ボルドーがフルアムのコートジボワール代表MFセリを半年間のレンタルで獲得

2021.01.31 10:15 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ボルドーは30日、フルアムのコートジボワール代表MFジャン=ミシェル・セリ(29)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。

セリはメディカルチェックに合格し契約も完了。シーズン終了までのレンタルとなる。

セリは、2010年1月にコートジボワールのASECミモザでキャリアをスタート。その後ポルトBやパソす・フェレイラへとレンタル移籍を経験。2015年7月にニースへと完全移籍する。

ニースでは公式戦123試合に出場し12ゴール25アシストを記録。リーグ・アンでも103試合で12ゴール22アシストを残すと、2018年7月にフルアムへ完全移籍を果たした。2019-20シーズンはガラタサライへとレンタル移籍。今シーズンはフルアムでプレーしていた。

しかし、スコット・パーカー監督の下では出場機会を得られず、プレミアリーグではメンバー外に。EFLカップの2試合の出場に終わっていた。

コートジボワール代表としては30試合に出場し3ゴールを記録していた。

関連ニュース
thumb

ミランがアドリ&メシアスを獲得! 前者は完全移籍も前所属ボルドーにレンタル

ミランは8月31日、ボルドーのフランス人MFヤシン・アドリ(21)、クロトーネのブラジル人MFジュニオール・メシアス(30)の2選手の獲得を発表した。 パリ・サンジェルマンのアカデミー育ちでフランスのアンダーカテゴリーの代表で常に主力を担ってきたアドリは、2019年2月からボルドーでプレー。昨シーズンはチームが残留争いを強いられた中、攻撃的MFやセントラルMFを主戦場にリーグ戦35試合2ゴール5アシストの数字を残していた。 186cmの恵まれたサイズに加え、足元のテクニックとパスセンス、創造性を兼ね備えた万能型のMFは、ドリブルとラストパスでチャンスを創出し、長いレンジから枠を捉える強烈なミドルシュートで自らゴールもこじ開けられる、インテルに旅立ったトルコ代表MFハカンチャルハノールの後継者としては打ってつけのプロフィールを持つ。 フランス『レキップ』によると、ミランはアドリ獲得に向けて総額1000万ユーロ(約12億9000万円)の移籍金を支払うことになるという。 なお、ミランと2026年までの5年契約にサインしたアドリだが、今シーズン終了まではレンタルという形でボルドーに残留する。 一方、ブラジル出身のメシアスはカザーレ・カルチョ、キエーリ・カルチョ、ゴッツァーノとイタリアの下部カテゴリーを渡り歩いた苦労人。2019年に加入した当時セリエBのクロトーネでセリエA昇格に貢献すると、昨シーズンは自身初のセリエAの舞台で躍動。チームが1年での降格を強いられた中、個人としてはセリエAで36試合に出場し、9ゴール4アシストを記録した。 セカンドトップや攻撃的MFを主戦場とするベテランMFは、買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍での加入となり、背番号は「30」に決定している。 2021.09.01 05:21 Wed
twitterfacebook
thumb

ラツィオ、ボルドーからクロアチア代表MFバシッチを獲得

ラツィオは25日、ボルドーからクロアチア代表MFトマ・バシッチ(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2026年6月30日までの5年となる。 なお、フランス『レキップ』は同選手の移籍金がボーナスを含め800万ユーロ(約10億4000万円)程度になったと伝えている。 ハイデュク・スプリトの下部組織出身のバシッチは189cmのセントラルMF。正確な左足のキックと球際の強さを武器とするボックス・トゥ・ボックス型の万能型は、3シーズン在籍したボルドーで公式戦82試合に出場し9ゴール5アシストの数字を残していた。また、昨年11月にはクロアチアのフル代表デビューを飾っている。 ラツィオでは同じインサイドハーフに190cmを超えるセルビア代表MFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチが在籍しており、大型MF2人によるダイナミックな攻撃参加は対戦相手の脅威となりそうだ。 2021.08.26 06:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ボルドーから移籍噂のファン・ウィジョ、マルセイユと交渉か

ボルドーの韓国代表FWファン・ウィジョ(28)に対して、マルセイユ移籍の可能性が浮上した。 かつてガンバ大阪の主砲としてサポーターの心を掴み、2019年夏のボルドー移籍で欧州挑戦を果たしたファン・ウィジョ。移籍初年度からリーグ・アン24試合の出場で6得点2アシストとまずまずの結果を収めると、移籍2年目の昨季にさらなる飛躍を遂げ、得点源として36試合出場で12得点3アシストの活躍を披露した。 移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏によると、先日に元アルゼンチン代表FWダリオ・ベネデット(31)を買い取りオプション付きの1年レンタルでエルチェに放出したマルセイユは新たなストライカーを探すなかで、昨季のボルドー内における最多得点者の獲得を目指してボルドーとの交渉を開始したという。 そのマルセイユはチェルシーからヘンク行きが取り沙汰されるイングランド人FWアイク・ウグボ(22)のハイジャックを狙いつつ、ファン・ウィジョもRBライプツィヒのノルウェー代表FWアレクサンデル・セルロート(25)やカリアリのアルゼンチン代表FWジョバンニ・シメオネ(26)と並ぶ候補として注視してきた模様だ。 ボルドーは暫定ながら2部降格措置の対象になるなど、苦しい財政事情が明るみに。先の東京オリンピックでも若き韓国代表のオーバーエイジとして全4試合に先発して4得点のインパクトを残したファン・ウィジョも売却候補のひとりに目され、先日にヴォルフスブルクやサウサンプトンの関心も取り沙汰されていた。 2021.08.20 18:40 Fri
twitterfacebook
thumb

ボルドーに朗報、マルセイユ戦で卒倒のナイジェリア代表FWカルの心臓に異常なし! 18日から練習再開へ

先日のマルセイユ戦の試合中に突然、卒倒したボルドーのナイジェリア代表FWサミュエル・カルだが、大事に至らなかったことが判明した。 カルは15日に行われたリーグ・アン第2節のマルセイユ戦(2-2のドロー)に先発出場。だが、試合開始から6分後にマルセイユがボックス手前でFKを獲得した際、キッカーを務めるMFディミトリ・パイエが助走に入ったところ、壁に入っていたカルが突然卒倒。異変に気付いた選手たちが慌ててスタッフを呼び込んだ。 この光景は記憶に新しく、ユーロ2020のデンマーク代表vsフィンランド代表戦でインテルMFクリスティアン・エリクセンが卒倒。心肺停止となりピッチ上で蘇生が行われたものが多くの人の頭をよぎった。 幸いにしてすぐに起き上がり、自ら歩いてピッチを後に。その後一時復帰したが、14分に交代していた。 カルは2019年のアフリカ・ネーションズカップに向けたナイジェリア代表のトレーニング中にも心臓発作を起こしたことがあり、今後の状態を危惧する声も挙がっていた。 しかし、ボルドーは17日にカルに関する最新のメディカルレポートを報告。最新の精密検査の結果、同選手の心臓にいかなる異常も確認されなかったという。 また、マルセイユ戦での卒倒の原因については、迷走神経性発作(迷走神経の過緊張により一過性の心停止をきたし失神すること)の可能性が高いと結論付けている。 なお、カルは18日からトレーニングを再開できる見込みだという。 2021.08.18 01:06 Wed
twitterfacebook
thumb

元G大阪のファン・ウィジョにヴォルフスブルクが強く関心か ライバルはサウサンプトンとも

ボルドーの韓国代表FWファン・ウィジョ(28)が今夏、新天地に活躍の場を移すかもしれない。 かつてガンバ大阪の主砲としてサポーターの心を掴み、2019年夏のボルドー移籍で欧州挑戦を果たしたファン・ウィジョ。移籍初年度からリーグ・アン24試合の出場で6得点2アシストとまずまずの結果を収めると、2年目の昨季にさらなる飛躍を遂げ、得点源として36試合出場で12得点3アシストの活躍を披露した。 だが、ボルドーは一時的に暫定ながら2部降格措置の対象になるなど、苦しい財政事情が明るみに。そこで選手の放出に走るといわれ、先の東京オリンピックでも若き韓国代表のオーバーエイジとして全4試合に先発して4得点のインパクトを残したファン・ウィジョも売却リストに載っているものとみられている。 そんな昨季のボルドー内における最多得点者は15日に行われたリーグ・アン第2節のマルセイユ戦を今季初出場で飾り、まだ2023年6月末まで契約も残るが、ドイツ『Fussball transfers』によると、ヴォルフスブルクが強く関心。ブンデスリーガの他クラブも興味を示すなか、ヴォルフスブルクとすでに交渉中だという。 しかしながら、ファン・ウィジョを巡ってはプレミアリーグからも関心があり、イングランド代表FWダニー・イングスがアストン・ビラに移籍したサウサンプトンも興味。プレミアリーグ勢は財政力で秀でるため、ヴォルフスブルクにとって最大の競合相手になり得るとのことだ。 2021.08.16 13:45 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly