ラウタロにレアル移籍急浮上! インテルはハキミ移籍金回収にカンテ資金手にする?

2020.09.14 21:22 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
インテルに所属するアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネス(23)にレアル・マドリー移籍の可能性が急浮上している。イタリア『Sport Mediaset』が報じている。ラウタロに関しては長らくバルセロナ移籍の可能性が取り沙汰された。だが、1億1100万ユーロ(約139億6000万円)に設定されていた契約解除条項が失効後も、インテルが1億ユーロ(約125億8000万円)近い移籍金を要求していたこともあり、クラブ間の交渉が難航。

さらに、バルセロナのロナルド・クーマン新監督の招へい、ラウタロの移籍のモチベーションとなっていたアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが退団希望を公言した事実もあり、ここに来て移籍の可能性が低くなっている。

そういった中、急きょ浮上したのが、バルセロナの宿敵であるマドリーへの移籍の可能性だ。

『Sport Mediaset』によると、マドリーは1億ユーロ近い金額のオファーを準備しており、インテルはモロッコ代表DFアクラフ・ハキミ(21)の獲得に支払ったとされる4000万ユーロ(約50億3000万円)の回収に加え、5000万~6000万ユーロ(約62億9000万~75億5000万円)とされるチェルシーのフランス代表MFエンゴロ・カンテ(29)の獲得資金を手にできるという。

その一方で、同メディアは移籍金+セルビア代表FWルカ・ヨビッチ(22)の買い取り義務付きのレンタルという可能性も伝えている。

また、ラウタロとマドリーに関しては年俸800万ユーロ(約10億円)の条件で個人間合意に近づいているようだ。

さらに、このビッグディールが成立した場合、インテルはアントニオ・コンテ監督が獲得を望むローマのボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ジェコ(34)の獲得でラウタロの穴を埋め、クロアチア代表FWイバン・ペリシッチ(31)を残留させる形でアタッキングユニットを構成するプランも持っているようだ。

『Sport Mediaset』が主張する一連の流れは、やや出来過ぎな感も否めないが、コロナ禍でいかなる可能性も排除できないメルカートにおいて実現の可能性はあるかもしれない。
コメント
関連ニュース
thumb

カンドレーバが吉田サンプドリアに買取義務付きレンタル、4年契約締結

DF吉田麻也の所属するサンプドリアは25日、インテルのイタリア代表MFアントニオ・カンドレーバ(33)を買い取り義務付きのレンタルで獲得したことを発表した。2024年6月までの契約を結んでいる。 2016年夏にラツィオから2200万ユーロの移籍金でインテルに加入したカンドレーバは、インテルで公式戦151試合に出場して18ゴール31アシストを記録。昨季は公式戦40試合の出場で7ゴール9アシストと主力として活躍し、インテルとは1年契約を残していたが、新シーズンに向けてインテルはレアル・マドリーからモロッコ代表DFアクラフ・ハキミを獲得しており、カンドレーバは控えに回ることが予想されていた。 2020.09.26 00:40 Sat
twitterfacebook
thumb

9日前にインテル加入のU-19スイス代表FWマレス、即ジェノアへ買取OP付きレンタル

ジェノアは25日、インテルのU-19スイス代表FWダリアン・マレス(19)を買い取りオプション付きのレンタルで獲得したことを発表した。なお、インテルは買い戻しオプションを付けているとのことだ。 U-19スイス代表で4ゴールを挙げている189cmの大型FWであるマレスは、2019年6月にルツェルンでプロデビュー。昨季はスイス・スーパーリーグで19試合に出場して1ゴール4アシストを記録していた。 そのマレスは今月16日に移籍金400万ユーロでインテルに加入し、2025年6月までの契約を結んだが、わずか9日後にジェノアへのレンタル移籍が決まる形となった。 2020.09.26 00:00 Sat
twitterfacebook
thumb

インテルの逸材FWエスポージトがセリエBのSPALへレンタル

セリエBのSPALは25日、インテルのU-21イタリア代表FWセバスティアーノ・エスポージト(18)を1年間のレンタルで獲得したことを発表した。 2014年にブレシアからインテルの下部組織に加入したエスポージトは、186cmの恵まれた体躯に加え、テクニックやスピード、得点感覚も兼ね備えた万能型ストライカー。 10代前半からその才能を遺憾なく発揮してきた逸材は、2019年3月に行われたフランクフルト戦でヨーロッパリーグ(EL)におけるクラブ最年少デビュー記録(16歳と255日)を樹立。 そして、昨年10月末にはドルトムント戦でチャンピオンズリーグ(CL)デビュー。その3日後のパルマ戦ではセリエAデビューも飾り、同年12月のジェノア戦ではPKによる得点ながらトップチーム初ゴールを挙げていた。 昨季は公式戦14試合の出場で1ゴールを挙げていた18歳は、セリエBで武者修行を積むこととなった。 2020.09.25 23:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ゴディン、3年契約でカリアリ移籍決定 わずか1年でインテルを去る

カリアリが24日、インテルに所属するウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディン(34)の獲得を発表した。契約期間は2023年6月30日まで。背番号は「2」を着用する。 アトレティコ・マドリー時代に公式戦389試合の出場数を誇り、2度のヨーロッパリーグ(EL)制覇やラ・リーガ優勝などに寄与したゴディンは昨夏の移籍市場でインテルにフリー加入。ケガによる出遅れもあったなか、公式戦36試合に出場した。 しかし、セリエAでの先発出場数は18試合。徐々に持ち味を発揮し出したが、アントニオ・コンテ監督の下で新たな環境や3バックの戦術にアジャストし切れず、1年での退団が取り沙汰され、カリアリ行きの憶測も浮上している状況だった。 妻ソフィアさんの父である元ウルグアイ代表のホセ・オスカル・エレーラ氏もプレーしたカリアリへの移籍を受け、自身のSNSを通じて、別れのメッセージを発信している。 「この1年間にインテルの家族全員から受けた愛情や尊敬の念に感謝する。世界的にも異例なシーズンだったが、僕らは良い仕事をして、チームをトップに返り咲かせようと大きな目標を目指して戦った。僕にはこのクラブを偉大なものにするファンとの思い出ができた。チームメイトや一緒に働いた人々、いつも笑顔で治療してくれた人々との思い出もね! 彼らにハグを送り、健闘を祈る」 2020.09.25 08:20 Fri
twitterfacebook
thumb

カンドレーバが吉田サンプドリアに完全移籍か

インテルのイタリア代表MFアントニオ・カンドレーバ(33)が、DF吉田麻也の所属するサンプドリアに完全移籍するようだ。イタリア『トゥットメルカート』が報じている。 同メディアによればカンドレーバは2023年6月までの3年契約にサインするとのことだ。年俸は170万ユーロ(約2億800万円)+ボーナスになるようだ。 2016年夏にラツィオから2200万ユーロの移籍金でインテルに加入したカンドレーバは、インテルで公式戦151試合に出場して18ゴール31アシストを記録。昨季は公式戦40試合の出場で7ゴール9アシストと主力として活躍し、インテルとは1年契約を残しているが、新シーズンに向けてインテルはレアル・マドリーからモロッコ代表DFアクラフ・ハキミを獲得しており、カンドレーバは控えに回ることが予想されている。 2020.09.25 00:00 Fri
twitterfacebook