ギグス監督が恋人への暴行で不在、ガレス・ベイルらウェールズ代表メンバーが発表!《カタールW杯欧州予選》

2021.03.16 12:15 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウェールズサッカー協会(FAW)は15日、3月に行われるカタール・ワールドカップ欧州予選と国際親善試合に向けたウェールズ代表メンバー31名を発表した。

ライアン・ギグス監督は、今回のメンバーにFWガレス・ベイル(トッテナム)やMFアーロン・ラムジー(ユベントス)、DFベン・デイビス(トッテナム)らを選出した。

なお、ギグス監督は恋人への暴行容疑により、11月に続いて3月の3試合に関しては指揮を執らず。アシスタントマネージャーのロバート・ページ氏が代わりに指揮を執る。

ウェールズは、24日にベルギー代表とアウェイで、30日にチェコ代表とホームでカタールW杯予選を戦い、間の27日にメキシコ代表との国際親善試合を戦う。

今回発表されたウェールズ代表メンバーは以下のとおり。

◆ウェールズ代表メンバー31名
GK
ウェイン・ヘネシー(クリスタル・パレス/イングランド)
ダニー・ウォード(レスター・シティ/イングランド)
アダム・デイビス(ストーク・シティ/イングランド)
トム・キング(ニューポート・カウンティ)

DF
クリス・ガンター(チャールトン/イングランド)
ベン・デイビス(トッテナム/イングランド)
ジョー・ロドン(トッテナム/イングランド)
コナー・ロバーツ(スウォンジー)
ベン・カバンゴ(スウォンジー)
リース・ノリントン=デイビス(ストーク・シティ/イングランド)
トム・ロックヤー(ルートン・タウン/イングランド)
クリス・メファム(ボーンマス/イングランド)
ネコ・ウィリアムズ(リバプール/イングランド)
ジェームズ・ローレンス(ザンクト・パウリ/ドイツ)

MF
ジョシュ・シーハン(ニューポート・カウンティ)
ジョー・モレル(ルートン・タウン/イングランド)
ブレナン・ジョンソン(リンカーン・シティ/イングランド)
マシュー・スミス(ドンカスター・ローバーズ/イングランド)
ジョナサン・ウィリアムズ(カーディフ)
ディラン・レビット(イストラ/クロアチア)
アーロン・ラムジー(ユベントス/イタリア)
イーサン・アンパドゥ(シェフィールド・ユナイテッド/イングランド)
ハリー・ウィルソン(カーディフ)
ジョー・アレン(ストーク・シティ/イングランド)

FW
ガレス・ベイル(トッテナム/イングランド)
ハル・ロブソン=カヌ(WBA/イングランド)
ダニエル・ジェームズ(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド)
ラビ・マトンド(ストーク・シティ/イングランド)
タイラー・ロバーツ(リーズ・ユナイテッド/イングランド)
キーファー・ムーア(カーディフ)
トム・ローレンス(ダービー・カウンティ/イングランド)

関連ニュース
thumb

「パフォーマンスは素晴らしかった」ポーランドに敗戦もベイルは満足感、W杯に向けては「ポジティブ」

ウェールズ代表のFWガレス・ベイル(ロサンゼルスFC)が、ポーランド代表戦を振り返った。『UEFA.com』が伝えた。 25日、UEFAネーションズリーグ(UNL)リーグAグループ4最終節でポーランドとホームで対戦したウェールズ。今大会は1勝もできていない状況での最終節を迎えた。 敗れればリーグBに降格となる中、ポーランドとの大事な試合となったが、後半に先制を許してしまい0-1で敗戦。最下位で終了した。 試合後、ベイルは敗戦を悔やみながらも、内容は良かったとコメントした。 「ゴールを奪えなかったことは悔しいけど、パフォーマンスは素晴らしかった。僕たちは危険なこともなく、多くのチャンスを作っていた。とても良いチームに対して、僕たちは前面に出てプレーした」 「最終的には望んでいたような結果は得られなかったけど、パフォーマンスは素晴らしかったし、もしチャンスを作れていないのであれば、もっと心配していたと思う」 これでカタール・ワールドカップに向けては残り2カ月。今回のUNLはW杯の出場権を獲得するための戦いがあったことを挙げ、とても難しかったとしながらも、ポジティブな印象があると語った。 「ワールドカップに向けてはポジティブなパフォーマンスだったし、そこから多くのポジティブなことを得ると思う。ワールドカップのプレーオフに集中しなければならなかったし、最初はそれを優先しなければいけなかったので、大会は難しいものになった」 「でも、僕たちはこういった大きなチームと競い、1ゴール差で負けているだけで、常にゲームには入っていた。もう少し運が良ければ、もう少し冷静になれば、違ったものになっていたと思う」 2022.09.26 12:40 Mon
twitterfacebook
thumb

ファン・ダイク弾でベルギーを下したオランダが無敗で準決勝進出! ウェールズは未勝利でリーグB降格《UEFAネーションズリーグ》

UEFAネーションズリーグ(UNL)2022-23リーグA・グループ4のオランダ代表vsベルギー代表が25日に行われ、1-0でオランダが勝利した。 3日前に行われたポーランド代表戦を2-0で完勝した首位のオランダ(勝ち点13)は、その試合から先発を4人変更。ポーランド戦で負傷したデパイやフレンキー・デ・ヨング、コープマイネルスらに代えてヤンセンやベルフハイス、デ・ローンらを先発で起用した。 一方、前節のウェールズ戦を2-1で勝利し準決勝進出へ望みをつないだ2位のベルギー(勝ち点10)は、その試合から先発からティーレマンスとカラスコをオナナとカスターニュに変更した以外は同じ先発メンバーを起用。ウェールズ戦で退席処分となったマルティネス監督に代わり、アシスタントコーチのティエリ・アンリ氏が指揮を執ることとなった。 準決勝進出を懸けた天王山は、3点差以上での勝利が条件となるベルギーが立ち上がりからボールを握ると14分、敵陣でボールを奪ったデ・ブライネが持ち上がりラストパス。これをバチュアイがボックス左からダイレクト合わせたが、シュートは相手GKの正面を突いた。 その後は両チームがアタッキングサードまでボールを運ぶが、互いに集中した守備陣を崩せず、なかなか決定機まで持ち込めない。すると30分にオランダはベルフハイスが負傷するアクシデントに見舞われ、ガクポとの交代を余儀なくされた。 対するベルギーは32分、デ・ブライネのループパスからゴール前に抜け出したヴィツェルがチャンスを迎えたが、つま先で合わせたボールはGKパスフェールにキャッチされた。 ゴールレスで迎えた後半、オランダはヤンセンとアケを下げてテイラーとマラシアを投入。対するベルギーはバチュアイとムニエを下げてデ・ケテラエルとカラスコをピッチに送り出した。 後半も膠着状態が続く中、ベルギーは66分にデ・ブライネのロングパスでゴール前に走りこんだオナナが右足ボレーで合わせたが、これはGKパスフェールの好セーブに阻まれた、 対するオランダは74分、ガクポの左CKをゴール前でフリーのファン・ダイクがヘディングで叩き込んだ。さらに76分には、ボックス右でパスを受けたガクポの落としからベルフワインが決定機を迎えたが、シュートは右サイドネットに外れた。 先制したオランダは90分、ブリントのロングパスでボックス内に侵入したベルフワインが胸トラップからハーフボレーでゴールに迫ったが、これはGKクルトワの好セーブに阻まれた。 1点を追うベルギーは、試合終了間際にルケバキオがオーバーヘッドシュートでゴールに迫ったが、直後に試合終了のホイッスルが響き、逃げ切ったオランダがグループステージ無敗で2大会ぶりの2度目の準決勝進出を決めた。 また、同時刻開催となったリーグA・グループ4もう一試合のウェールズ代表vsポーランド代表は0-1でポーランドが勝利した。 試合はゴールレスで迎えた後半に動く。ポーランドは58分、左サイドでボールを受けたキヴィオルのアーリークロスをボックス手前のレヴァンドフスキがワンタッチで繋ぐと、ボックス内に抜け出したシフィデルスキが難なくネットを揺らした。 結局、これが決勝点となり、ポーランドが1-0で勝利。今大会未勝利に終わったウェールズがリーグB降格となった。 2022.09.26 05:58 Mon
twitterfacebook
thumb

64年ぶりW杯出場、ウェールズのユニフォームが好評、シンプルで洗練された1枚が絶大な支持「いいね、パーフェクト」

ウェールズ代表のカタール・ワールドカップ(W杯)用ユニフォームが好評だ。 ウクライナ代表とのプレーオフを制し、ワールドカップ出場を決めたウェールズ。64年ぶり2度目の本大会で着用するアディダス製のホームユニフォームは、誇り高い国の精神と歴史を体現する、火を噴く赤いドラゴンからインスピレーションを得た。 燃えるような赤をベースに白のスリーストライプを肩に施したシンプルながらも洗練されたデザインで、襟を国旗色である緑と白で縁取った。 襟の背面には国花である黄色のラッパ水仙を施し、モットーである「Gorau Cwarae Cyd Chwarae(最高のプレーはチームプレー)」の文字で囲った。ショーツは白、ソックスは赤となっている。 アウェイキットは白を基調とし、スリーストライプは赤に。襟の周りと脇から裾にかけ、特徴的なジグザグ模様を施した。こちらのショーツは赤となる。 15日にウェールズサッカー協会(FAW)が公開した画像には、賛否が入り混じるユニフォーム評の中では珍しく、高評価のコメントばかりが並ぶ。中でもアウェイ用は「いいね、パーフェクト」、「ホームキットは、実物の方がずっと素敵に見えます。アウェイキットは完璧です」、「アウェイ最高」、「アウェイキットの入手を考えている」と、相当数の支持を得ているようだ。 ウェールズは現在UEFAネーションズリーグを戦っており、22日のベルギー代表戦でアウェイ用のユニフォームを着用した。残念ながら1-2と敗れ、25日にはポーランド代表と対戦する。また、本大会ではグループBに振り分けられ、アメリカ代表、イラン代表、イングランド代表と同居する。 <span class="paragraph-title">【写真】シンプル故に際立つ良さ、ウェールズのW杯用ユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cih1Rb6sajD/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cih1Rb6sajD/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cih1Rb6sajD/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Cymru(@fawales)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.09.24 08:40 Sat
twitterfacebook
thumb

「レアル・マドリーではデリケートな状況」 エデン・アザールが明かす

ベルギー代表FWエデン・アザールがレアル・マドリーでの現状に本音を漏らしたようだ。 ベルギー『RTL』によると、アザールは22日にホームで行われたUEFAネーションズリーグ(UNL)2022-23のリーグA・グループ4第5節のウェールズ代表戦後、レアル・マドリーで置かれた状況を問いただされると、フラストレーションをのぞかせたという。 「プレーがしたいっていう複雑な時期だ。プレーしたいのに、プレーできていないわけだから。でも、僕は全力を尽くすし、ピッチに立ちたい。レアル・マドリーでは良い感じでプレーできている」 「ただプレーの回数が少ないだけ。プレーできれば、うまくやれる。デリケートな状況だ。もっとプレーがしたいし、もっと貢献できる。リズムを取り戻せば、昔に戻れるけど、プレーするしかない」 アザールは2019年夏に夢だと語るレアル・マドリー移籍を鳴り物入りで果たしてから、今季で4年目。度重なる故障で大きく下げた評価はすぐに取り戻せず、今季のここまで限定的な出番が続いており、先発回数も出場した公式戦4試合でたったの1回しかない。 ちなみに、65分間にわたるプレーで2-1の勝利に貢献したウェールズ戦については「プレーができ、しかも先発できたのは嬉しかった」と話し、W杯のメンバー入りに向けて引き続きアピールを誓った。 「特に、前半は良かったね。3ポイントを掴めたしね。W杯の準備も兼ねて、オランダに行く。自分がプレーできたら、何がやれるかはわかっている。できるだけ出場時間を確保して、良い状態でW杯に臨めるかどうかは僕次第だ」 2022.09.23 12:15 Fri
twitterfacebook
thumb

ウェールズに勝利のベルギー、指揮官は代表デビューの若手DF絶賛 「彼以上のデビューを果たした人物は知らない」

ベルギー代表のロベルト・マルティネス監督が、勝利に満足感を示した。『UEFA.com』が伝えている。 ベルギーは22日に行われたUEFAネーションズリーグ(UNL)2022-23のリーグA・グループ4第5節で、ウェールズ代表と対戦した。立ち上がりから主導権を握り、10分にMFケビン・デ・ブライネのゴールで先制に成功すると、続く37分にFWミッチー・バチュアイが追加点。後半は反撃に転じた相手に1点を返されたが、2-1で勝利した。 最終節で首位のオランダ代表と準決勝進出をかけ、直接対決に臨むマルティネス監督はおおむね満足しつつ、後半の戦い方には改善が必要だと認めている。 「今日のチームパフォーマンスには満足しているよ。特に、前半は私が選手たちに求めていたものをしっかり見せてくれる内容だった。ただし、2-0でリードしてから試合中にもかかわらず少し力を抜いてしまったかもしれないね。それについては避けるべきことだろう」 また、先発で代表デビューのDFゼノ・デバストに言及。プレッシャーのかかる状況でありながら、堂々とプレーした選手を絶賛した。 「ゼノ・デバストのデビューにはとても感動したよ。わずか18歳の選手として、彼以上のデビューを果たした人物を私は知らないね。私は今日の彼のプレーを見ていて、『本当にこれがデビュー戦なのか?』と思うくらいだった」 2022.09.23 11:20 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly