久保建英の逆サイドの攻撃には手応えのエメリ監督「左サイドは良かった」、それでもまだまだ不満

2020.10.26 12:45 Mon
Getty Images
ビジャレアルウナイ・エメリ監督が、カディス戦を振り返った。スペイン『アス』が伝えた。ビジャレアルは25日、ラ・リーガ第7節で昇格組のカディスとアウェイで対戦。0-0のゴールレスドローに終わっていた。
久保建英が初先発のカディスvsビジャレアル

日本代表MF久保建英は3トップの右で起用。前半に惜しいチャンスを迎えるも、相手に対応されシュートは打てず。62分にサムエル・チュクウェゼと交代していた。

試合を振り返ったエメリ監督は、左サイドの攻撃を評価。しかし、まだまだ不十分だと語った。

「今日は良いチームワークを見せたが、ポイントが足りなかった。ボールを保持して主導権を握り、彼らが勝つチャンスを防ぐ方法はわかっていた。だから、何もさせなかった」
「攻撃面で言えば、左サイドは良かったが、言ったように不十分ではあった」

「我々は常に相手がやってくることに注意して仕事をしているが、攻撃面でハッキリさせられなかったことが問題だ」

「我々が5点を取って、相手が3点を取った試合を行った後だったが、今日はその逆だった。木曜日の試合(スィヴァススポル戦)と今日の試合を合わせたものを探る必要がある。より多くのものを生み出さなければならない」

ウナイ・エメリの関連記事

アストン・ビラはアトレティコ・マドリーのポルトガル代表FWジョアン・フェリックス(24)の獲得を選択肢に入れているようだ。イギリス『ガーディアン』が報じた。 昨シーズンはプレミアリーグを4位でフィニッシュし、チャンピオンズリーグ(CL)出場権を掴み取ったアストン・ビラ。1982-83シーズン以来となる欧州最高峰の戦いに備え、移籍市場で活発な動きを見せている。 現在進行中の大型取引は、フランス代表FWムサ・ディアビ(25)のアル・イテハド移籍。すでに個人間では合意済みで、クラブ間交渉は移籍金5500~6000万ユーロ(約93億8000万~102億3000万円)でまとまりつつある。 加入1年目ながら公式戦54試合に出場し、前線のさまざまなポジションをこなしつつ10ゴール9アシストを記録したディアビ。主力アタッカーの抜ける穴を埋めにかかるビラは、後釜候補の1人としてフェリックスを検討しているという。 実現の可能性は不透明なものの、ウナイ・エメリ監督が関心を寄せているとのこと。アスレティック・ビルバオのスペイン代表FWニコ・ウィリアムズ(22)も高く評価しているというが、こちらはバルセロナが熱心に獲得へ動いている。 2019年夏から在籍するアトレティコでは、ディエゴ・シメオネ監督との関係が悪化したフェリックス。2022-23シーズン後半はチェルシーへ、昨シーズンはバルセロナへレンタル移籍した。 引き続きカタルーニャのクラブでのプレーを望んでいるが、ニコ・ウィリアムズらが加われば再度の移籍の可能性は大幅に低下。将来は宙に浮き、古巣ベンフィカからの関心も取り沙汰された。 2019年夏に1億2600万ユーロ(約214億9000万円)で獲得したアトレティコは、現行契約を2029年6月まで残す状況。そう安値では売らないはずだが、ビラは獲得に本腰を入れるのだろうか。 2024.07.22 22:20 Mon
インテルはすでに2025年夏の移籍プランを計画し始めているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝える。 インテルは、新たに経営権を取得したアメリカ「オークツリー」のもとでCEOを務め、現在は会長に昇格したジュゼッペ・マロッタ氏が主導し、事前に綿密な計画を立てることで、近年の成功につなげてきた。 その成果は、トルコ代表MFハカン・チャルハノールやアルメリア代表MFヘンリク・ムヒタリアン、フランス代表FWマルクス・テュラム、イラン代表FWメフディ・タレミ、ポーランド代表MFピオトル・ジエリンスキら、近年フリーで獲得した選手を見ても明らかだ。 そして『カルチョメルカート』によれば、すでにマロッタ会長は2025年の夏に向けた動き始めている模様。現在は高齢化が深刻な守備陣の補強のため、アストン・ビラのスペイン代表DFパウ・トーレス(27)獲得に動いているという。 スペイン代表として24キャップを誇るパウ・トーレスは、昨夏に移籍金3250万ユーロ(当時レート:約50億円)+ボーナスで、恩師であるウナイ・エメリ監督の率いるアストン・ビラに加入。2023-24シーズンはプレミアリーグで4位と躍進したチームの守備の要として公式戦39試合に出場し2ゴール1アシストを記録していた。 なお、2028年までアストン・ビラとの契約を残しているパウ・トーレスの移籍金は5000万ユーロ(約86億円)と言われており、そう簡単に交渉はまとまらないと思われるが、インテルは移籍金を引き下げるために選手譲渡も検討しており、なるべく早期での獲得を目指しているようだ。 2024.07.21 07:30 Sun
セリエAに昇格したコモは19日、ビジャレアルを退団した元スペイン代表DFアルベルト・モレノ(32)をフリーで獲得した。契約期間は2025年6月30日までで、特定の条件を満たした場合には1年間の自動延長オプションが付随している。 自身初のセリエA挑戦となるA・モレノは、公式サイトで以下のように喜びを語った。 「自分のキャリアに新たな機会を加えることができてとても嬉しい。新しい国に来て、新しいチームと新しい言語に対応しなければならない。セスクと話した時、クラブがどれだけ僕を欲しがっているかを最初に教えてくれた。セリエAは世界最高のリーグのひとつで、偉大な選手やワールドクラスの歴史を持つチームがいる。僕らは全ての試合でベストを尽さなければならないと思っている」 アカデミーから在籍したセビージャで台頭した攻撃的な左サイドバックは、2014年夏にリバプールへ完全移籍。5年の在籍期間に左サイドバックの準主力として150試合近くプレー。 その後、2019年夏に加入したビジャレアルでは在籍5年間で公式戦124試合に出場し、8ゴール9アシストを記録。ヒザの重傷などによって活躍の機会は限られたが、ウナイ・エメリ監督の下ではサイドバック、サイドハーフに加え、2トップの一角でプレーするなど、その多才さでチームを支えた。そして、2020-21シーズンには個人としてセビージャ時代以来となる2度目のヨーロッパリーグ優勝も経験していた。 2024.07.20 06:30 Sat
アストン・ビラは12日、元イングランド代表DFカラム・チャンバース(29)の退団を発表した。 契約期間は2025年6月まで残っていたが、出場機会を求める選手の意向をクラブが受け入れる形で双方合意の下での契約解除となった。 サウサンプトンでプロデビューを飾り、2014年からミドルズブラ、フルアムへのレンタル期間も挟みながらアーセナルで長らくプレーしたチャンバース。ただ、右サイドバックとセンターバックのバックアップという位置付けから序列を変えられず、2022年1月にアストン・ビラへ完全移籍した。 ただ、新天地では2シーズン半で公式戦36試合の出場。ウナイ・エメリ監督の下では本職のディフェンスラインではなく、リード時のクローザー役をメインに守備的MFなどで起用されていた。 2024.07.12 20:45 Fri
ビジャレアルは5日、元スペイン代表DFアルベルト・モレノ(32)の退団を発表した。 アカデミーから在籍したセビージャで台頭した攻撃的な左サイドバックは、2014年夏にリバプールへ完全移籍。5年の在籍期間に左サイドバックの準主力として150試合近くプレーした。 その後、2019年夏に加入したビジャレアルでは在籍5年間で公式戦124試合に出場し、8ゴール9アシストを記録。ヒザの重傷などによって活躍の機会は限られたが、ウナイ・エメリ監督の下ではサイドバック、サイドハーフに加え、2トップの一角でプレーするなど、その多才さでチームを支えた。そして、2020-21シーズンには個人としてセビージャ時代以来となる2度目のヨーロッパリーグ優勝も経験していた。 2024.07.06 13:28 Sat

記事をさがす

ウナイ・エメリの人気記事ランキング

1

インテルが2025年夏の移籍プランを画策!最初のターゲットはパウ・トーレスに

インテルはすでに2025年夏の移籍プランを計画し始めているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝える。 インテルは、新たに経営権を取得したアメリカ「オークツリー」のもとでCEOを務め、現在は会長に昇格したジュゼッペ・マロッタ氏が主導し、事前に綿密な計画を立てることで、近年の成功につなげてきた。 その成果は、トルコ代表MFハカン・チャルハノールやアルメリア代表MFヘンリク・ムヒタリアン、フランス代表FWマルクス・テュラム、イラン代表FWメフディ・タレミ、ポーランド代表MFピオトル・ジエリンスキら、近年フリーで獲得した選手を見ても明らかだ。 そして『カルチョメルカート』によれば、すでにマロッタ会長は2025年の夏に向けた動き始めている模様。現在は高齢化が深刻な守備陣の補強のため、アストン・ビラのスペイン代表DFパウ・トーレス(27)獲得に動いているという。 スペイン代表として24キャップを誇るパウ・トーレスは、昨夏に移籍金3250万ユーロ(当時レート:約50億円)+ボーナスで、恩師であるウナイ・エメリ監督の率いるアストン・ビラに加入。2023-24シーズンはプレミアリーグで4位と躍進したチームの守備の要として公式戦39試合に出場し2ゴール1アシストを記録していた。 なお、2028年までアストン・ビラとの契約を残しているパウ・トーレスの移籍金は5000万ユーロ(約86億円)と言われており、そう簡単に交渉はまとまらないと思われるが、インテルは移籍金を引き下げるために選手譲渡も検討しており、なるべく早期での獲得を目指しているようだ。 2024.07.21 07:30 Sun
2

ディアビの高額売却迫るアストン・ビラ、エメリ監督が評価のフェリックスを後釜に検討か

アストン・ビラはアトレティコ・マドリーのポルトガル代表FWジョアン・フェリックス(24)の獲得を選択肢に入れているようだ。イギリス『ガーディアン』が報じた。 昨シーズンはプレミアリーグを4位でフィニッシュし、チャンピオンズリーグ(CL)出場権を掴み取ったアストン・ビラ。1982-83シーズン以来となる欧州最高峰の戦いに備え、移籍市場で活発な動きを見せている。 現在進行中の大型取引は、フランス代表FWムサ・ディアビ(25)のアル・イテハド移籍。すでに個人間では合意済みで、クラブ間交渉は移籍金5500~6000万ユーロ(約93億8000万~102億3000万円)でまとまりつつある。 加入1年目ながら公式戦54試合に出場し、前線のさまざまなポジションをこなしつつ10ゴール9アシストを記録したディアビ。主力アタッカーの抜ける穴を埋めにかかるビラは、後釜候補の1人としてフェリックスを検討しているという。 実現の可能性は不透明なものの、ウナイ・エメリ監督が関心を寄せているとのこと。アスレティック・ビルバオのスペイン代表FWニコ・ウィリアムズ(22)も高く評価しているというが、こちらはバルセロナが熱心に獲得へ動いている。 2019年夏から在籍するアトレティコでは、ディエゴ・シメオネ監督との関係が悪化したフェリックス。2022-23シーズン後半はチェルシーへ、昨シーズンはバルセロナへレンタル移籍した。 引き続きカタルーニャのクラブでのプレーを望んでいるが、ニコ・ウィリアムズらが加われば再度の移籍の可能性は大幅に低下。将来は宙に浮き、古巣ベンフィカからの関心も取り沙汰された。 2019年夏に1億2600万ユーロ(約214億9000万円)で獲得したアトレティコは、現行契約を2029年6月まで残す状況。そう安値では売らないはずだが、ビラは獲得に本腰を入れるのだろうか。 2024.07.22 22:20 Mon
3

セスク監督のコモ、ビジャレアル退団の同胞アルベルト・モレノをフリーで獲得

セリエAに昇格したコモは19日、ビジャレアルを退団した元スペイン代表DFアルベルト・モレノ(32)をフリーで獲得した。契約期間は2025年6月30日までで、特定の条件を満たした場合には1年間の自動延長オプションが付随している。 自身初のセリエA挑戦となるA・モレノは、公式サイトで以下のように喜びを語った。 「自分のキャリアに新たな機会を加えることができてとても嬉しい。新しい国に来て、新しいチームと新しい言語に対応しなければならない。セスクと話した時、クラブがどれだけ僕を欲しがっているかを最初に教えてくれた。セリエAは世界最高のリーグのひとつで、偉大な選手やワールドクラスの歴史を持つチームがいる。僕らは全ての試合でベストを尽さなければならないと思っている」 アカデミーから在籍したセビージャで台頭した攻撃的な左サイドバックは、2014年夏にリバプールへ完全移籍。5年の在籍期間に左サイドバックの準主力として150試合近くプレー。 その後、2019年夏に加入したビジャレアルでは在籍5年間で公式戦124試合に出場し、8ゴール9アシストを記録。ヒザの重傷などによって活躍の機会は限られたが、ウナイ・エメリ監督の下ではサイドバック、サイドハーフに加え、2トップの一角でプレーするなど、その多才さでチームを支えた。そして、2020-21シーズンには個人としてセビージャ時代以来となる2度目のヨーロッパリーグ優勝も経験していた。 2024.07.20 06:30 Sat
4

6月中に主力売却が必要も…アストン・ビラはJ・ラムジー売却に消極的

アストン・ビラはビッグクラブからの関心受けるU-21イングランド代表MFジェイコブ・ラムジー(22)について、売却を拒否する方針のようだ。 今シーズン、ウナイ・エメリ監督の下で快進撃を見せ、プレミアリーグ4位フィニッシュを飾ったビラ。来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を手にし、クラブやファンは歓喜に包まれた。 一方、ピッチ外では巨額の損失を抱えていることもあり、このままだとプレミアリーグの利益と持続可能性に関する規則(PSR)に抵触する可能性も。勝ち点はく奪など最悪なケースを回避するためにも、今年6月までに主力売却で資金を作る必要性が報じられている。 こうした中で、他クラブから高い人気を誇っているのがJ・ラムジーだ。今シーズンは度重なる負傷に苦しめられプレミアリーグ16試合1ゴール1アシストの成績にとどまっているが、巨大なポテンシャルへの評価は変わらず。トッテナム、ニューカッスル、リバプールなどのクラブが関心を示している。 しかし、イギリス『テレグラフ』によると、ビラはJ・ラムジーの売却を検討していない模様。クラブはまずDFジエゴ・カルロス(31)らの売却を進める方針であり、J・ラムジーへのオファーに耳を傾けるとすれば、他選手の売却がうまくいかなかった場合に限るようだ。 J・ラムジー自身は、下部組織時代から所属したビラに留まり、来シーズンCLの舞台に立つことを熱望。そのため、現時点では来シーズンもビラでプレーする可能性が高いと考えられる。 2024.05.22 12:50 Wed
5

ユベントスがドウグラス・ルイス獲得を発表! 移籍金総額は90億円程度に

ユベントスは30日、アストン・ビラからブラジル代表MFドウグラス・ルイス(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2029年6月30日までの5年となる。 なお、アルゼンチン人MFエンツォ・バレネチェア(23)、U-21イングランド代表MFサミュエル・イリング・ジュニア(20)の譲渡+移籍金の支払いと報じられていたが、今回の移籍は別のオペレーション扱いになるという。 クラブの発表によると、ユベントスは5000万ユーロ(約86億2000万円)+150万ユーロ(約2億6000万円)のアドオンを、今後4会計年度で支払うことになる。 2019年夏に母国ブラジルのヴァスコ・ダ・ガマから完全移籍で加入したドウグラス・ルイスは、在籍5年間で公式戦204試合22ゴール24アシストを記録。中盤の絶対的な主力を担い、ウナイ・エメリ監督の下で大躍進した新生ビラの心臓として機能していた。 また、東京オリンピックでブラジルの金メダル獲得に貢献した万能型MFは、コパ・アメリカ2024にも参戦中だ。 チアゴ・モッタ新監督の下、大幅なスタイル変更が期待される新生ビアンコネロで目玉補強の一人となるブラジル代表MFは、自身初のセリエAで輝きを放てるか。 2024.06.30 22:02 Sun

ビジャレアルの人気記事ランキング

1

セリエA昇格のコモが元スペイン代表GKレイナを獲得! スペイン代表の同僚セスク監督と共闘

セリエAに昇格したコモは18日、元スペイン代表GKホセ・マヌエル・レイナ(41)の加入を発表した。契約期間は1年間で2025年6月までとなる。 バルセロナのカンテラ育ちのレイナは、2000年7月にファーストチームに昇格。2002年7月にビジャレアルへと完全移籍した。 2005年7月にリバプールへと移籍すると、正守護神として長らくプレー。その後は、ナポリへのレンタル移籍を経て、バイエルン、ナポリ、ミラン、アストン・ビラ、ラツィオでプレー。2022年7月にビジャレアルに復帰していた。 リバプールでは公式戦394試合に出場し177試合でクリーンシート。ビジャレアルでは191試合に出場し、ナポリでも182試合に出場していた。また、スペイン代表としても36試合に出場し、2010年のワールドカップ優勝や2008年、2012年のユーロ優勝などを経験している。 なお、セリエAではナポリとラツィオで合せて通算190試合に出場。チャンピオンズリーグでも76試合に出場するなど、経験豊富な守護神がチームに加わることとなる。 レイナはクラブを通じてコメントしている。 「僕は美しいプロジェクトに参加した。成長を続け、毎年レベルを上げようとしているファミリーだ。僕はよく知っており、非常に競争力のあるリーグに戻るが、僕としてはこのクラブの発展に貢献したいと思っている」 また、チームを指揮するセスク・ファブレガス監督もかつてのチームメイトの加入を喜んだ。 「ペペをクラブに迎えることができてとても嬉しく思う。彼は素晴らしい国際経験と非常に競争力のあるメンタリティを備えたGKだ。こうした理由から、私は彼の貢献がチームの成長と改善に役立つと確信している 2024.07.18 19:45 Thu
2

アヤックスがフリーのベルトラン・トラオレを獲得…7年ぶりの古巣帰還に

アヤックスは15日、ビジャレアルを退団したブルキナファソ代表FWベルトラン・トラオレ(28)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は2026年6月30日までの2年となる。 オセールの下部組織で育ったトラオレは、チェルシーの下部組織に加入し、2014年1月にファーストチームに昇格。その後、フィテッセ、アヤックスへとレンタル移籍を経験し、2017年7月にリヨンに完全移籍した。 3シーズンに渡ってウイングの主力として活躍した後、2020年夏にアストン・ビラへ完全移籍。加入初年度こそ前線の主力を担ったが、2年目以降は定位置を掴めず。イスタンブール・バシャクシェヒルへのレンタル移籍も挟み、2024年1月にはプレミアリーグクラブとの契約を双方合意の下で解消した。 今年2月にフリートランスファーで加入したビジャレアルでは在籍半年間で公式戦11試合1ゴールの数字を残した。 なお、チェルシーからのシーズンローンで加入した2016-17シーズンのアヤックスでは公式戦39試合13ゴール6アシストを記録。ブルキナファソ代表としても75キャップを誇る経験豊富な多才なアタッカーは、若き戦術家フランチェスコ・ファリオーリ新監督の下で捲土重来を期すオランダの名門にとって重要なピースのひとつとなるはずだ。 2024.07.15 22:11 Mon
3

昇格組コモに元スペイン代表のGKが2人…パウ・ロペス&ぺぺ・レイナのどちらも獲得決定的に

コモが新守護神を確保した。 イタリア『カルチョメルカート』によると、セリエA昇格組のコモは、マルセイユから元スペイン代表GKパウ・ロペス(29)の獲得でクラブ間合意。50万ユーロ(約8600万円)で1年レンタルし、900万ユーロ(約15.5億円)の買い取り義務が付帯しているという。カルチョの昇格組にしてはビッグディールだ。 また、コモは元スペイン代表GKホセ・マヌエル・レイナ(41/無所属)の獲得もほぼ確実とのことで、セスク・ファブレガス監督のコネクションをフル活用しているといったところ。ラ・ロハ歴を持つ実力派GKを2人も確保することに。 パウ・ロペスはエスパニョール、トッテナム、レアル・ベティス、ローマなどに在籍歴があり、21-22シーズン加入のマルセイユでは3年間で公式戦通算127試合に出場した。 ぺぺ・レイナは言わずと知れた鉄人GK。バルセロナ、リバプール、ナポリ、バイエルン、アストン・ビラ、ラツィオと、時期によって差はあれど欧州5大リーグのトップクラブを渡り歩いた経験があり、クラブキャリア通算「939」試合出場を誇る。 2024.07.16 22:00 Tue
4

ビジャレアル、ユナイテッドの若手CBカンブワラを完全移籍で獲得!

ビジャレアルは15日、マンチェスター・ユナイテッドからフランス人DFウィリー・カンブワラ(19)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2029年6月30日までの5年となる。 なお、移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、移籍金は1000万ユーロ(約17億2000万円)程度で買い戻し条項も契約に盛り込まれているようだ。 コンゴ民主共和国で生まれたカンブワラはフランスに移住すると、2020年にユナイテッドの下部組織へ加入。2021年にプロ契約を締結すると、2023年12月に行われたプレミアリーグ第18節のウェストハム戦でプロデビューを果たした。 その後はチームの守備陣に負傷者が続出したこともあり、昨シーズンはプレミアリーグ8試合、FAカップ2試合に出場。192cmの恵まれた体躯に加え、右サイドバックでもプレー可能なスピードも有するアスリート型のセンターバックとして将来が期待される逸材だ。 2024.07.15 19:06 Mon
5

コパ・アメリカMVPのハメス・ロドリゲス、サンパウロでは輝けないまま契約解除へ…スペイン復帰希望か

サンパウロのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(33)がブラジルを離れるようだ。ブラジル『グローボ』が報じた。 惜しくも準優勝に終わったコパ・アメリカ2024では大会MVPに輝いたハメス。正確な左足のキックは健在で、1ゴールに加え、大会トップの6アシストを記録した。 そんなハメスは現在、誕生日を祝うため、コロンビアに滞在。サンパウロに戻ってプレーする見込みはないという。 ハメスとサンパウロは即時の契約解除で、円満決着へと向かっている模様。2025年6月までの契約を結んでいるレフティだが、クラブから受け取るべき金銭を放棄する構えのようだ。 コパ・アメリカでの活躍とは対照的に、オリンピアコスを退団して2023年夏にフリー加入したサンパウロでは、ケガもあり完全にはレギュラーに定着できていない状況。加入から1年での成績は22試合で2ゴール4アシスト、2024シーズンはここまで8試合で1ゴール1アシストにとどまっている。 21日に行われたジュベントゥージ戦の後、ルイス・スベルディア監督は記者会見でこの件に言及。経営陣が話し合うべき問題と明言を避けた。 「経営陣はすでにハメスの状況を整理していると思うから、私よりも彼らに尋ねてほしい質問だ」 「選手の利害も踏まえた組織的な判断だ。私はこれ以上話せない。経営陣と選手に尋ねてほしい」 すでにハメスの下にはいくつかの打診が。本人はラ・リーガ復帰を望んでいるようで、スペイン国内ではアトレティコ・マドリーとビジャレアルの関心が取り沙汰されているという。 2024.07.22 14:11 Mon

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly