監督不在のまま開幕を迎える徳島、甲本偉嗣HCは選手の姿勢を評価「ポジティブに捉えて取り組んでくれている」

2021.02.23 21:05 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
26日に2021シーズンの開幕を控える明治安田生命J1リーグ。その開幕を前に、全20チームの監督と代表選手がオンラインでのメディア取材に応じた。例年であれば、選手や監督が一堂に会して開幕前に「Jリーグキックオフカンファレンス」が行われる中、今シーズンは新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響も踏まえてオンラインで実施。開幕カードごとに監督、選手が登場して取材に応対した。

昨シーズンの明治安田J2で見事に優勝を果たし、7年ぶりにJ1の舞台へと戻ってきた徳島ヴォルティス。しかし、チームを優勝に導いたリカルド・ロドリゲス監督が浦和レッズの監督に就任すると、今シーズンからダニエル・ポヤトス監督が就任した。


しかし、日本政府の外国人の入国制限により現時点で来日できておらず。監督不在のまま開幕を迎える異例の事態となった。

そのポヤトス監督の代わりに指揮を執っているのが、甲本偉嗣ヘッドコーチ。難しい状況の中で迎える開幕戦だが「監督がコロナ禍で入国できない中でシーズンをスタートしました。かなり選手たちもポジティブにやってくれていますし、スタッフも一丸となって前に進めているという印象があります」とコメント。監督不在でもチームとして前向きに活動できていると語った。

開幕ゲームでは大分トリニータと対戦する。その開幕に向けては「開幕を大分とやるにあたって、僕たちも絶対に降格しないように、より高い順位でやれるように進めています。監督が不在ということを感じさせないくらい、一丸となって大分に向かっていきたいですし、勝利を目指したいと思います」と語り、久々のJ1の舞台で、しっかりと結果を出していきたいと語った。

キャンプに関してもポヤトス監督と連絡を取りながらも、現場の指揮を任されている甲本ヘッドコーチ。手応えについては「監督がいない中で進んでいますが、毎日ビデオミーティングをしながら進めている中で、攻撃にしても守備にしてもスムーズに進んできているかなと思います。7、8割はできていると思っています」と一定の手応えを感じているとした。

その徳島は、主力の大半が残留した一方で、若手の能力ある選手を加えた。新戦力については「徳島は新加入がほとんど若い選手となっています。その選手たちに関しては、少しずつ戦術理解が進んでいるかなと思います。試合に出そうな選手たちに関してはかなりフィットしてきているので、既存の選手との関係性もよくなってきているので、そこでチャンスが作れたらと思います」と若手選手もチームの戦い方を学んでフィットしていると語った。

それでも、やはり新チームの監督がいないというのは異例の事態。しかし、不安要素はないとし「監督がいない中でもかなり濃いミーティングもできていて、その点はあまり心配していません」とコメント。「選手たちもポジティブに捉えて取り組んでくれているので、僕から何か特別に監督がいないからということはなく、キャプテンの岩尾憲を中心に「俺たちでやるしかない」という形でやっているので、うまく助長して生かしていければ」と選手も前向きに取り組んでいるとし、「成績は後になって出てくると思いますが、試合をやっていく中で向上していければと思います」と、徐々にチームとしての完成度を高めたいとした。

対戦する大分については「大分さんに関しては、J2にいた時に対戦した中で、僕自身もかなり好きなサッカーでした。そこを参考にして、去年と一昨年に関しては、大分さんのサッカーに近いものをやっていた部分が多かったので、好きなサッカー、ボールをしっかり握って引き出したりできる良いチームだと思います」とコメント。また、警戒する選手には「個人として警戒するというのは、野村(直輝)くんです。ウチのチームから行って、良い働きをしているので、警戒しています」と語り、2019シーズンまで徳島に在籍した野村直輝の名前を挙げた。

7年ぶりのJ1復帰となった大分。今シーズンの目標については「まずは降格しないというところのラインを目指してやります」とし、残留することを目指すとコメント。「その中でも、僕らが主導権を握ってサッカーをしながら降格しないということをやっています」と、主導権を握るサッカーを展開していきたいと意気込んだ
関連ニュース
thumb

徳島がダニエル・ポヤトス監督に初白星を献上! 広島は終盤の2度の決定機生かせず【明治安田J1第14節】

明治安田生命J1リーグ第14節、サンフレッチェ広島vs徳島ヴォルティスが15日にエディオンスタジアム広島で行われ、0-1で徳島が勝利した。 前節まで6戦未勝利が続いていた広島だったが、ガンバ大阪とのアウェイ戦で1-2で勝利し、7試合ぶりの白星を挙げた広島。今度は2カ月ぶりのホーム戦勝利を目指し、前節からスタメンを5人変更。永井が今季リーグ戦では初先発を果たした。 対する徳島は4連敗中。前節は北海道コンサドーレ札幌相手に宮代のゴールで先制しながらも、後半にアンデルソン・ロペスの2発を浴び逆転負け。ダニエル・ポヤトス監督が指揮を執り始めてから勝利できておらず、今節は前節から2人の先発メンバーを入れ替え、5試合ぶりの勝利に挑む。 試合はいきなり広島がアクシデントに見舞われる展開に。リーグ戦3試合目の永井が開始7分に足を痛めて続行不可能に。急遽、ジュニオール・サントスが投入された。 それでも広島は14分、敵陣中央の空いたスペースでパスを受けた森島が見事なターンからチャンスメイク。スルーパスに反応した浅野がボックス左に侵入し、左足で流し込みにかかったが、惜しくも右に逸れてしまった。 30分には、右サイドのゴールライン沿いでボールを持ったエゼキエウがクライフターンで相手をかわしてクロス。これにジュニオール・サントスが頭で合わせるも、手前のDFに当たって枠に飛ばせず。 対して、39分に岸本のロングシュートがGK大迫を強襲した徳島。44分には、巧みなドリブルで左サイドを突破した垣田のクロスにバトッキオが詰めるが、シュートは右外のサイドネットを叩いた。 試合が動いたのは63分。右サイドからカウンターを仕掛けた徳島は、垣田がボールを運んでオーバーラップする岸本にパス。ボックス右まで攻め込み、最後はGK大迫をあざ笑うループシュートを沈めて、先制点をもたらした。 押し込みながらも失点を許した広島。87分に森島の右サイドから上げたクロスにボレーで合わせた東のシュートは左ポストを直撃。90分には、茶島がボックス手前から上げたクロスを森島が頭で合わせるも、今度はクロスバーに嫌われ万事休す。 結局、敵地で0-1で逃げ切りに成功した徳島が、ダニエル・ポヤトス監督に初白星を献上した。 サンフレッチェ広島 0-1 徳島ヴォルティス 【徳島】 岸本武流(後18) 2021.05.15 19:39 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第13節:徳島vs札幌】ポヤトス体制3連敗の徳島、結果に繋がらない札幌…キッカケを掴むのは?

【明治安田生命J1リーグ第13節】 2021年5月9日(日) 15:00キックオフ 徳島ヴォルティス(14pt/12位) vs 北海道コンサドーレ札幌(12pt/14位) [鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム] ダニエル・ポヤトス監督就任後3連敗の徳島と、勝ち切れない試合が多い札幌の一戦。 戦力の充実度では徳島が有利だが、チーム力で札幌が跳ね返せるか。 ◆3連敗で正念場、ポヤトス体制初勝利を【徳島ヴォルティス】 前節はアウェイでのサガン鳥栖戦で2-0で敗戦。これでリーグ戦3連敗となってしまった。 ダニエル・ポヤトス監督が長い隔離期間を終えてやっとチームに合流したものの、リーグ戦では3戦全敗。うまくいっていないというのが現状だ。 それは結果だけでなく、内容もかなり乏しい。この3試合で奪ったゴールは「1」。失点は「8」となっており、攻守両面で大きな課題を残している。 特に、シュートチャンスが極端に少なく、その結果、不用意な形で相手に攻められる時間が長い。さらに、セットプレーの守備は崩壊。失点を繰り返しており、改善の余地が大いにある。 指揮官が正式に合流したことで成績が一気に落ちることは想像していなかったことかもれしれないが、チームとしての課題は明白。どう立て直すのかに注目が集まる。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:上福元直人 DF:岸本武流、福岡将太、カカ、ジエゴ MF:鈴木徳真、岩尾憲 MF:宮代大聖、クリスティアン・バトッキオ、藤原志龍 FW:垣田裕暉 監督:ダニエル・ポヤトス ◆内容と結果の不一致が続く【北海道コンサドーレ札幌】 前節はアウェイで湘南ベルマーレと対戦し、0-0のゴールレスドローに終わった札幌。連勝のチャンスを逃した。 今シーズンはここまでわずかに3勝と結果が出ていない状況。しかし、試合で見せているゲーム内容と結果があっているとは言えない。 内容自体はそこまで悪くない試合を続けているが、如何せん結果につながらない。その課題の1つは守備面。特にケガ人が多く、スクランブルで選手が起用されている状況が続いているため、安定感に欠けている。 また、攻撃陣も攻め込む回数はあるものの、アタッキングサードでの連携や精度が高いとは言えない状況。その結果、良い試合展開でも勝ち点が伸び悩んでいる状況だ。 アウェイ3連戦の真ん中。勝ち点差は「2」の相手だけに、しっかりと勝利を収めて浮上のキッカケをつかみたい。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:菅野孝憲 DF:田中駿汰、宮澤裕樹、福森晃斗 MF:金子拓郎、荒野拓馬、駒井善成、菅大輝 MF:小柏剛、チャナティップ FW:アンデルソン・ロペス 監督:ミハイロ・ペトロヴィッチ 2021.05.09 09:15 Sun
twitterfacebook
thumb

鳥栖が3試合ぶりのクリーンシートで3連勝! 仙頭のJ1初ゴールなどで徳島下す【明治安田J1第12節】

明治安田生命J1リーグ第12節、サガン鳥栖vs徳島ヴォルティスが1日に駅前不動産スタジアムで行われ、2-0で鳥栖が勝利した。 2連勝中で暫定4位の鳥栖と、2連敗で11位の徳島の対戦。前節はFC東京から2点を挙げ、逃げ切り勝利を収めた鳥栖は、その試合からスタメンを1人変更。酒井に代わり、山下が入った。対する徳島は、前節は柏レイソルに5-1で大敗。そこから5人のスタメン変更を施して3試合ぶりの白星を目指す。 序盤は互いに中盤での精彩を欠き、なかなかシュートまで運べない時間が続く。先にチャンスを迎えたのはホームの鳥栖。31分、仙頭の縦パスを受けた山下がボックス左でコントロールしシュートに繋げたが、枠を捉えることはできなかった。 その山下は39分にも右サイドから入ったクロスをボックス中央で収めてシュートへ。こちらも決定的なシーンだったが、相手に当たって左に逸れた。 一方、ここまでシュート1本に留まっているアウェイ徳島も44分、ボックス手前のボール奪取からボックス中央の宮代にボールが渡ると、シザーズで相手を躱してシュートへ。しかし、惜しくも枠の左上に外れた。 終盤に白熱した前半戦の勢いのまま後半へ向かうと、55分に均衡が破れる。敵陣中央でボールを奪った鳥栖は素早く攻撃に切り替え、樋口から山下へ。ボックス手前左でボールを持った山下は迷わず右足を振り抜くと、相手の岩尾に当たってゴールイン。コースが変わったことで、GK上福元の逆を突く形でゴールが決まった。 先制したホ-ムチームはさらに75分、樋口が右足で上げた右CKを徳島DF田向がクリアし損ねると、こぼれ球に反応した仙頭がシュート。これはGKに阻まれてしまうものの、その跳ね返りが仙頭に当たり追加点。これがJ1初ゴールとなった。 2点リードで後半アディショナルタイムに突入し、勝利が濃厚となった鳥栖はJ1デビューとなるドゥンガを投入。そしてこのまま逃げ切り3連勝。3試合ぶりのクリーンシートで3位の座を守っている。 サガン鳥栖 2-0 徳島ヴォルティス 【鳥栖】 山下敬大(後10) 仙頭啓矢(後30) 2021.05.01 18:02 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第12節:鳥栖vs徳島】ハイプレスvsポゼッション、得意のスタイルで上回るのは

【明治安田生命J1リーグ第12節】 2021年5月1日(土) 16:00キックオフ サガン鳥栖(23pt/3位) vs 徳島ヴォルティス(14pt/11位) [駅前不動産スタジアム] アウェイでの難敵との連戦を連勝で終えた鳥栖と、ダニエル・ポヤトス体制でまだリーグ戦勝利がない徳島。 ハイプレスかポゼッションか、どちらの策が相手を封じるのか。 ◆自信を胸に3連勝へ【サガン鳥栖】 前節はFC東京のホームに乗り込んでの一戦。すると、前半で酒井宣福、樋口雄太がゴールを奪い、1-2での勝利に貢献した。 開幕からの無失点が6でストップした後、4試合で3敗を喫するなど一気に落ち込むかと思われたが、名古屋グランパス、FC東京と難敵とのアウェイゲームで連勝し、しっかりとチームとしての強さを見せる形となった。 堅守をベースに、ポゼッションするスタイルは昨シーズンよりも完成度が上がっている状況。さらに、常に前から奪いに行くことをやめ、相手に合わせてしっかりとタイミングを見てのプレッシングも機能している。 通り一辺倒の戦い方ではなくなったことが結果にも出ており、3位をキープ。首位の川崎フロンターレが独走しかけているだけに、なんとか上位を守りチャンスをうかがいたい。 徳島はボールを保持してポゼッションするスタイルだけに、ボールをしっかり奪うポイントを決めれば封じられるだろう。一方で、剥がされるとピンチを迎えることもあり、集中力高く臨み、3連勝を飾りたい。 ★予想スタメン[3-1-4-2] GK:朴一圭 DF:ファン・ソッコ、エドゥアルド、中野伸哉 MF:松岡大起 MF:飯野七聖、樋口雄太、仙頭啓矢、小屋松知哉 FW:林大地、酒井宣福 監督:金明輝 ◆プレスを回避し、ポヤトス体制リーグ戦初勝利へ【徳島ヴォルティス】 前節はアウェイで柏レイソルを相手に5失点を喫して大敗。リーグ戦も2連敗となってしまった。 ダニエル・ポヤトス監督が指揮をしてからリーグ戦で勝利がないだけに、早いところ勝利を収めたいところだろう。 柏戦の敗因は今季何度か見られるミスから。GKからビルドアップするスタイルだが、ディフェンスラインや自陣でのビルドアップでミスをすると、失点の確率が上がってしまう。 特に鳥栖は柏と同様にハイプレスをかけてくるだけに、変な失い方をすれば一気に決定機を迎えられてしまう。慎重な戦いを見せる必要があるが、うまくプレスを回避できれば大きなチャンスを迎えることになる。 自陣でのミスを減らし、しっかりと自分たちのペースに持ち込むことができるか。前節の反省を生かした戦いを見せられるかに注目だ。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:上福元直人 DF:岸本武流、鈴木大誠、福岡将太、ジエゴ MF:クリスティアン・バトッキオ、岩尾憲 MF:杉森考起、宮代大聖、藤原志龍 FW:垣田裕暉 監督:ダニエル・ポヤトス 2021.05.01 12:35 Sat
twitterfacebook
thumb

柏が今季初3連勝! ホーム徳島戦で呉屋2発、江坂、椎橋、仲間のゴールショー【明治安田J1第11節】

明治安田生命J1リーグ第11節の1試合が24日に三協フロンテア柏スタジアムで催され、ホームの柏レイソルが5-1で徳島ヴォルティスを撃破した。 2試合連続完封で今季初連勝中の15位柏は前節から1選手が入れ替わり、三丸の代わりに高橋峻希が先発。一方、先のルヴァンカップでヴィッセル神戸を下した勢いを持ち込みたい9位徳島は2選手を変更して、藤田譲瑠チマ、垣田がスタートからピッチに立った。 連敗阻止を狙い、敵地に乗り込んだ徳島だが、今季初の連勝で波に乗る柏が先にスコアを動かす。徳島のビルドアップに前線からプレスをかけた9分、江坂がボックス右深くでボールを奪取。呉屋がラストパスを左足ダイレクトで叩き込み、先取した。 幸先よくリードした柏は右CKのチャンスを獲得した27分、キッカーの神谷が右足アウトスウィングのクロスを上げると、中央で競り勝った江坂がヘディングシュートを決めて追加点。先制点の勢いそのままに徳島の突き放しに成功してみせる。 さらに、その3分後に左サイドの仲間がサイドチェンジを試みると、ボックス右の北爪が頭で折り返して、最後は中央に猛進した椎橋がヘディングシュート。攻撃の手を緩めずの柏が3連勝に向け、前半だけで3点のリードを手にして、試合を折り返す。 巻き返そうとハーフタイム明けからバトッキオ、浜下を投入した徳島だが、48分に右サイドの江坂が右足で低い弾道のクロスを出すと、ボックス右のスペースで反応した仲間がワントラップから浮いたボールを右足ボレー。柏が決定的な4得点目を奪う。 出鼻を挫かれた徳島は58分に田向、小西の交代カードを切るが、次のゴールも柏。64分、自陣右サイドからボールを持ち上がった北爪が最終ラインの間に陣取る呉屋にパス。そのまま抜け出した呉屋が右足シュートを決めて、大量リードを奪った。 一矢報いたい徳島は74分に細かなパスワークでの中央突破から宮代が椎橋のクリアしようとしたボールに詰め、1点を返すが、反撃もここまで。柏がベンチ入りのペドロ・ハウル、アンジェロッティの新戦力をデビューさせながら試合を終わらせた。 今季最多5発のゴールラッシュで徳島戦を快勝で飾った柏はこれで3連勝。今季最多5失点の大敗を喫した徳島は今季2度目の連敗となっている。 柏レイソル 5-1 徳島ヴォルティス 【柏】 呉屋大翔(前9、後19) 江坂任(前27) 椎橋慧也(前30) 仲間隼斗(後3) 【徳島】 宮代大聖(後29) 2021.04.24 18:45 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly