ユベントスMFドグラス・コスタがウォルバーハンプトンへ移籍か?

2020.09.22 23:15 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユベントスのブラジル代表MFドグラス・コスタ(29)がウォルバーハンプトンに移籍する可能性があるようだ。イタリア『トゥットスポルト』が報じた。ウォルバーハンプトンは、19日にポルトガル代表FWジオゴ・ジョタ(23)がリバプールへと移籍。そのため、新たな選手の獲得を目指しているという。

そんな中、ウォルバーハンプトンと繋がりが深く、ジョタの代理人でもあるジョルジ・メンデス氏が、穴埋めにドグラス・コスタを狙っているとのこと。早急に移籍をまとめたい考えがあるようだ。

ドグラス・コスタは、2018年7月にバイエルンから4000万ユーロ(約49億1400万円)でユベントスに加入。今夏の移籍については、噂がこれまでも浮上していた。

なお、ユベントスはドグラス・コスタが移籍した場合の穴埋めも考えており、『トゥットスポルト』によれば、フィオレンティーナのイタリア代表FWフェデリコ・キエーザ(22)が候補に挙がっているとされている。
関連ニュース
thumb

東京五輪でハット達成のラファ・ミルにバルサ行きの可能性? 世界屈指の代理人が売り込むか

ウォルバーハンプトンに所属するU-24スペイン代表FWラファ・ミル(23)にバルセロナ移籍の可能性が浮上しているようだ。『ESPN』がカタルーニャ系メディアのレポートを引用して伝えている。 東京オリンピック準々決勝のU-24コートジボワール戦で後半終盤の途中出場からハットトリックを達成する大活躍をみせ、スペインの準決勝進出に貢献したラファ・ミル。 ただ、2022年まで契約を残すウルブスに居場所はなく、今夏のタイミングでの退団が既定路線となっている。 そういった中、カタルーニャ系メディアによると、同選手の代理人を務める世界屈指の代理人として知られるジョルジュ・メンデス氏は、以前から懇意にしているバルセロナのジョアン・ラポルタ会長に対して、U-24スペイン代表FWを売り込んでいるようだ。 数カ月前の売り込みの際には申し出を断っていたバルセロナだが、現スカッドに不足するパワーと空中戦の強さを持つラファ・ミルを新たなオプションとして考慮しているという。 そして、ウェストハム行きが噂されるデンマーク代表FWマルティン・ブラースヴァイト(30)、バルセロナBを主戦場とするアルバニア代表FWレイ・マナイ(24)の売却交渉がうまくいった場合、獲得に動く意向を持っているようだ。 現行契約が今季限りで比較的安価な金額での獲得が可能なラファ・ミルだが、深刻な財政難のバルセロナにとってはできるだけ移籍金を節約したいところだ。 そのため、昨シーズンにポルトガル代表DFネウソン・セメド、今夏にポルトガル代表FWフランシスコ・トリンコンの取り引きを行った良好な関係のウルブスに対して、選手の譲渡などを取引に含める提案を行う可能性もあるとのことだ。 バルセロナのマシアに在籍経験もある191cmの大型ストライカーのラファ・ミルは、バレンシアでトップチームデビュー。その後、2018年1月にウォルバーハンプトンに新天地を求めるも、トップチーム定着とはならず。 以降はラス・パルマス、ノッティンガム・フォレスト、2020年1月には当時セグンダAに所属していたウエスカに1年半のレンタル移籍で加入し、日本代表FW岡崎慎司とのコンビでプリメーラ昇格の立役者となった。 昨シーズンのラ・リーガではチームが降格の憂き目を味わった中、全38試合に出場し、13ゴールを挙げる見事な活躍を披露。屈強なフィジカルを生かしたボールキープ、空中戦の強さに加え、ウイングでもプレー可能なスピードを生かした個での打開と、地上戦でも空中戦でも戦える万能型のセンターフォワードとして評価を高めていた。 2021.08.01 22:08 Sun
twitterfacebook
thumb

ウルブス主砲ヒメネスに待望の復帰弾! 頭蓋骨骨折乗り越えたエースにモリニューが沸く

ウォルバーハンプトンのメキシコ代表FWラウール・ヒメネスが待望の復帰後初ゴールを挙げた。 昨年11月のアーセナル戦で元ブラジル代表DFダビド・ルイスとの接触プレーで頭蓋骨骨折の重傷を負ったヒメネス。 以降、8カ月にも渡る長期間の離脱を経て、トレーニング復帰、実戦復帰と着実に完全復活に向けたプロセスを経てきたウルブスの主砲は、7月31日に行われたチャンピオンシップ(イングランド2部)のストーク・シティ戦で待望の復帰後初ゴールを挙げた。 モリニュー・スタジアムにホームサポーターを入れて行われたプレシーズンマッチにスタメン出場したヒメネスは、先制点を許した3分後の30分に見せ場を作る。右サイドで仕掛けたポルトガル代表DFネウソン・セメドのシュートはGKの好セーブに阻まれるが、抜け目なくこぼれ球を狙っていたヒメネスは冷静にワンタッチで流し込んだ。 自身の代名詞であるストロングヘッドやパワフルなシュートでのゴールとはならなかったものの、ヒメネス本人、チームメイト、サポーターにとっては非常に特別なゴールとなった。 なお、ヒメネスは73分にベンチへ下がるまで攻守に精力的なパフォーマンスを見せたが、チームは1-1のドローで試合を終えている。 <span class="paragraph-title">【動画】重傷乗り越えたエースが待望の復帰弾!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> Raul Jimenez back scoring<br> Fans back in stadiums<br><br>What a moment! <a href="https://t.co/WBZBDWNYwt">pic.twitter.com/WBZBDWNYwt</a></p>&mdash; Wolves (@Wolves) <a href="https://twitter.com/Wolves/status/1421465054956896258?ref_src=twsrc%5Etfw">July 31, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.08.01 15:31 Sun
twitterfacebook
thumb

ローマでの抱負語るルイ・パトリシオ「最大限の努力を約束する」

ローマのポルトガル代表GKルイ・パトリシオが、新天地での意気込みや移籍した理由を語った。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えている。 パトリシオは2018年夏に長年プレーしたスポルティング・リスボンを退団してウォルバーハンプトンに加入すると、すぐにレギュラーの座をつかみ公式戦127試合に出場し、チームの躍進に貢献。そして昨シーズン終了後、同胞のジョゼ・モウリーニョ監督からのリクエストでローマへの移籍が決定した。 加入後初の記者会見に出席したパトリシオは、チームのスケールやタイトル獲得への姿勢について言及。力になれるよう精一杯努めるとコメントした。 「ローマから電話があったこと、そして僕に興味を示してくれたことを誇りに思う」 「誰もがこのクラブの素晴らしさと、常にどんなタイトルを目指して戦っているかを知っているはずだ」 「このチームを代表することはとても誇らしいよ。自分の力を発揮して、目標達成に貢献するためにここに来た」 「最大限の努力を約束する。チームに、そしてイタリアのサッカーにできるだけ早く慣れたいね」 また、ローマでのトレーニングについてもコメント。すでに順応し、溶け込んでいるようだ。 「最初の数日はとてもうまくいったよ。みんなに歓迎されていると感じたね」 「ここに来てから士気が高く、毎日サッカーをして成長したいと思っている。すべての選手は新しいクラブに行くと、ベストを尽くし、期待に応えようとするんだ」 「数日前からチームと一緒にトレーニングをしているけど、コーチの要求に順応できている。すでにモチベーションは上がっているよ」 そして、ローマへの移籍を決断した理由を聞かれると、ポルトガル人監督の名前を挙げて以下のようにコメントしている。 「移籍を受け入れたのは、チームの重要性と規模の大きさに加え、監督を知っていたからだ」 「僕にとって、モウリーニョ監督の下でのプレーは名誉なことなんだ」 2021.07.24 17:07 Sat
twitterfacebook
thumb

リーズのビエルサ監督がシステムに加えたいのはアダマ・トラオレ、今夏獲得に挑む

リーズ・ユナイテッドが、ウォルバーハンプトンのスペイン代表FWアダマ・トラオレ(25)に興味を示しているようだ。イギリス『90min』が伝えている。 昨季のプレミアリーグを18勝5分け15敗の9位で終えたリーズ。優勝したマンチェスター・シティに1勝1分けで勝ち越すなど、昇格組ながらもマルセロ・ビエルサ監督の下で上位陣に劣らないサッカーを展開した。 そのビエルサ監督が、新シーズンに向けて補強したいと考えているのがトラオレだ。リーズの指揮官は、以前からトラオレに興味を持っていたようで、自らのシステムに合うと考えているようだ。 リーズは今年1月にもトラオレとの契約を望んでいたが、この時は期限付きでの契約を望んでいたため、契約には至らなかったとされている。 昨季の公式戦で41試合3ゴール3アシストを記録したトラオレは、ウルブスと2023年まで契約が残っているものの契約延長の可能性は低く、ウルブスはオファーがあれば耳を傾ける準備があるようだ。 ウルブスはミドルスブラに2000万ポンド(約29億8000万円)程度を支払って2018年夏にトラオレを獲得したが、その後にトラオレの市場価値は上昇。売却となれば大きな利益を生むこととなる。 なお、トラオレにはリバプールやシティ、チェルシー、マンチェスター・ユナイテッドなどが興味を示しているとみられているが、現時点ではリーズが非常に有力だとされている。 2021.07.20 21:50 Tue
twitterfacebook
thumb

ウルブスが下部組織出身のDFサンダーソンと4年契約、今季はバーミンガムへレンタル

ウォルバーハンプトンは19日、イングランド人DFディオン・サンダーソン(21)との契約延長を発表した。 新契約は4年間となり、2021-22シーズンはチャンピオンシップ(イングランド2部)のバーミンガムへとレンタル移籍することとなる。 サンダーソンはウォルバーハンプトンの下部組織出身。これまでカーディフやサンダーランドへのレンタル移籍を経験している。 正式にファーストチームには昇格していないものの、2019-20シーズンのEFLカップ4回戦のアストン・ビラ戦でデビューを果たしていた。 これまでチャンピオンシップで10試合2アシスト、リーグ1(イングランド3部)で26試合1ゴールを記録。2020-21シーズンはサンダーランドで公式戦28試合に出場し1ゴールを記録していた。 サンダーソンは、センターバックを主戦場に、左右のサイドバックでもプレーが可能な守備のユーティリティプレーヤーだ。 2021.07.20 09:55 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly