EL・グループ首位も、ジェラードは10人相手のドローを悔やむ「重要な時間帯にスイッチを切った」

2020.11.06 15:30 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レンジャーズのスティーブン・ジェラード監督が、ヨーロッパリーグ(EL)で強豪相手からの勝利を逃したことを悔やんでいる。クラブ公式サイトが伝えた。スコティッシュ・プレミアシップでは首位を快走し、ELでも2連勝中と絶好調のレンジャーズは5日、ELグループD第3節においてポルトガルの強豪ベンフィカと対戦。勝ち点で並ぶ両者の試合となった。

開始早々に失点を許したものの、19分にベンフィカのDFニコラス・オタメンディが退場すると、そこから数的有利を活かし3点を奪ったレンジャーズ。しかし、その後は10人の相手に反撃を受けると、終了間際に同点ゴールを決められ、2-2のスコアでドローとなった。

結果的に勝ち点差は生まれず、アウェイゴール差で現状はレンジャーズが首位に立っているが、試合後のジェラード監督は順位については触れず、数的優位に立ちながらリードを守れなかったことをひたすら悔やんだ。

「試合に勝利し、勝ち点3を奪うための大きなチャンスを逃してしまった。序盤は貧弱なスタートを切り、悪い失点の仕方をしたが、レッドカードが明らかな助けとなり、そこからは良いサッカーをして3-1にすることができた」

「ドローの結果に終わってしまったのは本当に残念だ。ゲームマネジメントに問題があったね。3-1になってから、うまくコントロールできなかったと思う」

「我々はピッチ上で良いポジションをとって試合をコントロールし、秩序を保てばよかっただけなのだ。コントロールを失ってしまった自分たちに責任がある。2つの悪いゴールを決められたし、こちらは2、3回のビッグチャンスを逃した。3-1の時点で、我々は試合を終わらせるのに十分なプレーができていなかったよ」

ジェラード監督は、相手に退場者が出た後のチームのプレーについては称賛しつつ、3得点を挙げた後で満足してしまったことが、今回の結果を招いたと語った。

「相手にレッドカードが出た後で見せた我々のサッカーのいくつかは、目を見張るものがあったと思う。自由で素晴らしい流れだったし、少なくとも3点は取るに値するものだった」

「重要なのは、ピッチ上での秩序だ。選手たちはより良いポジションをとり、正しい判断をしなければならない。そして、ベンフィカに敬意を払いつつも、よりアグレッシブになるべきだったんだ」

「我々は試合の重要な時間帯にスイッチを切ってしまった。そして、その代償を払う結果になってしまったよ」
コメント
関連ニュース
thumb

指揮官ジェラードも“天才的”と絶賛!レンジャーズMFがハーフウェイラインから叩き込んだEL新記録となるロングシュート【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はレンジャーズのジャマイカ人MFケマル・ルーフェが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ルーフェが決めたEL新記録となる長距離弾<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJrZkUxS3R0ciIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> </div> イングランド下部リーグを渡り歩いたルーフェは、2020年夏にスティーブン・ジェラード監督率いるレンジャーズに加入。新戦力ながら主力として活躍している。 今シーズン公式戦21試合で12ゴールを記録するなど、新天地で飛躍を果たしているルーフェだが、2020年10月22日に行われたヨーロッパリーグ(EL)グループステージのスタンダール・リエージュ戦では、驚愕のゴールを決めている。 1-0とレンジャーズがリードして迎えた終了間際の92分、最後の攻勢をかける相手チームに対して、自陣でボールを奪ったルーフェはドリブルを開始。相手からのプレスを上手くかわしながら、ハーフウェイラインまでボールを運ぶと、そこから一気にロングシュートを放った。意表を突かれたGKは、必死にゴールに戻るも間に合わず、シュートがゴールネットを揺らした。 EL新記録となるゴールからの距離49.9mの位置から決まった圧巻のゴールには、レンジャーズの指揮官スティーブン・ジェラード氏も、試合後に「天才的」「今まで見たゴールの中でベスト」と手放しで絶賛している。 2021.01.09 10:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ジェラードの秘蔵っ子、元リバプールFWケントが決めた股抜き&強烈ロングシュート【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はレンジャーズのイングランド人FWライアン・ケントがレンジャーズで決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ケントがレンジャーズで決めた股抜き&豪快ロングシュート<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJVNWhCaWdPUCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> リバプールの下部組織出身のケントは、若い頃から将来を嘱望されるタレントとして期待を集めていた。ファーストチーム定着は叶わなかったものの、2018年夏に、リバプールのレジェンドであるスティーブン・ジェラード監督が率いるレンジャーズにレンタルで加入。実力を見せつけ、翌年に完全移籍を果たしている。 抜群のスピードとテクニックを備えたウインガーとして活躍するケントだが、2020年11月22日に行われたスコティッシュ・プレミアリーグ第15節のアバディーン戦では、素晴らしいゴールを決めている。 0-0で迎えた15分、センターサークルやや前の位置でケントがボールを受けると、プレスに来た相手の股を抜き、華麗に抜き去る。そこからドリブルで相手陣内中央までボールを運ぶと、強烈ロングシュート。鋭い弾道のシュートがゴール右に決まり、見事な先制ゴールとなった。 このゴールで試合の流れを掴んだレンジャーズは、その後も得点を重ね、4-0で勝利を収めている。 2020.12.30 14:00 Wed
twitterfacebook
thumb

レンジャーズCBがまさかの単独ドリブル突破から決めた驚愕のソロゴール【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元アルジェリア代表DFのマジード・ブーゲッラ氏がレンジャーズで決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ブーゲッラが決めた圧巻のソロゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJDb2JPbENJNCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> フランス2部のグーニョンでプロデビューを果たしたブーゲッラ氏は、その後イングランドの下部リーグチームを渡り歩き、2008年夏にレンジャーズに加入した。 主にCBとしてプレーし、守備での貢献が本職のブーゲッラだが、2009年12月30日に行われたスコティッシュ・プレミアリーグ第18節のダンディー・ユナイテッド戦では、驚愕のゴールを決めている。 6-1とレンジャーズが大量リードを奪って迎えた85分、最終ラインでボールを持ったブーゲッラが、ドリブルで前線にボールを運び、1人でカウンターを主導する。CBとは思えない加速で一気に相手陣内中央まで侵入すると、プレスに来たDF2人をキレのあるターンで抜き去り、ペナルティーアーク内からミドルシュートを放つ。 左足から放たれた鋭いシュートは、低い弾道でゴール右下に決まり、まさかの単独突破から見事なゴールを挙げてみせた。 試合はこのままレンジャーズが7-1と大勝を収めている。 2020.12.14 22:00 Mon
twitterfacebook
thumb

EL首位突破のレンジャーズ、ジェラードがチーム絶賛「我々にとって最高の夜だ」

レンジャーズのスティーブン・ジェラード監督が、偉業を達成したチームを誇っている。クラブ公式サイトが伝えた。 レンジャーズは10日に行われたヨーロッパリーグ(EL)グループD最終節において、ポーランドのレフ・ポズナンとアウェイで対戦。既に決勝トーナメント進出は決まっているものの、ベンフィカと勝ち点で並んでいるレンジャーズにとって首位突破が懸かる試合だった。 主軸のFWアルフレッド・モレロスやMFライアン・ケントを温存したレンジャーズは、モレロスに代わって先発したFWセドリック・イッテンが31分に先制点をマーク。後半に入りFWヤニス・ハジが追加点を決めると、その後はしっかりリードを守り抜き、試合はそのまま2-0のスコアで終了した。 この結果、レンジャーズはグループステージ首位突破が決定。同クラブが欧州カップのグループステージで首位通過を決めるのは、4チーム制になってからは初めてのこととなった。前節には4チーム制になってからクラブ初となる第5節での決勝トーナメント進出を達成しており、記録ずくめのシーズンを送っている。 試合後のインタビューに応じたジェラード監督は、快挙を成し遂げたチームを手放しに称えた。 「彼らはドレッシングルームで本当に喜んでいるし、そうあるべきだと思う。今大会で我々がグループステージ首位になるのは当然だよ。6試合それぞれで素晴らしいパフォーマンスを見せてくれた」 「ベンフィカ戦は間違いなくアウェイでもホームでも勝てた試合だった。だから少なくとも、勝ち点14には値したよ。多くの選手がチャンスをつかみ、一歩前に踏み出すことで、これまで以上に素晴らしいパフォーマンスを発揮してくれた。このチームの監督であることが、私はとても誇らしい」 また、ジェラード監督はこの素晴らしい夜を喜びつつも、週末に控えるリーグ戦に向け準備していきたいと語っている。 「全体として、今日は我々にとって最高の夜だ。そして今からは、回復と(週末に行われる)ダンディー・ユナイテッド戦向けて準備していきたい」 2020.12.11 13:33 Fri
twitterfacebook
thumb

ジェラード率いるレンジャーズが見せた、相手ボックス内での華麗なパス回し&フィニッシュ【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はレンジャーズのナイジェリア代表MFジョー・アリボが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆アリボが決めた個人技&連携の合わさったゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJlbTRMSkU2ZiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2019年夏にチャールトン・アスレティックからレンジャーズに加入したアリボは、主力として活躍し、ここまで公式戦62試合に出場して13ゴールを挙げている。 中盤から得点に絡むプレーを得意とするアリボだが、2020年7月23日に行われた親善試合のマザーウェル戦では、見事な連携からゴールを決めている。 2-0とレンジャーズリードの45分、レンジャーズが左サイドを崩して深部まで侵入すると、アリボがボックス内左隅でボールを受ける。すると、同じくボックス内に入ってきたFWアルフレッド・モレロスと、FWヤニス・ハジとの連続ワンツーからゴール前までボールを運び、プレスに来た相手を鮮やかなダブルタッチでかわすと、アリボがそのままゴール左にシュートを決めた。 アリボの連携と個人技が合わさった素晴らしいゴールでリードを広げたレンジャーズ。試合は、さらに1点を加えたレンジャーズが4-0で勝利している。 2020.12.09 12:00 Wed
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly