PSGのレオナルドSDがメッシ獲得を考えたと告白「退団したいと言った時、誘惑された」

2020.09.07 12:30 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パリ・サンジェルマン(PSG)のスポーツ・ディレクター(SD)を務めるレオナルド氏が、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(33)の獲得に興味を持っていたことを認めた。イギリス『デイリー・メール』が伝えた。今夏に13歳から過ごしたバルセロナ退団希望を表明したメッシ。クラブへの不満やジョゼップ・マリア・バルトメウ会長を批判したが、7億ユーロ(約880億円)という契約解除金が障壁となり、最終的に自らの口で残留を表明した。

そのメッシの移籍先にはバルセロナ時代に師弟関係を築いたジョゼップ・グアルディオラ監督が率いるマンチェスター・シティやインテルなどが浮上。そのなかで、レオナルドSDは、2013年冬に加入したデイビッド・ベッカム氏を引き合いに出しメッシの獲得に興味があったことを認めた。

「今の経済的状況を考えると、難しかった。メッシが退団したいと言った時、我々は誘惑された。自分に問いかけた。獲得可能か? そうしたら完全に議論から外れた選手だった」

「わからなかった。デイビッド・ベッカムはパリに移籍してきた。だから、メッシもパリに来たかって?わからない。それがフットボールだ。誰もが交渉の席に座って、全てを知り、前進する」
コメント
関連ニュース
thumb

トゥヘル、PSGと契約延長の意思なし? ユナイテッド行きの可能性も

パリ・サンジェルマン(PSG)を率いて3シーズン目のトーマス・トゥヘル監督だが、来季以降の契約延長は考えていないようだ。 これまでマインツやドルトムントの監督を歴任してきたトゥヘル監督は、2018年夏にPSGの指揮官に就任した。クセの強そうなスター軍団をまとめ上げ、2017-18シーズンから続くリーグ・アン連覇を継続。さらに昨季はチャンピオンズリーグ準優勝に導くなど、その手腕を巡ってはやや疑問の声も挙がっていたドイツ人指揮官だが、見事に名誉挽回を果たした。 その功績もあり、元々2年契約だったところを今夏に1年延長。今季はリーグ戦では首位をキープし、チャンピオンズリーグではグループ突破まであと一歩に迫っている。 まずまずの成績を残すトゥヘル監督だが、フランス『Le Parisien』によると、来季以降の契約更新の意思はないという。さらにドイツ『ビルト』は、マンチェスター・ユナイテッドが47歳指揮官の招へいを検討していると報じている。 『Le Parisien』はまた、すでに代理人に接触しているヨーロッパのトップクラブもあると推測しており、今後の動きに注目が高まっている。 2020.12.05 19:16 Sat
twitterfacebook
thumb

PSGデビューからわずか17分!ディ・マリアが記録した美しい捻りアシスト【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はパリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアが決めたアシストだ。 <div id="cws_ad">◆ディ・マリアがPSGデビュー戦で決めたアシスト<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI4SVE5bXZLdiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ディ・マリアは、2015年夏にマンチェスター・ユナイテッドからPSGに移籍。プレミアリーグでは難しい時間を過ごしたが、新チームでは輝きを取り戻し、主力として活躍している。 PSG加入当初、ケガで出遅れたディ・マリアだったが、デビュー戦となった2015年8月30日に行われたリーグ・アン第4節のモナコ戦では、いきなり見事なアシストを記録した。 この試合で66分に途中出場を果たし、PSGデビューを飾ったディ・マリア。すると、出場から17分後の83分、自陣のセンターサークル付近でディ・マリアがボールを持つ。 前線を確認すると、体を捻りながら素早くロングパスを送る。正確なパスが裏へ抜け出したFWエセキエル・ラベッシにピンポイントで収まり、ラベッシが強烈なシュートを決め、試合を決定付ける3点目を挙げた。 試合は、3-0でPSGがそのまま逃げ切り、快勝している。 2020.12.04 22:00 Fri
twitterfacebook
thumb

チアゴ・シウバの折り返しからマルキーニョスがズドン!DFコンビが頭で繋いだ連携ゴール【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はパリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表DFマルキーニョスが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆マルキーニョスとシウバのコンビで決めたゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJGTE1ZaERQZSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2013年夏にローマからPSGに加入したマルキーニョスは、主力として定着。タレント豊富なチームの中でも、安定した出場機会を得て活躍している。 同胞のDFチアゴ・シウバとCBとしてコンビを組むことも多かったマルキーニョスだが、2017年2月26日に行われたリーグ・アン第27節のマルセイユ戦では、CBペアの連携からゴールを奪っている。 0-0で迎えた6分、PSGが相手陣内中央でFKを得ると、ボックス左に開いていたシウバに浮き球のパスが入る。シウバが高いジャンプからヘディングで中央に折り返すと、マルキーニョスがファーポストから走り込み頭で合わせる。叩きつけるようなヘディングは見事に決まり、先制ゴールとなった。 このゴールでPSGが勢いに乗ると、強豪マルセイユ相手に5-1の大勝を収めている。 2020.12.04 21:00 Fri
twitterfacebook
thumb

先日プロデビューのペンベレがPSGと契約更新!

パリ・サンジェルマン(PSG)は4日、U-18フランス代表DFティモテー・ペンベレ(18)と2024年までの新契約を結んだことを発表した。 コンゴにルーツを持つフランス生まれのペンベレ。2015年にPSGの下部組織に入団し、先日のリーグ・アン第12節のボルドー戦でプロデビューを果たしたばかりの18歳だ。 DFプレスネル・キンペンベの相方CBとして、デビュー戦にして先発出場したが、開始10分に相手のCKをクリアし損ねオウンゴールを献上。試合も2-2の引き分けに終わり、フル出場したものの、なんともほろ苦いデビュー戦となってしまった。 それでも以前はチェルシーやドルトムントが関心を示すなど高い評価を受けているペンベレ。各世代のフランス代表に名を連ねる逸材の成長はこれからだ。 2020.12.04 20:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド撃破のPSG、選手たちがドレッシングルームで歓喜

パシ・サンジェルマン(PSG)の選手たちが、マンチェスター・ユナイテッド撃破を大いに喜んでいる。 PSGは2日、チャンピオンズリーグ(CL)グループH第5節でユナイテッドと対戦。6分にネイマールが先制ゴールを記録するも、32分にマーカス・ラッシュフォードのゴールで同点とされていた。 <div id="cws_ad">◆PSGの選手たちがドレッシングルームで歓喜爆発<div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI4Rm5keVJYNCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> しかし後半に入り、69分にマルキーニョスのゴールで勝ち越すと、後半アディショナルタイムにはネイマールがダメ押しゴール。1-3で勝利を収めていた。 第1節のホームゲームでは1-2で敗れていたPSG。アウェイの地でリベンジを果たすとともに、グループ首位に浮上。最終節に決勝トーナメント進出の可能性を残すことに成功した。 試合後、ドレッシングルームに戻ってくる選手たちが歓喜を爆発、キリアン・ムバッペやモイぜ・ケアン、ラフィーニャはガッツポーズでドレッシングルームに戻ると、選手同士で抱擁。また、貴重な勝ち越しゴールを決めたマルキーニョスも選手たちと握手をしながら、勝利を称えあった。 グループHは首位のPSG、マンチェスター・ユナイテッド、RBライプツィヒの3チームが勝ち点9で並ぶ大混戦。8日の最終節ではPSGvsイスタンブール・バシャクシェヒル、RBライプツィヒvsマンチェスター・ユナイテッドのカードが組まれている。 2020.12.03 20:05 Thu
twitterfacebook





NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly