シティがストーンズを売却か? CBの序列で4番手に…

2018.04.24 11:05 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・シティのイングランド代表DFジョン・ストーンズ(23)は、今夏シティを退団するかもしれない。イギリス『サン』が報じた。

▽ストーンズは、2016年8月に移籍金総額5000万ポンド(当時のレートで約66億3900万円)でエバートンから加入した逸材。シティでの1年目はプレミアリーグで27試合に出場していたが、今シーズンはシーズン序盤こそポジションを掴むも、負傷離脱もあり出場機会が減少していた。

▽さらに、1月にアスレティック・ビルバオから加入したフランス代表DFアイメリク・ラポルテとのポジション争いに敗れ、ベルギー代表DFヴァンサン・コンパニ、アルゼンチン代表DFニコラス・オタメンディに続くセンターバックとして4番手に序列が下がっていた。

▽ストーンズとシティの契約は2020年6月まであり、週給は10万ポンド(約1520万円)となるため、獲得できるクラブは限られているだろう。

▽アーセナルはアーセン・ヴェンゲル監督がストーンズに興味を示していたが、今シーズン限りで退任が決定。後任監督次第ではあるが、センターバックは補強ポイントでもあるため、獲得に乗り出す可能性はあるとされている。

▽また、リバプールも今冬にブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョをバルセロナに売却した資金があるため、ストーンズを狙うかもしれない。しかし、エバートン出身と考えると、難しいと見られている。

▽イングランド代表のガレス・サウスゲイト監督はストーンズを評価しており、ロシア・ワールドカップの出場は問題無いと見られている。しかし、年齢を考えれば出場機会が重要であり、新シーズンは新天地に活躍の場を求める可能性は多いようだ。


関連ニュース
thumb

ペップが怒り…相手の足を蹴って退場のDFに「彼がこれから学ぶことを願っている」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が退場処分を受けたイングランド代表DFカイル・ウォーカーの愚行に言及した。イギリス『BBC』が伝えている。 シティは7日にホームで行われたCLグループA最終節でRBライプツィヒと対戦。すでにグループステージ首位通過を決めていることから、数人の主力選手を温存しての一戦となった。 試合は前半に先制を許すと、後半にも追加点を奪われる苦しい展開に。それでも76分にFWリヤド・マフレズのゴールで1点を返し、追い上げムードとなる。しかし、その状況で迎えた83分、縦に仕掛けた相手FWアンドレ・シウバを追走したウォーカーが故意に後ろから足を蹴るファウル。当然のことながら、この愚行にはレッドカードが掲示されてしまった。 ラウンド16の1stレグでの出場停止が確定したウォーカーに対し、グアルディオラ監督は苦言を呈している。 「カイル・ウォーカーは我々にとって重要な選手であり、このような形で失うのは不必要だ」 「彼がこれから学ぶことを願っている。レッドカードは、特にラウンド16で我々にダメージを与えるものだ」 「間違いなくレッドカードだ。ドレッシングルームで何が起こったかを言うためにここに来たのではない」 会見では、かなり深刻なトーンで質問に応答しており、グアルディオラ監督にとっては受け入れられないものだったようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】ペップ怒りの会見とウォーカーが相手に蹴りを入れたシーン</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">&quot;It&#39;s a red card definitely. I&#39;m not coming here to say what happened in the dressing room.&quot;<br><br>Pep Guardiola had no complaints with Kyle Walker&#39;s red card <a href="https://t.co/N4SOX6lTlp">pic.twitter.com/N4SOX6lTlp</a></p>&mdash; Football Daily (@footballdaily) <a href="https://twitter.com/footballdaily/status/1468497657870131202?ref_src=twsrc%5Etfw">December 8, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">No, such a stupid move from Walker, especially in a game that means nothing. He will now miss the first Round of 16 tie because of this <a href="https://t.co/q2mu1972hu">pic.twitter.com/q2mu1972hu</a></p>&mdash; Has the Referee or VAR made a poor decision? (@PoorEPLreferees) <a href="https://twitter.com/PoorEPLreferees/status/1468301851795898376?ref_src=twsrc%5Etfw">December 7, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.12.08 19:45 Wed
twitterfacebook
thumb

最終節黒星も、グアルディオラ監督はCLでの戦いに満足「我々にとって素晴らしいグループステージだった」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、チャンピオンズリーグ(CL)での戦いに満足感を示した。クラブ公式サイトが伝えている。 シティは7日にホームで行われたCLグループA最終節でRBライプツィヒと対戦。すでにグループステージ首位通過を決めていることから、数人の主力選手を温存しての一戦となった。 試合では、グループ3位を目指しモチベーションの高かった相手チームの勢いを受け前半に失点を許すと、後半にも追加点を奪われる展開に。FWリヤド・マフレズのゴールで1点を返したものの、83分にDFカイル・ウォーカーが一発退場となったこともあり、そのまま1-2で敗れた。 この結果、シティの公式戦連勝は「7」でストップ。消化試合でありながらDFナタン・アケやMFフィル・フォーデンが負傷交代、退場処分を受けたウォーカーはラウンド16での出場停止となるなど、後味の悪い試合となっている。 試合後グアルディオラ監督は、この試合では満足できるパフォーマンスができなかったと認めつつ、グループステージ全体を見れば素晴らしい戦いができたと強調。CLでの戦いを振り返り、予想以上に厳しい戦いだったことを認めた。 「後半の我々はより良いプレーができたと思う。積極的に、試合に勝つためプレーしたが、負けてしまったのだからライプツィヒにはおめでとうと言いたい」 「前半はリズムを欠き、コンタクトにも問題があったと思う。相手は本当に良いチームであり、それはグループステージで戦う前から理解していた。とはいえ、我々の後半はずっと良くなった。残念ながら、1つ、2つのミスで罰せられてしまった」 「我々は信じられないようなグループステージを戦ってきた。トップグループで1試合を残してグループステージ通過となったのだから、すべての試合のパフォーマンスに満足している。2月には、可能な限り最高のコンディションで臨めることを願いたい」 「ゴールを許すこともあるが、それ以上に得点することもある。もちろん、失点しないに越したことはないが、今日の前半を除けばすべての試合で相手よりはるかに良いプレーができた。全体的に見れば、我々にとって素晴らしいグループステージだっただろう」 2021.12.08 11:49 Wed
twitterfacebook
thumb

指揮官解任ライプツィヒが意地の3位フィニッシュ! ウォーカー愚行退場で敗戦のシティは公式戦連勝が「7」でストップ《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)のグループA最終節、RBライプツィヒvsマンチェスター・シティが7日にRBアレーナで行われ、ホームのライプツィヒが2-1で勝利した。 ライプツィヒは前節、ホームでの初戦で1-2の敗戦を喫したクラブ・ブルージュとのアウェイゲームで5-0の圧勝。今グループステージ初勝利を挙げると共に、当該成績で優位に立ち3位で最終節を迎えることに。そして、ヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント進出が懸かる最終節では前回対戦で大敗したイングランド王者と対戦した。 ブンデスリーガで3連敗中のチームは成績不振を理由に、今季から就任したマーシュ監督を解任。アシスタントコーチのバイアロルツァー氏を暫定指揮官に据えた一戦では、敗れたウニオン・ベルリン戦から先発2人を変更。アダムスとヘンリクスに代えてフォルスベリ、カンプルを起用した。 一方、パリ・サンジェルマンとの首位攻防戦をきっちり勝利して最終節を前に首位通過を決定したシティ。週末に曲者ウォルバーハンプトンとのリーグ戦を控える中、公式戦8連勝を目指したアウェイゲームでは、GKエデルソン、ルベン・ディアス、カンセロ、ベルナルド・シウバら一部主力を温存も、コンディション向上を図るデ・ブライネ、フォーデン、グリーリッシュをスタートから起用した。 ドイツ国内での新型コロナウイルス感染拡大を受け、無観客での開催となったこの試合。グリーリッシュを最前線に配置したシティが立ち上がりからボールを握る展開となるが、より勝利へのモチベーションが高いライプツィヒがカウンターの形から良い形で応戦を見せる。 15分にはボックス右に抜け出したライナーがこぼれ球を受け直してニア下を狙ったシュートを放つが、これはGKシュテッフェンの好守に遭う。その後はシティが右サイドのウォーカーの攻め上がりを起点に続けてチャンスを作り出すが、決め切るまでには至らない。 すると、前半20分過ぎにホームチームが一瞬の隙を突いて先制に成功する。アンドレ・シウバを狙ったロングボールのこぼれ球をハーフウェイライン付近で回収したライナーが右足アウトを使った絶妙なスルーパスをハイラインの背後へ供給。これに抜け出したショボスライがボックス内まで運んで冷静にGKとの一対一を制した。 幸先よく先制に成功したライプツィヒはややバタつくアウェイチームの隙を突いて畳みかける攻めを見せると、26分にはボックス内でフォルスベリの右足シュート、39分には同じくボックス内でアンドレ・シウバがゴール至近距離からヘディングシュートを放つが、いずれもGKステッフェンのビッグセーブに阻まれる。 一方、なかなか相手を押し込んだ形から決定機まで至らないシティだったが、セットプレーの場面で制空権を握ったアケのヘディングなどでゴールチャンスを窺うと、42分に最大の決定機が訪れる。カウンターからデ・ブライネのスルーパスに抜け出したフォーデンがボックス左から得意の左足を振るが、GKグラーチに触られてコースが変わったボールは右ポストを叩く。さらに、直後にもデ・ブライネの直接FKでグラーチを脅かしたが、前半のうちに追いつくことはできなかった。 迎えた後半、ビハインドを追うシティはフォーデンを下げてスターリングをハーフタイム明けに投入。対するライプツィヒはコンディションの問題か、クロステルマンを下げてシマカンを同じタイミングで投入した。 前半同様に後半も押し込む展開を作り出すシティだったが、より重心を後ろに置くライプツィヒの粘りの守備に遭い、ボックス付近までは比較的容易にボールを運ぶが、その後がうまくいかず。完全に攻めあぐねる。 一方、やや疲労が出始めたライマーに代えて63分にアダムスを投入したライプツィヒは、後半最初の決定機を確実にゴールへ結びつける。71分、ハーフウェイライン付近の左サイドでのボール奪取からフォルスベリが鋭い縦への仕掛けでボックス内に侵入。ボックス中央でDFと駆け引きしたアンドレ・シウバに横パスが繋がると、ポルトガル代表FWがゴール右下隅へ冷静に右足のシュートを流し込んだ。 耐え切れずに痛恨の2失点目を喫したシティだがすぐさま反撃に転じる。すると、76分には左サイドのスペースに飛び出したジンチェンコからの完璧なアーリークロスに大外で反応したマフレズが見事なダイビングヘッドを叩き込み、ようやく1点を返す。さらに、畳みかけるアウェイチームは80分、ボックス左で細かい仕掛けを見せたグリーリッシュが右足のシュートを放つが、これは惜しくもDFに触られて枠の右に外れる。 だが、この追い上げムードに水を差す事件が発生。83分、縦に仕掛けたアンドレ・シウバを追走したDFウォーカーが故意に後ろから足を蹴る愚行を犯すと、レッドカードが掲示される。この退場によってウォーカーはラウンド16初戦に加え、追加処分によっては2、3試合の出場停止の可能性も出てきた。 この退場で敗色濃厚となったシティは負傷したアケに代えてルベン・ディアス、デ・ブライネに代えてパーマーを最後の交代カードとして切るが、試合はこのままホームチームが逃げ切りに成功した。 この結果、シティにリベンジを果たしたライプツィヒが3位でのEL決勝トーナメント進出を決めた。一方、敗れたシティは公式戦連勝が「7」でストップしている。 2021.12.08 04:36 Wed
twitterfacebook
thumb

【CLグループ最終節プレビュー①】ミラン、アトレティコ、ポルト三つ巴の2位争いの行方は?

チャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ最終節が12月7日と8日に開催される。ここではグループステージ最終節1日目となるグループA~Dの戦いを展望を紹介していく。 ◆ライプツィヒとブルージュの3位争い~グループA~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20211205_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> グループAでは前節の上位対決の結果、マンチェスター・シティ(勝ち点12)の首位通過及び、パリ・サンジェルマン(勝ち点8)の2位通過が確定した。そして、この最終節では勝ち点4で並ぶRBライプツィヒと、クラブ・ブルージュがヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント進出を懸けた3位争いに挑む。 ライプツィヒは前節、ホームでの初戦で1-2の敗戦を喫したブルージュとのアウェイゲームをMFエンクンク、MFフォルスベリの2ゴールずつの活躍などで5-0の圧勝。今グループステージ初勝利を挙げると共に、当該成績で優位に立ち3位で最終節を迎えることに。そして、ホームで戦う最終節ではすでに首位通過を決めたシティと対戦する。 対戦相手のシティは週末に曲者ウォルバーハンプトンとのリーグ戦を控えており、今回のアウェイゲームで控えや若手主体のスカッドで戦う可能性が高い。そのため、3-6で大敗した前回対戦のような試合展開になる可能性は低いはずだ。ただ、ブンデスリーガで3連敗中のチームは成績不振を理由に、今季から就任したマーシュ監督を解任。今回の一戦はアシスタントコーチのバイアーロルツァー氏を暫定指揮官に据えて戦うことになる。指揮官解任に揺れるチームは格上シティを撃破し、自力で3位フィニッシュを決められるか…。 一方、1勝1分けの好スタートから一転、直近の3連敗で決勝トーナメント進出を逃したブルージュは、前回対戦で1-1のドローに持ち込んだPSGを相手に逆転での3位フィニッシュを目指す。対戦相手のPSGは国内リーグ首位を独走しているものの、直近2試合連続ドローと勝ち切れない試合が続いており、週末に控える難敵モナコとの一戦に向けて主力温存の可能性が高い。そのため、前回対戦のように粘り強く戦えれば、勝ち点を持ち帰ることは十分に可能なはずだ。 【グループA】 ▽12/7(火) 《26:45》 パリ・サンジェルマン vs クラブ・ブルージュ RBライプツィヒ vs マンチェスター・シティ ◆残り1枠を巡る三つ巴の争い~グループB~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20211205_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 激戦区グループBでは5連勝のリバプール(勝ち点15)が早々に首位通過を決めた中、ポルト(勝ち点5)とミラン(勝ち点4)、アトレティコ・マドリー(勝ち点4)が残り1枠を懸けて運命の最終節に臨む。 前節、救世主メシアスの劇的CL初ゴールによってアトレティコを破り今グループステージ初勝利を手にしたミラン。グループ全体の得失点差でアトレティコを上回り3位に浮上。自力突破の可能性はないものの、リバプールをホームで迎え撃つ今節での勝利且つ、ポルトとアトレティコが引き分けか、アトレティコ勝利も得失点差で上回られなければ、逆転突破を決められる。 リバプールはすでに首位通過が決定していた前節はホームゲームということもあり、一部主力を起用していたが、アウェイ開催の今節では週末に控えるスティーブン・ジェラード率いるアストン・ビラとのリーグ戦を睨み、控えと若手中心のスカッドで臨む可能性が高い。なお、直近のウォルバーハンプトン戦で公式戦9戦ぶりに出場機会なしに終わったリバプールのFW南野拓実はポルト戦に続きスタメン起用が有力視されており、今季CL初ゴールが期待されるところだ。 一方、ミランは直近のサレルニターナ戦で前半早い時間帯に2点を奪って試合を決めたこともあり、FWイブラヒモビッチに完全休養を与えたほか、一部主力を早い時間帯にベンチに下げており、DFケアーや負傷離脱者を除き盤石の状態でこのホームゲームに臨めるはずだ。 リバプールのミラン撃破を期待しつつ運命の直接対決に臨むポルトとアトレティコ。前節終了時点で自力突破の可能性を有するポルトは勝利で文句なく突破が決まり、引き分けでもミランが引き分け以下に終わった場合突破できるため、状況次第では同時刻開催のミラン戦の状況を確認しつつの戦いとなる。CLの舞台では直近2戦未勝利も、国内リーグでは8連勝中と好調を維持しており、持ち味の堅守速攻を武器に2位通過を狙う。 対するアトレティコは前節のホームゲームで土壇場に失点を喫し、勝利はおろかドローにも持ち込めず。当該戦績で完全に並んだミランにグループ全体の得失点差で「1」上回られて最下位に転落。最終節での逆転突破にはポルト相手の勝利が必須となり、さらにミランが勝利した場合には大量得点を奪って得失点差や総得点で上回る必要がある。ただ、直近のリーグ戦ではホームで格下マジョルカに後半終盤の連続失点で痛恨の逆転負けを喫しており、チーム状態は芳しくない。直近4試合ゴールから遠ざかるエースFWルイス・スアレスらの奮起が求められるところだ 【グループB】 ▽12/7(火) 《29:00》 ミラン vs リバプール ポルト vs アトレティコ・マドリー ◆順位確定済…アヤックスは全勝突破狙う~グループC~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20211205_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 開幕前には混戦が予想されたグループCだが、前節でアヤックス(勝ち点15)の首位通過、スポルティング・リスボン(勝ち点9)の2位通過、ドルトムント(勝ち点6)の3位敗退とすべての順位が確定した。 そのため、この最終節は完全に消化試合となり、注目ポイントはアヤックスの全勝突破、5戦全敗で最下位のベシクタシュ(勝ち点0)が初勝利を挙げられるかという2点ぐらいか。 アヤックスはスポルティングとの前回対戦で、今大会ここまでバイエルンFWレヴァンドフスキと並び得点ランキングトップ(9ゴール)に立つFWアラーが4ゴールを挙げる活躍をみせ、5-1の圧勝を飾っており、今回のホームゲームでの勝ち点3奪取の可能性は高そうだ。 【グループC】 ▽12/7(火) 《29:00》 アヤックス vs スポルティング ベシクタシュ vs ドルトムント ◆首位通過を懸けた強豪対決~グループD~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20211205_100_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> モルドバ勢としてグループステージ初出場となったシェリフ(勝ち点6)の健闘が光ったグループDだが、前節でレアル・マドリー(勝ち点12)とインテル(勝ち点10)の決勝トーナメント進出が決定。また、シェリフの3位とシャフタール(勝ち点1)の最下位も確定している。 そして、今回の最終節ではマドリーとインテルが首位通過を懸けて激突する。 公式戦8連勝と絶好調のマドリーは直近のラ・リーガではアスレティック・ビルバオ、レアル・ソシエダというバスク勢相手に2試合連続クリーンシートでの勝利と抜群の安定感を誇る。ただ、そのソシエダ戦でハムストリングに軽傷を負ったエースFWベンゼマが欠場となるため、絶好調のFWヴィニシウスに加え、代役を担うFWヨビッチやFWアザールのパフォーマンスが重要となる。また、週末にアトレティコとのマドリード・ダービーを控えていることもあり、アンチェロッティ監督は一部のポジションでターンオーバーを行う可能性もありそうだ。 一方、10シーズンぶりの決勝トーナメント進出を決めたインテルだが、昨シーズンのグループステージからマドリー相手に3連敗を喫しており、今回の首位攻防戦ではリベンジを果たしたいところ。5連勝を含む公式戦11戦無敗と好調を維持するチームは、直近のリーグ戦でローマを相手に3-0の完勝を収めた上、前半の3ゴールで早々に試合を決めたことで、主力を早い時間帯にベンチへ下げている。また、週末のリーグ戦の対戦相手は下位に低迷するカリアリが相手となるため、マドリー撃破に向けて全力を注ぎたいところだ。 【グループD】 ▽12/7(火) 《29:00》 レアル・マドリー vs インテル シャフタール vs シェリフ 2021.12.07 18:00 Tue
twitterfacebook
thumb

3回戦組み合わせ決定!王者レスターvsワトフォードなど3カードでプレミア勢対決が実現《FAカップ》

FAカップ3回戦の組み合わせ抽選会が6日に行われた。 イングランドサッカー協会(FA)に登録されている全てのクラブが出場可能なFAカップ。2020-21シーズンはレスター・シティが制した大会だが、その3回戦の組み合わせが決定した。 前回王者のレスターは、クジ運も悪く3回戦ながらプレミアリーグのクラブと対戦。ワトフォードを迎えることが決定した。 また、2シーズン連続ファイナリストのチェルシーは、5部に所属するチェスターフィールドと対戦。プレミアリーグ王者のマンチェスター・シティは、4部のスウィンドンと対戦する。 その他、プレミアリーグ勢の対戦はマンチェスター・ユナイテッドvsアストン・ビラ、ウェストハム vs リーズが組まれた。また、冨安健洋の所属するアーセナルは2部に所属するノッティンガム・フォレストと、南野拓実の所属するリバプールは3部のシュルーズベリーと対戦する。 3回戦は2021年1月8日~10日にかけて開催される。FAカップ3回戦組み合わせは以下の通り。 ◆FAカップ3回戦 ボレアム・ウッド(5) vs ウィンブルドン(3) ヨービル・タウン(5) vs ボーンマス(2) ストーク・シティー(2) vs レイトン・オリエント(4) スウォンジー(2) vs サウサンプトン チェルシー vs チェスターフィールド(5) リバプール vs シュルーズベリー(3) カーディフ(2) vs プレストン(2) コヴェントリー(2) vs ダービー・カウンティ(2) バーンリー vs ハダースフィールド(2) WBA(2) vs ブライトン&ホーヴ・アルビオン キダーミンスター・ハリアーズ(6) vs レディング(2) レスター・シティー vs ワトフォード マンスフィールド(4) vs ミドルズブラ(2) ハートリプール(4) vs ブラックプール(2) ハル・シティー(2) vs エバートン ブリストル・シティー(2)(4) vs フルアム(2) トッテナム vs モアカム(3) ミルウォール(2) vs クリスタル・パレス ポートヴェイル(4) vs ブレントフォード スウィンドン(4) vs マンチェスター・シティー ウィガン(3) vs ブラックバーン(2) ルートン・タウン(2) vs ハロゲート・タウン(4) バーミンガム(2) vs プリマス(3) マンチェスター・ユナイテッド vs アストン・ビラ ウォルバーハンプトン vs シェフィールド・ユナイテッド(2) ニューカッスル vs ケンブリッジ・ユナイテッド(3) バーンズリー(2) vs イプスウィッチ・タウン(3)orバロー(4) ピーターバラ(2) vs ブリストル・ローヴァーズ(4) ウェストハム vs リーズ QPR(2) vs ロザラム(3) チャールトン(3) vs ノリッジ ノッティンガム・フォレスト(2) vs アーセナル ※数字は所属カテゴリー 2021.12.07 07:40 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly