元浦和FWレオナルドがわずか半年で山東泰山を退団…河北足球倶楽部がレンタルでの獲得を発表

2021.07.30 23:10 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
中国スーパーリーグに所属する河北足球倶楽部は30日、山東泰山からブラジル人FWレオナルド(24)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。

レオナルドは、2018年にサントスからガイナーレ鳥取へ加入すると明治安田J3で31試合に出場し24得点を記録し得点王を獲得。さらに2019年に移籍したアルビレックス新潟でも、明治安田J2で38試合に出場し28得点を記録。J2でも得点王に輝くと、浦和レッズへ活躍の場を移した。

浦和では明治安田J1で28試合に出場し11得点を記録。3年連続得点王はならなかったが、2桁得点をマークするなど一定の結果を残すと、今年2月に2026年までの5年契約で山東泰山へ電撃移籍。4月20日行われた開幕節の重慶力帆戦では、途中出場ながら移籍後初ゴールを記録したが、その後は出場した8試合で無得点に終わっていた。

そんな中、山東泰山は先日ブラジルのアトレチコ・パラナエンセからブラジル人DFジャジソンを獲得を発表。ジャジソンの加入により、レオナルドは外国人枠の関係で30日の第10節河南嵩山龍門戦でメンバー外となっており、中国の一部メディアでは、山東泰山からの退団が報じられていた。
(※写真は浦和レッズ在籍時のもの)

関連ニュース
thumb

中国でプレーするフェライニが欧州復帰? 恩師が率いるプレミアクラブ行きか?

現在は中国でプレーする元ベルギー代表MFマルアン・フェライニ(33)がアジアでのキャリアを終えることになるようだ。ベルギー『Voetbal24』が報じた。 フェライニは、スタンダール・リエージュやエバートン、マンチェスター・ユナイテッドでプレーした後、2019年2月に中国スーパーリーグの山東泰山に加入。アジアでのキャリアをスタートさせた。 山東泰山では中国スーパーリーグで34試合に出場し11ゴール4アシスト、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)では8試合に出場し4ゴール1アシストを記録していた。 フェライニは山東泰山との契約が2021年12月末までとなっているが、現状シーズンがスタートしていないことや、クラブのAFCクラブライセンス規定違反によりACLの出場権が剥奪されるなど、問題を抱えている。 『Voetbal24』によると、フェライニは山東泰山との契約を早期解約する可能性があるとのこと。そして、ヨーロッパへと復帰する目論見があるようだ。 移籍先として浮上しているのはトッテナム。ユナイテッド時代の恩師であるジョゼ・モウリーニョ監督が望んでいるとのことだ。モウリーニョ監督は満足いく結果は残せていないものの、解任することで多額の違約金が発生することもあり、来シーズンも指揮を執る予定だ。 フェライニはベルギー代表への復帰も目指しており、ユーロ2020には間に合わないものの、2022年12月のカタール・ワールドカップを目指す意向。中国移籍後は招集が一度もないだけに、ヨーロッパ復帰を検討しているとのことだ。 2021.04.12 16:40 Mon
twitterfacebook
thumb

中国の山東泰山が浦和FWレオナルドの正式加入を発表、隔離後に合流へ

中国スーパーリーグの山東泰山は22日、浦和レッズのブラジル人FWレオナルド(23)の移籍完了を発表した。 浦和も22日に移籍で合意したと発表していたが、山東泰山は移籍の手続きが完了し、チームに正式に加入したとしている。 なお、レオナルドは中国に到着し、新型コロナウイルスの感染防止対策として検疫期間に入るとのこと。その期間が終了後、チームに合流するとのことだ。 山東泰山はこれまで山東魯能として活動。今シーズンからチーム名を変更していた。 昨シーズンまでは元イタリア代表FWグラツィアーノ・ペッレが在籍していたが、昨年限りで退団しパルマへと移籍。現在は元ベルギー代表MFマルアン・フェライニが在籍していることでも知られている。 今シーズンはAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の出場権を持っていたものの、クラブの財政問題により出場資格を剥奪されていた。 レオナルドは、2018年にサントスからガイナーレ鳥取へ加入。明治安田J3で31試合に出場し24得点を記録し得点王に輝いた。2019年にアルビレックス新潟へ移籍すると、明治安田J2で38試合に出場し28得点を記録。J2でも得点王に輝くと、浦和へ活躍の場を移した。 浦和では明治安田J1で28試合に出場し11得点を記録。3年連続得点王はならなかったが、一定の結果を残していた。 2021.02.23 10:10 Tue
twitterfacebook
thumb

浦和FWレオナルドの山東泰山への移籍が合意「『さようなら』ではなく、『またね!』でありますように」

浦和レッズは22日、FWレオナルド(23)が中国スーパーリーグの山東魯能泰山への完全移籍で合意したことを発表した。 レオナルドは、2018年にサントスからガイナーレ鳥取へ加入。明治安田J3で31試合に出場し24得点を記録し得点王に輝いた。2019年にアルビレックス新潟へ移籍すると、明治安田J2で38試合に出場し28得点を記録。J2でも得点王に輝くと、浦和へ活躍の場を移した。 浦和では明治安田J1で28試合に出場し11得点を記録。3年連続得点王はならなかったが、一定の結果を残していた。 シーズン終了後に移籍の噂が浮上したが、ここまで決まらず。それでも、最終的には中国へ移籍することとなった。 レオナルドはクラブを通じてコメントしている。 「チームの目標を達成することができずに、浦和を去ることになったことを悲しく感じています。しかし同時に、みんなに歓迎され、愛され、サポートいただいたことを幸せに思っています。これまでの温かい応援ありがとうございました。いつかこのチームに戻ってきて、浦和での物語の続きを再開できればと思います。『さようなら』ではなく、『またね!』でありますように」 また、西野努テクニカルディレクターもコメントしている。 「クラブとしては目標達成する上で重要な戦力であり、監督を含め本人とも話し合いましたが、本人の挑戦したい、という固い意志もあり、シーズン開幕直前ですが中国のクラブへ移籍することとなりました。クラブのために全力で戦ってくれたレオナルド選手の新天地での活躍を応援しています」 「今後の戦力補強については、焦点を絞り、的確な戦力を迎え入れるために情報収集を行っております。チームの目標達成に向け、4月2日までの移籍ウインドーと夏の移籍ウインドーで色々な可能性を引き続き検証し、最善を尽くしていきます」 2021.02.22 19:30 Mon
twitterfacebook
thumb

美人すぎるフィアンセが話題の元イタリア代表FWペッレが古巣パルマに加入へ

パルマが元イタリア代表FWグラッツィアーノ・ペッレ(35)の獲得に近づいているようだ。イタリア『カルチョ・メルカート』が伝えた。 ペッレはレッチェの下部組織出身で2003年7月にファーストチーム昇格。その後はカターニャやクロトーネ、チェゼーナへとレンタル移籍。2007年7月にAZへと完全移籍する。 2011年7月にはパルマへと完全移籍。その後、サンプドリア、フェイエノールトへのレンタル移籍を経て、2013年7月に完全移籍。サウサンプトンでのプレーを経て、2016年7月に中国スーパーリーグの山東魯能(現・山東泰山)へと完全移籍していた。 イタリア代表としても20試合に出場し9ゴールを記録したペッレは、ユーロ2016に出場。主軸としてプレーした他、美人すぎる彼女が大きな注目を集めていた。 ペッレは2020シーズン限りで山東泰山を退団し、現在はフリーに。このオフは、話題の彼女との婚約が注目されていた。 中国スーパーリーグで101試合に出場し51ゴール21アシストを記録したペッレだが、3日に古巣でもあるパルマのメディカルチェックを受けるとのことだ。 すでに冬の移籍市場は閉幕しているが、フリーのため移籍が可能となっている。 『カルチョ・メルカート』によれば、契約はシーズン終了までの半年間。現在は勝ち点「13」で降格圏の19位に位置しているパルマだが、チームが降格を回避した場合は自動的に契約が延長される仕組みとなるようだ。 パルマでは過去在籍時に14試合で2ゴール1アシストとあまりプレー機会はなかったが、今回はチームを救えるだろうか。 2021.02.03 10:05 Wed
twitterfacebook
thumb

元伊代表FWグラツィアーノ・ペッレ、山東魯能を退団 気になる今後は…?

山東魯能が3日、元イタリア代表FWグラツィアーノ・ペッレ(35)の退団を発表した。 ペッレはレッチェやパルマ、サンプドリアなどの母国クラブや、AZやフェイエノールトを経て、2014〜2016年までサウサンプトンで活躍。2016年夏から“爆買い”の流れに乗じて山東魯能に加わった。 代表通算20試合9ゴールの大柄ストライカーはその山東魯能で公式戦通算132試合の出場で63得点24アシスト。2020年も公式戦21試合8得点2アシストを記録したが、契約満了による退団が決定した。 なお、ペッレの今後を巡っては一部メディアによると、イングランドやUAE方面からオファーが届いている一方で、ユベントスやインテルといった母国の強豪勢からの関心があるようだ。 2021.01.05 11:25 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly