FIFA/FIFProワールドイレブンが決定!リバプールとバイエルンから最多選出

2020.12.18 12:55 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
国際サッカー連盟(FIFA)は17日、2020年の『ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ』を開催。その中で、FIFA/FIFProワールドイレブンが発表された。

2020年のベストイレブンに当たる「The FIFA FIFPro Men’s World11 2020」には、年間男子最優秀選手賞に輝いたポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)や最終候補に残ったアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(バルセロナ)、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)も選ばれた。

◆レヴァンドフスキ、2019-20シーズンスーパーゴール集

また、GKは最優秀ゴールキーパー賞のドイツ代表GKマヌエル・ノイアー(バイエルン)ではなく、ブラジル代表GKアリソン・ベッカー(リバプール)が選ばれることとなった。

このベストイレブンは、数千人に登る世界中のプロ選手が投票した結果で選ばれている。

◆2020年FIFAベストイレブン

GK
アリソン・ベッカー(ブラジル/リバプール/2回目)

DF
トレント・アレクサンダー=アーノルド(イングランド/リバプール/初)
セルヒオ・ラモス(スペイン/レアル・マドリー/11回目)
ヴィルヒル・ファン・ダイク(オランダ/リバプール/2回目)
アルフォンソ・デイビス(カナダ/バイエルン/初)

MF
ケビン・デ・ブライネ(ベルギー/マンチェスター・シティ/初)
チアゴ・アルカンタラ(スペイン/バイエルン→リバプール/初)
ヨシュア・キミッヒ(ドイツ/バイエルン/初)

FW
リオネル・メッシ(アルゼンチン/バルセロナ/14回目)
クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル/ユベントス/14回目)
ロベルト・レヴァンドフスキ(ポーランド/バイエルン/初)

関連ニュース
thumb

五輪はサッカーの世界大会にあらず? FIFAがウルグアイのユニフォームから星2つの削除を要求か

国際サッカー連盟(FIFA)は、ウルグアイ代表のユニフォームに描かれた4つの星のうち、2つを取り除くよう指示したようだ。ウルグアイ『Ovacion』が伝えている。 ウルグアイ代表はこれまで、1930年と1950年のワールドカップ(W杯)、そして1924年と1928年のオリンピックで優勝。通算4度の国際大会制覇を誇り、その称号としてユニフォームの左胸には4つの星が輝いている。 しかしFIFAは、オリンピックは管轄下の大会ではないとして、2つの星を削除するよう、ウルグアイ代表のユニフォームサプライヤーであるプーマ社に要請したという。 FIFAは過去にW杯の予選及び本大会に出場した選手にオリンピックへの参加資格を与えなかったこともあり、国際オリンピック委員会(IOC)とは対立していた時期もあった。 ウルグアイサッカー協会(AUF)のホルヘ・カサレス競技部長は、地元のラジオ番組に出演した際にこの件に言及。星の数が減らないように精力的に活動をしているようだ。 「我々はFIFAの意思を覆すか、オリンピックがサッカーの世界大会と認められるよう活動している」 「ウルグアイはFIFAの決定に抗議すべく、論拠を示して主張していくつもりだ。今のところは、W杯の予選に向けてユニフォームを修正するための物流に取り組んでいるよ」 カサレス氏は、第1回のW杯が開催された1930年以前のオリンピックをサッカーの世界選手権大会としてみなしてもらえるよう、動いていくとのこと。クラブレベルにおいて、かつてのインターコンチネンタルカップの優勝と、現在のクラブ・ワールドカップの優勝が同等と認識されていることを強調していくようだ。 2021.08.04 21:18 Wed
twitterfacebook
thumb

メッシ、C・ロナウドに次ぐ2作連続採用! ムバッペが大人気『FIFA』シリーズ最新作のパッケージに

エレクトロニック・アーツ(EA)が手掛ける世界的に大人気のサッカーゲーム『FIFA』シリーズの最新作、『FIFA22』のパッケージが、2年連続でパリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペになることが決まった。EAが発表した。 世界的なスター選手がこれまでパッケージを飾ってきた『FIFA』シリーズ。2020年に発売された現時点での最新作『FIFA21』の表紙に初めて採用されたムバッペが2年連続でのパッケージとなった。 直近では、『FIFA18』と『FIFA19』にポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)が採用されており、それ以来の連続起用となる。 毎年のように移籍の噂が浮上するムバッペだが、今回のパッケージもPSGのユニフォームを纏ったムバッペに。PSGもツイッターでムバッペがパッケージに採用されたことを発表しており、今夏の移籍はないと目されている。 過去には『FIFA14』から『FIFA16』までアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが採用され、3作連続となっているが、ムバッペはどこまで連続でパッケージになるのか注目だ。 <span class="paragraph-title">【写真】公開されたムバッペ登場の『FIFA22』のパッケージ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Honoured to welcome back <a href="https://twitter.com/KMbappe?ref_src=twsrc%5Etfw">@KMbappe</a><br><br>The <a href="https://twitter.com/hashtag/FIFA22?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FIFA22</a> cover star <br><br>Stay tuned for the game-changing reveal on July 11th <a href="https://t.co/oT0kH2cJ7b">https://t.co/oT0kH2cJ7b</a> <a href="https://t.co/w1NABM6Fjj">pic.twitter.com/w1NABM6Fjj</a></p>&mdash; EA SPORTS FIFA (@EASPORTSFIFA) <a href="https://twitter.com/EASPORTSFIFA/status/1413514238530789377?ref_src=twsrc%5Etfw">July 9, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJxdjJVdmNQcCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"><br> <a href="https://twitter.com/KMbappe?ref_src=twsrc%5Etfw">@KMbappe</a> est sur la cover de <a href="https://twitter.com/hashtag/FIFA22?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FIFA22</a> <br><br> <a href="https://twitter.com/EASPORTSFIFA?ref_src=twsrc%5Etfw">@EASPORTSFIFA</a> <a href="https://t.co/jHWkS7B3xS">pic.twitter.com/jHWkS7B3xS</a></p>&mdash; Paris Saint-Germain (@PSG_inside) <a href="https://twitter.com/PSG_inside/status/1413515103840788486?ref_src=twsrc%5Etfw">July 9, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.07.10 11:20 Sat
twitterfacebook
thumb

欧州スーパーリーグ構想はFIFAも認めず、反対の声明「冷静で建設的かつバランスのとれた対話を」

18日、ヨーロッパを賑わせたのが、予てから噂に挙がっていたヨーロッパ・スーパーリーグ構想だ。 これまではヨーロッパのビッグクラブが新たなリーグを立ち上げるために動いているということが噂されていたが、今回具体的な内容が一斉に報じられることとなった。 現時点でヨーロッパ・スーパーリーグへの参加に同意しているのは、マンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッド、リバプール、アーセナル、チェルシー、トッテナムのイングランドのビッグ6と、バルセロナ、レアル・マドリー、アトレティコ・マドリーのスペイン3クラブ、ユベントス、インテル、ミランのイタリア3クラブの計12クラブとのこと。ここに3チームを加えた15クラブが常任クラブとなり、残りの5クラブはシーズンごとに変わるものだとされている。 レアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長が初代会長に就任することまで決まっている中、この報道には様々な反応が。OBなどからは反対意見も数多く出ている状況だ。 欧州サッカー連盟(UEFA)は、これとは別に新たなフォーマットのチャンピオンズリーグ(CL)の構想を練っている中、ヨーロッパ・スーパーリーグについて「少数のクラブの私利私欲に基づいたこの皮肉なプロジェクトを阻止するために、一致団結して努力していくことを繰り返し伝えていく」と反対の見解を示していた。 そんな中、国際サッカー連盟(FIFA)もこの報道を受けて声明を発表。反対の姿勢であることを強調しながらも、UEFAのような厳しいものではなく、しっかりと対話をして解決していきたいとの旨を明かした。 「いくつかのメディアから要請を受け、すでに何度も述べているように、FIFAはサッカーにおける連帯と、スポーツとしてのサッカーの発展に役立つ公平な再分配モデルを支持していることを明確にします」 「我々の考え、またFIFAの規約に従い、国内、地域、世界を問わず、サッカーの大会は常に連帯、包括性、誠実さ、公平な財政再分配の基本原則を反映する必要があります」 「さらに、サッカーの統治機関は、これが事実であり続けることを確実にするため、すべての合法的で、スポーツ的で、外交的な手段を採用すべきです」 「このような背景に対して、FIFAは国際サッカー構造の外にある“閉鎖されたヨーロッパの離脱リーグ”にのみ、不承認を表明することができ、前述の原則を尊重しません」 「FIFAは常に世界のサッカー界の団結を支持しており、白熱した議論に巻き込まれているすべての関係者に対し、試合の利益のために連帯とフェアプレーの精神に基づき、冷静で建設的かつバランスのとれた対話を行うように呼びかけています」 「もちろん、FIFAはサッカーの全体的な利益のために、調和のとれた前進に貢献するために必要なことは何でもします」 2021.04.19 13:55 Mon
twitterfacebook
thumb

FIFAが一部クラブが構想する“ヨーロッパ・スーパーリーグ”に反対声明、参加した選手はその他大会の出場禁止

国際サッカー連盟(FIFA)が、一部で創設が構想されている「ヨーロッパ・スーパーリーグ」に対して、認めないことを公式声明として発表した。 一部のヨーロッパのビッグクラブが、国をまたいでトップクラブだけを集めたリーグ戦となる「スーパーリーグ」を創設しようと構想していることは予てから報じられてきた。 UEFAチャンピオンズリーグを超える存在となりうる限定したチームだけが参加可能な「ヨーロッパ・スーパーリーグ」に関しては、バルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ元会長は受け入れたと過去に発言。レアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長やユベントスのアンドレア・アニェッリ会長も前向きだとされてきた。 そういった憶測が過熱する中、FIFAは21日に公式に声明を発表。「スーパーリーグ」構想に関しては、FIFAを始め6つの大陸連盟(アジア、アフリカ、北中米カリブ海、南米、オセアニア、ヨーロッパ)の会長の連名で認められないと反対の声明を発表した。 「メディアでは最近、一部のヨーロッパのクラブによる閉鎖的な「ヨーロッパ・スーパーリーグ」の創設についての憶測が出ている中、FIFAと6つの連盟(AFC、CAF、CONCACAF、CONMEBOL、OFC、UEFA)はそのような大会が、FIFAや各連盟によって認められないことを改めて強調したい」 「そのような大会に参加しているクラブ、または選手は、結果として、FIFAまたは各連盟が主催する大会には参加することが認められない」 「FIFAと連盟の規約にあるように、全ての大会は、それぞれのレベルで関連団体によって、世界レベルではFIFAによって、大陸レベルでは各連盟によって組織されるか認められなければならない」 「この点において、FIFAは現行、および新形式のFIFAクラブワールドカップを唯一の世界的なクラブの大会として認め、FIFAは各連盟が主催するクラブの大会を、大陸の大会として認めている」 「スポーツ上のメリット、結束、昇格と降格、補完性という普遍的な原則は、サッカーの世界的な成功を確実にするサッカーピラミッドの基礎であり、FIFAと各連盟の規約にも明記されている」 「サッカーはこれらの原則のおかげで長く成功してきた歴史がある。世界大会や大陸の大会への参加は、常にピッチの上で勝たなければならない」 2021.01.21 22:10 Thu
twitterfacebook
thumb

来月カタール開催のFIFAクラブワールドカップの対戦カード決定!

FIFAクラブワールドカップ(CWC)2020の組み合わせ抽選会が19日に行われ、対戦カードが決定した。 新型コロナウイルスの感染拡大の影響によって延期となっていたCWCだが、昨年11月に今年2月にカタールで開催されることが決定。ただ、コロナ禍によってオセアニア王者のオークランド・シティ(ニュージーランド)の参加辞退が決定し、現行の7チーム制から6チーム制への変更を余儀なくされた。 2回戦ではCONCACAFチャンピオンズリーグ(北中米カリブ海王者)のUANLティグレス(メキシコ)と、AFCチャンピオンズリーグ王者(アジア王者)の蔚山現代(韓国)が対戦。もう1カードは開催国王者であり、柏レイソルからケニア代表FWオルンガが加入したことで注目を集めるアル・ドゥハイル(カタール)が、CAFチャンピオンズリーグ王者(アフリカ王者)のアル・アハリ(エジプト)と対戦する。 また、チャンピオンズリーグ王者(欧州王者)のバイエルン(ドイツ)と、サントス(ブラジル)とパウメイラス(ブラジル)が今月30日に決勝を戦うコパ・リベルタ・ドーレス王者(南米王者)は準決勝からの参戦。 前者はアル・ドゥハイルvsアル・アハリの勝者と、後者はUANLティグレスvs蔚山現代の勝者と対戦することになる。 ★FIFAクラブワールドカップ2020 日程 ◆2回戦 ▽2/4(木) UANLティグレス vs 蔚山現代[Match 2] アル・ドゥハイル vs アル・アハリ[Match 3] ◆5位決定戦 ▽2/7(日) [Match 2]の敗者 vs [Match 3]の敗者[Match 4] ◆準決勝 ▽2/7(日) コパ・リベルタ・ドーレス王者 vs [Match 2]の勝者[Match 5] ▽2/8(月) [Match 3]の勝者 vs バイエルン[Match 6] ◆3位決定戦 ▽2/11(木) [Match 6]の敗者 vs [Match 5]の敗者 ◆決勝 ▽2/11(木) [Match 6]の勝者 vs [Match 5]の勝者 2021.01.20 02:20 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly