ボルシアMGが新ユニフォームを発表! 中央に黒と緑のストライプ!

2022.05.14 21:28 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ボルシアMGとプーマは14日、2022-23シーズンのホームキットを発表した。

新ユニフォームは、クラブの伝統を重んじ、1970年代、80年台の成功した歴史にインスピレーションを受けている。

白地のユニフォームは、センターにストライプが施され、クラウブカラーの黒と緑の2色で彩られている。

今回のデザインはm、新世代のボルシアMGのファッショナブルなメンタリティと歴史を組み合わせたものとなっている。

なお、14日に行われるホッフェンハイムとのシーズン最終節でお披露目される。

1 2

関連ニュース
thumb

南野拓実加入のモナコ、スイス代表FWエンボロをトップターゲットに?

モナコがボルシアMGのスイス代表FWブリール・エンボロ(25)をトップターゲットに定めたようだ。フランス『フット・メルカート』が報じている。 日本代表FW南野拓実を獲得したモナコは、今夏の移籍市場で前線の選手層拡充を目指す。 ここ最近ではトリノを退団してフリーとなったイタリア代表FWアンドレア・ベロッティ(28)への関心が伝えられるが、『フット・メルカート』はその可能性を否定。クラブが獲得を狙うトップターゲットは、エンボロだと主張している。 母国屈指の名門バーゼルでブレイクを果たし、シャルケを経て2019年にボルシアMGに加入したエンボロ。ドイツの地では度重なる負傷に見舞われて稼働率が低く、ボルシアMGでの3シーズンでは公式戦106試合25ゴール20アシストと圧倒的な数字を残しているとは言い難い。 それでも、スイス代表としてすでに通算50試合以上に出場する187cmのアタッカーは、爆発的なスピード、簡単に当たり負けしないフィジカル、意外性に加え、前線のほぼすべてのポジションでプレー可能なユーティリティー性は大きな魅力だ。 また、クラブとの現行契約が2023年までとなっている中、エンボロは加入時に盛り込んでいた延長条項を行使しない意向を固めており、今夏のタイミングでは1500万ユーロ(約21億2000万円)以下の金額で獲得が可能となっているようだ。 2022.07.04 14:45 Mon
twitterfacebook
thumb

「彼には移籍先の選択肢がいくつもあったが…」 板倉滉獲得のボルシアMG、SDが喜び

ボルシアMGのスポーツディレクター(SD)を務めるローランド・ビルクス氏が加入決定の日本代表DF板倉滉にコメントした。 昨季、シティからのレンタルプレーヤーとしてシャルケ入りした板倉。相思相愛とされたシャルケへの残留こそクラブの財政難で叶わなかったが、昨季の活躍もあって、複数クラブによる争奪戦に発展している状況だった。 そこで優勢だったのがボルシアMGだ。シティ側の移籍金額つり上げにより、順調とされた交渉が暗礁に乗り上げているといわれたりもしたが、2日に4年契約での獲得を発表。移籍金は500万ユーロ(約7億円)+ボーナスとされる。 ヨーロッパリーグ王者のフランクフルトやスコットランド覇者セルティックのほか、プレミアリーグ勢も絡む争奪戦を制しての獲得となるなか、ビルクスSDもクラブ公式サイトで喜びの心境を語っている。 「コウは強靭な走力と戦術的規律を持った選手で、6番を含むディフェンスの様々なポジションでプレーできる。彼には確かに移籍先として魅力的な選択肢がいくつもあったが、彼は我々の計画にとっても重要な構成要素で、彼が我々の道筋に確信を抱いてくれたのは喜ばしいよ」 なお、板倉がつける背番号はシャルケ時代と同じ「3」に決定。今後は3日から始まるテーガン湖近郊でのプレシーズンキャンプに同行し、4日に入団会見が開かれる予定だ。 2022.07.03 11:05 Sun
twitterfacebook
thumb

板倉滉がボルシアMGに完全移籍、移籍金は約7億円

ボルシアMGは2日、マンチェスター・シティの日本代表DF板倉滉(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2026年6月までの4年間で、移籍金はドイツ『キッカー』によると500万ユーロ(約7億円)とのことだ。 昨夏、マンチェスター・シティからレンタルでシャルケ入りした板倉。シャルケでは公式戦31試合に出場して4ゴールを決め、ブンデス2部で優勝し、1年での1部復帰に大きく貢献していた。 しかし、財政難によりシャルケは600万ユーロに設定されていた買い取りオプションを行使できず、完全移籍での板倉獲得を見送り。そこでボルシアMGが手を挙げ、板倉の獲得を実現させる形となった。 2022.07.03 06:00 Sun
twitterfacebook
thumb

板倉滉のボルシアMG移籍が秒読み! 先日にシティとの交渉暗礁説浮上も

マンチェスター・シティが保有権を持つ日本代表DF板倉滉(25)はボルシアMG行きに向かっているようだ。 昨季、シティからのレンタルプレーヤーとしてシャルケ入りした板倉。相思相愛とされたシャルケへの残留こそクラブの財政難で叶わなかったが、昨季の活躍もあって、複数クラブによる争奪戦に発展している。 そこでリードしているとされるのがボルシアMGだ。シティ側の移籍金額つり上げにより、順調とされた交渉が暗礁に乗り上げているとされたりもしたが、やはりボルシアMG入りで決着の様相を呈している模様だ。 ドイツ『スカイ』によると、板倉は1日にボルシアMGでのメディカルチェックが完了。ボルシアMGは板倉も来週にテーゲルン湖で予定するキャンプに同行できるように契約の最終手続きに入っているという。 こうなると、気になるのは移籍金額だが、ボルシアMGはシティに500万ユーロ(約7億円)強を支払って獲得に至るといい、近く契約も正式に成立する見通しもあるようだ。 なお、ボルシアMGは1日、3.リーガのロート=ヴァイス・エッセンとのテストマッチを実施。ダニエル・ファルケ監督は試合後、板倉のメディカルチェックに関して問われると、こう返したという。 「今日はエッセンに向かうバスのなかにずっといて、それからこのスタジアムで長い時間を過ごした。だから、今日のボルシア・パークに誰がいたかは教えられない」 2022.07.02 15:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ニースがボルシアMGの守護神ゾマー獲得に動く! ファブレ新監督が愛弟子強くを望む

ニースがボルシアMGのスイス代表GKヤン・ゾマー(33)の獲得に動いているようだ。フランスの移籍市場に精通するジャーナリストのファブリス・ホーキンズ氏が報じている。 契約満了に伴い、アルゼンチン人GKワルテル・ベニテス(29)がPSVに去ったニース。すでにポーランド代表GKマーシン・ブルカ(22)をパリ・サンジェルマンから完全移籍で買い取ったものの、チェルシーのスペイン代表GKケパ・アリサバラガ(27)のレンタルに動くなど、ベニテスの後釜探しに奔走している。 ホーキンズ氏によると、先日に新指揮官に就任したルシアン・ファブレ監督が、ボルシアMG時代に指導した同胞GKを新守護神として獲得するよう、クラブに強いリクエストを出しているという。 そして、ファブレ監督からのアプローチを受け、ゾマー本人はニース移籍に口頭で合意しているという。 ただ、2023年まで契約を残すボルシアMGとのクラブ間での交渉はすでにスタートしているものの、現時点では合意に至っていないとのことだ。 2014年にバーゼルからボルシアMGに加入したゾマーは、在籍8シーズンで公式戦323試合に出場し、86回のクリーンシートを記録。183cmと上背はないものの、高い身体能力と的確な判断を武器に、ショットストップの鋭さ、守備範囲の広さに定評がある実力者だ。 2022.07.01 17:06 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly