ブレスト、AZの守護神ビゾットを完全移籍で獲得!

2021.08.05 14:20 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
スタッド・ブレストは4日、AZからオランダ代表GKマルコ・ビゾット(30)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの3年となる。

アヤックスでプロキャリアをスタートしたビゾットは、2012年にフローニンヘンに完全移籍。その後、ベルギーのヘンクを経て2017年からAZの守護神として活躍。ここまで公式戦166試合に出場していた。

また、昨年11月のスペインとのフレンドリーマッチでようやくデビューを飾ったオランダ代表では先日まで行われたユーロ2020にも招集されていた。


関連ニュース
thumb

神童カラモコ・デンベレがブレストへ移籍! セルティックでは13歳でU-20デビューし話題に

スタッド・ブレストは5日、セルティックからイングランド人FWカラモコ・デンベレ(19)を獲得したことを発表した。契約は2026年6月30日まで。 将来有望な若手の一人として大きな注目を集めているカラモコ・デンベレ。2013年からセルティックの下部組織に在籍していたが、13歳だった2016年10月に同クラブのU-20チームに飛び級でデビューしたことが大きな話題に。 さらに同年10月にはU-16スコットランド代表デビュー、続く12月にはU-15イングランド代表デビューも果たし、イギリス全土にその名を轟かせた。 そして2018年12月にプロ契約を交わし、翌年の5月にトップチームデビュー。16歳86日というクラブ史上2番目の若さを記録した。 2019-20シーズンから本格的にプロとして活躍する姿が見られるかに思われたが、以降2シーズンで出場したのは7試合のみ。昨季は足首のケガに見舞われ2試合のみの出場となり、この度フリーで退団へ。結局トップチームでは10試合の出場に終わった。 かつてはメッシとも称された神童はフランスを新天地に。さらなる成長を期待したいところだ。 2022.07.05 17:53 Tue
twitterfacebook
thumb

リヨンがミラン関心のフェーヴルを完全移籍で獲得! 中盤の複数ポジションをカバーする万能型レフティ

リヨンは1月31日、スタッド・ブレストからU-21フランス代表MFロマン・フェーヴル(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2026年6月30日までの4年半となる。 クラブの発表によると、移籍金は1500万ユーロ(約19億4000万円)+ボーナス200万ユーロ(約2億6000万円)。さらに、将来のリセール時に移籍金の15%を支払う可能性があるという。 モナコでプロキャリアをスタートしたフェーヴルは、2020年夏に出場機会を求めてブレストに完全移籍。昨シーズンはリーグ・アン36試合に出場し、6ゴール5アシストの数字を残し、昨夏の段階からミランなどのビッグクラブの関心を集めていた。 さらに、今シーズンここまではリーグ戦21試合7ゴール5アシストとキャリアハイ更新に迫る活躍を見せている。 セントラルMFを主戦場に中盤の複数ポジションでプレー可能なレフティは、クイックネスとテクニックを生かしたドリブル突破に加え、高精度の左足を生かしたラストパスに定評があるチャンスメーカー。また、運動量やスピードも申し分なく守備の局面でも貢献可能だ。 2022.02.01 01:26 Tue
twitterfacebook
thumb

リヨンがエンドンベレ復帰&フェーヴル獲得へ

リヨンが今冬の移籍市場閉幕間際に2選手の獲得に迫っているようだ。 ブラジル代表MFブルーノ・ギマランイス(24)のニューカッスル移籍が決定的なリヨンは、その代役探しに奔走中。先日にはトッテナムのアルゼンチン代表MFジオバニ・ロ・チェルソ(25)のレンタルでの獲得が取り沙汰されたが、最終的に選手サイドが移籍を拒否したことで破談した模様だ。 そういった中、後半戦の巻き返しによってチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得を目指すクラブは、かつての主力MFの復帰と国内の逸材確保に向けて動きを見せているようだ。 フランス『RMC Sport』によると、リヨンは今冬のトッテナム退団が既定路線の中、パリ・サンジェルマン(PSG)への移籍が破談に終わったとされるフランス代表MFタンギ・エンドンベレ(25)のレンタルでの復帰へ方針転換を図ったという。 母国復帰を考慮しているエンドンベレとの交渉は比較的容易も、ネックとなっているのが、同選手の高額なサラリーだという。 そのため、トッテナムとリヨンは給与の負担の比率や、買い取りオプションを契約に盛り込むなど、妥協点を探っている段階だという。ただ、3者の利益を考慮した場合、移籍が成立する可能性は十分にあるとのことだ。 また、リヨンはスタッド・ブレストのU-21フランス代表MFロマン・フェーヴル(23)の獲得が濃厚となっている。 フランス『Téléfoot』によると、以前からミラン移籍が取り沙汰されていた逸材MFだが、ここに来て1500万ユーロ+ボーナス300万ユーロの総額1800万ユーロ(約23億1000万円)の条件でクラブ間合意に至ったという。 さらに、フェーヴル自身とも個人間合意に至っており、メディカルチェックを受診した後、2027年6月までの5年半契約を締結する見込みだ。 モナコでプロキャリアをスタートしたフェーヴルは、2020年夏に出場機会を求めてブレストに完全移籍。昨シーズンはリーグ・アン36試合に出場し、6ゴール5アシストの数字を残した。 セントラルMFを主戦場に中盤の複数ポジションでプレー可能なレフティは、クイックネスとテクニックを生かしたドリブル突破に加え、高精度の左足を生かしたラストパスに定評があるチャンスメーカー。また、運動量やスピードも申し分なく守備の局面でも貢献可能だ。 2022.01.30 23:28 Sun
twitterfacebook
thumb

インテルの逸材FWサトリアーノがスタッド・ブレストにレンタル

インテルは17日、ウルグアイ代表FWマルティン・サトリアーノ(20)が今シーズン終了までスタッド・ブレストにレンタル移籍することを発表した。 母国屈指の名門ナシオナルから2020年1月にインテルのプリマヴェーラに加入したサトリアーノは、187cmの本格派のストライカー。今シーズン開幕前のプレシーズンの時期に好アピールを見せ、セリエA開幕節のジェノア戦でトップチームデビューを飾ると、ここまですべて途中出場もリーグ戦4試合に出場していた。 ただ、よりトップレベルでプレー機会を与えたいインテルは、リーグ・アンで13位につけるブレストへ武者修行へ出すことになった。 2022.01.18 00:23 Tue
twitterfacebook
thumb

ムバッペ&ケーラー弾で首位PSGが3試合ぶりの白星!《リーグ・アン》

パリ・サンジェルマン(PSG)は15日、リーグ・アン第21節でブレストとホームで対戦し2-0で勝利した。 首位を独走するPSGは、この試合にムバッペやディ・マリア、イカルディ、ワイナルドゥム、ヴェッラッティらを起用した。立ち上がりから主導権を握るPSGだったが、9分に最初のピンチ。左サイドのオノラがゴール前へパスを送ると、キンペンベのクリアミスからうまくゴール前に抜け出したカルドナに決定機を許したが、シュートはGKドンナルンマがファインセーブ。 なかなか決定機まで持ち込めない時間の続いたPSGだったが32分、ワイナルドゥムのパスをボックス左で受けたムバッペがワンフェイクからシュートを放つと、これがゴール左隅に決まった。 先制したPSGは40分にも、ディ・マリアのスルーパスをボックス内の相手DFがクリアすると、ワイナルドゥムに当たったルーズボールをゴール前のイカルディが頭で流し込んだが、これはオフサイドの判定で取り消された。 迎えた後半、PSGは開始早々の48分にヴェッラッティが右ポスト直撃のシュートを放つ。すると53分、ボックス左深くから切り込んだメンデスの折り返しをゴール前のケーラーが流し込み、待望の追加点を奪った。 その後は膠着状態が続いたが、PSGは75分にセットプレーの二次攻撃からチャンスを迎える。右CKのセカンドボールを拾っエレーラの左クロスをマルキーニョスがヘディングシュート。さらにゴール前で相手DFがクリアしたボールをイカルディが頭で押し込むが、これは相手GKのセーブに防がれた。 結局、試合はそのまま2-0でタイムアップ。ブレストを下したPSGは3試合ぶりの白星を飾った。 2022.01.16 07:06 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly