誰もを魅了した唯一無二の“ミドルシュート”、レッズの“象徴”スティーブン・ジェラード

2021.02.25 19:40 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
2019-20シーズンのプレミアリーグを圧倒的な強さで制し、30年ぶりのトップリーグ優勝を果たしたリバプール。ユルゲン・クロップ監督の下で悲願を達成し、2018-19シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)優勝と共に、ファン・サポーターは喜びに明け暮れた。ディフェンディングチャンピオンとして臨んでいる2020-21シーズンのプレミアリーグでは、24試合を消化し勝ち点40の6位に位置。昨シーズン見せた圧倒的な強さはそこにはなく、らしさが見て取れない。


もちろん、そこには様々な要因があるのは広く知られたこと。1つは、守備の要であったオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクを含めたセンターバックが相次いで負傷したこと。2つ目は、チーム全体として精彩を欠いていることだ。これは、昨シーズンから続く連戦による蓄積された疲労に加え、代わりの選手がなかなか見つからないというところが影響していると考えられる。

クロップ監督によって作られた現在のリバプールは、個々の能力の高さもありながら、やはりチームとして、1つの集団として機能した時に絶大な強さを発揮する。一方で、その中核を担う選手が力を発揮できなければ、必然的にチーム力は落ちてしまうのも仕方のないことだろう。

しかし、敢えて言うならば、強烈な“タレント”が不足しているとも言える。例を挙げるなら、クラブのレジェンドであるスティーブン・ジェラードのような存在だ。

関連ニュース
thumb

バルベルデがリバプールサポーターによるバス襲撃に言及 「より大きなモチベーションを与えてくれた」

レアル・マドリーに所属するウルグアイ代表MFフェデリコ・バルベルデが、リバプール戦前に起きた一部リバプールサポーターによるバス襲撃事件について言及した。『ESPN』が伝えている。 マドリーは14日、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグでリバプールと対戦し、0-0のドローで試合を終えた。この結果、2戦合計3-1で準決勝進出を果たした。 ただ、イギリス『BBC』が伝えるところによれば、同試合の試合前には一部リバプールサポーターによる愚行があったという。 報道によると、試合に先駆けてアンフィールドにマドリーのバスが到着。しかし、この際にリバプールのサポーターが集まっており、マドリーのバスが通過する際にブーイングを浴びせたとのこと。さらに、ここでバスに向かって投擲が行われたとのことだ。 この投擲により、マドリーのバスの窓ガラス1枚が破損。リバプールのスタッフが片付けをしていたようだが、二重になった窓の1つが割れてしまったという。 幸い、負傷者などの大きな問題には発展しなかったものの、せっかくのビッグマッチを台無しにしかねない相手サポーターによる愚行について、試合後のインタビューの際に感想を求められたバルベルデは、自身の過去の経験を基に全くプレッシャーを感じることはなかったと主張している。 なお、バルベルデはキャリア初期のペニャロール時代に、よりサポーターの過激さで知られるウルグアイリーグでプレーしており、こういった対戦相手からの妨害行為には慣れっこだった。 「僕はそこ(ウルグアイ)から来ているんだ。だから、ああいったことは普通なことだし、何の問題もなかったよ」 「逆に、そういった出来事は僕自身により大きなモチベーションを与えてくれるんだ。対戦相手への情け容赦のなさと共に自分の全力を出し切るという気持ちと共にピッチに出ることができる」 なお、同試合では不慣れな右サイドバックに加え、足を痛めた状態でのフル出場となったバルベルデだが、リバプールサポーターが余計に与えたモチベーションが90分間を戦い抜く上で助けになったようだ。 2021.04.15 22:36 Thu
twitterfacebook
thumb

CL準々決勝敗退のリバプール、ミルナーは「僕たちは十分ではなかった」と悔やむ

リバプールの元イングランド代表MFジェームズ・ミルナーが、チャンピオンズリーグ(CL)敗退の悔しさを語っている。UEFAがコメントを伝えた。 14日にCL準々決勝のレアル・マドリー戦2ndレグに臨んだリバプール。アウェイでの1stレグを3-1で落としているため、立ち上がりから攻勢を仕掛けた。しかし、好セーブ連発の相手GKティボー・クルトワの牙城を最後まで崩せず、0-0で試合終了。ベスト8での敗退が決まった。 ユルゲン・クロップ監督が「良い試合をした」と振り返ったように、60分までの出場だったミルナーも内容はポジティブなものだったと回想。だが、チャンスをものにできず「十分ではなかった」と、敗戦を悔やんだ。 「僕たちは良いプレーをしたけど、チャンスをものにできないと罰を受けることになる。激しさと意欲はあったが、最終的には十分ではなかった」 「相手は明らかに経験豊富なトップチームだけど、今日の僕たちには激しさとテンポがあった。ただ、チャンスをものにすることができなかったんだ」 「僕たちはこの大会に長く参加している。今日のような試合でファンの存在が何をもたらしてくれるかはわかっているけど、ファンの不在が敗因だとは思わない。僕たちはよくやった。でも十分ではなかったんだ」 2021.04.15 17:00 Thu
twitterfacebook
thumb

リバプールを退け準決勝進出のマドリー、MOMのカゼミロは攻めの姿勢を見せたチームを称賛

レアル・マドリーのブラジル代表MFカゼミロが、チャンピオンズリーグ(CL)準決勝進出を決めたリバプール戦の手応えを語っている。UEFAが伝えた。 14日にCL準々決勝のリバプール戦2ndレグに臨んだマドリー。ホームで行われた1stレグを3-1で制し、突破に向けて大きなアドバンテージを得ている状況だった。 だが、2ndレグは気迫のこもった相手に押される展開で、立ち上がりにはGKティボー・クルトワが何度かビッグセーブを強いられる場面も。その後、マドリーが押し返す時間帯はあったものの、全体を通して酒精に回る展開に。 それでも失点を許さなかったマドリーが敵地アンフィールドでの2ndレグをゴールレスドローで乗り切り、1stレグのアドバンテージを生かして準決勝進出。決勝進出をかけてチェルシーと戦うことになった。 この試合でマン・オブ・ザ・マッチに選ばれたカゼミロは試合後、1stレグの結果に依存することなく攻めの姿勢を見せたチームを称賛。突破の決め手は精神性にあったと振り返った。 「ファーストレグのアドバンテージを頭に入れた上で、僕たいは勝ちにいった。相手には素晴らしい監督と選手が揃っており、今日は非常に強度の高いプレーで挑んできた。僕たちもその分、よりハードワークしたよ。僕たちは勝利に甘んじることはなく、最終的にはそれが決め手になったんだ」 「あんな相手だから難しい試合になることはわかっていた。ここでプレーするのは本当に大変なことだけど、選手たちの努力は素晴らしいものだった。今日は全員がそれぞれの役割を完遂したね」 2021.04.15 16:10 Thu
twitterfacebook
thumb

リバプールの一部サポーターが愚行、レアルのチームバスを破壊…3年前にも同様の事件

リバプールの一部サポーターによる愚行が発覚していた。 イギリス『BBC』によると、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグのリバプールvsレアル・マドリーの試合前に事件が起こっていた。 報道によると、試合に先駆けてアンフィールドにマドリーのバスが到着。しかし、この際にリバプールのサポーターが集まっており、マドリーのバスが通過する際にブーイングを浴びせたとのこと。さらに、ここでモノがバスに向かって投げられたとのことだ。 この投擲により、マドリーのバスの窓ガラス1枚が破損。リバプールのスタッフが片付けをしていたようだが、二重になった窓の1つが割れてしまったとのことだ。 リバプールの広報は「レアル・マドリーのチームバスが今夜アンフィールドに到着した際、損傷受けた原因となった行動をはっきりと非難します」とコメント。「それは数人による完全に容認することができない恥ずべき行為です。ご迷惑をおかけしたことをお詫びします」と非難するとともにマドリーに謝罪した。 また「我々はマージーサイド警察と協力し、事実を立証し、責任者を特定します」とし、破損させた犯人を探すとしている。 なお、リバプールのサポーターは以前にも全く同じ行為を行なっている。2018年のチャンピオンズリーグ準々決勝1stレグで、マンチェスター・シティをホームに迎えた際、シティのチームバスに対して缶やビン、発炎筒などが投げられた。 当時もリバプールは「完全に容認できない」とその行為を強く非難。選手やスタッフらにケガ人はなかったが、警官2名が負傷していた。なお、その際の犯人には損害賠償として1万7000ポンド(約255万円)の罰金と、物を投げたことなどに対して5200ポンド(約78万円)の罰金が科されていた。 3年前に続いて再び愚行を働いてしまった一部のリバプールサポーター。結局チームはマドリーの前に敗戦しており、何の後押しにもならない愚行に終わってしまった。 <span class="paragraph-title">【動画】ファンの投擲により破損した窓ガラスを掃除するリバプールのスタッフ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Real Madrid&#39;s team bus was damaged on its way to Anfield for their <a href="https://twitter.com/hashtag/UCL?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#UCL</a> quarter-final second leg against Liverpool on Wednesday. <a href="https://t.co/lJGDX3gFbr">pic.twitter.com/lJGDX3gFbr</a></p>&mdash; Sky Sports News (@SkySportsNews) <a href="https://twitter.com/SkySportsNews/status/1382415801156780034?ref_src=twsrc%5Etfw">April 14, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.04.15 15:55 Thu
twitterfacebook
thumb

「今夜の試合に負けたのではない」ベスト8敗退のリバプール、クロップ監督は1stレグを悔やむ

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、レアル・マドリー戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 リバプールは14日、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグでマドリーとホームで対戦した。 アウェイでの1stレグは3-1でマドリーが勝利。リバプールは最低でも2-0での勝利が必要となる状況であり、キックオフから圧力をかけていった。 しかし、再三チャンスを作ったものの、マドリーのGKティボー・クルトワの好セーブもあり牙城を崩せず。そのままゴールを奪えず、0-0で試合は終了。2戦合計3-1でベスト8敗退となった。 クロップ監督はマドリー戦を振り返り、試合のパフォーマンスを評価。1stレグでの敗戦が結果に繋がったとし、2試合を通してのパフォーマンスが必要だったとした。 「我々は試合をとてもうまくスタートさせ、明らかに早い時間帯で得点することができたと思うが、そうならなかった。だから、この試合ではずっと良いプレーができていた」 「我々は今夜の試合に負けたのではなく、マドリーでの試合に負けたのは明らかだ。あの時のパフォーマンスは十分ではなかった」 「今日は、確実に1-0で先制することができたので、そうなれば別の試合になっていただろう」 「だからレアル・マドリーの経験や試合を追わなければならない状況、得点しなければならない状況を考えれば、どんどん難しくなっていった」 「彼らは特定の時間から試合をコントロールし、反撃のチャンスを持っていた。しかし、明らかに今夜は2つの良いパフォーマンスがあれば、突破するチャンスがあったはずだ。得点がない1つの良いパフォーマンスでは十分ではなかった」 2021.04.15 10:36 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly