ゲッツェにバイエルン復帰の可能性? フリック熱望もクラブ首脳は再獲得に否定的…

2020.09.23 16:14 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元ドイツ代表MFマリオ・ゲッツェ(28)にバイエルン復帰の可能性が浮上している。ドイツ『シュポルト・ビルト』が報じている。昨シーズン限りでドルトムントを退団し、現在はフリーの状況が続いている。ここまではモナコやヘルタ・ベルリン、ミラン、ローマといった国内外のクラブが新天地候補に挙がっていたが、いずれの話にも進展はない。

そういった中、先日に同選手は、マンチェスター・シティからバイエルンに移籍したドイツ代表MFレロイ・サネらを顧客に持つ『LIAN Sports Group』とエージェント契約を締結し、今後の動きが注目されている。

そのゲッツェに関して『シュポルト・ビルト』は、バイエルンを率いるハンジ・フリック監督が先週に同選手の獲得に向けて直接連絡を取ったと報じている。

ドイツ代表のアシスタント・コーチ時代にゲッツェを指導してきたフリック監督は、DFジェローム・ボアテング、MFトーマス・ミュラーと自身の指導の下で完全復活した2選手と同様に、ゲッツェが再び輝きを取り戻せることを確信しているという。

また、バイエルンではリバプールへ旅立ったMFチアゴ・アルカンタラに加え、MFハビ・マルティネスの退団が濃厚となっており、中盤の補強が急務。そこにフリーで獲得可能で、マルチロールをこなせる元教え子を据えたい考えのようだ。

ただ、フリック監督が獲得を熱望し、ゲッツェも復帰に前向きな一方、カール=ハインツ・ルンメニゲCEOとスポーツ・ディレクターのハサン・サリハミジッチ氏は、ファンからの拒否反応や、ネガティブな報道を危惧しており、再獲得に否定的な姿勢だという。

2013年から2016年までの在籍3年間で114試合36ゴール24アシストの数字を残していたゲッツェだが、4年ぶりの古巣復帰は実現するのか…。
コメント
関連ニュース
thumb

レヴァンドフスキがブンデス前半戦新記録の21ゴール目! シーズン最多得点も更新しそうな勢い

バイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが新たな快挙を成し遂げた。 17日に本拠地で行われたブンデスリーガ第16節のフライブルク戦(バイエルンが2-1で勝利)に先発。7分にここ6試合で9得点となるゴールを記録した。 これで今季のブンデスリーガ開幕から15試合目の出場で21ゴール目。1968-69シーズン以来となるブンデスリーガ前半戦最多得点の新記録を樹立した。 従前の記録者は“爆撃機”の異名を持つ元西ドイツ代表FWのゲルト・ミュラー氏。レヴァンドフスキが17試合20ゴールという記録を52年ぶりに更新した。 また、今季のレヴァンドフスキは1971-72シーズンのミュラー氏が打ち立てた40得点のブンデスリーガ同一シーズン最多得点記録も更新しそうな勢いだ。 国際サッカー連盟(FIFA)の最優秀選手に輝いた今も、それに恥じぬスコアラーぶりを遺憾なく発揮するレヴァンドフスキ。今後の活躍からも目が離せない。 2021.01.18 11:35 Mon
twitterfacebook
thumb

公式戦連敗のバイエルン、ミュラーの1G1Aでフライブルクに逃げ切り勝利《ブンデスリーガ》

バイエルンは17日、ブンデスリーガ第16節でフライブルクをホームに迎え、2-1で逃げ切った。 前節ボルシアMG戦を2点のリードから痛恨の逆転負けを喫した首位バイエルン(勝ち点33)は、4日前に行われたDFBポカールでは2部のキール相手にPK戦の末、まさかの敗退に終わってしまった。公式戦2連敗を喫したバイエルンはキール戦のスタメンから6選手を変更。レヴァンドフスキやアラバ、コマンらが先発に戻った。 雪が降る中キックオフとなった一戦。8位フライブルク(勝ち点23)に対し、[4-2-3-1]で臨んだバイエルンは最前線にレヴァンドフスキ、2列目に右からニャブリ、ミュラー、コマンと並べた。 そのバイエルンは7分にあっさり先制する。ニャブリの右クロスをミュラーがダイレクトで前方に落とし、このパスに反応したボックス中央のレヴァンドフスキがネットを揺らした。 さらに16分、キミッヒのスルーパスに抜け出したニャブリがボックス右から際どいシュートを放てば、25分にもニャブリが強烈なミドルシュートでGKを強襲。 その後、28分にニャブリが負傷によりプレー続行不可能となってサネが投入された中、30分にサネが追加点に迫るなど、ハーフタイムにかけてもバイエルンが攻勢をかけ続けたが、1点のリードで前半を終えた。 迎えた後半もバイエルンが主導権を握っていたが、62分にワンチャンスを生かされて同点とされてしまう。右CKからニアのホフラーにヘッドで逸らされると、直前に投入されていたファーサイドのペテルゼンにダイビングヘッドで決められた。 主導権を握りながらも失点する嫌な流れとなったバイエルンだったが、74分に勝ち越した。左サイドからのクロスをファーサイドのサネが落とし、ボックス中央のミュラーがダイレクトで蹴り込んだ。 終盤にかけてはバイエルンが試合をコントロールしていた中、追加タイム3分にはペテルゼンのシュートがバーに直撃するピンチがあったが、2-1で逃げ切り。公式戦連敗を止めている。 2021.01.18 01:24 Mon
twitterfacebook
thumb

ウニオン・ベルリン、バイエルンから若手FWダヤクを買取OP付きレンタルで獲得

ウニオン・ベルリンは16日、バイエルンからU-20ドイツ代表FWレオン・ダヤク(19)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。なお、今回の契約には買い取りオプションが付随している。 2019年にシュツットガルトのユースからバイエルンのユースチームに加入したダヤクは、左ウイングを主戦場とするテクニックとスピードに長けたアタッカー。 ブンデスリーガ3部に所属するバイエルンⅡをメインにプレーし、今季ここまでは14試合3ゴール1アシストを記録。また、シュツットガルトとバイエルンでブンデスリーガ通算4試合に出場している。 2021.01.18 01:00 Mon
twitterfacebook
thumb

浦和でも活躍したルンメニゲのアクロバティックなアウトサイドボレー【スーパーゴール図鑑/バイエルン編】

【得点者プロフィール】 ミヒャエル・ルンメニゲ(当時20歳) 国籍:ドイツ 所属:バイエルン ポジション:MF 身長:176cm カール=ハインツ・ルンメニゲ氏の実の弟であるミヒャエル・ルンメニゲ氏。バイエルンとドルトムントで活躍した後、1993年からは浦和レッズでも活躍していた。 【試合詳細】 日程:1984年4月21日 大会:ブンデスリーガ第22節 対戦相手:ブレーメン 時間:後半5分(0-2) <div id="cws_ad">◆ルンメニゲ弟のアクロバティックなゴール<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ2OG02SmV2aSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 0-2と2点ビハインドで迎えた50分、バイエルンは敵陣左サイドでDFベルント・デュルンベルガーがボールを持つ。ボックス内に侵入し、マークを引き付けると、ボックス中央にいたミヒャエル・ルンメニゲに向かって浮き球のパスを送る。パスは少し高くなり、ベルトの高さくらいであったが、ミヒャエル・ルンメニゲはジャンプしながら右足のアウトサイドで上手く合わせると、絶妙なボレーとなりゴールネットを揺らした。 この試合では兄のカール=ハインツ・ルンメニゲ氏もゴールを挙げ、兄弟でのアベックゴールを記録している。 2021.01.16 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

練習の賜物?チアゴがバイエルン時代に決めたアクロバティックなスーパーゴール【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はリバプールのスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラがバイエルン時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆チアゴが見せたアクロバティックゴール<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJLMWZYeDFFVCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> </div> バルセロナの下部組織で育ったチアゴは、名将ペップ・グアルディオラ監督を追いかける形で2013年夏にバイエルンに加入。攻守に存在感を発揮し、同監督がマンチェスター・シティに移った後も、バイエルンに残って活躍を続けた。 類稀なパスセンスとテクニックで中盤から試合を組み立てる力に長けるチアゴだが、2014年1月29日に行われたブンデスリーガ第17節のシュトゥットガルト戦では、アクロバティックなプレーで自らゴールを記録している。 シュトゥットガルトに先制を許しながらも、1-1とバイエルンが追いついて迎えた92分、最後の攻勢をかけるバイエルンは、DFラフィーニャがふわりとしたボールをボックス内に入れる。このボールに対し、チアゴは走りながら軌道を見極めると、空中にジャンプしながら豪快なバイシクルボレーを放つ。完璧にミートされたシュートは、ゴール右に決まり、劇的な逆転弾となった。 なお、チアゴはこの試合の直近のトレーニングから同じようなバイシクルシュートを練習する姿が映像で残されており、このアクロバティックなゴールも練習の賜物だったようだ。 2021.01.16 16:00 Sat
twitterfacebook