アヤックス、ウェストハムFWアラーを28.5億円で獲得! ハマーズ最高額加入者も輝き切れず

2021.01.08 19:55 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アヤックスが8日、コートジボワール代表FWセバスティアン・アラー(26)の獲得合意を発表した。契約期間は2025年6月30日までの4年半で、移籍金額は2250万ユーロ(約28億5000万円)。背番号は「22」を着用する。

190cmの長身ストライカーであるアラーは母国クラブのオセールでプロキャリアをスタートさせ、ユトレヒトでの活躍を経て、2017年夏にフランクフルト入り。そのフランクフルトでクロアチア代表FWアンテ・レビッチ(現ミラン)や、セルビア代表FWルカ・ヨビッチ(現レアル・マドリー)から成る強力攻撃陣の一角を担い、在籍2季の公式戦通算77試合で33得点19アシストを記録するとともに、2017-18シーズンにDFBポカールのタイトルにも貢献した。

そうしたドイツでの活躍も認められ、2019年夏の移籍市場で1年間の延長オプションが付随した5年契約でウェストハム加入が決定。ウェストハムがクラブレコードの移籍金4500万ポンド(現レートで約63億5000万円)を投じた期待の新戦力として注目を集めた。1年目のプレミアリーグで7得点2アシスト(32試合出場)の数字を収め、2年目の今季はさらなる活躍が期待されたが、16試合の出場で3ゴール。移籍金額通りの働きを披露するに至っていなかった。

なお、アラーは代表キャリアにおいて、ウェストハム加入時までフランスの世代別代表でのプレーを最後に遠ざかっていたが、2020年11月の代表ウィークでコートジボワール代表デビュー。2試合に出場して、1ゴールを記録している。

コメント
関連ニュース
thumb

一度乗ると止まらないスアレスがアヤックス時代に決めた圧巻のハットトリック【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、アトレティコ・マドリーのウルグアイ代表FWルイス・スアレスがアヤックス時代に決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆スアレスが決めた圧巻のハットトリック<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJlVFdFc3hGTiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> リバプールやバルセロナで活躍し、今シーズンからはアトレティコでプレーするスアレス。欧州でのブレイクのきっかけを掴んだのは、2007年に加入したアヤックスだった。 キレのあるドリブルと相手DFを欺く狡猾なプレーで、一度波に乗ると誰も止めることができないスアレスだが、2009年4月12日に行われたエールディビジ第30節のヴィレムⅡ戦では、ハットトリックの大暴れを見せている。 序盤からアヤックスが大量リードを奪い、3-0として迎えた35分、アヤックスがPKを獲得すると、キッカーはスアレス。GKにコースを読まれながらも、鋭いPKをゴール右に沈め、ダメ押しとなる4点目を決めた。 続いて5-0とさらにリードを広げて迎えた69分、ボックス外左でスアレスがボールを持つと、ドリブルで中央にカットイン。シュートコースを作り出すと、ペナルティーアーク左の位置から右足で豪快なシュートを放つ。またしても鋭いシュートをゴール左に突き刺し、チームの6点目を決めてみせた。 最後は82分、味方とのパス交換からスアレスが中央突破に成功し、ボックス内に侵入すると、必死に守る相手からのファールを誘い、自らPKを獲得。このPKを勢い良くゴール中央に叩き込み、ハットトリックを達成した。 試合はスアレスのハットトリックを含む、大量7得点を挙げたアヤックスが7-0の歴史的大勝を収めている。 2021.01.20 10:00 Wed
twitterfacebook
thumb

シャルケにレジェンドFWフンテラール帰還! 愛するアヤックス離れキャリア最後の挑戦は古巣の残留

シャルケは19日、アヤックスから元オランダ代表FWクラース=ヤン・フンテラール(37)を獲得したことを発表した。背番号は「21」に決定。契約期間は今シーズン終了までとなる。 今シーズン限りでの現役引退を明言しているフンテラールは当初、アヤックスでの引退の意向を示していたが、もうひとつの心のクラブであるシャルケの深刻な低迷を受けて心境に変化が起き始めていた。 14日に行われたトゥベンテ戦後には『ESPN』のインタビューを通じて、古巣復帰の可能性を示唆していた。 「それ(シャルケからの関心)についてアヤックスと話したよ。難しい問題だね。僕はアヤックスで6年半、シャルケでは7年プレーした。どちらも大好きなクラブなんだ」 「難しい問題だけど、シャルケはより困っている。彼らは僕を必要としてくれているんだ」 「アヤックスはリーグ戦、カップ戦、ヨーロッパリーグでタイトルを獲れる可能性が大いにある。もちろん簡単なことではないけどね。もう一晩寝て考えてみるよ」 そして、最終的に自身のキャリア最後の挑戦として愛するクラブの残留を目指すことを選んだフンテラールは、シャルケ復帰に際して今後の意気込みを口にしている。 「僕らはゲームに勝たなければならない。そして、降格圏から抜け出すためにゴールを決めなければならない。僕自身はその中で降格を避けるために自分の役割を果たしたいと思う」 「シャルケは1部にいるべきクラブだ。これからもこの場所にとどまり続けることを確実にすることが、今の僕たちの責任なんだ」 2010年から2017年まで在籍したシャルケで通算240試合126ゴールを挙げたレジェンドストライカーは、9日のホッフェンハイム戦でおよそ1年ぶりのリーグ戦白星を挙げるも、残留圏内と勝ち点7差の最下位に低迷する古巣をここから押し上げることはできるか。 2021.01.20 03:16 Wed
twitterfacebook
thumb

アヤックスCEO、ユナイテッドで苦しむファン・デ・ベークを心配せず…「恥じることは全くない」

アヤックス最高経営責任者(CEO)のエドウィン・ファン・デル・サール氏が自身の古巣マンチェスター・ユナイテッドで苦しむオランダ代表MFドニー・ファン・デ・ベークの状況を楽観視した。 ファン・デ・ベークは今季、アヤックスからユナイテッドに加入。ここまで公式戦21試合に出場しているが、途中出場がメインで、トータル852分間のプレータイムしか得られていない。 プレミアリーグのここ5試合に限ると、出番がなく、現状を危惧する外野から移籍を勧める声も挙がっているが、ユナイテッドに送り出した張本人のファン・デル・サール氏は心配していない。 現役時代にユナイテッドの絶対的守護神として一斉を風靡したファン・デル・サール氏は『Ziggo Sport』でファン・デ・ベークに移籍を勧めず、将来的に輝く瞬間が巡ってくると語った。 「私はクラブ(ユナイテッド)の人々とかなり話をする。彼は素晴らしい姿勢で、トレーニングをうまくやっている」 「(定位置確保は)難しいものさ。(ポール・)ポグバが戻り、(ブルーノ・)フェルナンデスが非常に重要な存在となるなかで、(ネマニャ・)マティッチと(スコット・)マクトミネイもいる」 「恥じることは全くない。ビッグクラブでもあるのだからね。もちろん、(移籍金は)多額だったが、彼らには彼なら大丈夫だという自信がある」 2021.01.19 11:55 Tue
twitterfacebook
thumb

若きフンテラールがアヤックスで決めた、カップ戦優勝を引き寄せる劇的ゴール【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はアヤックスの元オランダ代表FWクラース=ヤン・フンテラールが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆フンテラールのカップ戦優勝を引き寄せる劇的弾<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJzT09GTzF2aiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> </div> PSVでプロキャリアをスタートさせたフンテラールは、アヤックスで頭角を現すと、レアル・マドリーやミラン、シャルケなど、ビッグクラブを渡り歩き各地で実力を示してきた。 2017年からは古巣アヤックスに復帰しているフンテラールだが、若き日の2006年5月7日に行われたKNVBカップ決勝のPSV戦では、チームにタイトルをもたらすゴールを決めている。 フンテラールのゴールでアヤックスが先制したもの、1-1と追いつかれて迎えた終盤の90分、最後にドラマが待っていた。 左サイドからアヤックスがチャンスを作ると、MFヌルディン・ブカリがグラウンダーのボールをゴール前に入れる。すると、巧みな動きなおしから相手のマークを外したフンテラールが、相手DFの前に飛び込んでクロスに合わせ、ニアポストにゴールを決めてみせた。 土壇場での決勝で2-1と勝利したアヤックス。決勝で2ゴールの活躍を見せたフンテラールの働きもあり、KNVBカップを制覇している。 2021.01.17 14:00 Sun
twitterfacebook
thumb

リバプール関心のアヤックス逸材CBスフールスが新契約にサイン!

アヤックスは15日、U-21オランダ代表DFペル・スフールス(21)との契約を2025年6月30日まで延長したことを発表した。 フォルトゥナ・シッタートでプロキャリアをスタートしたスフールスは、2018年1月にアヤックスへ完全移籍で加入。フォルトゥナ・シッタートへのレンタルバック、ヨング・アヤックスでのプレーを経て昨シーズンから本格的にアヤックスのトップチームに定着すると、ここまで公式戦43試合に出場している。 191cmの恵まれた体格を生かした強さと巧さを兼ね備えた安定した守備、中盤でもプレー可能なほどの足元の技術、パスセンスから、リバプールDFヴィルヒル・ファン・ダイク、ユベントスDFマタイス・デ・リフトらとも比較される国内屈指の万能型のセンターバックだ。そして、ここ最近ではリバプールなどのビッグクラブからの関心も伝えられている。 ただ、以前からアヤックスでの成長を希望していた21歳は、2022年に終了する現行契約をさらに3年延長する今回の新契約にサインした。 2021.01.15 23:55 Fri
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly