スカッとゴール! 天才デレ・アリ、空中での反転トラップからそのままボレー

2021.01.23 07:00 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。

2021年1月23日にご紹介するのは、今から5年前にトッテナムのイングランド代表MFデレ・アリが決めたゴールです。


◆抜群のセンスと極上のテクニック!“神童”デレ・アリが決めた、シーズンベストゴールに選ばれた衝撃のワンダーゴール!

◆ここがスカッと!
浮き球のパスをトラップすると、2トラップ目で相手選手をかわしつつ反転、そしてそのままボレーシュートでゴール左隅に決める。デレ・アリの創造性溢れるワンダーゴールです。

◆2015-16シーズンベストゴール
今シーズンはジョゼ・モウリーニョ監督の信頼を得られず、やや干されているデレ・アリですが、イングランド人らしからぬスキルフルなプレースタイルで、トッテナムの攻撃を支えてきました。

デレ・アリがブレイクを果たした2015-16シーズンの2016年1月23日に行われた、プレミアリーグ第23節のクリスタル・パレス戦では、リーグ史に残るスーパーゴールを決めています。

ホームのクリスタル・パレスに先制されながらも、1-1と追いついて迎えた84分、敵陣ボックス手前で右サイドから大きなサイドチェンジのボールを、MFクリスティアン・エリクセンがヘディングで中央やや左にいたアリに落とします。

アリはこれを地面に落とさずトラップすると、プレッシャーをかけに来たMFミル・ジェディナクを反転しながらのフリックで華麗にかわすと、高く上がったボールの落下点に完璧にミートするボレーシュートを放ちます。トップスピンのかかったボールは、低くコントロールされ、ゴール左下にキレイに決まりました。

このゴールはイギリス『BBC』が選ぶこのシーズンのプレミアリーグベストゴールに選出されています。

関連ニュース
thumb

スカッとゴール! 魔術師ロナウジーニョのらしさ溢れる“ダンスシュート”

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2021年3月8日にご紹介するのは、今から16年前に元ブラジル代表FWロナウジーニョ氏が決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆時を止めるロナウジーニョ! CLチェルシー戦で魅せた、あの伝説ゴール<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJHOHVITjdkSiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ◆ここがスカッと! 数多のスーパーゴールを決めてきたロナウジーニョ氏のキャリアの中でもトップを争うレベルのゴール。相手選手の時が止まったような魔法のゴールです。 ◆時を止めるシュート 2005年3月8日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16、チェルシーとの2ndレグで、ロナウジーニョがらしいゴールを決めます。 カンプ・ノウでの1stレグを2-1で勝利していたバルセロナでしたが、この試合は開始19分で3失点を喫する苦しい展開に。 それでも諦めないロナウジーニョは27分にPKを沈め、1点を返します。さらに39分、味方が前線にロングボールを送ると、そのこぼれ球を拾ったMFアンドレス・イニエスタがロナウジーニョへと横パス。 DFリカルド・カルバーリョと対峙したロナウジーニョは、ダンスのようにキックフェイントを織り交ぜ、最後は立ち止まった状態からコンパクトな振りでトーキックでシュートを放ちます。 これには相手GKペトル・チェフも完全にタイミングをずらされ、ボールがゴールへと吸い込まれるのを見送ることしかできず。 この試合はその後チェルシーが1点を加え、4-2でチェルシーが勝利。バルセロナは2戦合計4-5で敗れましたが、このスーパーゴールは多くのサポーターの記憶に刻まれています。 2021.03.08 07:00 Mon
twitterfacebook
thumb

スカッとゴール! 複数人のマークも寄せ付けない 二十歳のネイマールが母国で見せた圧巻の独走ゴール

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2021年3月7日にご紹介するのは、今から9年前にブラジル代表FWネイマールが決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆サントス時代のネイマールが、ハーフウェイラインから単騎で相手を抜き去って決めたソロゴール(ゴールは41秒から)<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJhcTZuQ3p2QSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ◆ここがスカッと! 複数人に囲まれてもお構いなしにドリブルで抜き去る。ネイマールにしかできない芸当です。 ◆ブラジルで無双 ブラジルの名門サントスで育ったネイマールは、弱冠17歳でプロデビュー。圧倒的なパフォーマンスを披露し、2011年、2012年と2年連続で南米年間最優秀選手に選出されるなど、天才として注目を集めました。 ブラジルでは個の力だけでいくつもゴールを決めたネイマールですが、サントス時代の2012年3月7日に行われたコパ・リベルタドーレスのグループステージ、インテルナシオナウ戦でも、圧巻のゴールを決めています。 ネイマールのPKでサントスが1-0とリードして迎えた54分、ハーフウェイライン上で味方からのパスを受けたネイマールは、キレのあるターンと細かいタッチでプレスに来た相手DF2人の間を抜き去り、一気にドリブルで独走。相手を寄せ付けないスピードでボックス内に侵入すると、飛び出してきたGKの頭上を抜くシュートを左足で沈め、瞬く間にゴールを奪ってみせました。 試合は、その後にもゴールを決めたネイマールがハットトリックの活躍を見せ、その才能を見せつけています。 2021.03.07 07:00 Sun
twitterfacebook
thumb

スカッとゴール! トルコの名手による矢のような30m弾丸ミドルシュート

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2021年3月6日にご紹介するのは、今から13年前に元トルコ代表MFハミト・アルティントップ氏が決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆2010-11シーズンのプスカシュ賞受賞者ハミト・アルティントップの矢のような30m弾<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJoenJQdFpMRyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ◆ここがスカッと! 相手のプレッシャーをものともせず、フィジカルで押しのけると、そのプレッシャーをエネルギーに変えたかのごとく強烈なミドルシュートを突き刺します。 ◆2010-11シーズンのプスカシュ賞受賞者 双子の弟ハリルとともに2000年代のトルコ代表を支えたアルティントップ氏は、2011年にはレアル・マドリーでもプレー。マドリー移籍前の4年間はバイエルンでプレーしました。 バイエルンでは公式戦109試合に出場し13ゴール16アシストを記録したアルティントップ氏ですが、2008年3月6日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16、アンデルレヒトとの1stレグでは見事なゴールを決めています。 この試合の9分、バイエルンのGKミヒャエル・レンジングのパントキックをFWルカ・トーニが落とすと、敵陣中央のアルティントップが拾います。アルティントップは相手MFヤン・ポラークに寄せられるも、上手く体をぶつけ、ボールをキープ。すると、ゴールまでは約30m近く距離があったものの、右足を一閃。矢のようなシュートは、ゴール左上に突き刺さりました。 アルティントップ氏といえば、2011年1月に行われたEURO2012予選でのカザフスタン戦で左CKからダイレクトでボレーシュートを決め、2010-11シーズンのプスカシュ賞を受賞。その右足は幾度となく火を噴きました。 2021.03.06 07:00 Sat
twitterfacebook
thumb

スカッとゴール! 運も味方したセーブ不能のディフレクションゴール

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2021年3月5日にご紹介するのは、今から3年前にイングランド代表MFアンドロス・タウンゼントが決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆名手デ・ヘアが一歩も動けず!タウンゼントが決めた鮮やかなダイレクトミドルシュート<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJFRjBOTzdzNCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ◆ここがスカッと! ゴールには時に運も必要なモノ。シュートを撃たなくては点は入らないという言葉を体現するようなゴールです。 ◆ディフレクションしたボールが完璧なコースへ 2016年からクリスタル・パレスでプレーするタウンゼントは、ドリブルやボレーシュートを得意としており、これまでにいくつかのスーパーゴールを決めてきました。そんなタウンゼントですが、2018年3月5日に行われたプレミアリーグ第29節のマンチェスター・ユナイテッド戦では、上位相手にややラッキーなゴールを決めています。 0-0で迎えた11分、クリスタル・パレスが攻め立てると、ボックス左でFWクリスティアン・ベンテケがボールを受けます。相手からのプレッシャーをいなしながらボールをキープするベンテケは後方から上がってきたタウンゼントへとパス。 タウンゼントはボックス中央手前からダイレクトミドルシュートを放つと、左足から放たれたシュートは目の前にいたDFに直撃。しかし、ディフレクションしたボールが見事なコースへと飛んでいくと、名手GKダビド・デ・ヘアも一歩も動けず、ゴール右隅に吸い込まれました。 シュートを打たなければ100%ゴールは入らない。トライすることの大事さを教えてくれるゴールです。 2021.03.05 07:00 Fri
twitterfacebook
thumb

スカッとゴール! 最初から最後まで自分の力だけで決めた“究極”のソロゴール

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2021年3月4日にご紹介するのは、今から4年前にイングランド代表MFアンドロス・タウンゼントが決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆ボール奪取からゴールまで…全てを1人でやってのけたタウンゼントの100%ソロゴール<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJDRGhkTTg1USIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ◆ここがスカッと! 自分で相手からボールを奪い、そのまま誰にもボールを渡すことなくピッチを駆け上がり、ゴールを決めてしまう。究極のソロゴールです。 ◆1から10まで自分の力だけで決める クリスタル・パレスにおいて、コートジボワール代表FWウィルフリード・ザハとともにドリブラーとして攻撃を牽引するタウンゼント。今シーズンも好調を維持するレフティーですが、2017年3月4日に行われた、プレミアリーグ第27節のWBA戦では圧巻のソロゴールを決めています。 1-0でリードして迎えた84分、前線に人数をかけて最後の攻勢に出るWBAに対して、クリスタル・パレスが守りを固める展開が続く中、タウンゼントが魅せます。 ボックス右まで侵入してきたWBAのMFジョナサン・レコとマッチアップしたタウンゼント。駆け引きの中でボールを奪取したタウンゼントは、そのままドリブルを開始。ボールを取り返そうと追いかけてくるレコのプレッシャーをいなすと、そのまま独走態勢に入ります。 試合終盤ということもあり、中々戻ってこないWBAディフェンスに対し、ドリブルを続けるタウンゼントは、連続シザースで相手DFを左右に振りながらボックス内に侵入。左へ切り替えし、一瞬シュートチャンスを得ると左足で強烈なシュート。GKベン・フォスターのニアポストを抜き、試合を決定づける2点目を奪ってみせました。 試合終了間際にピッチの縦幅ほぼ全てを1人で走り切って得点を奪ったタウンゼントは、両手を挙げて喜びながらピッチ上に大の字に倒れ込む。その姿はこのゴールの素晴らしさを物語っています。 2021.03.04 07:00 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly