渦中のマウントが新たなエージェント会社へ! 移籍ヒントか

2023.03.19 10:30 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チェルシーのイングランド代表MFメイソン・マウント(24)に不穏な動きが確認されたようだ。

フランク・ランパード体制下でのチャンスをモノにして、今やイングランド代表の選手でもあるマウント。2024年夏までの現行契約を巡り、話合いの不調が続き、退団が取り沙汰される。

年俸面で折り合いがつかず、複数クラブの獲得に名乗りとの報道もなされるなか、イギリス『デイリー・メール』が新たに報じたところによると、エージェント会社を変更したという。
これまでの窓口は『Stellar Group』を離れて以降、父親のトニー氏だったが、移籍となればより専門的な助け必要な今後は『Roof』のニール・フューイングス氏に託すようだ。

この動きは移籍を暗示するものなのか。マウントの動向から目が離せない。


関連ニュース
thumb

モナコ、レンタル加入の守護神ニューベルとDFサールに退団を発表

モナコは9日、今シーズン限りでドイツ人GKアレクサンダー・ニューベル(26)とフランス人DFマラン・サール(24)の退団を発表。レンタル移籍で加入していた2選手は、共に所属元に復帰するとのことだ。 ニューベルは2020年夏に将来的な守護神候補としてシャルケからバイエルンに加入。しかし、GKマヌエル・ノイアーの壁は高く、加入初年度は公式戦わずか4試合の出場にとどまると、2021年夏にモナコへ2年間のレンタル移籍で加入。 モナコでは加入初年度から正守護神の座を獲得すると、2シーズン連続でリーグ・アン全試合に出場するなど、公式戦97試合に出場。『Opta』によれば、ニューベルは今季のリーグ・アンでトップの140セーブを記録していた。 一方、昨夏にチェルシーからレンタル移籍で加入したサールは、控えセンターバックとして公式戦17試合に出場。しかし、4月以降は筋肉系のケガに悩まされており、その後の全試合を欠場。現在はリハビリのため、すでに所属元のチェルシーに復帰しているとのことだ。 2023.06.09 23:15 Fri
twitterfacebook
thumb

チェルシー退団濃厚のプリシッチ、希望する新天地へSNSでアピール? 匂わせがファンとの絆生む「Here We Go!」

チェルシーのアメリカ代表FWクリスチャン・プリシッチ(24)は、ミランへの移籍が待ちきれないのかもしれない。『フットボール・イタリア』が伝えている。 昨夏、今冬の移籍市場に続き、来たる今夏もミラン行きが噂されているプリシッチ。誰もがその能力を認めるアタッカーながら、チェルシーでは定位置を確固たるものにできず、今シーズンもプレミアリーグ24試合出場のうち先発は8試合のみで、ゴールはわずか「1」という寂しい成績に終わった。 売却を望むチェルシー、獲得を目指すミラン。クラブ間の利害は一致しているものの、チェルシーが比較的安価で売却することもいとわないと言われており、ミランにとってはユベントスが争奪戦のライバルであるとみられている。 それでも、選手本人がミラン行きを望んでいるとの見解も浮上。プリシッチは7日、インスタグラムにアメリカ代表の赤黒のトレーニングウェアを着ている写真を投稿し、赤丸と黒丸の絵文字をキャプション。去就が注目されるなか、ロッソネリ(赤黒=ミラン)へのアピール、もしくは匂わせとも取れてしまう。 これにはミラニスタもすぐさま反応。「ロッソネリで決まり」「Here We Go!」「ようこそ!」「I miss you…」などなど、数百件に及ぶ歓迎コメントが寄せられた。 イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、チェルシーで年俸500万ユーロ(約7億5000万円)を受け取るプリシッチがミラン行きを実現させるには減俸が必須。一方、ミランは現在、移籍金の値下げを交渉中で、2500万ユーロ(約37億6000万円)であれば獲得にゴーサインが出るという。 どうやらミラン移籍に向けてはまだまだ障壁がありそうだが、少なくともプリシッチとミラニスタ、両者の間にはすでに絆が生まれたようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】プリシッチがミランにアピール? ロッソネリ(赤黒)を強調</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CtKrUPDPbLc/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CtKrUPDPbLc/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CtKrUPDPbLc/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Christian Pulisic(@cmpulisic)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2023.06.09 20:36 Fri
twitterfacebook
thumb

インテル、CL決勝後にチェルシーとルカクの交渉へ

インテルがベルギー代表FWロメル・ルカク(30)の移籍交渉に臨むようだ。 昨夏にチェルシーからローンプレーヤーとして舞い戻り、来たる夏の動向が注目どころのルカク。本人は常々、今後もインテルでとのスタンスを公にしているが、クラブの重役ははっきりした発言を避け続けている。 そうしているうちに今季も10日に行われるマンチェスター・シティとのチャンピオンズリーグ(CL)決勝を残すのみとなるなか、イギリス『デイリー・メール』によると、その試合後にチェルシーと会談予定だという。 今季のルカクは後半戦に入ってゴールを重ねていき、ここまで公式戦14得点だが、ラウタロ・マルティネスを軸にエディン・ジェコと出番を分ける立ち位置。高額な移籍金を出してまで買い取る上で説得力に欠ける。 なお、来季からチェルシーを率いるマウリシオ・ポチェッティーノ監督はというと、ルカクの復帰にあたり、本人の意思を確認したがっているとのことだが、新たにストライカーを獲りたい考えもあるようだ。 2023.06.09 12:50 Fri
twitterfacebook
thumb

コバチッチ、やはりシティ移籍か…チェルシーとの別れを匂わす

チェルシーのクロアチア代表MFマテオ・コバチッチ(29)が移籍を示唆した。 2018年夏にレアル・マドリーから加わり、今季で5年目を過ごしたコバチッチ。華麗なボール捌きで様々な監督から重宝される存在だが、契約があと1年となり、来る夏にマンチェスター・シティ行きが取り沙汰されている。 チェルシーも大補強で膨れ上がったスカッドの整理が求められており、イルカイ・ギュンドアンと入れ替わる形でシティ移籍に迫るなか、イギリス『イブニング・スタンダード』によると、本人が去就に言及したようだ。 自国メディア『Nacional』で「チェルシーとの契約はあと1年。本当に悪いシーズンだった」と話し始め、退団の可能性を口にした。 「良い5年間を過ごして環境が変わろうとはしているけど、フットボールは何が起こるかわからない。今はクロアチアとネーションズリーグだけに集中しているんだ」 「マンチェスター・シティはトップチームで、チャンピオンズリーグ決勝にふさわしい。僕からはそう言いたい。夏は長いし、何が起こるか見てみよう」 「チェルシーは僕にとって特別な存在。街もファンのことも大好きだし、彼らも僕のことを好いてくれている。素晴らしい思い出もある。どうなるかはこれからだ」 2023.06.09 09:55 Fri
twitterfacebook
thumb

補強を先導する幹部2人が去ったミラン、ロフタス=チークは獲得交渉継続へ

ミランは、チェルシーから元イングランド代表MFルベン・ロフタス=チーク(27)の獲得を目指し続けるようだ。 移籍市場を統括するテクニカル・ディレクター(TD)のパオロ・マルディーニ氏、スポーツ・ディレクター(SD)のリッキー・マッサーラ氏を解任したミラン。これによって全ての補強戦略が一時ストップしたとも言われているが、少なくとも両者が交渉を続けてきたロフタス=チークの獲得作戦は継続していくという。 イギリス『フットボール・インサイダー』によると、チェルシーとの交渉はまだまだ初期段階。しかし、チェルシーはロフタス=チークとの契約が2024年6月までとなっており、1年間の延長オプションを行使する可能性も皆無とされている。さらに、今夏の大型補強を進めるにあたって、ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)への抵触を避ける必要もあるとのことだ。 そんな状況を察知しているクラブも多いのか、今年1月の移籍市場からロフタス=チークを狙い続けてきたミランにもライバルが多数。プレミアリーグからも複数のクラブがロフタス=チークの獲得に乗り出しているとされている。 ここのところ、ロフタス=チークとともに、フランクフルトを退団する日本代表MF鎌田大地(26)との交渉も注目されてきたミラン。鎌田については、解任された2人の幹部以上にステファノ・ピオリ監督が獲得を熱望していると言われている。 移籍市場への影響が心配されるミランだが、基本的にはマルディーニ氏らの補強戦略が継続されていくようだ。 2023.06.08 14:58 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly