドニエル・マレン(PSV)
ステーフェン・ベルフハイス(フェイエノールト)
カルヴァン・ステングス(AZ)

関連ニュース
thumb

試合連続ゴールでチームの連勝に貢献のオランダ代表DF「僕はずっとこれを夢見てきた」

オランダ代表DFデンゼル・ダンフリースがユーロ2020での活躍を喜んだ。オランダサッカー連盟(KNVB)が伝えている。 ユーロ2020グループC第1節ウクライナ代表戦で決勝弾を決める活躍を見せたダンフリースは17日に行われた第2節オーストリア代表に先発。この日も67分に2点目を決める活躍を見せており、チームの2-0での勝利に多大な貢献を果たした。 この試合の結果、オランダは1試合を残した状態でグループステージ首位通過が決定している。 目覚ましい活躍を続けるダンフリースは試合後のインタビューに応じた際、子供の頃の夢が叶っているとコメント。また、自身の活躍よりもチームが結果を残せていることが何より嬉しいと語った。 「これが少年時代の夢だったかって? そうだね、僕はずっとこれを夢見てきた」 「(1点目の)PKは、僕の意見では正当なものだったと思う。2点目は、メンフィス(・デパイ)から良いボールが出たことで始まったね。(ドニエル・)マレンがポイントになり、僕は押し込むだけで良かったよ」 「一番大事なのは、この勝ち点3だ。素晴らしいスタートを切れたと思うから、これからはこの集中力を保つことが大切になる。僕たちが何を目指しているのかについては知っているだろう。僕はその目標を達成できると確信している。トーナメントのなかで成長できているし、とても気分が良いね」 2021.06.18 11:03 Fri
twitterfacebook
thumb

快勝でグループステージ首位通過決定のオランダ、指揮官は「堅実な勝利」と称賛

オランダ代表のフランク・デ・ブール監督がユーロ2020の決勝トーナメント進出を喜んだ。オランダサッカー連盟(KNVB)が伝えている。 オランダは17日に行われたユーロ2020グループC第2節でオーストリア代表と対戦。初戦のウクライナ代表戦に勝利して勢いに乗るチームはこの試合でも開始早々にPKのチャンスからFWメンフィス・デパイが先制点を決めると、後半にも追加点を挙げ、2-0で勝利している。 この結果、連勝となったオランダは1試合を残してのグループステージ首位通過が決定。ユーロ2008以来となる決勝トーナメント進出を成し遂げている。 デ・ブール監督は試合後、チームのパフォーマンスを称賛。課題はあるとしつつ、まだピークは訪れていないことを強調した。 「私はとても満足している。今日は堅実な勝利だった。ウクライナ戦では、いくつかのチャンスを与えてしまったと思うが、今夜は違ったね。ただ、ボールを支配した直後のボールポゼッションは非常に緩慢だったかと思う。とはいえ、ピークが早過ぎるのも良くないからね」 また、デ・ブール監督は消化試合となった第3節の北マケドニア代表戦についても言及。ターンオーバーを行う可能性を示唆している。 「スタッフや選手本人とよく相談しながら進めていこうと思う。チームの中には休息が必要な選手もいれば、リズムが必要な選手もいるんだ。我々にとって重要なのは、(ラウンド16の舞台である)ブダペストでの試合だ。その試合に向け、正しい選択をしなければならない」 2021.06.18 10:15 Fri
twitterfacebook
thumb

伏兵ダンフリースがまたも活躍のオランダがオーストリアに快勝、2連勝で首位通過決定《ユーロ2020》

ユーロ2020グループC第2節、オランダ代表vsオーストリア代表が17日にアムステルダムで行われ、2-0でオランダが快勝した。 4日前に行われたウクライナ代表戦をダンフリースが3ゴールに絡む活躍を見せて3-2と競り勝ったオランダは、負傷から復帰したデ・リフトを3バックの中央に配置。初戦同様に[3-5-2]で臨み、2トップはデパイとヴェグホルストが組んだ。 一方、北マケドニア代表に3-1と競り勝ったオーストリアは、初戦同様にアラバが3バックの中央に入る[3-5-2]で臨み、2トップはバウムガルトナーと初戦でゴールを挙げたグレゴリッチュとなった。 オープンな展開で立ち上がった中、8分にオランダがPKを獲得する。ダンフリースがボックス右角に侵入したところでアラバに倒されると、VARの末にPK判定となった。このPKをデパイが決めてオランダが先制した。 先制後はオランダの攻勢が強まった中、24分にデパイがボックス内から際どいシュートを浴びせると、40分に追加点のチャンス。ロングフィードでボックス右に抜け出したヴェグホルストがラストパスを送り、ボックス左のデパイがボレーで押し込みにかかったが、シュートは枠を外してしまった。 オランダが1点をリードして迎えた後半もオランダがボールを握った中、61分にビッグチャンス。CKの流れからデ・フライのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKの守備範囲だった。 助かったオーストリアがグレゴリッチュを諦めてカライジッチを投入したのに対し、67分にオランダが突き放す。途中出場のマレンがデパイのパスを受けて独走。並走していたダンフリースにラストパスを送り、ネットを揺らした。 攻め手のないオーストリアは81分、アラバの強烈なミドルシュートでゴールに迫るもわずかに枠を外れ、オランダが2-0で快勝。 伏兵ダンフリースがまたも活躍したオランダが連勝で首位通過を決めている。 2021.06.18 05:53 Fri
twitterfacebook
thumb

一時は2点差を追い付く健闘を見せたウクライナ、シェフチェンコ監督「非常に面白いゲームだった」

ウクライナ代表のアンドリー・シェフチェンコ監督が、ユーロ2020初戦のオランダ代表戦を振り返った。ウクライナサッカー協会(FFU)が伝えている。 ウクライナは14日にオランダとのユーロ2020初戦に臨んだ。相手にペースを握られ、2点を先行される苦しい展開となるが、75分にFWアンドリー・ヤルモレンコが1点を返す。直後にもセットプレーからFWロマン・ヤレムチュクがヘディングを決めて追いついたものの、終盤に決勝点を許して黒星スタートとなった。 一時は2点のビハインドから追い付いたシェフチェンコ監督は「とても面白い試合だった」と、両チームの攻撃面が光ったと試合を振り返り、逆境をはねのけた選手を称えた。 「両チームが攻撃で面白いパフォーマンスを発揮した試合だった。0-2からチームが示した反応には感謝したい。選手たちは押し返す力を見せた。中盤にフレッシュな選手を入れてバランスを調整し、我々は立て直すことができた。チームは非常に好調だったよ」 また、前半で負傷したMFオレクサンドル・ズブコフに代えて送り出したMFマルロス・ロメロ・ボンフィムを途中で下げたことに関しては「状況を変える必要があったため」だと説明した。 「彼は良いプレーをしたと思う。後半、フィールドの真ん中でスピードが足りなくなったので、システムを変更して(ミコラ・)シャパレンコを入れて、(オレクサンドル・)ジンチェンコを左に動かした。ミコラは機動力を生かしてペースをもたらし、我々はより高い位置でプレスをかけられるようになった。我々は正しい決断をしたと思うが、決してマルロスが悪かったわけではない。彼はできるだけのことをしてくれた」 3月のフランス代表戦では3バックを採用したウクライナだが、この日は[4-3-3]でスタート。システムについては「ずっとこの形でやってきた」とやり慣れた形を選んだとし、互いに初戦を落とした次の北マケドニア代表戦のラインナップについては「回復の様子を見る」と語るにとどめた。 「(3バックという)オプションは持っているが、ウイングを置いた[4-3-3]でとてもうまくいっていたと思う。親善試合でそのような(3バック)戦術を試したが、我々は守備的なチームではない」 「変更に関しては時間がある。明日はブカレストに戻るが、選手はたくさんのエネルギーを費やした。問題があるかどうか、誰が回復するかは様子を見る。ピッチに立てる選手はそろっている。北マケドニアとオーストリアの試合を見て対策を立てるとしよう」 2021.06.14 13:30 Mon
twitterfacebook
thumb

オランダ代表MFワイナルドゥムがユーロでもファン・ダイクに捧げるゴールパフォーマンス

オランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥムがユーロ2020を欠場しているオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクにゴールパフォーマンスを捧げた。 オランダ代表は13日、ユーロ2020グループC第1節でウクライナ代表と対戦。ファン・ダイクに代わってキャプテンを任されているワイナルドゥムはフル出場すると、52分に味方のクロスのこぼれ球を押し込み、値千金の先制点をマークした。 ゴールを決めたワイナルドゥムは顎に手を当てて喜ぶゴールセレブレーションを実施。これはファン・ダイクがよく行うゴールセレブレーションだ。 代表でもクラブでもチームメイトだったファン・ダイクが負傷離脱して以降、リバプールでもこのゴールセレブレーションをファン・ダイクに捧げていたワイナルドゥムだが、ユーロでもそれを継続した形だ。 今シーズン限りでリバプールを退団しパリ・サンジェルマンへと移籍することが発表されたワイナルドゥム。ファン・ダイクとの共演は2020年10月が最後になってしまっているが、2人の関係は終わることはないようだ。 ワイナルドゥムはウクライナ戦後に自身のツイッターを更新。キャプテンとして挑んだユーロでの初勝利を喜び、サポーターへの感謝を綴っている。 「なんて波乱に富んだ初戦だったんだ。多くの良い瞬間、またわずかな時間では弱さもあったが、最終的には勝利をもたらした。オランダの国王と王妃を含む多くのサポーターがスタジアムで応援してくれるのを見るのはとても安心するし、素晴らしいことだ」 <span class="paragraph-title">【写真】2人のゴールセレブレーションを比較!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Gini Wijnaldum’s celebration is a tribute to his injured teammate Virgil Van Dijk, who would have been the <a href="https://twitter.com/hashtag/NED?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#NED</a> captain had he been fit for <a href="https://twitter.com/hashtag/EURO2020?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#EURO2020</a> <a href="https://t.co/anJ66Rkw18">pic.twitter.com/anJ66Rkw18</a></p>&mdash; B/R Football (@brfootball) <a href="https://twitter.com/brfootball/status/1404171347379556352?ref_src=twsrc%5Etfw">June 13, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.06.14 12:45 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly