フライブルクがマティアス・ギンターの復帰を発表! シュロッターベックの後釜に

2022.05.04 22:40 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フライブルクは4日、ボルシアMGのドイツ代表DFマティアス・ギンター(28)が来季から復帰することを発表した。

昨年12月に契約満了となる今シーズン限りでボルシアMG退団を明言したギンター。今夏フリーで獲得可能な実力者に対しては、バイエルンやインテル、バルセロナ、さらにはプレミアリーグの複数クラブからの関心が伝えられていた。

だが、注目の新天地は、自身がかつてユースから所属し、プロデビューも果した思い入れのあるフライブルクに決定。様々なタイミングが重なった幸運の移籍だと満足感を示した。

「自分のキャリアの中で、もう一度何か特別なことをしたいと思っていたんだ。クラブの発展、チームの可能性、そして、この数週間のクラブ関係者との特別なコミュニケーション、これら全てを母国で見つけることができたのは、今の時代では幸運としか言いようがないよ」

2017年夏にドルトムントからボルシアMGに加入したギンターは、ここまで公式戦178試合試合に出場し、11ゴール5アシストを記録。4バックと3バックを併用するチームにおいて、191cmの恵まれた体躯を生かした安定した対人守備、的確なカバーリングで守備を統率。さらに、ビルドアップ能力も高く、ブンデスリーガ屈指の万能型センターバックとしての評価を確立していた。

フライブルクでは、主力を担ってきたドイツ代表DFニコ・シュロッターベック(22)の今夏のドルトムント移籍が発表されており、ギンターがその後釜を担うことになる。なお、契約内容は非公開となっている。

関連ニュース
thumb

「チームのためにゴールやアシストを」フライブルク加入の堂安律がファーストインタビュー! 覚えているドイツ語は?

フライブルクへの完全移籍が発表された日本代表MF堂安律が、クラブのファーストインタビューに応じた。 5日、PSVから完全移籍でフライブルクへと加入した堂安。アルミニア・ビーレフェルト時代以来、2年ぶりにブンデスリーガの舞台へと戻ってきた。 フライブルクは、2021-22シーズンのブンデスリーガで6位。DFBポカールで準優勝に終わったが、ヨーロッパリーグ(EL)の出場権を獲得。ブンデスリーガだけでなく、ヨーロッパの舞台でもプレーできる。 その堂安律は、早速クラブのインタビューに応じ、全編英語で対応。クラブの印象や今シーズンの意気込みについて語った。 まず、フライブルクのユニフォームを手渡された堂安は「かなり気に入っています。強そうですね。このユニフォームを着てプレーするのが楽しみです」とコメント。PSVのユニフォームと似た赤と白のストライプのユニフォームは非常に似合いそうだ。 また、日本から長いフライトを経てフライブルクへとやってきた中、初日の印象については「僕はここに来るので少し疲れましたが、今は疲れていないです。とても良い気分で、ここにいられて幸せです」とコメント。新たな本拠地を訪れ、疲れも吹き飛んだようだ。 2020-21シーズンはブンデスリーガでも戦った堂安。フライブルクの印象については「ビーレフェルト時代にフライブルクと対戦し、良い印象を抱いていました」とコメント。また、クリスチャン・シュトライヒ監督との会話をした印象についても語り、「監督と話をしました。すぐに良い感触を得ましたし、彼の情熱と姿勢が好きです」と、好印象を持ったようで、「彼のために勝ちたいです」と意気込みを語った。 またチームでの目標については、「次のステップに一緒に進みたいです」と語り、「僕はチームのためにゴールやアシストをしたいです。自分のためではなく、クラブや素晴らしいサポーターのためにです」と目標を語った。 話題は日本代表にも及び、カタール・ワールドカップ(W杯)でドイツ代表と同居していることが話題に。堂安は難しいグループだとしながらも、今はクラブのために活躍することを考えているとした。 「勝利するためには、強いチームと自信が必要です。僕たちのグループには、強いスペインと素晴らしいドイツがいます。ワールドカップは簡単ではありません」 「ただ、今はこのクラブ、監督の下で良いプレーをしなければなりません。そうすれば、これからのワールドカップが楽しみになります。今はワールドカップについてあまり多くのことを考えていません」 最後に、ドイツ語はまだ覚えていますか?という質問を投げかけられ「『お元気ですか?』や『どうぞ』という一言です」とコメント。「あとは汚い言葉で、カメラの前では言えません」と笑顔で答え、色々と悪い言葉を教わっていたようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】全て英語!スタジアムでファーストインタビューに応じる堂安律</span> <span data-other-div="movie"></span> <iframe src="https://www.facebook.com/plugins/video.php?height=314&href=https%3A%2F%2Fwww.facebook.com%2FSCFreiburg%2Fvideos%2F417327323741576%2F&show_text=false&width=560&t=0" width="560" height="314" style="border:none;overflow:hidden" scrolling="no" frameborder="0" allowfullscreen="true" allow="autoplay; clipboard-write; encrypted-media; picture-in-picture; web-share" allowFullScreen="true"></iframe> 2022.07.05 19:40 Tue
twitterfacebook
thumb

日本代表MF堂安律がフライブルクに完全移籍! 矢野貴章以来の日本人に

フライブルクは5日、PSVの日本代表MF堂安律(24)を完全移籍で獲得することを発表した。 契約期間や内容は非公開とのことだ。 ガンバ大阪でキャリアをスタートした堂安は、2017年7月にフローニンヘンへとレンタル移籍。その後完全移籍へと切り替わると、2019年8月に、移籍金750万ユーロ(約10億6000万円)、5年契約でPSVへ完全移籍した。 PSVでの1年目は出番に恵まれないことも多かった中、2020-21シーズンはブンデスリーガに昇格したアルミニア・ビーレフェルトにレンタル移籍。自身初のブンデスリーガでのプレーとなったが、34試合で5ゴール3アシストと一定の結果を残しチームの残留に貢献していた。 2021-22シーズンはPSVへと復帰。すると公式戦39試合で起用され11ゴール3アシストと結果を残し、チームはKNVBベーカーのタイトルを獲得していた。 PSVでは公式戦64試合に出場し13ゴール6アシストを記録していた。 堂安はクラブを通じてコメントしている。 「フライブルクと監督との会談は集中的で、説得力がありました」 「僕は新しいスタジアムにとても興奮していてフライブルクのファンの前でプレーするのが待ちきれません」 「ブンデスリーガに戻ったことを嬉しく思います。フライブルクは、個人的にもチームとしても、さらに良くなるためにふさわしい場所だと思います」 フライブルクには2010年から2012年まで、元日本代表FW矢野貴章(栃木SC)が在籍しており、2人目の日本人選手となった。 なお、フライブルクは2021-22シーズンのブンデスリーガで6位フィニッシュ。DFBポカール決勝でRBライプツィヒに敗れたものの、ヨーロッパリーグ(EL)の出場権を獲得している。 <span class="paragraph-title">【写真】フライブルクのユニフォームを手にする堂安律</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="de" dir="ltr">Der <a href="https://twitter.com/hashtag/SCF?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#SCF</a> hat <a href="https://twitter.com/doan_ritsu?ref_src=twsrc%5Etfw">@doan_ritsu</a> verpflichtet! Herzlich Willkommen in Freiburg, Ritsu!<br><br>Alle Infos: <a href="https://t.co/QJZYIBfJmv">https://t.co/QJZYIBfJmv</a> <a href="https://t.co/C0o61GW1bj">pic.twitter.com/C0o61GW1bj</a></p>&mdash; SC Freiburg (@scfreiburg) <a href="https://twitter.com/scfreiburg/status/1544215223904641025?ref_src=twsrc%5Etfw">July 5, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【動画】「すごく楽しみ!」スタジアムでインタビューに応じる堂安律</span> <span data-other-div="movie2"></span> <iframe src="https://www.facebook.com/plugins/video.php?height=314&href=https%3A%2F%2Fwww.facebook.com%2FSCFreiburg%2Fvideos%2F417327323741576%2F&show_text=false&width=560&t=0" width="560" height="314" style="border:none;overflow:hidden" scrolling="no" frameborder="0" allowfullscreen="true" allow="autoplay; clipboard-write; encrypted-media; picture-in-picture; web-share" allowFullScreen="true"></iframe> 2022.07.05 16:13 Tue
twitterfacebook
thumb

堂安律がフライブルクのメディカルチェックへ、移籍金12億円で合意と現地報道

PSVの日本代表MF堂安律(24)のフライブルク移籍が確実視されている。オランダ『テレグラーフ』が報じた。 ガンバ大阪でキャリアをスタートした堂安は、2017年7月にフローニンヘンへとレンタル移籍。その後完全移籍へと切り替わると、2019年8月に、移籍金750万ユーロ(約10億6000万円)でPSVへ完全移籍した。 PSVでの1年目は出番に恵まれないことも多かった中、2020-21シーズンはブンデスリーガに昇格したアルミニア・ビーレフェルトにレンタル移籍。自身初のブンデスリーガでのプレーとなったが、34試合で5ゴール3アシストと一定の結果を残しチームの残留に貢献していた。 2021-22シーズンはPSVへと復帰。すると公式戦39試合で起用され11ゴール3アシストと結果を残し、チームはKNVBベーカーのタイトルを獲得していた。 その堂安は予てからドイツ行きの噂があった中、フライブルク行きが急遽取り沙汰されることに。『テレグラーフ』によれば、クラブ間は移籍金850万ユーロ(約12億円)で合意したとのこと。チームはプレシーズンの合宿に出発する中、堂安はメディカルチェックに臨むことになるとしている。なお、早ければ4日にもメディカルチェックを受けて契約になるとのことだ。 PSVは今夏、元ドイツ代表MFマリオ・ゲッツェをフランクフルトへと売却しており、堂安の売却が成立すると1500万ユーロ(約21億2300万円)の利益を得ることとなるようだ。 2022.07.04 20:53 Mon
twitterfacebook
thumb

堂安が着る可能性も!? フライブルクが新ユニフォーム3種を一挙に発表、赤に白のストライプ

フライブルクは1日、2022-23シーズンのユニフォーム3種を発表した。 ホームユニフォームはクラブカラーの赤をベースに。シャツの前身頃には白のストライプ柄が採用され、襟元や袖口にも白のラインが入っている。 一方、アウェイユニフォームは一転して黒が基調。前身頃にグレーで斜めの線が細かく描かれており、グラデーションのようになっているクールなデザインだ。 そして、3rdユニフォームは白をベースに、袖の部分にグレーのラインが細かく描かれ田デザインだ。 いずれのユニフォームにも、胸スポンサーには新シーズンからの契約となる『Cazoo』のロゴが施されている。 2021-22シーズンのブンデスリーガを6位でフィニッシュし、ヨーロッパ・カンファレンス・リーグ(ECL)予選に出場する権利を持っているフライブルクだが、PSVに所属する日本代表MF堂安律との契約が近づいていると噂されている。 <span class="paragraph-title">【写真】堂安に似合う?フライブルクの新ユニフォーム3種</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CfdhLC0KwYC/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CfdhLC0KwYC/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CfdhLC0KwYC/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">SC Freiburg(@scfreiburg)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.07.04 19:45 Mon
twitterfacebook
thumb

フライブルク、シュロッターベック兄弟の兄ケヴェンと契約延長!

フライブルクは6月30日、ドイツ人DFケヴェン・シュロッターベック(25)との契約を延長したことを発表した。契約期間などに関する詳細は非公開となっている。 今夏、ドルトムントに移籍した2歳下のドイツ代表DFニコの兄として知られるシュロッターベックは、2017年にバックナングからフライブルクに加入。2019年2月にトップチームデビューも飾った。 2019-20シーズンにレンタル移籍したウニオン・ベルリンで主力を担うと、レンタルバックした翌シーズンはブンデスリーガで24試合に出場。だが、直近の2021-22シーズンは同じ左利きのセンターバックである実弟とのポジション争いで苦戦を強いられ、リーグ戦出場は12試合に留まった。 それでも、昨年行われた東京オリンピックにU-24ドイツ代表としてプレーするなど、確かな実力を持つ189cmのDFに対してクラブは、厚い信頼を示しており、今回の契約延長に至った。 新シーズンは実弟の穴埋めも期待されるシュロッターベックは、「僕の気持ちはフライブルクにコミットしているし、確信をもってこの道を歩み続けているよ。これからのシーズンには多くの計画がある。これからも成功を収められるよう、自分の役割を果たしていきたいと思うよ」と、意気込みを語っている。 2022.07.01 18:59 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly