「感慨深い」メッシのバルセロナデビューから16年が経過

2020.10.17 15:15 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(33)がバルセロナで公式戦デビューを飾ってから2020年10月16日で16年が経った。長らくバルセロナの絶対的エースに君臨するメッシだが、今夏に退団を志願。プレシーズン始動に先駆けた新型コロナウイルスの検査やトレーニング参加を拒み、確固たる姿勢を示したが、来夏までの契約に付随する解除金7億ユーロ(約873億7000万円)の存在も大きな障壁となり、最終的に残留を表明した。

バルセロナでの17シーズン目を迎えているメッシだが、デビュー当時の映像をバルセロナのクラブ公式ツイッターが公開している。

◆メッシのバルセロナデビュー戦を映像で振り返る

メッシがデビューを果たしたのは、2004年10月16日に行われたラ・リーガ第7節、エスパニョールとの“バルセロナダービー”だった。フランク・ライカールト政権下のバルセロナにおいて、この試合でメッシが初めてのベンチ入りを果たす。

バルセロナは左からロナウジーニョヘンリク・ラーションサミュエル・エトーの3トップを採用し、メッシはベンチスタートとなったが、バルセロナの勝利が近づいた82分、その時がやってくる。

デコとの交代で背番号「30」のメッシが投入される。そのプレー時間は8分程度だったものの、試合のラストプレーでは右サイドからのカットインを仕掛けるなど、その実力の片鱗を示した。

当時17歳と3カ月22日だったメッシは、翌2005-06シーズンから徐々に出場機会を増やすと、ここまで公式戦734試合に出場し635ゴール279アシストを記録。34個ものタイトルを獲得してきた。

これまで毎年のように10月16日になると各SNSに上げられていたメッシのデビュー戦の映像だが、メッシがバルセロナの選手としてみるのは今年が最後になるのだろうか。「バルセロナのために最善を尽くす」と語っているメッシだが、残り1年の契約を更新するかは不透明なため、例年よりも感慨深いものとなった。
コメント
関連ニュース
thumb

ユナイテッド、デンベレのレンタルを諦めずか 完全売却を望むバルサは最低でも83億円を要求

マンチェスター・ユナイテッドがバルセロナに所属するフランス代表FWウスマーヌ・デンベレ(23)の獲得を諦めていないようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えた。 今夏にアタッカーの補強を目指したユナイテッドはドルトムントのイングランド代表MFジェイドン・サンチョ(20)をメインターゲットに掲げたものの、高額な移籍金が障壁となり、デンベレにターゲットを変更。しかし、レンタルでの獲得を望むユナイテッドに対して、経済難に陥るバルセロナは完全移籍での売却を求め、最終的に実現しなかった。 ただ、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によれば、オーレ・グンナー・スールシャール監督は依然としてデンベレをターゲットに定めているという。ユナイテッド側はレンタルでの獲得を諦めておらず、今年1月にも再び獲得に動く可能性があるようだ。 仮にユナイテッドが完全移籍での獲得を考慮した場合、バルセロナは2022年夏まで契約を残すデンベレを安価で売却することを避けたいと考えている模様。ユナイテッドのほかにも複数クラブが関心を示しているといわれ、6000万〜7000万ポンド(約83億4000万〜約97億3000万円)での売却を試みているとのことだ。 また、バルセロナは契約延長に否定的だったものの、ユナイテッドからの関心を受けて、デンベレと新契約の交渉を行っていると見られている。ポジティブな評価をしているとも伝えられているが、不確実なようだ。 なお、スペイン代表FWアンス・ファティが長期離脱した影響もあり、デンベレは今季ここまで9試合に出場して3ゴール1アシストを記録している。 2020.11.27 18:15 Fri
twitterfacebook
thumb

バルサ会長選出馬のルソー氏、ネイマール連れ戻しが公約の1つに! 「メッシ」の名をつけるスタジアム新名称案も

来るバルセロナ会長選挙に出馬表明したエミリ・ルソー氏がパリ・サンジェルマン(PSG)からブラジル代表FWネイマール(28)の連れ戻しを公約の1つに掲げた。スペイン『アス』が伝えている。 今夏に大エースのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシを巡る退団騒動に揺れたバルセロナは先月、ジョゼップ・マリア・バルトメウ会長が辞任。会長選挙は来年1月24日に予定されているといわれる。 その候補の1人であるビクトル・フォント氏やトニ・フレイシャ氏が相次いでネイマールとの再契約に否定的な考えを示しているが、ルソー氏は自身が会長選を制した場合、連れ戻しを計画しているようだ。 元バルセロナ副会長のルソー氏は2017年夏に史上最高額2億2200万ユーロ(現レートで約272億7000万円)の移籍金でパリに旅立ち、今夏も復帰の可能性が取り沙汰されたネイマールの連れ戻し意欲を示した。 「我々は2人のトッププレーヤーとの契約を狙っているが、その1人がネイマールだ。彼をバルセロナに連れ戻すために働いている。彼がクラブを相手に起こした(契約内容を巡る)訴訟を取り下げればだがね」 また、「当選すれば、チャビ(・エルナンデス)や(アンドレス・)イニエスタ、(カルレス・)プジョルを頼り、強固な繋がりを作りたい」と黄金期に主力として活躍したOBたちを復帰させるプランも口した。 さらに、もう1つの公約として、「スタジアムの名称をカンプノウ-レオ・メッシに変更したい。そのための投票を行う」と、スタジアムの名称にメッシの名をつける案も提示している。 なお、会長選にはルソー氏のほか、上述したフォント氏、フレイシャ氏、元会長のジョアン・ラポルタ氏、ルイス・フェルナンデス氏、ジョルディ・ファーレ氏が出馬するとみられる。 2020.11.27 15:15 Fri
twitterfacebook
thumb

スカッとゴール!バルセロナ時代のデコが魅せた洗練されたハーフボレー

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2020年11月27日にご紹介するのは、今からちょうど16年前に元ポルトガル代表MFデコ氏が決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆チャビからデコ!バルサ1年目の技ありシュート!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJtZXlKT3o0WCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ◆ここがスカッと! やや難しいバウンドのボールをトラップで収めると、バウンドしたところを的確にハーフボレー。無駄なく洗練されたゴールです。 ◆バルセロナの心臓 ブラジル生まれのデコ氏は、19歳当時にポルトガルに渡ってからその才能を開花させていきます。1999年にはジョゼ・モウリーニョ監督率いるポルトでチャンピオンズリーグ制覇も貢献すると、その後バルセロナに移籍します。 バルセロナでもスター軍団の中で、“バルセロナの心臓”と呼ばれる活躍を披露。2004年11月27日に行われたラ・リーガ第13節のヘタフェ戦では、見事なゴールを決めています。 バルセロナ1点リードで迎えた22分、MFチャビ・エルナンデスがヘタフェの左サイドを突破します。 DFを引き付けたチャビは、中央を並走していたデコにマイナスのパスを出すと、デコはジャンプしながらのトラップで上手くボールを収め、そのまま2バウンド目の直後に抑えの利いたハーフボレーシュートを放ちます。GKが取りづらい低いシュートは、セーブされることなくゴールネットを揺らしました。 デコ氏はバルセロナ在籍の4年間で自身2度目となるCL制覇、2度のラ・リーガ優勝に大きく貢献しています。 2020.11.27 07:00 Fri
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、ホッフェンハイムCBボハルデに関心! 叔父はクラブOBウィンストン氏

バルセロナがホッフェンハイムに所属するU-18オランダ代表DFメレイロ・ボハルデ(18)に関心を示しているようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのジャンルカ・ディ・マルツィオ氏が主張している。 バルセロナでは元々の選手層の薄さに加え、ディフェンスリーダーを務める元スペイン代表DFジェラール・ピケの長期離脱によってセンターバックに大きな問題を抱えている。 この状況を受けて、フリーで獲得可能な元アルゼンチン代表DFエセキエル・ガライ(34)の緊急補強に加え、今冬の移籍市場において予てより獲得を熱望するマンチェスター・シティのスペイン代表DFエリック・ガルシア(19)への関心を強めているようだ。 ガライの獲得の可否は別として、財政難のバルセロナにとって今冬のタイミングでのエリック・ガルシアの獲得には2000万ユーロ(約24億6000万円)と言われる移籍金が必要とされており、主力の売却による資金調達が必要と見られている。 そういった中、ディ・マルツィオ氏によると、バルセロナは新たな補強オプションとしてボハルデの獲得を考慮しているという。 フェイエノールトのアカデミー出身で、現在はホッフェンハイムのトップチームでプレーするボハルデは、184cmの身体能力と足元の技術に優れる現代型のセンターバックだ。 ホッフェンハイムでは今年5月に行われたブンデスリーガのマインツ戦でトップチームデビューを飾り、今シーズンはリーグ戦1試合とヨーロッパリーグ1試合に出場している。 ただ、クラブとの現行契約は今シーズン終了までとなっており、現時点では退団を選択する可能性が高いという。 そして、バルセロナはより安価な金額で獲得可能で、ポテンシャルの高い18歳DFの獲得に向けて、ホッフェンハイムと接触しているという。ただ、同選手に対してはミランも関心を示しているようだ。 なお、バルセロナがボハルデを獲得するうえで大きなアドバンテージとなり得るのは、同選手の叔父である元オランダ代表DFのウィンストン・ボハルデ氏の存在だ。 ウィンストン氏はアヤックス時代にルイス・ファン・ハール監督の薫陶を受け、1997年から2000年までバルセロナでプレーしたクラブOB。さらに、現指揮官のロナルド・クーマン監督は当時、ファン・ハール監督のアシスタントコーチとしてウィンストン氏を指導していた旧知の仲だ。 2020.11.26 23:55 Thu
twitterfacebook
thumb

「ピッチでは唯一無二」幼少期にバルセロナでプレーするマラドーナを観たグアルディオラが追悼「多くの喜びを与え、サッカーをより良くした」

25日、アルゼンチン、そしてフットボール界のレジェンドであるディエゴ・マラドーナ氏が他界した。60歳だった。 先月30日に60歳の誕生日を迎えたばかりのマラドーナ氏は、今月2日にサナトリオ・イペンサ・ラ・プラタ病院へ緊急入院。精密検査の結果、脳に硬膜下血腫が見つかったため、3日に緊急手術を受けていた。その後は状態が安定し、同11日に退院していた。 <div id="cws_ad"><br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJUZFNjMTY5OCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 突然の訃報に全世界のフットボールファンが悲しみにくれる中、マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督がマラドーナ氏の訃報にコメントした。 「1年前にアルゼンチンで私はあるバナーを見た。『ディエゴが人生で何をしたとしても、重要なのは私たちの人生のために何をしたかです』」 「彼は多くの喜びを与え、サッカーをより良くした。彼が1986年にナポリとアルゼンチンのためにした事は信じられないことだった」 「安らかにお眠りください。そしてマンチェスター・シティを代表して、彼の家族全員に哀悼の意を示します」 また、バルセロナ出身のグアルディオラ監督は、幼少期にバルセロナでプレーするマラドーナ氏のプレーを観たことを回想。自身がクラブに入った時にはすでにナポリへ移籍していたというが、マラドーナ氏の偉大さを感じることがあったと明かした。 「私が幼い頃、父と一緒にマラドーナとバルセロナを観に行った時は信じられなかった。残念ながら彼は大きなケガをしてしまった」 「私がアカデミーに入った時、彼はすでにナポリに移籍していた。彼の世界のサッカーへの影響、愛と喜び、私は彼と一緒にロッカールームで過ごさなかったが、全ての人々は彼の寛大さを表現していたし、彼はサッカーをよりよくするためにどうするかを考えていた」 「ピッチでは唯一無二だった。世代に1人。これは悲しいニュースだ」 2020.11.26 21:52 Thu
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly