「まさにフラッシュバックした」2年前のベルギー戦がよぎったMF原口元気「自分たちが求めていることをやられた」

2020.11.18 08:40 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本代表のMF原口元気(ハノーファー)が、メキシコ代表戦後にメディアの取材に応対。試合について振り返った。17日、日本代表は国際親善試合でメキシコ代表と対戦。前半は良い形で連携を見せ決定機を作るも生かせず。後半メキシコがペースを上げるとラウール・ヒメネスが技ありゴール。さらにイルビング・ロサーノがショートカウンターからゴールを奪い、0-2でメキシコが勝利を収めた。

この試合2列目の左サイドで先発出場した原口。12分にはカットインから強烈なミドルシュートを放つもGKギジェルモ・オチョアにセーブされてしまった。前半については「前半立ち上がりから僕たちのペースでやれていましたし、僕のシュートや(鈴木)武蔵が2回ぐらいチャンスあったり、良い時間帯でした」と、良い形で攻撃ができていたと語った。

しかし、その時間帯での決定機を決められず。その要因は「そこは僕らのクオリティの部分」と、チームとしてではなく個人だと語る原口。「チームとしての素晴らしい入りをして、良い形でチャンスを作れていたので、前の選手が仕留めきれなかったという部分です。チームどうこうではなく、前の選手のクオリティです」と決め切れなかったことを反省した。

一方でメキシコ代表は少ないチャンスをしっかりと決め切ってきたが、その差については「したたかさというか、修正力というか、自分たちが求めていることをやられました」と日本代表が目指すプレーをされたとコメント。「前半からうまくいってなく、行けると思ったら良い修正をしてきた。したたかで強いチーム」とし、「僕たちは苦しい時間帯になった時に修正できなかったので、そこは差を感じます」と、自分たちができないことを痛感したと感じた。

この試合展開は2018年のロシア・ワールドカップのラウンド16・ベルギー代表戦で2点リードを逆転されたものに似ていたが、「まさにフラッシュバックしました」と原口の頭にもベルギー戦が思い浮かんだとコメント。「実力がすごくある相手に対して、なんで毎回こうなるんだという感情になりました」と、悔しさがこみ上げてきたとし、「2年前のベルギー戦も、勝てたんじゃないかという感情がきます。簡単には勝たせてもらえないレベルの相手だったので、正直またかという感じです」と本音を吐露した。

それでも、「今日がワールドカップじゃなくてよかったというか、この2年間を無駄にせずに、まずワールドカップに行ってベスト16に行ってというのはありますが、そこで同じ思いをしないようにしたいです」と、2年後のカタール・ワールドカップで同じ思いをしないように努力すると語った。

自身のミドルシュート、そして鈴木の決定機を止めたGKオチョアについては「僕らの流れの時に決定的な仕事をしたのが彼で、できなかったのが僕ら。その差は小さいようですごく大きいような気がします」とし、相手守護神を称賛した。

メキシコの修正点については「鎌田選手のところにエドソン・アルバレスを入れてマンマークとなって、起点となっていた選手が消されました」とし、「クリアや繋ぐところでミスが出て押し込まれたという時間帯でした。その間に1失点をして、彼らは余裕を持って繋ぎ始めたので、そこから僕らの展開に持っていくことは難しいものになりました」と、良さを消され、相手に一気に仕留められたと振り返った。

また、自身の対応をしたルイス・ロドリゲスについても「アルバレスもですが、僕のサイドに入ったサイドバックの選手(ロドリゲス)が落ち着きを持ってビルドアップして、プレスをかけてもかわされてプレッシャーに行けなかったです」とコメント。「前半ぐらいCBやSBにもっとプレシャーをかけていくことが大事だった」とし、「悪い時間帯なので引いてもよかったですが、引くなら取られては行けなかったです。そのあたりの判断は難しかったです」とチームとして守備の対応に迷いがあったとも語った。
コメント
関連ニュース
thumb

最新FIFAランク! 日本は27位維持、イタリアがトップ10返り咲き

国際サッカー連盟(FIFA)は27日、最新のFIFAランキングを発表した。 今月の活動で前月に続いて欧州遠征を実施した日本代表はパナマ代表とメキシコ代表とそれぞれ国際親善試合で対戦して、1勝1敗で終了。前月の総合ポイントから1ポイント減らしたものの、全体27位をキープした。アジア全体でも昨年11月から続くトップの座を守っている。 世界全体でみると、上位はトップから6位まで変動なし。UEFAネーションズリーグのファイナルズ進出を決めたイタリア代表が2014年5月以来のトップ10入りを果たしたほか、日本に勝利したメキシコ代表も9位にランクアップしている。 ◆11月のFIFAランキングTOP10(カッコ内は前回の順位) 1.ベルギー(1) 2.フランス(2) 3.ブラジル(3) 4.イングランド(4) 5.ポルトガル(5) 6.スペイン(6) 7.アルゼンチン(8) 8.ウルグアイ(7) 9.メキシコ(11) 10.イタリア(12) ◆アジア内TOP10(カッコ内は総合順位) 1.日本(27) 2.イラン(29) 3.韓国(38) 4.オーストラリア(41) 5.カタール(59) 6.サウジアラビア(67) 7.イラク(69) 8.UAE(74) 9.中国(75) 10.シリア(76) 2020.11.28 08:30 Sat
twitterfacebook
thumb

「OBチームの試合で同じチームでプレー」JFA田嶋幸三会長もマラドーナ氏逝去を追悼「突然のことで非常に残念です」

25日、アルゼンチン、そしてフットボール界のレジェンドであるディエゴ・マラドーナ氏が他界した。60歳だった。 先月30日に60歳の誕生日を迎えたばかりのマラドーナ氏は、今月2日にサナトリオ・イペンサ・ラ・プラタ病院へ緊急入院。精密検査の結果、脳に硬膜下血腫が見つかったため、3日に緊急手術を受けていた。その後は状態が安定し、同11日に退院していた。 <div id="cws_ad"><br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJRQkZwNEVQayIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 突然の訃報に全世界のフットボールファンが悲しみにくれる中、日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三会長も追悼のコメントを発表した。 「2017年1月に行われたFIFAの年間表彰式とカウンシル会議のためにチューリッヒに行った際にマラドーナさんにお会いしました。その時に行われたOBチームの試合で同じチームでプレーし、とてもお元気な様子でした」 「日本にも多くのファンがいて、ペレさんらと共に世界中のサッカーに影響を与えた選手だったと思います」 「FIFA総会の際にはいつもレジェントマッチが行われますので、来年、日本でお会いできると楽しみにしていました。今回の悲報は突然のことで非常に残念です」 2020.11.26 17:10 Thu
twitterfacebook
thumb

「初めてプロの選手で憧れて、真似した」日本代表MF乾貴士もマラドーナ氏の急逝を追悼

25日、アルゼンチン、そしてフットボール界のレジェンドであるディエゴ・マラドーナ氏が他界した。60歳だった。 先月30日に60歳の誕生日を迎えたばかりのマラドーナ氏は、今月2日にサナトリオ・イペンサ・ラ・プラタ病院へ緊急入院。精密検査の結果、脳に硬膜下血腫が見つかったため、3日に緊急手術を受けていた。その後は状態が安定し、同11日に退院していた。 <div id="cws_ad"><br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJRQkZwNEVQayIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 突然の訃報に全世界のフットボールファンが悲しみにくれる中、エイバルの日本代表MF乾貴士も自身のインスタグラムで追悼。初めて憧れた選手だったと明かした。 「初めてプロの選手で憧れて、真似したのがマラドーナやったなぁ。何回もビデオ借りて見ての真似しての繰り返しやった。肩でトラップして後ろの相手抜いたのはほんまに衝撃やった!!」 「他にも凄いプレーがありすぎてそのプレーはあんま知られてないんやろなぁ。笑」 「亡くなってしまったのは残念やけど、ほんまにお疲れさまでした」 <div id="cws_ad"><blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CIB8KAej8fe/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CIB8KAej8fe/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CIB8KAej8fe/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Takashi Inui/乾貴士(@takashi.08)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script></div> 2020.11.26 09:25 Thu
twitterfacebook
thumb

個人の事情で…なでしこジャパン候補から浦和DF南萌華が離脱

日本サッカー協会(JFA)は25日、なでしこジャパン候補メンバーから浦和レッズレディースDF南萌華が離脱することを発表した。 JFAによると、南は個人の事情のため離脱するとのことだ。なお代替選手はいないとのことだ。 なでしこジャパン候補は、すでにDF宮川麻都(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)が不参加となり、FW上野真実(愛媛FCレディース)が離脱していた。 2020.11.25 11:01 Wed
twitterfacebook
thumb

JFA代表ベストイレブンカレンダーもストライカー不足?/六川亨の日本サッカーの歩み

2020年の日本代表のヨーロッパ遠征は2勝1分け1敗に終わった。コロナが再び猛威を振るいつつあるヨーロッパで、海外組だけとはいえ試合ができたのは僥倖だった。ただ、その内容はというと、攻撃陣に不安を感じたのも事実である。浅野も鈴木も、決めるべきチャンスを決められず、「決定力不足」という課題をクリアすることはできなかった。 “ポスト大迫"探しは急務であるが、このままではベテランの岡崎に再登場してもらわなければならないのだろうか。 国内組では小林と三笘の川崎Fコンビが今シーズンはコンスタントに得点しているものの、国際レベルで通用するかどうか疑問が残るし、三笘はストライカーというよりはサイドアタッカーに近いタイプ。五輪代表でも2トップかシャドーでの起用になるだろう(1トップなら鹿島の上田に期待)。 といったところで、来年の元旦に決勝戦を迎える天皇杯は第100回の記念大会だ。JFA(日本サッカー協会)が創設されたのは1921年のこと。来年9月で創立100周年を迎える。本当なら100周年という節目の年を迎え、様々な記念行事やイベントが開催されるところだが、コロナの終息が見えない現状では自粛もやむをえない。 それでもJFAは、100周年記念企画として「1921-2021歴代日本代表ベストイレブンカレンダー」(2200円・税込)を制作し、11月から販売を開始した。これは「あなたの『ベストイレブン』を教えてください」というアンケートを8月5日から14日まで実施し、7520票の投票により選ばれた11人で構成されたカレンダーである。 ただ、JFA創設年の1921年から今日までの歴代日本代表ベストイレブンと一口に言っても、ベルリン五輪(1936年)でスウェーデンを破ったときの選手のプレーを見たことのあるファンは皆無だろう。1964年の東京五輪でアルゼンチンを倒した日本代表や、1968年メキシコ五輪で銅メダルを獲得した時のイレブンを覚えているファン・サポーターも限られているはず。 その結果、選ばれた11人は次のようになった。 1月/三浦知良 2月/川口能活 3月/中田英寿 4月/中村俊輔 5月/小野伸二 6月/中澤佑二 7月/遠藤保仁 8月/長谷部誠 9月/本田圭佑 10月/内田篤人 11月/長友佑都 12月/全員 こちらのイレブンについては、説明も不要だろう。 <div id="cws_ad"><br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ6dmY0SERPaSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> キング・カズはW杯の出場こそないものの、全盛時は(「現役時代は」というフレーズが使えないため)無類の勝負強さを発揮した。チームが苦境に陥ったとき、なんとかしてくれたのがカズだった。GK川口も勝負強さには定評があったし、4度のW杯出場に加え、ルックスもよかった。 中田ヒデはローマ時代に日本人で初めてセリエA優勝を経験。中村と小野は国内にとどまらずヨーロッパのリーグ戦でも活躍した。中澤と遠藤は海外でのプレー経験こそないが、「ボンバーヘッド」や「コロコロPK」などマネのできない武器を持っていた。 長谷部は類い希なキャプテンシーに加え、いまなおフランクフルトの主軸としてプレーしているし、本田もボタフォゴで現役を続行している。ACミランで成功したとは言えないが、背番号10を託されたことは今後も語り継がれることだろう。内田と長友が両サイドバックを務めた日本代表は、いま思うとなんて贅沢だったのか。ウッチーはケガで現役を引退したが、ユウトにはできるだけ長く現役を続けて欲しい。 正直、妥当なアンケート結果だと思う。11人中6人が中盤の選手で、2人がサイドを上下動して運動量を求められるポジションということからも、海外で通用する日本人の特性を表している。GK川口とCB中澤はポジション的にも必要だし、存在感も際だっていた。 そしてカズである。アンケートに投票した世代が何歳くらいか不明だが、メキシコ五輪の得点王でJSL(日本サッカーリーグ)通算202ゴール、日本代表でも国際Aマッチ75ゴールで最多記録を保持する釜本邦茂氏をベストイレブンに選ぶ世代もけして少なくはないはずだ。 カズと同世代のJリーガーでは、得点王になった福田、ゴン中山、その後は高原、前田、Jリーグ最多得点記録保持者で3年連続得点王の大久保らがいるものの、いずれも代表での活躍・印象という点でキングを凌ぐことはできなかったようだ。 と同時に、このアンケートからも日本はストライカー不足であることがわかるのではないだろうか。 カズに代わるストライカーとしては、冒頭に書いた岡崎くらいしか思いつかないし、ヨーロッパでの活躍という点では岡崎はもちろん、香川もカズより上に来るだろう。しかし香川だと中盤の攻撃的な選手ばかりになりFWがいなくなってしまう。 日本代表はいつの時代も「ストライカー募集中」ということだ。 <div id="cws_ad"><hr>【文・六川亨】</br>1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2020.11.24 18:40 Tue
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly