久保建英、ぶっつけ本番で2得点に絡むヘタフェデビュー! 指揮官も「本当によくやってくれた」と賛辞

2021.01.12 10:20 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヘタフェのホセ・ボルダラス監督が日本代表MF久保建英に賛辞を送っている。スペイン『マルカ』が報じている。8日にヘタフェ入りが決定したばかりの久保だが、11日に敵地で行われたラ・リーガ第18節のエルチェ戦でさっそく遠征メンバー入り。スペインを襲う記録的な積雪の影響でとレーニングもせずの一戦だったが、ベンチ入りすると、64分からピッチに立った。

その久保は1-1の69分に放った左足シュートが味方の勝ち越しゴールに繋がり、続く84分にも相手のPKを誘発させるクロスを披露。ぶっつけ本番だったが、2ゴールに絡む形で上々のデビューを果たした。ボルダラス監督もその活躍ぶりに満足しているようだ。

4試合ぶりの勝利を手にしたボルダラス監督は試合後、「非常に満足している。グループとしての素晴らしい勝利だ」と誇ると、久保についての感想を問われ、称賛した。

「彼とは何日も前から話をして、連絡を取り合ってもいた。マドリードに到着したのは金曜日だったが、複雑な状況もあって、家で孤立しなければならなかったんだ。彼とは我々についてだったり、ピッチのどこで助けてほしいかを話した」

「今日もホテルで彼に対して、ピッチに入った際の役割を説明したが、本当に良くやってくれたよ。2つのアクションで1-2の勝ち越しを呼び込み、アンヘル(・ロドリゲス)のPK奪取に導いたのだ。このチームを助けるためにやって来てくれた」

◆久保建英が早速ゴールに絡む!
コメント
関連ニュース
thumb

「力強い守備をした」大敗のヘタフェ監督、久保建英のパフォーマンスは評価「多くを与えてくれる」

ヘタフェのホセ・ボルダラス監督が、アスレティック・ビルバオ戦を振り返った。スペイン『マルカ』が伝えた。 日本代表MF久保建英が加入して以降は、2連勝を飾り、降格圏を脱出していたヘタフェ。勝ち点差「2」で迎えたビルバオとの一戦は、いきなり久保が見せる。 開始20秒、キックオフから右サイドに展開すると、久保の折り返しをニアで受けたハイメ・マタの落としからカルレス・アレーニャがクロスを供給。これをファーサイドで待ち構えたマルク・ククレジャがヘディングシュートをゴール左に突き刺す。 幸先良いスタートを切ったヘタフェだったが、13分にラウール・ガルシアのゴールで追いつかれると、後半に4失点。5-1で敗れていた。 3連勝を目指し好スタートを切ったものの、大量失点で敗戦となったヘタフェ。ボルダラス監督は試合後に久保のパフォーマンスについて評価。守備面での貢献を語り、パフォーマンスには満足感を示した。 <div id="cws_ad">◆久保のボール奪取から20秒でゴール<script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=dpgkc208eugt1rzxtev4kcmy1" async></script></div> 「久保建英は、とても真面目で力強い守備をしていた。今日はほとんど試合に関与できていなかった。ハーフタイムに話をしたが、もっとインサイドに入らなければいけないと話した。右ウイングに近く、(ビルバオのミケル・)バレンシアガが立ちはだかっていた」 「少し改善し、試合に関われるようになったが、失点してしまっては改善した意味がない」 「圧倒的な敗戦だったため、チームの攻撃を評価することはできない。久保建英はたくさんのことを与えてくれるので喜ばしい」 「今日、我々は皆悲しい。次のゲームについて考えなければならない」 2021.01.26 14:10 Tue
twitterfacebook
thumb

後半に失点を重ねたヘタフェが今季最多5失点で大敗…久保は69分までプレー《ラ・リーガ》

久保建英の所属するヘタフェは25日、ラ・リーガ第20節でビルバオとアウェイで対戦し1-5と大敗した。久保は69分までプレーした。 2連勝中の12位ヘタフェ(勝ち点23)が、13位ビルバオ(勝ち点21)のホームに乗り込んだ一戦。今季初の3連勝を目指すヘタフェは、前節のウエスカ戦と同じ先発メンバーを選出。久保は右MFで2試合連続の先発出場となった。 試合は開始20秒でヘタフェが先制する。キックオフから右サイドに展開すると久保の折り返しをニアで受けたマタの落としからアレーニャがクロスを供給。これをファーサイドで待ち構えたククレジャがヘディングシュートをゴール左に突き刺した。 先制したヘタフェは、6分にピンチを迎える。ベンセドールのロングパスで裏に抜け出したイニャキ・ウィリアムズがボックス左ライン際で飛び出したGKと交錯すると主審はPKを与える。しかし、VARのレビューの結果、足はかかっておらずPKは取り消しとなった。 何とかPKのピンチを凌いだヘタフェだったが、ビルバオに一瞬の隙を突かれ失点する。13分、バイタルエリア左でパスを受けたムニアインのクロスをゴール前に走り込んだラウール・ガルシアがジャンピングボレーでゴール左隅に流し込んだ。 一進一退の展開が続く中、ヘタフェは28分にチャンス。敵陣でパスをカットしたアレーニャがボックス左にループパスを送ると、ボックス内でククレジャと競り合ったウナイ・ヌニェスの腕に当たりPKを獲得。しかし、マタのPKは完璧に反応したGKウナイ・シモンに左手一本で弾かれた。 1-1で迎えた後半、先にスコアを動かしたのはビルバオ。50分、左サイドで獲得したFKからムニアインがクロスを供給すると、ボックス中央のジェライがヘディングシュートでゴール右隅に流し込んだ。 後半立ち上がりに失点を喫したヘタフェは、61分にもバレンシアガの左クロスからラウール・ガルシアにゴールネットを揺らされ、3失点目。さらに75分には、ボックス右から仕掛けたイニャキ・ウィリアムズのグラウンダーのクロスをファーサイドのベレンゲルに決められた。 攻撃の手を緩めないビルバオは、82分にもウナイ・ロペスのスルーパスで左サイドを突破したビジャリブレのクロスをデ・マルコスが右足で流し込み、5ゴール目を記録した。 結局、試合はそのまま1-5でタイムアップ。電光石火弾で先制したヘタフェだが、ビルバオの攻撃を止められず今季最多5失点で大敗した。 2021.01.26 07:22 Tue
twitterfacebook
thumb

久保&アレーニャの新加入組をアスレティック指揮官マルセリーノが警戒「これまでと異なるバリエーションを与える」

アスレティック・ビルバオのマルセリーノ・ガルシア・トラル監督が25日に行われるラ・リーガ第20節のヘタフェ戦について抱負を語った。スペイン『IUSPORT』が伝えている。 3日に就任したばかりのマルセリーノ監督だが、18日に行われたスーペル・コパ・デ・エスパーニャ決勝でバルセロナを倒し、タイトルを獲得。だが、それはもう過去のことだと、ヘタフェ戦に向けて切り替えることを明確にしている。 <div id="cws_ad">◆ヘタフェvsウエスカ ハイライト<script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=zh9vups1v0i11fp7oq5cde6hb" async></script></div> 「スーペル・コパは終わった。それはとても美しい物語であり、大きなメリットがあるが、今は順位を上げたいリーガに焦点を当てている」 また、対戦相手のヘタフェについては、新加入組の日本代表MF久保建英とスペイン人MFカルレス・アレーニャの存在がチームを変えると語った。 「非常に競争力のあるチームで、勝利するのはとても難しく、相手に譲歩せず、非常に強いプレッシャーをかけ、我々に迅速な決断を迫る。(久保とアレーニャの加入については)これまでと異なるバリエーションを与える」 「我々はこれから直面することを理解しているが、ゲームに革命を起こすつもりはない。我々は迅速に組織立って、うまく守備する必要がある。昨シーズンのアスレティックは強固な守備が基になっていた」 ヘタフェとアスレティックはともに18試合消化で勝ち点23と21。リーグ12位と13位に位置している。25日29時にアスレティックのホームであるサン・マメスでキックオフされる試合には、久保も出場が予想されている。 2021.01.25 18:07 Mon
twitterfacebook
thumb

ヘタフェのバルサ出身MF、昨季のベストイレブンに久保建英とアレーニャを選んでいた!

ビジャレアルへのレンタルを解消し、8日にヘタフェへレンタルで加入した日本代表MF久保建英。新天地では、11日に途中出場でデビューしていきなりゴールにつながるプレーを見せ、一気にファンのハートを鷲掴みにすると、20日のウエスカ戦では移籍後初先発を飾り、チームも2連勝と良い風が吹いている。 ヘタフェでは、久保と同様に1月からレンタルで加入したスペインMFカルレス・アレーニャとU-21スペイン代表DFマルク・ククレジャという、バルセロナの下部組織であるラ・マシア出身の選手も在籍しており、18日の会見でも久保は「バルサのカンテラが持つ特徴は互いによく理解できる助けになっているよ」とその効果を明かしていた。 同じチームでプレーするのは今回が初めてとなるククレジャと久保だが、ククレジャは昨シーズンの時点で久保の才能を認めていたようだ。 新型コロナウイルスの感染拡大により、各国のリーグ戦が軒並み延期となっていた2020年3月、ククレジャは当時SNS上で流行していた「#TeamHomeChallenge」に挑戦。このチャレンジは日常生活にあるものに例えて自身のベストイレブンを発表するというもので、レアル・マドリーのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスなど多くの選手が参加していた。 そして、ククレジャのベストイレブンには、当時マジョルカで活躍を見せていた久保も2トップの右の位置に入っているのだ。ちなみに、久保のことはバケツに例えている。 久保以外のメンバーでは、大親友だと言いつつアレーニャを薪に例えて選出したほか、昨シーズンのレアル・ソシエダで見事な活躍を見せたノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴールも名を連ねている。 久保のヘタフェデビュー戦となった11日のエルチェ戦から、かなり久保のことを信頼したようにパスを出しあいプレーしていたククレジャだが、その裏には昨シーズンから久保のパフォーマンスを認めていたということも影響してそうだ。 ◆ククレジャが選んだベストイレブン(2020年3月のもの) GK:マルコ・ドミトロビッチ(エイバル) 右CB:ウーゴ・マージョ(セルタ) 中央CB:ファクンド・ロンカーリア(オサスナ) 左CB:ロベルト・ロサレス(レガネス) 右サイド:カルレス・アレーニャ(レアル・ベティス/現ヘタフェ) 右ボランチ:パパコウイ・ディオプ(エイバル) 左ボランチ:ジェフリー・コンドグビア(バレンシア/現アトレティコ・マドリー) 左サイド:コケ(アトレティコ・マドリー) トップ下:マルティン・ウーデゴール(レアル・ソシエダ/現レアル・マドリー) 右FW:久保建英(マジョルカ//現ヘタフェ) 左FW:ロベルト・ソルダード(グラナダ) 監督:ヘルマン・ブルゴス(アトレティコ・マドリーのアシスタント・マネージャー/現在はフリー) アシスタントコーチ:ハビエル・ガルシア・ピミエンタ(バルセロナB監督) <div id="cws_ad" >◆ククレジャの「#TeamHomeChallenge」</div> <div id="cws_ad" style="text-align:center;"><script>var video_id = "9q0V_sUhSr4";</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script></div> 2021.01.21 17:33 Thu
twitterfacebook
thumb

「助けに来てくれたことを嬉しく思う」ウエスカ戦決勝点のヘタフェMFが久保建英ら新戦力に感謝!

ヘタフェのウルグアイ代表MFマウロ・アランバッリが、日本代表MF久保建英ら新戦力を称賛した。スペイン『Movistar+』が伝えた。 ヘタフェは20日、ラ・リーガ第19節でウエスカと対戦。久保も先発出場した試合は、ゴールに迫るシーンもありながら決め切れずにいたが、70分にアランバッリがゴールを決め、1-0で勝利。順位も10位まで浮上した。 <div id="cws_ad">◆ヘタフェvsウエスカ ハイライト<script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=zh9vups1v0i11fp7oq5cde6hb" async></script></div> 決勝点を挙げたアランバッリは勝利を喜ぶとともに、久保とスペイン人MFカルレス・アレーニャの新加入組2人に感謝している。 「勝ち点3を得られたことが嬉しい。ウエスカは最下位だが、いい試合といいプレーをするからね」 「彼ら2人は常に前向きに何か貢献しようとしてくれているように感じるし、彼らが僕たちを助けに来ることを選んだことを嬉しく思うよ」 2021.01.21 12:10 Thu
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly