シティがアトレティコDFヒメネスに112億円オファー、CB補強に動く

2020.09.14 21:10 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・シティが、アトレティコ・マドリーのウルグアイ代表DFホセ・ヒメネス(25)獲得に本腰を入れているようだ。スペイン『アス』によれば、シティはアトレティコへ正式オファーを提示したとのこと。移籍金8900万ユーロ(約112億円)に加え、ボーナスで500万ユーロ(約6億3000万円)をつけるようだ。

一方で、アトレティコはヒメネスの売却は望んでいないとのこと。ヒメネスには1億2000万ユーロ(約151億円)の契約解除条項が設定されているため、シティのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるチキ・べギリスタイン氏がアトレティコの最高経営責任者(CEO)を務めるミゲル・アンヘル・ジル・マリン氏と交渉をスタートさせたようだ。

シティとしてはチャンピオンズリーグ(CL)を戦い抜くだけのセンターバックを求めており、DFジョン・ストーンズ、DFアイメリク・ラポルテ、DFナタン・アケ、DFニコラス・オタメンディ、DFエリック・ガルシアがいるものの、もう1枚加えたい状況。2019-20シーズンはケガにも苦しみMFフェルナンジーニョが急増で務めた経緯もあり、手を打っておきたいようだ。

アトレティコも売却意思はないものの、新型コロナウイルス(COVID-19)による収入の減少を補うためには、解除条項に満たない8900万ユーロでも魅力を感じる可能性はあるとのことだ。

2013年7月に母国のダヌビオからアトレティコへ加わったヒメネスは、これまで公式戦191試合に出場し8ゴール8アシストを記録。2019-20シーズンはケガで離脱する時期もあったが、公式戦27試合に出場した。

シティはオファーが断られた場合に増額して再オファーを出す可能性があるとのこと。昨シーズンのロドリ獲得の際には解除条項を満額支払っていることもあり、1億2000万ユーロを支払う可能性もあるようだ。
コメント
関連ニュース
thumb

「ここにもっと長く滞在したい」契約は今シーズンまで、グアルディオラ監督がシティへの想いと決意を語る

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、クラブへの想いを口にした。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 2016年7月にバイエルンの監督を退任し、シティの指揮官に就任したグアルディオラ監督。就任から4シーズンでプレミアリーグ2連覇に加え、FAカップ1回、EFLカップは3連覇と多くのタイトルを獲得してきた。 2018-19シーズンには史上初となる国内三冠を達成するなど、シティを強豪の一角にまで押し上げたグアルディオラ監督だが、クラブとの契約は2020-21シーズン限りで切れることとなっている。 そのため、将来に関する憶測が高まる中、グアルディオラ監督が自身のクラブへの想いをコメント。長い間指揮を執りたいとした一方で、相応しい結果を残さなければいけないと語った。 「私はここにもっと長く滞在したい。ここは私が愛する場所だが、それに値する必要がある」 「このクラブは過去10年間で高い水準を達成した。そこをキープする必要がある」 「今シーズン、クラブの前身と改善していくという点で、私がそれに値するかどうかを確認するつもりだ」 「私はこれらの条件でクラブとは話をしなかった。彼らは私を9月の頭から今日まで押し付けることはなかった」 「彼らは私ができる限り最善を尽くし、全てのスタッフと選手と一緒に私の仕事をすることを可能にする。そして、これは継続するつもりだ」 「彼らは私に対し『これかあれをしなければならない』とか、『これかあれを勝ち取らなければならない』とは言わなかった」 「しかし、私の考えでは、クラブの基準を理解しているので、達成しなければそれに値するものではない。契約を延長するためには、勝たなければならない」 「それが起こるときは起こるものだ。今、我々は他の問題を抱えている」 2020.09.20 22:30 Sun
twitterfacebook
thumb

パス3本で相手ディフェンスを蹂躙!デ・ブライネがチェルシー戦で決めた破壊力抜群の中央突破【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はマンチェスター・シティのベルギー代表MFケビン・デ・ブライネが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆デ・ブライネが古巣チェルシー相手に見せた鮮やかな中央突破<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJVbmkwRDRISCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 育成の名門ヘンクの下部組織出身のデ・ブライネは、2012年1月にチェルシーと契約。しかし、充分なチャンスを与えられないままチェルシーを退団。しかし、その後ドイツで実力を発揮すると、2015年夏にマンチェスター・シティに移籍し、プレミアリーグに復帰した。 抜群のパスセンスやシュート技術に加え、ハードワークで守備もこなすなど、オールマイティな活躍を見せるデ・ブライネだが、2017年9月30日に行われた、プレミアリーグ第7節の古巣チェルシー戦では、味方との連携から見事なゴールを決めている。 0-0で迎えた67分、最終ラインからDFニコラス・オタメンディが敵陣やや右にいたデ・ブライネにパスを送ると、これをダイレクトで前線のFWガブリエウ・ジェズスと鮮やかな縦でのワンツー。流動的なパスワークでマークをズラしたデ・ブライネは、MFセスク・ファブレガスからのプレッシャーを振り切りフリーでボールを受けると、ボックス手前から左足で豪快なシュート。強烈なシュートはゴール右に決まり、見事なゴールが生まれた。 わずか3本のパスで敵のブロックの中央を切り裂きゴールを奪った見事な連携で、シティが1-0と勝利している。 2020.09.20 21:00 Sun
twitterfacebook
thumb

シティのCB補強が難航、U-21フランス代表DFクンデへの68億円オファーをセビージャが拒否

マンチェスター・シティが獲得を狙うU-21フランス代表DFジュール・クンデ(21)だが、セビージャはオファーを拒否したようだ。スペイン『マルカ』が伝えた。 昨シーズン、ボルドーからセビージャに加入したクンデは、快足を生かした守備範囲の広さと優れたタックル技術が武器のセンターバック。公式戦40試合に出場して、クラブのヨーロッパリーグ制覇に貢献していた。 そのクンデには、センターバックの補強を目指しているシティが興味。セビージャに対して5500万ユーロ(約68億円)のオファーを出していたが、セビージャがこれを拒否したとのこと。契約解除条項を守ることを求めたようだ。 セビージャがクンデに設定している解除条項は9000万ユーロ(約111億4000万円)とのこと。値下げをするつもりはないようだ。 シティは、アトレティコ・マドリーのウルグアイ代表DFホセ・ヒメネス(25)獲得に向けて9000万ユーロにボーナスを加えたオファーを出したものの拒否されていた。 ナポリのセネガル代表DFカリドゥ・クリバリ(29)もターゲットだったが、7600万ユーロ(約94億5000万円)の移籍金を渋っている状況。そしてクンデへのオファーを断られるなど、補強が進んでいない状況だ。 果たして一体誰を獲得することができるのか。シティのセンターバック人事はまだまだ決定しなさそうだ。 2020.09.20 19:45 Sun
twitterfacebook
thumb

シティで躍動するイングランド最強のウインガー、ラヒーム・スターリング【ピックアップ・プレイヤー】

サッカーでは、GK、DF、MF、FWとそれぞれ役割の全く異なるポジションで、それぞれにスター選手がいる。今回の企画『Pick Up Player』では、現役を問わず各クラブを代表する選手たちをプレー動画付きで紹介していく。 今回はマンチェスター・シティに所属するイングランド代表FWラヒーム・スターリング(25)だ。 <div id="cws_ad">◆スターリング、2019-20シーズンゴール集<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJJY0dCUjJqRSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> マンチェスター・シティやイングランド代表でプレーするスターリングの生まれはジャマイカ。2歳の頃に父親が射殺されるという悲しい過去を持ち、7歳の時にイギリスへ移住した。 ユース時代はクイーンズ・パーク・レンジャーズ(QPR)とリバプールで過ごし、2011-12シーズンの終盤のプレミアリーグ第30節のウィガン戦でトップチームデビューを果たした。2013-14シーズンには主力に定着し、ルイス・スアレス、ダニエル・スタリッジらとともにチームの優勝争いに貢献していたものの、在籍4年目となった2014-15シーズン、リバプール退団を希望したスターリングはサポーターの反感を買い、一部のサポーターからは脅迫や人種差別が相次いだ。 その後は無事にマンチェスター・シティへの移籍を果たすと、すぐに才能が爆発。シティの攻撃陣において欠かせない存在となっている。特に2016-17シーズンにジョゼップ・グアルディオラ監督が就任すると、決定力や連携面での向上が大きく見られ、より完成されたアタッカーへと進化を遂げた。2017-18シーズンからのプレミアリーグ連覇に貢献すると共に、2019年にはFWA年間最優秀選手賞を受賞した。 2019-20シーズンはチーム事情からほぼ左サイドに固定されると、得点力に磨きがかかり、シーズン3度のハットトリックを達成するなど、公式戦52試合に出場31ゴールとキャリアハイの数字を残している。 イングランド代表でも非凡な才能を発揮しているスターリングだが、私生活ではいろいろと問題を起こしている。2015年には、2度の脱法ドラッグ吸引が明らかになり、さらに同年10月には水タバコを吸っている姿が撮影されていた。 また2017年にプレシーズンツアーでアメリカに行った際には、関係を持った売春婦との間に騒動を起こすと、2019年には代表のチームメイトであるジョー・ゴメスと取っ組み合いのケンカを起こしている。 そうしたピッチ外での行動や、シティ移籍時の経緯などからやや過小評価されがちなスターリングだが、フットボールの実力は本物。2020-21シーズンは、レロイ・ザネがバイエルンに移籍したことから、再び左サイドでの起用が濃厚となるが、シティのプレミア王座奪還を目指す。 2020.09.20 17:00 Sun
twitterfacebook
thumb

イングランドが誇る若きタレント、スターリングのシティ初ゴール【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回はイングランド代表FWラヒーム・スターリングがマンチェスター・シティで決めた最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆スターリングがシティで決めた初ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJTcDk0U3ZiVyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> QPRの下部組織で育ち、若くしてリバプールユースに引き抜かれたスターリングは、2012年に同クラブでプロデビュー。すぐさまブレイクすると2015年夏にマンチェスター・シティに加入した。 爆発的なスピードを活かし、活躍するスターリングは、マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督の下で覚醒。課題だった決定力を伸ばし、ここまで公式戦243試合に出場し100ゴールを記録している。その記念すべき初ゴールは、2015年8月29日に行われた、プレミアリーグ第4節のワトフォード戦で決めたゴールだった。 0-0で迎えた47分、敵陣でチャンスを作ったMFダビド・シルバが右サイドに開いていたDFバカリ・サニャにパスを出す。ゴール前の絶妙の位置にサニャがクロスを上げると、後方からスターリングが走り込み、ニアポストで合わせてゴール。美しい崩しからクラブ初ゴールが生まれた。 シティはこの後さらにもう1点を加え、2-0で勝利している。 2020.09.20 15:00 Sun
twitterfacebook