無所属のカバーニがバルサに? 退団近づくスアレスの後釜に売り込みか

2020.09.14 23:15 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
2019-20シーズン限りでパリ・サンジェルマン(PSG)を退団し、現在も無所属状態が続いているウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ(33)だが、バルセロナ入りを考えているようだ。フランス『Foot Mercato』が伝えた。カバーニは、母国のダヌビオFCから2007年1月にパレルモへ移籍。その後、ナポリ、PSGとヨーロッパでプレーを続けた。

セリエAでは213試合で112ゴール16アシスト、リーグ・アンでは200試合で138ゴール30アシストを記録。チャンピオンズリーグでも62試合で35ゴール6アシストを記録し、屈指の点取り屋として活躍。しかし、未だに所属先が決まっていない。

カバーニには、ユベントスやアトレティコ・マドリー、リーズ・ユナイテッド、ローマ、アトレチコ・ミネイロ、ボカ・ジュニアーズ、インテル・マイアミなど多くのクラブが興味を持っていると報道。特に、一時はベンフィカ入りが決定したとも報じられたが、条件面で折り合いがつかずに破談となっていた。

トップレベルでまだまだ高い能力を発揮できるカバーニ。スペイン『スポルト』によれば、バルセロナに売り込みをかけたとのことだ。

報道によれば、カバーニはバルセロナとコンタクトを取っているとのこと。しかし、まだ前向きな回答は得られていない状況で、入団が決まったわけではない。

バルセロナは、2019-20シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)でバイエルンの前に8失点と惨敗。この責任を取り、キケ・セティエン監督が退任し、ロナルド・クーマン監督が就任していた。

クーマン監督はチームの改革に乗り出しており、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスやチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルを構想外にしたとされている。また、現在は終息したものの、エースであるアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが退団を希望するなど、チーム内が騒がしい状況となっていた。

スアレスはユベントスへの移籍が近づいているとされているが、退団となればバルセロナにとっては大きな痛手。そうなれば、スアレスの同胞であり、実績も十分なカバーニを迎え入れる可能性は大いにあるとみられている。

まだまだ市場が閉まるまでは時間がある状況だが、バルセロナはどのような決断を下すのか。そして、カバーニはどこでプレーするのだろうか。
コメント
関連ニュース
thumb

ビダルのインテル移籍が目前に! クラブがミラノ到着を発表

バルセロナで構想外になっているチリ代表MFアルトゥーロ・ビダル(33)のインテル移籍が実現しようとしている。イタリア『フットボール・イタリア』が報じている。 今シーズンから指揮を執るロナルド・クーマン監督の構想外になっているビダル。先日には、かねてから興味を示していたアントニオ・コンテ監督が率いるインテルがバルセロナとの交渉の末に口頭合意に達し、近日中にメディカルチェックを受けることが伝えられていた。 そして、インテルは20日にビダルがミラノ・リナーテ空港に到着したことを公式ツイッターで報告。『フットボール・イタリア』によれば、メディカルチェックは21日の朝に行われるとのことだ。 なお既報では、ビダルは1シーズンあたり600万ユーロ(約7億4000万円)の給与で2年契約を結ぶと見られている。 ビダルは2018年8月にバイエルンからバルセロナへ完全移籍。2シーズンで公式戦96試合に出場し11ゴール10アシストを記録していた。 2011年7月から2015年7月まで在籍したユベントス時代にはコンテ監督とともに仕事をし、3度のセリエA優勝を一緒に成し遂げていた。 2020.09.21 05:50 Mon
twitterfacebook
thumb

移籍金はわずか1億円超? ビダル移籍でバルサとインテルが口頭合意

バルセロナで構想外になっているチリ代表MFアルトゥーロ・ビダル(33)だが、クラブ間での合意がなされたようだ。イタリア『スカイ・スポーツ』が報じた。 今シーズンから指揮を執るロナルド・クーマン監督の構想外になっているとされるビダル。かねてから興味を示していたアントニオ・コンテ監督が率いるインテルへの移籍が噂されていた。 そのインテルとバルセロナは、ビダルの移籍ですでに交渉が進み、最終的に口頭合意に至っとのこと。移籍金100万ユーロ(約1億2400万円)+ボーナスがバルセロナに支払われるようだ。なお、2年契約になると見られている。 『スカイ・スポーツ』によれば、ビダルは20日の夜か遅くとも21日の朝にはミラノへと到着するとのことだ。 ビダルは2018年8月にバイエルンからバルセロナへ完全移籍。2シーズンで公式戦96試合に出場し11ゴール10アシストを記録していた。 2011年7月から2015年7月まで在籍したユベントス時代にはコンテ監督とともに仕事をし、3度のセリエA優勝を一緒に成し遂げていた。 契約は2021年6月まであるものの居場所はないと見られ、破格の値段でのインテル移籍となるようだ。 2020.09.20 17:15 Sun
twitterfacebook
thumb

バルサが獲り逃す可能性も? ミランがFWデパイ獲得レースに参戦と報道

バルセロナへの移籍が噂されていたリヨンのオランダ代表FWメンフィス・デパイ(26)だが、ここに来て新たな行き先が浮上した。 12シーズンぶりの無冠という屈辱を味わった2019-20シーズンから巻き返しを図りたいバルセロナ。オランダ代表を率いていたロナルド・クーマン監督の下で改革に乗り出している。 ウルグアイ代表FWルイス・スアレスの構想外に始まり、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシの退団騒動など、すでに色々なことが起こる中、オランダ代表で指導したデパイの獲得に乗り出していることが盛んに報じられていた。 しかし、移籍の話が進展しないには理由があり、ジョゼップ・マリア・バルトメウ会長は新たな選手を獲得する前に、選手と放出する必要があると主張。リヨンのジャン=ミシェル・オラス会長もバルセロナからデパイへのオファーがないことを認めた。 そんな中、イタリア『スカイ・スポーツ』がミランがデパイ獲得に向けてコンタクトを取っていると報道。ブラジル代表MFルーカス・パケタ(22)を差し出して交渉を進めようとしているとしている。 バルセロナはスアレスのユベントス移籍が難航している状況であり、すぐに選手が出ていく状況は考えにくい。一方で、ミランは2500万ユーロ(約31億4000万円)のオファーを出したとされている。 デパイは2021年6月30日までの契約を残している状況。今シーズンはリーグ・アンで4試合を戦い、すでに4ゴールを記録。しかし、リヨンは今シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を持っておらず、移籍の可能性はゼロではない。 改革を進めながらも後手を踏み続けている感が否めないバルセロナ。ターゲットと信じられていたデパイも獲り逃すことになれば、会長の信用問題もさらに問われることになりそうだ。 2020.09.20 16:55 Sun
twitterfacebook
thumb

ピャニッチがバルサデビュー 「とても特別」

バルセロナのボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチが新天地デビューを回想した。スペイン『マルカ』が伝えた。 19日に行われたジョアン・ガンペール杯2020でエルチェと対戦したバルセロナ。試合序盤にスペイン代表DFジョルディ・アルバのパスからフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンが決めたゴールで手にした1点が決勝点となり、1-0の勝利を収めた。 今夏にユベントスから加入したものの、新型コロナウイルス感染で出遅れたピャニッチはこの試合の63分にスペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツに代わって出場。効果的な縦パスで変化をつけ、自らも2本のシュートを放つなど、一定の存在感を放った。 ピャニッチは試合後、「『自分らしく』と言われ、自信を与えてもらった。チームは初戦に向けて地道に努力を重ねているところだ」とロナルド・クーマン監督からの指示を明かすと、「僕らは準備ができていて、非常にうまくやっている」と手応えを語り、自らのデビュー戦を振り返った。 「とても特別だ。でも、僕はファンの前でプレーしたかった。1週間前に1人でトレーニングを始めてから、すべてがあっという間のように感じた」 2020.09.20 15:15 Sun
twitterfacebook
thumb

コウチーニョがジョアン・ガンペール杯MVP! 「今季が楽しみ」

バルセロナのブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョがジョアン・ガンペール杯でMVPに輝き、今季の活躍に意欲を示した。スペイン『マルカ』が報じている。 今夏にレンタル先のバイエルンからバルセロナに復帰したコウチーニョはプレシーズンで印象的なパフォーマンスを続けるなか、19日に行われたジョアン・ガンペール杯のエルチェ戦にトップ下で先発。ラ・リーガ初戦前のラストゲームでも随所に存在感を解き放ち、プレシーズン3戦全勝となるチームの白星とともに、個人としても今大会のMVPに輝いた。 良い状態で新シーズンを迎えるコウチーニョは試合後、「このピッチでのプレーが恋しかった。良い感覚だ。開幕まであと1週間だが、頑張っているところだ」と久々のカンプ・ノウでのプレーを喜び、来る新シーズンでの活躍を意気込んだ。 「今季が楽しみだ。すごくモチベーションに満ちている。今季はピッチ上ですべての物事がうまくいくよう頑張りたい」 ロナルド・クーマン新体制での船出となるバルセロナは昨季のチャンピオンズリーグ(CL)日程が考慮され、第1節と第2節が先送りとなり、27日にホームで予定するラ・リーガ第3節のビジャレアル戦が今季初戦となる。 2020.09.20 13:10 Sun
twitterfacebook