「読み通り弾けた」殊勲のPKストップ、横浜FMの守護神・オビがPKストップを語る「特に焦らず対応できた」

2020.11.26 08:15 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©Y.F.M.
横浜F・マリノスのGKオビ・パウエル・オビンナが、上海上港戦を振り返った。

横浜FMは25日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2020グループH第3節で上海上港(中国)と対戦。0-1で勝利を収めた。

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて中断し、今月18日からカタールでの集中開催で再開したACLの東地区。2月以来のACLとなった横浜FMは、カタールですでに2連勝を収めている上海上港と対戦した。

立ち上がりから横浜FMが主導権を握る展開で進む中、なかなかゴールが生まれず。後半に入っても横浜FMがペースを握る中、80分に松原健がボックス内で相手を倒しPK。しかし、元ブラジル代表MFオスカルのシュートを、GKオビが防いでピンチをしのぐ。

このままゴールレスドローかと思われた中90分に高野遼のクロスを仲川輝人がヘッド。GKがセーブするも、こぼれ球を天野純が押し込み、土壇場で先制。そのまま勝利を収めた。

この試合で先発したGKオビは試合を振り返り「試合の入りから自分たちが主導権を握ってゲームを進められることはわかっていた」とコメント。「あとはこっちのミスを相手が狙っていたので、ミスをしないようにゲームを進めようと意識していた」と語り、ミスを警戒していたと語った。

そんな中で終盤にPKを与えた点については「その中でああいう形で(PKがきて)、ピンチにが来ても良いような心構えでいたので、特に焦ることなくしっかり止められた」とPKストップについてコメント。「(失点)ゼロでいけば攻撃の選手が必ず点を取ってくれると思っていたので、形的に取ってくれて勝てたのはすごく嬉しい」とし、ゼロに抑えた結果が最後に報われたことを喜んだ。

J1でも2試合の出場しかなく、経験値としてはまだまだ足りないオビ。それでもPKのシーンでの準備については「試合経験がなくて若いとは言われますが、これまでこういった時のために毎日練習を積んできたので、そういう焦りや緊張はなく、ここで結果を残すためにやってきたという自信を持ってプレーできているので、特に焦らず対応できた」とコメント。突如訪れたピンチにもしっかりと対応できたと語った。

オスカルのシュートについては「PKも良いコースだったが、しっかり読み通り弾けたので良かった」と、Jリーグに続いてのPKストップに自信を示し、セーブを喜んだ。

ACLでの出場は初となったオビ。スタメンを告げられた時の心境は「試合に出るにあたって、しっかり準備してきた自信があったので特に焦ることはなかった」と問題なかったとコメント。また「チームの強みとして誰が出てもしっかり高いパフォーマンスが出せると思うので、僕が出ても他の人が出るにしろ、チームの戦力が落ちるとは考えなかった」と、チームとして戦えていることを強調した。

自身が出場したことについても「僕が出る以上、強気にチャレンジしてミスを恐れることなく、チームの勝利に貢献したいと思っていた」と語り、チャレンジしていく姿勢を出せたと自信を深めたようだった。


関連ニュース
thumb

本人はどこに? 神戸DF槙野智章がホテルスタッフ総出の集合写真公開、ACL・GS突破への感謝を綴る

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)のグループステージ突破を決めたヴィッセル神戸の元日本代表DF槙野智章が関係者へ感謝の意を示した。 神戸はタイのブリーラムにてACLグループステージを戦った。12日に日本を出発し、タイ入り。上海海港(中国)が辞退したため、傑志(香港)、チェンライ・ユナイテッド(タイ)の3チームで争われたグループJで、2勝2分けの成績を残し、グループ首位通過を決めた。 半月以上を過ごしたタイを去る際には、ホテルの関係者総出で記念撮影。槙野は自身のインスタグラムで写真と感謝の言葉を残している。 「ACLグループリーグ首位で通過!たくさんの方のサポートで素晴らしい時間を過ごせました!ありがとうございました!まだまだ僕らの闘いは続きます!今から帰国します!」 大所帯での一枚にはファンからも労いの声が多数。プロゴルファーの有村智恵さんからも「すごい!頑張れー」と、エールが送られている。 <span class="paragraph-title">【写真】槙野はどこ?ホテルスタッフも総出の集合写真</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CdDOe9KPqyo/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CdDOe9KPqyo/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CdDOe9KPqyo/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">槙野智章 Tomoaki Makino(@makino.5_official)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.05.03 17:34 Tue
twitterfacebook
thumb

3戦2発、横浜FMのアンデルソン・ロペスがゴールを振り返る「日々練習している形」

横浜F・マリノスのFWアンデルソン・ロペスが、全北現代モータース(韓国)戦を振り返った。 1日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2022・グループH第6節の全北現代vs横浜FMの一戦。グループステージの突破はすでに決まっている横浜FMだったが、首位通過を目指しての直接対決となった。 試合は立ち上がりの4分に相手のパスカットからアンデルソン・ロペスが決めて先制。しかし11分に浮き球のパスに抜け出したキム・ボギョンがダイレクトで決めて、1-1。その後は互いに牽制しながら引き分けに終わった。 この結果、横浜FMが首位通過、全北現代が2位通過を果たしている。 この試合で先制ゴールを決め、マン・オブ・ザ・マッチ(MOTM)に選ばれたアンデルソン・ロペスは「過密日程で外国籍枠に限りがある中、監督はベストな選手たちを選んだと思う。選手は毎試合出たい気持ちはあるけど、僕たちはチームとして凄く良い準備ができてベトナムに入った。全ての試合を振り返っても、良かったと感じている」とコメント。出た試合で結果を残せたことを喜んだ。 この試合でもゴールを決めたが「僕たちがプレスをかけてうまく点を取れた。このプレスというのは、日々練習している形。それがうまく点に結びついて凄く良かったし、チーム全体が凄く良い仕事をした」と、鍛錬の賜物であると振り返った。 横浜FMはラウンド16ではグループJを首位通過したヴィッセル神戸と対戦することが決定している。 <span class="paragraph-title">【動画】いとも簡単に決めるアンデルソン・ロペスの先制弾!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> Blistering start courtesy of Anderson Lopes!<a href="https://twitter.com/hashtag/ACL2022?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ACL2022</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/JBHvYFM?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#JBHvYFM</a> | <a href="https://twitter.com/prompt_fmarinos?ref_src=twsrc%5Etfw">@prompt_fmarinos</a> <a href="https://t.co/ZH9ceP5ESU">pic.twitter.com/ZH9ceP5ESU</a></p>&mdash; #ACL2022 (@TheAFCCL) <a href="https://twitter.com/TheAFCCL/status/1520797881124503555?ref_src=twsrc%5Etfw">May 1, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.02 12:58 Mon
twitterfacebook
thumb

「マリノスのアイデンティティを」首位通過の横浜FM、マスカット監督は過酷な6試合を終えた選手を労う「本当に称えてあげたい」

横浜F・マリノスのケヴィン・マスカット監督が、全北現代モータース(韓国)戦を振り返った。 1日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2022・グループH第6節の全北現代vs横浜FMの一戦。グループステージの突破はすでに決まっている横浜FMだったが、首位通過を目指しての直接対決となった。 試合は立ち上がりの4分に相手のパスカットからアンデルソン・ロペスが決めて先制。しかし11分に浮き球のパスに抜け出したキム・ボギョンがダイレクトで決めて、1-1。その後は互いに牽制しながら引き分けに終わった。 この結果、横浜FMが首位通過、全北現代が2位通過を果たしている。 試合後の記者会見でマスカット監督は、「今日の感想を言う前に、横浜F・マリノスを代表して今大会を開催していただいたAFCに感謝を申し上げる。そして、このベトナムの地でベトナムの方々に本当に温かく迎えていただいたこと、このような素晴らしい大会をやっていただいたことに感謝する。最高の大会になった」とコメント。大会運営やホスピタリティに感謝の気持ちを述べた。 試合は1-1の引き分けに終わったが、「簡単な試合ではなかった。自分たちはいつもやっているサッカー、アタッキングフットボールを表現しようとした。ピッチコンディションが難しい中、本当によく選手たちがやってくれたと思う」とコメント。「相手のディフェンスラインが低くなり、なかなか崩すのが難しい中でもたくさんのチャンスも作った。最終的には1-1で終わり、お互いが仲良く勝ち点1を取り、この大会を終えることができたと感じている」と、最終的には引き分けに終わったことは悪くないと感じているようだ。 過密日程ということもあり、この6試合は毎試合メンバーを大きく入れ替え、様々な組み合わせも試してきた中で、しっかりと結果を残した横浜FM。マスカット監督は手応えを感じているとし、選手たちを称えた。 「この大会が始まって最初の会見の時に答えたと思うが、この過密日程の中やっていくにあたり、やはり簡単ではないと考えていた。選手たちがいかにベストコンディションでプレーできるのかを念頭に、まずはスタッフやコーチ陣が選手たちをリカバーさせ、みんながピッチに立てるように努力してきた。そして、簡単なことではなかったが、試合ごとに成長を続けられてきたところもある」 「このベトナムの地のいつもと違った環境や天候の中でもマリノスのアイデンティティを信じて選手たちがピッチで表現してくれた。そしてグループステージを終えた今、本当に称えてあげたいと思っている。素晴らしいサッカーを見せてくれた」 横浜FMはラウンド16ではグループJを首位通過したヴィッセル神戸と対戦することが決定した。 <span class="paragraph-title">【動画】いとも簡単に決めるアンデルソン・ロペスの先制弾!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> Blistering start courtesy of Anderson Lopes!<a href="https://twitter.com/hashtag/ACL2022?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ACL2022</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/JBHvYFM?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#JBHvYFM</a> | <a href="https://twitter.com/prompt_fmarinos?ref_src=twsrc%5Etfw">@prompt_fmarinos</a> <a href="https://t.co/ZH9ceP5ESU">pic.twitter.com/ZH9ceP5ESU</a></p>&mdash; #ACL2022 (@TheAFCCL) <a href="https://twitter.com/TheAFCCL/status/1520797881124503555?ref_src=twsrc%5Etfw">May 1, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.02 11:19 Mon
twitterfacebook
thumb

ケガから復帰初戦でゴールを決めた神戸FW武藤嘉紀、首位通過も「勝ち切れなかったという悔しさもある」

ヴィッセル神戸のFW武藤嘉紀が、傑志(香港)戦を振り返った。 1日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2022・グループJ第6節の傑志vs神戸が行われた。 すでにグループステージの突破を決めている神戸は、引き分け以上で1位通過という状況。相手の傑志は負ければ2位になるものの、上位3チームには入れない状況で迎えた。 試合は勝利が欲しい傑志が積極的に神戸ゴールを目指す戦いに。一方で、失点をしたくない傑志の守備は堅く、神戸はなかなかチャンスを作れない。 シュートもほとんど打てない中、前半終了間際の44分にPKを獲得し、リンコンが決めて先制。しかし、アディショナルタイムにハンドでPKを与えて同点に追い付かれる。 後半に入っても傑志がリスクを回避しながら神戸ゴールを目指す展開となると、神戸は効果的に攻められず。それでも選手交代で流れを掴みにいくと、87分にCKから武藤がヘッドで決めて勝ち越しに成功。このまま逃げ切ると思われたが、アディショナルタイムにCKから失点。2-2の引き分けに終わった。 試合後、マン・オブ・ザ・マッチ(MOTM)に選ばれた武藤は記者会見に出席。ケガからの復帰戦について振り返った。 「自分たち自身、勝ち切りたかったというのが本音ですが、相手が決勝トーナメント進出を懸けた戦いということで少し受けてしまったところもあったと思います」 「結果は引き分けで終わってしまいましたが、自分たちがやりたいことはできたと思うので、それは決勝ラウンドに繋がるんじゃないかと思います」 負傷離脱中に監督が交代。新チームでのデビュー戦で結果を残した。 「長い間チームを離れていてチームに迷惑をかけてしまったので、今日はしっかりとゴールを取ろうと考えていました。その結果、ゴールを決められましたが勝ち切れなかったという悔しさもあります」 「フィットネス、コンディションに関しては100%ではないと思うので、もっともっと自分自身で努力して、良いコンディションに持っていければいいなと思います」 <span class="paragraph-title">【動画】復帰戦の武藤嘉紀がCKを弾丸ヘッド!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fi" dir="ltr"> Yoshinori Muto on target!<a href="https://twitter.com/hashtag/ACL2022?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ACL2022</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/KITvVKO?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#KITvVKO</a> | <a href="https://twitter.com/visselkobe?ref_src=twsrc%5Etfw">@visselkobe</a> <a href="https://t.co/yilN6BiJKy">pic.twitter.com/yilN6BiJKy</a></p>&mdash; #ACL2022 (@TheAFCCL) <a href="https://twitter.com/TheAFCCL/status/1520771201454460929?ref_src=twsrc%5Etfw">May 1, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.02 08:22 Mon
twitterfacebook
thumb

「1位通過に値する」首位通過を決めた神戸・ロティーナ監督、ラウンド16へ「チーム力を上げるということにフォーカス」

ヴィッセル神戸のミゲル・アンヘル・ロティーナ監督が、傑志(香港)戦を振り返った。 1日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2022・グループJ第6節の傑志vs神戸が行われた。 すでにグループステージの突破を決めている神戸は、引き分け以上で1位通過という状況。相手の傑志は負ければ2位になるものの、上位3チームには入れない状況で迎えた。 試合は勝利が欲しい傑志が積極的に神戸ゴールを目指す戦いに。一方で、失点をしたくない傑志の守備は堅く、神戸はなかなかチャンスを作れない。 シュートもほとんど打てない中、前半終了間際の44分にPKを獲得し、リンコンが決めて先制。しかし、アディショナルタイムにハンドでPKを与えて同点に追い付かれる。 後半に入っても傑志がリスクを回避しながら神戸ゴールを目指す展開となると、神戸は効果的に攻められず。それでも選手交代で流れを掴みにいくと、87分にCKから武藤嘉紀がヘッドで決めて勝ち越しに成功。このまま逃げ切ると思われたが、アディショナルタイムにCKから失点。2-2の引き分けに終わった。 試合後、記者会見に臨んだロティーナ監督はラウンド16に向けて「もちろん次のラウンドにはもっと競争力の高いチームが出てくるので、自分たちももっと競争力のあるチームになっていかなければいけない」とコメント。「競争力あるチームであり続ける、自分たちのチーム力を上げるということにフォーカスをして、次のラウンドに向けてやっていきたいと思う」と、8月までにチーム力を上げていきたいと語った。 上海海港の辞退により、4試合という少ない経験となったが、ACLの戦いを振り返り「このグループステージで、自分たちはスタンダードを示せたのではないかと思うし、1位通過に値するプレーはできたと思う」と、首位突破に手応え。「ちろん試合を通してミスすることもあったが、それでも及第点だと自分たちは捉えている。今日の試合についても、91分に相手の素晴らしいゴールで追いつかれて、彼らが次のラウンドに進むチャンスを得た。それについては素直におめでとうと伝えたい。全体的には良いプレーができて、1位に値するチームだったんじゃないかと思う」と語り、しっかりと結果を残せたと手応えを語った。 監督就任後、間も無く迎えたACLだったが、チームの中での発見については「もちろんゲームだったりトレーニングの中で、色々な新しい情報があった。その中で自分たちにとって一番良いニュースは、武藤が今日このように試合に戻ってきてくれたこと。彼が自分たちにとって、どれだけ大事かということを私たちは分かっているし、喜ばしいニュースだと思う」と、復帰戦でゴールという結果を残した武藤が戻ってきたことが大きいと語った。 2022.05.02 06:46 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly