ボルシアMG指揮官ローゼのドルトムント行きを確信するマテウス氏「クラブに希望を伝えたはず」

2021.02.10 13:26 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ドイツ代表のレジェンドであり、ボルシアMGでもプレーした経験を持つローター・マテウス氏が、古巣の監督人事に対してアドバイスを送っている。ドイツ『シュポルト・ビルト』が伝えた。

ボルシアMGは今シーズン、ブンデスリーガこそ7位と中位に甘んじているが、チャンピオンズリーグ(CL)では決勝トーナメント進出を決めたことに加え、DFBポカールでも準々決勝進出を果たすなど、好結果を残している。

しかし、そんなボルシアMGにとって、悩みの種となっているのがマルコ・ローゼ監督の去就だ。2019年夏に指揮官に就任してから卓越した手腕を発揮している同監督には、ドルトムントから強い関心が寄せられている。

ドルトムントは12月に3シーズン目を迎えていたルシアン・ファブレ監督を解任。エディン・テルジッチ氏を後任に据えたものの、思うような結果を残せていない。そのため、ドルトムントが夏にローゼ監督招へいに動く可能性は高いと、各メディアが報じている。

こうした状況を受け、マテウス氏はローゼ監督のドルトムント行きを確信。そのうえで、クラブは指揮官の去就について明確にする必要があると語った。

「私はマルコ・ローゼがドルトムントの新監督になると確信しているよ。ローゼは既に、スポーツディレクター(SD)のマックス・エーベルやクラブにその希望を伝えていると思う」

「クラブへの忠告があるとしたら、何が起こっているかを率直に話すことだ。そうすれば最終的には必ず報われると思うし、これから何週間も同じ質問を受けることを避けられるだろう。クラブはずっと平穏になるはずだ」

「明確な声明をクラブが出せば、チームは大きな目標に向かって集中しやすくなると思う。そしてそうすれば、『監督の去就の噂が集中力を奪った』という言い訳もしなくて済むだろうね」

また、マテウス氏はたとえローゼ監督が去ったとしても、ボルシアMGの将来は明るいと言及。敏腕で知られるエーベルSDは、既に次の指揮官候補をリストアップしているだろうと予想した。

「マックス・エーベルのようなトップSDなら、既にローゼ退任後の準備もできているはずだ。ローゼの作り上げたものをシームレスに引き継げる後任候補を、1人か2人リストアップしているだろう」

関連ニュース
thumb

ボルシアMGがU-19デンマーク代表MFを獲得!

ボルシアMGは24日、デンマークのミッティランからU-19デンマーク代表MFオスカル・フローロ(18)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2026年6月30日までの4年となる。 2020年にミッティランのユースチームに加入したフローロは、翌年にトップチームに昇格。2021年8月に行われたPSVとのチャンピオンズリーグ予選3回戦でトップチームデビューを飾ると、ここまで公式戦4試合に出場した。 また、今シーズンのUEFAユースリーグでは6試合5ゴール3アシストを記録し、U-19デンマーク代表でも主力を担っている。 180cmのセントラルMFは豊富な運動量と中盤の複数ポジションをカバーする戦術眼も併せ持ち、積極的に前線のスペースをアタックしていくアグレッシブなプレースタイルの持ち主だ。 なお、クラブにとってはDFアンドレアス・クリステンセン(チェルシー)、DFヤニック・ヴェステルゴーア(レスター・シティ)、DFアンドレアス・ポウルセンに続き、19人目のデンマーク人プレーヤーとなる。 2022.06.24 21:59 Fri
twitterfacebook
thumb

ボルシアMG、スロバキア代表MFベネスのHSVへの完全移籍を発表

ボルシアMGは23日、スロバキア代表MFラズロ・ベネス(24)が2.ブンデスリーガ(ドイツ2部)のハンブルガーSV(HSV)へ完全移籍したことを発表した。契約期間は2026年6月30日までとなる。 2016年の夏に母国スロバキアのジリナから完全移籍でボルシアMGに加入したベネスは、卓越したテクニックと創造性を併せ持つ“ハムシク2世”と評される攻撃的MF。加入後は足の骨折などケガに悩まされたが、2019年1月にレンタル移籍した2.ブンデスリーガのホルシュタイン・キールで結果を残すと、同年夏にボルシアMGに復帰。 復帰初年度の2019-20シーズンはブンデスリーガ22試合に出場したが、昨シーズンは足首のケガで出遅れると、2021年冬にアウグスブルクへレンタル。今シーズンも最期まで定位置を掴むことができず、公式戦14試合に出場にとどまっていた。 2022.06.24 07:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ボルシアMGがフィテッセ退団のDFバズール獲得か? 板倉滉とCBコンビ形成の可能性も

ボルシアMGがフィテッセを退団するオランダ代表DFリシェドリー・バズール(25)の獲得レースをリードしているようだ。ドイツ『ビルト』が報じている。 PSVとアヤックスの下部組織で育ったバズールは、2014年にアヤックスのトップチームに昇格。その後、ヴォルフスブルクに完全移籍した後は思うように出場機会を得られず、ポルト、ユトレヒトへのレンタル移籍を経験。そして、2019年にはフィテッセに完全移籍していた。 キャリア初期は卓越したフィジカルに加え、ドリブルやパスセンスにも優れる万能型MFとして、元フランス代表MFパトリック・ヴィエラ、元オランダ代表MFフランク・ライカールトと比較されていたが、フィテッセ加入後はトーマス・レッチュ監督の助言によってセンターバックにコンバート。 すると、このコンバートが完璧に嵌ってエールディビジ屈指のセンターバックとしての評価を確立している。 『ビルト』が報じるところによれば、今シーズン限りでフィテッセとの契約が満了するバズールにはこれまでレバークーゼン、シュツットガルト、ボルシアMGの3クラブが関心を示してきたが、レバークーゼンはすでに撤退。ボルシアMGは交渉を完了させていないものの、獲得レースをリードしているという。 なお、ボルシアMGでは日本代表DF板倉滉の獲得が決定的となっており、ダニエル・ファルケ新監督の起用法次第だが、バズールが板倉と共にセンターバックでコンビを組む可能性もある。 2022.06.20 13:52 Mon
twitterfacebook
thumb

板倉滉の争奪戦、ボルシアMG入りで決着の様相か

日本代表DF板倉滉(25)がボルシアMG入りに近づいているようだ。 今季、マンチェスター・シティからのローンプレーヤーとしてシャルケで過ごした板倉。2.ブンデスリーガからの出直しを強いられたチームのなかで、センターバックやボランチで公式戦32試合に先発と主力の座を射止めると、1年でのブンデスリーガ返り咲きに貢献した。 だが、シャルケは先月末、財政的な問題で買取オプションの行使を断念する旨を発表。それからというもの、ブンデスリーガにプレミアリーグ、そして日本人プレーヤー4名を擁するスコットランド王者のセルティックと欧州の複数クラブが絡む争奪戦の様相を呈している。 そんな獲得レースをリードしているとされるのがダニエル・ファルケ新体制のボルシアMG。ドイツ『Sport1』によると、今冬に退任したマックス・エベール氏の後任としてスポーツディレクター(SD)を務めるローランド・ヴィルクス氏と選手代理人が急接近中だという。 まだ詳細の詰めを残すものの、選手とは4年契約の準備があり、契約を残す保有元のシティにも移籍金500万ユーロ(約7億円)を支払われる見通し。ヴィルクス氏は6番タイプの選手を探し、落ち着いたボール捌きと巧みなビルドアップで印象的な板倉に着眼した模様だ。 また、ドイツ『スカイ』のフロリアン・プレッテンバーグ記者も板倉がボルシアMGと4年契約を結ぶ可能性を指摘。実現すれば、来季から古巣フライブルクに戻るドイツ代表DFマティアス・ギンター(28)の後継者と目されての加入になるといわれる。 2022.06.18 09:45 Sat
twitterfacebook
thumb

代表でも株上げる板倉滉、ボルシアMGが獲得レースをリードか

日本代表DF板倉滉(25)の獲得レースをボルシアMGがリードしているようだ。 今季、マンチェスター・シティからのローンプレーヤーとしてシャルケで過ごした板倉。2.ブンデスリーガからの出直しを強いられたチームのなかで、センターバックやボランチで公式戦32試合に先発と主力の座を射止めると、1年でのブンデスリーガ返り咲きに貢献した。 だが、シャルケは先月末、財政的な問題で買取オプションの行使を断念する旨を発表。それからというもの、新たなプレー先としてヨーロッパリーグ王者のフランクフルトやスコットランド覇者のセルティック、フルアムとボーンマスのプレミアリーグ勢などが噂されている。 この6月の日本代表活動も14日に終わり、ここから去就を巡る動きの活発化が見込まれるなか、イギリス『スカイ・スポーツ』によると、今季のブンデスリーガで10位フィニッシュのボルシアMGが現在、他クラブを抑えて争奪戦のトップを走っているという。 また、4日にダニエル・ファルケ監督の就任を発表したチームはこの代表ウィーク中も全4試合に出場するなど、株を上げる板倉に対して魅力的なオファーを出す用意があるとのことで、獲得に向けて話し合うべく、シティにアプローチする見込みともいわれる。 今夏、シャルケ残留が叶わず、ひとまず保有元のシティに戻ることになる板倉。移籍成立にはシャルケが支払いを断念した600万ユーロ(約8億4000万円)が目安となってきそうだが、果たして。 2022.06.15 13:45 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly