カメルーン代表の正守護神・オナナが新型コロナウイルス感染者の1人、日本代表戦を欠場

2020.10.09 13:25 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
9日に日本代表と対戦するカメルーン代表。オランダ入国後に2選手が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性反応を示し、チームを離脱したと発表された。試合前日の公式会見で、チームのチーフメディカルオフィサーのウィリアム・エンガシュ氏がこの事実を報告。陽性反応の選手2名と濃厚接触の1名がチームを離脱し、帰国したと発表していた。

トニ・コンセイソン監督は感染した選手に関して、発表する権限がないと公表していなかったが、カメルーンサッカー協会(FECAFOOT)は、エンガシュ氏による状況報告を発表。陽性反応の2名はGKアンドレ・オナナ(アヤックス)とMFピエール・クンデ・マロン(マインツ)の2選手と発表した。
オナナはアヤックスでも正守護神を務め、カメルーン代表でも正守護神と務めており、今回の日本戦に出場できないことはカメルーンにとっても大きな痛手となる。

『Cameroon-info.net』によれば、濃厚接触者については、クンデと同じ部屋で過ごしていたであるDFジョイスキム・ダワ(ヴァルミエラ/ラトビア)とのこと。2人と同様に隔離措置が取られることとなる。

なお、ケガ人として監督も報告していたのはFWイグニアティウス・ガナゴ(RCランス/フランス)、FWジャン=ピエール・エンサメ(ヤング・ボーイズ/スイス)、DFジェローム・オンゲネ(ザルツブルク/オーストリア)とのこと。

関連ニュース
thumb

セネガル代表監督がスヌープ・ドッグにそっくり?本人まで反応も、実はもっと似ている監督がW杯にいた

セネガル代表のアリウ・シセ監督がヒップホップ界からも注目を集めている。 2015年からセネガルの指揮を執っているシセ監督。2002年の日韓ワールドカップ(W杯)では選手として出場していた人物だ。 2018年のロシアW杯に続いての出場となった今回のカタールW杯では、グループステージ初戦のオランダ代表戦では敗れたものの、第2節でカタール代表を破ると、29日の最終節エクアドル代表戦で勝利。逆転での決勝トーナメント進出を決めている。 シセ監督にヒップホップ界からの視線が集まる理由はその容姿。ドレッドヘアーのシセ監督がグレーのスウェットパーカーに黒のキャップというカジュアルないで立ちで指揮する姿が、アメリカのラッパーであるスヌープ・ドッグに見えると話題になっているのだ。 ロシアW杯ではスーツ姿で指揮していたが今回はラフなスタイルということもあり、ファンからは「似ている」という声が殺到。すると、スヌープ・ドッグ本人も「なぜセネガルの監督なの?」というツイッターでの投稿に、サッカーボールの絵文字で反応している。 だが、今大会にはシセ監督以上にスヌープ・ドッグ似の指揮官が。それはカメルーン代表のリゴベール・ソング監督だ。 ソング監督もドレッドヘアーで試合中にはキャップを被って指揮しており、目元などはむしろシセ監督以上にそっくりだ。ファンも「カメルーンの監督がスヌープドッグにしか見えない」、「カメルーンの監督は絶対スヌープドッグに寄せてる」、「カメルーンの監督ファンキー過ぎてスヌープドッグかと思った」と反応している。 2人の対決となれば盛り上がることになりそうだが、カメルーンはグループステージ突破へは勝利が必須。12月2日の最終戦でブラジル代表と対戦する。 <span class="paragraph-title">【比較写真】スヌープ・ドッグとシセ監督、さらに似ているソング監督</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/snoopdogg.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/cisse.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/song.jpg" style="max-width:100%;"></div> 2022.11.30 19:45 Wed
twitterfacebook
thumb

「国を代表することは常に特権」監督と意見が対立しW杯から追放されたカメルーンGKが声明「グラウンドに立つことは許されなかった」

カメルーン代表から除外されたGKアンドレ・オナナが声明を発表した。 カタール・ワールドカップ(W杯)で2大会ぶり8回目の出場を果たしたカメルーン。グループGに入り、ブラジル代表、セルビア代表、スイス代表と同居している。 かつて代表でもプレーしたリゴベール・ソング監督が率いるチームは、初戦のスイス代表戦で0-1の敗戦を喫していた。 28日には第2戦でセルビア代表と対戦したが、試合を前にオナナはチームから追放されることに。セルビア戦はGKデイヴィス・エパシがゴールを守り、3-3の引き分けに終わった。 オナナは、自身のプレースタイルに関してソング監督と意見が対立。ソング監督は出来るだけダイレクトなプレーを求め、自陣のゴール前でリスクを冒さないことを求めたが、オナナはこれに応じず。その結果、チームから追放されることになった。 すでにパリに飛んだという情報もある中、オナナは声明を発表。カメルーン代表、そして母国への愛情を示し、チームの成功を願うとした。 「僕の国と代表チームへの愛情を表現したいと思う」 「昨日はいつものように、チームの目標を達成するため、カメルーン代表を助けるためにグラウンドに立つことは許されなかった。僕は常に、チームを成功に導くために、良いと思う方法で行動した」 「フットボーラーがよく経験する事態の解決策を見つけることに全力でエネルギーを注いできたが、相手には意志がなかった。一致させるのが難しい時もある」 「でも、僕はチームと国の成功を追い求める責任者の決定を常に尊重し、支持する」 「この大会で、自分たちの実力を証明することができたので、僕はチームメイトに全力を尽くしてもらいたいと思う」 「僕が人として、また選手として推進する価値観は、僕を特定するものであり、幼少期から家族が僕に与えてくれたものだ。カメルーンを代表することは常に特権だ。国が第一であり、それは永遠に続く」 勝たなければグループステージ突破への道が閉ざされるカメルーンは、12月2日の最終戦でブラジル代表と対戦する。 2022.11.29 21:55 Tue
twitterfacebook
thumb

互いに初勝利初ゴールを目指したカメルーンvsセルビアは3-3の打ち合いに《カタール2022》

カタール・ワールドカップのグループG第2節、カメルーン代表vsセルビア代表が28日に行われ、3-3の引き分けに終わった。 初戦では共に黒星を喫した両チームの対戦。スイスに敗れたカメルーンはエースのチュポ=モティングのほか、スイス戦で存在感を放ったトコ・エカンビ、所属先のナポリで中核を担うザンボ・アンギサが前線に並んだ。GKに関しては絶対的守護神のオナナが懲戒処分を受けたと試合開始直前に協会からアナウンスされ、この一戦はメンバー外に。代わりにサウジアラビアでプレーするエバシがゴールマウスを守ることになった。 一方のセルビアは、今グループ最大の強豪国であるブラジルに0-2で敗戦。前半は互角に戦ったものの、リシャルリソンのスーパーゴールなどに沈んでしまう結果となった。その一戦から先発変更は2名。ムラデノビッチとグデリに代わり、コスティッチとマクシモビッチが起用されている。 先に攻撃の形を作ったのはセルビア。6分、ボックス手前右でボールを持ったマクシモビッチのクロスからミトロビッチがヘディングシュート。枠は捉えられなかったが、幸先よくチャンスを作った。 その後もセルビアの攻勢は続き、10分にはミトロビッチが味方とのワンツーでボックス右に侵入し、鋭い切り返しでDFを躱したところで左足シュート。しかし、これは左ポストに嫌われゴールならず。さらに17分にも、相手のクリアミスからミトロビッチが決定機を迎えたが、ボックス中央からのシュートは左に外れ、三度ビッグチャンスを逃すもったいない序盤戦に。 19分、劣勢のカメルーンも牙を剥く。自陣から右サイドの高い位置へアバウトなロングボールを入れると、クンデがボックス右の距離のある所から迷わずシュート。ここはGKのV・ミリンコビッチ=サビッチに弾かれたが、一発でゴールチャンスを作れるカメルーンの底力を見せつける一連のプレーとなった。 すると29分、カメルーンは少ない攻撃チャンスの中でCKを獲得。左からクンデが右足でクロスを上げ、ゴール前でエンクルが後方へフリック。最後はファーのカステレットが押し込んで先制点を奪った。 してやったりのカメルーン。しかし、バルカン諸国の雄セルビアが前半終了間際に真価を発揮する。アディショナルタイム1分、敵陣中央左寄りの位置でFKを獲得すると、タディッチの左足のクロスにS・パブロビッチが頭で合わせて同点に。さらにその3分後には、攻め込んだ流れから一度奪われたボールを奪い返し、ボックス右を経由してペナルティアーク右でパスを受け直したS・ミリンコビッチ=サビッチが左足でゴール右に流し込み、瞬く間に逆転した。 後半は逆転したセルビアがその勢いを維持する流れとなる。53分、敵陣左サイドでボールを奪い、少ないパス数で小気味よく右へ展開。ボックス右でパスを受けたジブコビッチは、冷静に相手の動きと位置を見てゴール前にラストパス。最後はミトロビッチが丁寧に流し込んで3点目を決めた。 2点差とされたカメルーンはホングラを下げてアブバカル投入。この交代が試合を大きく動かすことになる。 64分、カステレットが自陣からロングボールを前線に放り込むと、相手の最終ラインを抜け出したアブバカルが追いかけるDFも躱してGKと一対一に。ここで見事なループシュートを流し込んだが、副審のフラッグが上がっていたため、オフサイドかに思われた。しかし、VARで確認した結果ゴールが認められ、試合は1点差に。 さらに、その2分後にも同じような形でアブバカルがゴール前まで侵攻すると、チュポ=モティングのゴールをアシスト。これもアブバカルがオフサイドに見えたが、VARはゴールを認め、カメルーンが一気に試合を振り出しに戻した。 以降は一進一退の試合内容が続く中、セルビアはエースのミトロビッチがゴールに迫るも追加点を挙げられず。後半アディショナルタイムにはグルイッチの強烈なミドルシュートが飛び出すが、GKの正面を突いた。 結局、試合は3-3で終了。互いに今大会初ゴールを記録しながらも、初勝利を収めることはできなかった。 2022.11.28 21:15 Mon
twitterfacebook
thumb

カメルーン代表から追放処分のオナナ、原因は指揮官との衝突か

突如懲戒処分となったカメルーン代表GKアンドレ・オナナに関して、試合前に監督との衝突があったと報じられている。 28日にセルビア戦が控えていたカメルーンは、キックオフからおよそ1時間前に、懲戒処分のためオナナをチームから除外することを発表した。協会はその理由は詳細については明らかにしなかったが、徐々に様々なメディアから真相がわかってきた。 イタリア『メディアセット』によれば、その理由はリゴベール・ソング監督との衝突。元々、オナナのプレースタイルやピッチ上での振る舞いに関して両者の関係は悪かったとされており、その中でオナナが試合前のミーティングで指揮官の決定に異を唱えたことが引き金となり、今回の処分に至ったようだ。 カメルーンサッカー協会からは処分期間も明かされなかったが、『メディアセット』を含む複数メディアは、すでにチームからの追放命令が出ており、カタールW杯においてこれ以上の出番はないと伝えている。 2022.11.28 19:35 Mon
twitterfacebook
thumb

カメルーン代表、守護神オナナが懲戒処分でセルビア戦不在に

カメルーン代表GKアンドレ・オナナが懲戒処分を受けてセルビア戦のメンバーから除外された。フランス『レキップ』など複数メディアが報じている。 28日にグループG第2節のセルビア戦が控えるカメルーン代表。キックオフとなる19時(日本時間)のおよそ1時間前に先発メンバーが発表されたが、守護神として初戦のスイス戦にも出場したオナナの名前がスコアシートになかった。 伝えられるところによると、理由は不明だがオナナには懲戒処分が下ったとのこと。第3節ではブラジルとの大一番が残っているが、処分期間も明らかになっていない。いずれにせよ、カメルーンにとっては大きな打撃となる。 2022.11.28 18:20 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly