アヤックス指揮官が今夏の移籍市場を総括 「トップストライカーの獲得がうまくいかなかった」

2020.10.15 16:00 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アヤックスを率いるエリク・テン・ハグ監督が、今夏の移籍市場を振り返っている。オランダ『Voetbalzone』が伝えている。アヤックスは今夏の移籍市場でガーナ代表FWモハメド・クドゥス、U-23ブラジル代表FWアントニーマテウス、オランダ人DFセーン・クライベルの3選手に加え、MFデビー・クラーセン、GKマールテン・ステケレンブルフの元オランダ代表のベテラン2選手が復帰した。

その一方、モロッコ代表MFハキム・ツィエク、オランダ代表MFドニー・ファン・デ・ベーク、同DFヨエル・フェルトマン、アメリカ代表DFセルジニョ・デストと主力4選手が新天地へ旅立った。

クラブ公式チャンネルのインタビューで今夏の補強の動きを振り返ったテン・ハグ監督は、カメルーン代表GKアンドレ・オナナ、アルゼンチン代表DFニコラス・タグリアフィコの残留を含め、概ね満足感を示しながらも唯一トップストライカーを獲得できなかったことを悔やんでいる。

「たくさんの動きがあった。 アンドレ・オナナとニコラス・タグリアフィコが残留したという事実から始めよう。もちろん、我々はそれにとても満足している。彼らは次のステップに進む可能性のあったプレーヤーだったが、彼らはまだここにいてくれる」

「もちろん、数人を失うことになった。ハキム・ツィエク、ドニー・ファン・デ・ベーク、ヨエル・フェルトマンといった良いプレーヤーをね。ただ、アントニーやクドゥスという新たな若いプレーヤーの加入に満足している。彼らは素晴らしい印象を与えていると思うし、そして最後にはクラーセンも加入した」

「うまくいかなかったのは9番(ストライカー)の動きだった。我々は獲得するとしたら絶対的なトッププレーヤーでなければならないと考えていたが、残念ながらそれは不可能だった」

「我々にはすでに優れたストライカーを抱えており、そういった意味では非常に冷静に判断した末、(補強を見送るという)最終的な判断を下した」

なお、テン・ハグ監督はストライカーの具体的な名前に関して言及していないものの、バルセロナで構想外となり、アトレティコ・マドリーに渡った元アヤックスのウルグアイ代表FWルイス・スアレスが獲得候補だったようだ。
コメント
関連ニュース
thumb

CBに不安抱えるリバプール… CLアヤックス戦のマティプ欠場を明言

リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督が元カメルーン代表DFジョエル・マティプの離脱を明かした。クラブ公式サイトが伝えている。 リバプールは、17日に行われたプレミアリーグ第5節のエバートン戦(2-2のドロー)で守備の要であるオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクが負傷。検査の結果、右ヒザ前十字靭帯の損傷と診断され、手術を受けることとなった。 現時点で本職としてプレーできるのは、マティプとイングランド代表DFジョー・ゴメスしかいない状況となり、すでに薄かったセンターバックに不安を抱えることとなっている。 そんななか、21日に敵地で行われるチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第1節でアヤックスと対戦するリバプールだが、クロップ監督は前日会見の席でマティプの欠場を明言。それでも、24日に行われるプレミアリーグ第6節のシェフィールド・ユナイテッド戦での起用を示唆した。 「我々は多くの選手を連れてきているが、来られていない選手もいる。ジョエル(・マティプ)はここにいないプレーヤーのひとりだ」 「彼がエバートン戦でフル出場したが、続けてプレーすることはないだろうということは、彼のこれまでを見れば明らかだ」 「彼をイングランドに置いてきたが、彼が週末にプレーする可能性は十分にあるよ」 2020.10.21 16:45 Wed
twitterfacebook
thumb

ロングフィードに抜け出したオランダ代表FWエル・ガジがパワフルなシュートを捻じ込む!【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はアストン・ビラに所属する元オランダ代表FWアンワル・エル・ガジがアヤックスで決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆エル・ガジがロングフィード一本からゴールをもぎ取る<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJDYnphamM4OSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> アヤックスでプロデビューを飾ったエル・ガジは、リールへの移籍を経て2018年夏にアストン・ビラに加入。ここまで公式戦80試合に出場し、14ゴール13アシストを記録している。 アヤックス時代から将来有望なウィンガーとして注目を集めていたエル・ガジだが、2016年12月8日に行われた、ヨーロッパリーグ(EL)グループステージのスタンダール・リエージュ戦では豪快なゴールを決めている。 0-0と試合が動かないまま迎えた27分、自陣の最終ラインでボールを持ったアヤックスのMFドニー・ファン・デ・ベークが前線目掛けてロングフィードを放つ。これに反応し、相手の裏でボールを受けたエル・ガジはそのままボックス内に侵入。ハーフバウンドするボールを豪快にシュートし、ゴールに捻じ込んで見せた。 このゴールで先制したアヤックスだったが、終盤に追いつかれ、試合は1-1のドローに終わっている。 2020.10.19 19:30 Mon
twitterfacebook
thumb

アヤックス期待の逸材U-23ブラジル代表FWアントニーの敵を欺くヒールアシスト!【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はアヤックスに所属するU-23ブラジル代表FWアントニー・マテウスが記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆アヤックス期待のブラジル人FWアントニーが見せた絶妙バックヒール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJSbVdRekJ5ZCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ブラジルの名門サンパウロで育ったアントニーは、2020年夏にアヤックスに移籍。今シーズンはここまで公式戦4試合で2ゴールを決めており、新たなエース候補として期待されている。 そんなアントニーは、2020年8月29日に行われたフランクフルトとの親善試合では、敵を欺く鮮やかなアシストを記録している。 試合開始早々にアヤックスが先制し、1-0とリードして迎えた48分、MFクインシー・プロメスが相手の裏を取り、ボックス手前まで独走しボールを運ぶ。そして、前に出てきたGKの手前で、逆サイドから上がってきたアントニーにパスを送る。 アントニーのファーストタッチが伸びてしまい、ゴール右の角度のない場所に流れてしまったが、ここでアントニーが意表を突くヒールパス。完全に相手の裏をかいたパスをゴール前で受けたFWモハメド・クドゥスが冷静にシュートを決め、見事な追加点が生まれた。 点差を広げたアヤックスは、その後1点を返されるも2-1と逃げ切り、試合に勝利している。 2020.10.17 22:00 Sat
twitterfacebook
thumb

若き天才の一撃!アヤックス時代のスナイデルが決めた芸術的ロングシュート【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元オランダ代表MFのヴェスレイ・スナイデル氏がアヤックス時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆若き日のスナイデルが決めた豪快なロングシュート<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJadndlVmU0RCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> レアル・マドリーやインテルなどで活躍し、数多くのタイトルを勝ち取った名手スナイデル氏。2019年夏に現役を引退するまで、その類い稀なフットボールセンスで観客を魅了した。 そんなスナイデル氏はオランダの名門アヤックスで育ったが、そのアヤックス時代の2007年3月18日に行われたエールディビジ第29節のPSV戦では豪快なロングシュートを決めている。 アヤックスが先制し、1-0とリードして迎えた44分、右サイドでボールを持ったスナイデルは、鋭いカットインで中央へ方向を変える。スペースを作り出したスナイデルは、充分な助走を取って左足を一閃。 ボックスの外から放たれたシュートは、鋭い弾道でカーブしながらゴールへ向かうと、GKのリーチから完全に離れたゴール左上のコースに飛んでいき、サイドネットに突き刺さった。 このゴールで相手を突き放したアヤックス。その後も得点を重ね、5-1で勝利している。 2020.10.15 12:00 Thu
twitterfacebook
thumb

半端じゃない伸び!元蘭代表DFファン・ラインが決めた気持ちの良い弾丸ロングシュート【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はオランダのエメンに所属する元オランダ代表DFリカルド・ファン・ラインがアヤックス時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ファン・ラインが見せた目の覚めるような一撃<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI0Z2taSUZhMCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 名門アヤックスユース出身のファン・ラインは、同クラブで2012年にプロデビュー。2016年に退団するまで公式戦163試合に出場した。 DFとして6ゴール13アシストを記録しているファン・ラインだが、2014年4月20日に行われたKNVBカップ決勝のズヴォレ戦では、強烈なミドルシュートを決めている。 開始早々の3分、アヤックスが左からのコーナーキックを得る。これは相手にクリアされるも、こぼれ球に反応したファン・ラインがボックス外から強烈なシュート。浮き上がるような弾道のシュートはゴール左上に一直線に飛んでいき、クロスバーの下部に跳ね返りながら見事に決まった。 豪快な一撃で先制したアヤックスだったが、その後守備が崩壊。試合には1-5と大差で敗れている。 2020.10.12 19:00 Mon
twitterfacebook