風に乗ったゴールキックがネットを揺らす、英4部での珍事に試合後は相手GKに謝罪

2021.01.20 19:01 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リーグ2(イングランド4部)で、珍しいGKによるゴールが生まれた。舞台となったのはチェルトナムvsニューポート・カウンティの一戦。12分にニューポートのGKトム・キングがゴールキックを右足で思い切り蹴ると、ボールは風に乗ってグングンと伸びていき、相手陣内のペナルティーアーク付近に落ちる。


あまりの飛距離にチェルトナムのDFとGKの間に落ちたボールは、ワンバウンドすると大きく跳ね、チェルトナムのGKジョシュア・グリフィスの懸命のジャンプも及ばず、そのままゴールネットを揺らした。

試合はこのゴールでニューポートが先制点を奪ったものの、チェルトナムが追いつき1-1で引き分けとなっている。

試合後、イギリス『BBC』のインタビューに応えたキングは、相手GKに謝罪したことを明かしている。

「これは僕がプロレベルで得点した最初のゴールだ。彼(グリフィス)がゴールラインから外れていたと言いたいが、そうではなかった。幸いなことに上手くいったが、今夜は1ポイントではなく3ポイントを目指していた」

「多くの人が驚いた。ゴールを祝う方法すら知らなかったし、試合後に相手ゴールキーパーに謝罪した。昨シーズンのモアカム戦では僕が決められそうだった。ゴールを決められる側にいるのはいいことではない」

◆風が凄い!ゴールキック直接弾!
関連ニュース
thumb

「究極の裏切り」「死を意味する」プレミア6クラブのサポーターが欧州スーパーリーグ参加表明のクラブに憤慨

ヨーロッパ・スーパーリーグ構想について、参加を表明したクラブのファン・サポーターからも強い反対意見が出されている。 これまでは噂の域を出なかったこの構想だが、18日にヨーロッパの15のビッグクラブが一斉に公式声明を発表。その設立に向けて動いていることが明るみに出た。 初代の会長をレアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長が務めることが決定。そのマドリーのほか、バルセロナ、アトレティコ・マドリーのスペイン勢と、マンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティ、リバプール、アーセナル、チェルシー、トットナムのイングランド勢、ユベントス、ミラン、インテルのイタリア勢の12クラブが参加を表明している。 これには国際サッカー連盟(FIFA)や欧州サッカー連盟(UEFA)も反対意見を表明しているが、クラブにとって最も大切なサポーターからも全くもって支持されていないことが判明した。 プレミアリーグから6クラブが参加を表明しているが、どの「サポーターズ・トラスト」も賛同はしていない。 「サポーターズ・トラスト」とは、日本のサポーターズクラブとは異なり、クラブとは別にサポーターが信託会社を作り、チームの経営を支えるというもの。形態としてはサポーターズクラブと似ているが、構造は異なる。 しかし、その「サポーターズ・トラスト」も怒りを露わにしている。 チェルシーのサポーターズ・トラストは「許しがたいこと」とし「世界中の我々のメンバーとサッカーサポーターは究極の裏切りを経験した」と、チームの決断を非難した。 また、同じロンドンのアーセナルのサポーターズ・トラストは「スポーツ機関としてのアーセナルの死を意味する」とし、クラブは死んだと表現。そのアーセナルのライバルクラブであるトッテナムのサポーターズ・トラストは「我々が大切にしている試合の本質的な価値を犠牲にし、欲と自己利益によって推進される」と見解を示した。 その他、リバプールのサポーターズ・トラストは親会社であるフェンウェイ・スポーツ・グループ(FSG)をやり玉にあげ「FSGはファンを無視し、執拗に貪欲に金を追い求めている。サッカーは我々のものであり、彼らのものではない。我々のサッカークラブは彼らのものではなく、我々のものだ」とした。 また、マンチェスター勢も反対。ユナイテッドのサポーターズ・トラストは「完全に受け入れられない」とし、「サッカー、そしてマンチェスター・ユナイテッドが支持すべき全てのものに反する」と断固反対の姿勢。シティのサポーターズ・グループも「関係者が試合の伝統を全く考慮していないことを示している」とし、「このスーパーリーグの案に反対する決意を固めた」とした。 ファン・サポーターから全く受け入れられないヨーロッパ・スーパーリーグ構想。このまま推し進めることで得られるものは、今のところ見えてこない。 2021.04.20 07:25 Tue
twitterfacebook
thumb

リーズ相手に4連勝を逃したリバプール、終盤被弾で4位浮上ならず…《プレミアリーグ》

リバプールは19日、プレミアリーグ第32節でリーズ・ユナイテッドと対戦し、1-1の引き分けに終わった。 リーグ戦3連勝中の6位リバプール(勝ち点52)が、直近のリーグ戦で首位マンチェスター・シティを撃破した10位のリーズ(勝ち点45)のホームに乗り込んだ一戦。 ミッドウィークにチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグでレアル・マドリーと対戦したリバプールは、その試合のスタメンからサラーとフィリップスに代えてジョタとチアゴをスタメンで起用。3トップにジョタ、フィルミノ、マネを並べた[4-3-3]で試合に臨んだ。 開始早々の5分にチアゴの枠をかすめる強烈なミドルシュートで幕を開けた一戦は、ボールを保持するリバプールが押し込む展開で時間が推移していく。すると19分には、フィルミノのパスをボックス左で受けたジョタがカットインからシュートを狙ったが、これは相手DFにブロックされた。 主導権を握るリバプールは、24分にミスからピンチを招く。最終ラインで起用されたファビーニョのパスミスをカットしたフィリップスがワンタッチで前線に送ると、これに反応したバンフォードが決定機を迎えたが、シュートは飛び出したGKアリソンがブロックした。 ピンチを凌いだリバプールは31分、中盤でパスを受けたジョタのロングパスからボックス右までオーバーラップしたアレクサンダー=アーノルドが飛び出したGKより先にボールに触ると、この折り返しをマネが無人のゴールに流し込んだ。 先制したリバプールは、40分にもD・ジョレンテのバックパスに反応したジョタがチャンスを迎えたが、シュートは飛び出したGKの好セーブに阻まれ、前半は1-0で終了した。 迎えた後半は、立ち上がりこそリバプールがリーズゴールに迫ったが、徐々にポゼッションを高めるリーズに押し込まれる時間が続く。すると60分には、左CKからバンフォードがヘディングシュートを放つと、ゴール右に逸れたボールをエウデル・コスタが詰めたがこれは枠の上に外れた。 主導権を奪い返したいリバプールは、71分にマネを下げてサラーを投入。しかし、再びチャンスを迎えたのはホームチームだった。75分、エイリングのロングパスをボックス中央に走り込んだバンフォードがワントラップからドライブ回転がかかったシュートを放ったが、これはクロスバーを直撃した。 その後は互いに選手交代を行っていく中で膠着した状態が続いたが、リバプールは試合終盤にセットプレーから失点を許す。87分、ハリソンの左CKをD・ジョレンテのヘディングシュートでゴールを決められた。 結局、試合はそのまま1-1でタイムアップ。上位を追走したいリバプールだったが、痛恨の失点で4位浮上のチャンスを逃す結果となった。 2021.04.20 06:05 Tue
twitterfacebook
thumb

ケインが電撃解任のモウリーニョ監督に感謝「一緒に仕事が出来てとても光栄でした」

トッテナムのイングランド代表FWハリー・ケインが、19日に監督を解任されたジョゼ・モウリーニョ氏へ自身のツイッター(@HKane)で感謝の言葉を述べた。 今季ここまでリーグトップの21ゴールをマークしているケインは自身のツイッターで、「ボス、本当にありがとうございました。一緒に仕事が出来てとても光栄でした。あなたの今後の活躍を願っています」と、感謝の気持ちを綴った。 モウリーニョ氏は2019年11月にトッテナムの指揮官に就任。昨季はプレミアリーグ6位フィニッシュでヨーロッパリーグ(EL)出場権を獲得すると、今季は昨年11月下旬から12月中旬まで一時首位に立ったが、第20節からの6試合で5敗を喫するなど失速。 ELもラウンド16でディナモ・ザグレブに敗戦し、リーグ戦でも7位と2季連続でチャンピオンズリーグ(CL)出場権を逃すシナリオが現実味を帯びてきたトッテナムは、19日に突如モウリーニョ監督の解任を発表していた。 2021.04.20 00:02 Tue
twitterfacebook
thumb

「ワカバヤシだ!」ユナイテッドGKの“帽子姿”に世界中のサポーターから反応

マンチェスター・ユナイテッドに所属するイングランド代表GKディーン・ヘンダーソンのプレースタイルが話題になっている。 ユナイテッドは18日、プレミアリーグ第32節でバーンリーとホームで対戦。ヘンダーソンはリーグ戦6試合連続先発出場を果たした。 オフサイドにより取り消しとなったものの、開始20秒過ぎに不用意な飛び出しからネットを揺らされたヘンダーソンは、日光が気になったのか、後半からは赤地にクラブのエンブレムが描かれた“帽子”を着用。イングランドで帽子をかぶるGKはほとんどおらず、その珍しい姿は大きな話題を呼んだ。 ヘンダーソンはシェフィールド・ユナイテッド時代にも帽子をかぶってゴールマウスを守ったことがあるが、アメリカ『Bleacher Report』が帽子姿を公開すると、「似合ってないけど可愛い」「帽子をかぶるGKは減った」などの意見が寄せられた。 中でも、「ワカバヤシだ!」「ワカバヤシ・ヘンドー」など、漫画『キャプテン翼』に登場する、帽子がトレードマークのGK若林源三になぞらえる声が多く、そのことに驚く日本人のファンの声もあった。 ヘンダーソンは50分に左CKの場面で相手DFジェームズ・タルコウスキにゴールを許したものの、ユナイテッドは後半だけで3ゴールを記録。リーグ5連勝を達成している。 <span class="paragraph-title">【画像】若林源三を彷彿とさせる“帽子姿”のヘンダーソン</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Dean Henderson brought out the cap for the second half <a href="https://t.co/yQrtMpjOPY">pic.twitter.com/yQrtMpjOPY</a></p>&mdash; B/R Football (@brfootball) <a href="https://twitter.com/brfootball/status/1383822300311478273?ref_src=twsrc%5Etfw">April 18, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.04.19 20:30 Mon
twitterfacebook
thumb

「国内のファンを悩ませる」イギリスのジョンソン首相も欧州スーパーリーグ構想に反対

世界中を賑わせているヨーロッパ・スーパーリーグ構想。数々の反対意見が出てくる中、イギリスのボリス・ジョンソン首相も見解を示した。 ロンドン市長も務めたことのあるジョンソン首相は、2019年7月から首相を務めている。 新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大もあり、プレミアリーグでは昨シーズン途中から無観客開催が続いている状況だ。 ヨーロッパ・スーパーリーグには、プレミアリーグのビッグ6と呼ばれる、マンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッド、リバプール、チェルシー、アーセナル、トッテナムが参加の意思を表明。その他、レアル・マドリーやバルセロナ、アトレティコ・マドリーのスペイン勢、ユベントス、ミラン、インテルのイタリア勢など、15のチームが常任チームとなり、残り5チームはシーズンごとに入れ替える構想がある。 この発表が一斉にされた一方で、欧州サッカー連盟(UEFA)や国際サッカー連盟(JFA)は反対の声明を発表。各国リーグと協力して反対に動くとしているが、ジョンソン首相もこの一件に自身にツイッターで反応。反対意見を主張した。 「ヨーロッパ・スーパーリーグの計画は、サッカーにとって非常に損害を与えるものであり、我々はサッカー当局が行動を起こすことをサポートする」 「これは国内の試合の核心を突くものであり、国内のファンを悩ませるものだ」 「関係するクラブは、さらなる措置が講じられる前に、ファンや幅広いサッカーコミュニティに対して、回答する必要がある」 一国の首相も反対したこの状況。多くの主要機関が反対意見を述べている中で、それでも押し通して設立するのか。注目が集まる。 <span class="paragraph-title">【SNS】ジョンソン首相も見解をツイッターで述べる</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Plans for a European Super League would be very damaging for football and we support football authorities in taking action. <br><br>They would strike at the heart of the domestic game, and will concern fans across the country. (1/2)</p>&mdash; Boris Johnson (@BorisJohnson) <a href="https://twitter.com/BorisJohnson/status/1383865356364640259?ref_src=twsrc%5Etfw">April 18, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.04.19 20:15 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly