長友佑都にマルセイユが接近、酒井宏樹との日本代表の両SBコンビが実現か

2020.08.30 13:15 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
2019-20シーズン限りでガラタサライを退団し、現在フリーの日本代表DF長友佑都(33)がマルセイユに加入する可能性があるようだ。フランス『レキップ』が報じた。長友は、2018年1月にインテルからレンタル移籍でガラタサライへ加入すると、2018年7月には完全移籍。左サイドバックの主軸としてプレーし、公式戦通算65試合に出場し3ゴール7アシストを記録していた。

酒井宏樹がリーグ・アンで魅せたアシスト集!

2019-20シーズンもレギュラーとしてスュペル・リグで15試合1ゴール、チャンピオンズリーグでも6試合に出場するなどしていたが、2020年1月に突如チームの登録外に。半年間は一度もピッチに立つことがなく、チームを退団していた。

その長友に興味を示しているのが、マルセイユとのこと。アンドレ・ビラス=ボアス監督が今夏の移籍市場の動きについて語り、サイドバックの補強を目指しているとした。

当初はアトレティコ・マドリーのU-23ブラジル代表DFカイオ・エンリケ(23)の獲得を目指していたが、27日にモナコへ完全移籍したことが発表。レンタル移籍での獲得を目指していたが、失敗に終わっていた。

その代役として浮上したのが長友とのこと。『レキップ』によれば、数日後にはマルセイユへやってくるという。

マルセイユはDFジョルダン・アマヴィのサポートができる選手を求めており、2011年から2018年まで在籍したインテルで公式戦通算210試合に出場し11ゴール18アシスト、日本代表としても122試合に出場し4ゴールを記録している長友の豊富な経験を魅力に感じているようだ。

長友がマルセイユに加入すれば、右サイドバックのレギュラーを務める日本代表DF酒井宏樹との両サイドバックでの共演の可能性もある。新天地を探している長友がフランスに渡るのか注目だ。
コメント
関連ニュース
thumb

【ブンデス第9節プレビュー】シュツットガルト遠藤がバイエルンと対戦

前節はバイエルンがブレーメンに引き分けた一方、ドルトムントがヘルタ・ベルリンに圧勝とし、首位バイエルンに1ポイント差とした。迎える第9節、シュツットガルトのMF遠藤航がバイエルンと、ビーレフェルトのMF堂安がライプツィヒと対戦する。 代表帰りながら前節ホッフェンハイム戦もボランチで先発し、開幕8試合連続スタメンとなった遠藤。ミドルシュートでゴールを狙う姿勢を見せたがチームは3失点を喫し、土壇場弾で何とか3-3の引き分けに持ち込むのが精一杯だった。バイエルン戦ではトップ下に入ることが予想されるMFミュラーとのマッチアップが予想されるが、動き出しに優れるミュラー相手に遠藤がしっかりと監視することができるかに注目したい。 対する首位バイエルン(勝ち点19)は前節、ドイツ代表勢をベンチスタートとしたこともあって22連勝中だったお得意様のブレーメンに引き分けてしまった。ドルトムントに1ポイント差と迫られたが、水曜に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ではザルツブルク相手に3-1と快勝し、決勝トーナメント進出を決めた。リーグ戦に集中できる状況となった中、 シュツットガルト戦は必勝を期したい。 前節ヘルタ・ベルリン戦をFWハーランドの後半だけでの圧巻の4発で圧勝とした2位ドルトムント(勝ち点18は、17位ケルン(勝ち点3)とのホーム戦に臨む。ヘルタ戦でデア・クラシカーの敗戦を払拭した中、火曜に行われたCLではクラブ・ブルージュ相手にハーランドの2発などで3-0と快勝した。グループステージ突破に大きく近づいた中、絶好調のハーランドの爆発に引き続き期待したい。 レバークーゼン戦では終始守勢に回った中、試合終盤の失点によって競り負けてしまった16位ビーレフェルト(勝ち点4)。フル出場した堂安はチーム戦術を守って守備に徹していたが、攻撃面で存在感を発揮するには至らなかった。そのビーレフェルトは4位ライプツィヒ(勝ち点17)とのアウェイ戦に臨む。レバークーゼン戦以上に押し込まれる展開が予想されるが、堂安は守備をこなした上で攻撃面でもアクセントを付けられるか。 対するライプツィヒはフランクフルト戦ではCLに向けて主力を温存したこともあって思うように攻撃を展開できず1-1の引き分け止まりに。そして火曜に行われたCLパリ・サンジェルマン戦では押し込む展開としながらも守り切られて0-1で惜敗と流れが悪いが、守備に徹してくることが予想されるビーレフェルトからゴールをこじ開けることができるか。 そして今節はウニオン・ベルリンのMF遠藤渓太と、フランクフルトのMF鎌田大地、DF長谷部誠の日本人対決が組まれている。前々節の試合でハムストリングを痛めた遠藤渓太は既に練習に復帰しているが、試合に絡むことはできるか。 一方、開幕からの連続スタメン出場を続けている鎌田だが、5試合勝利のないチームに白星をもたらす働きができるか。前節ライプツィヒ戦で今季初めてスタメンを外れ、出場機会のなかった長谷部が先発復帰するかにも注目だ。最後にバイエルン戦で出番のなかったブレーメンのFW大迫は金曜にヴォルフスブルクとのアウェイ戦に臨む。 ◆ブンデスリーガ第9節 ▽11/27(金) 《28:30》 ヴォルフスブルクvsブレーメン ▽11/28(土) 《23:30》 アウグスブルクvsフライブルク ウニオン・ベルリンvsフランクフルト シュツットガルトvsバイエルン ライプツィヒvsビーレフェルト ドルトムントvsケルン 《26:30》 ボルシアMGvsシャルケ ▽11/29(日) 《23:30》 レバークーゼンvsヘルタ・ベルリン 《26:00》 マインツvsホッフェンハイム 2020.11.27 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

マラドーナ氏に捧げる勝利でナポリがグループFの首位に浮上!《EL》

ナポリは26日、ヨーロッパリーグ(EL)グループF第4節でリエカとホームで対戦し2-0で勝利した。 5日にアウェイで行われた同一カードを2-1で勝利した2位ナポリ(勝ち点6)は、直近のミラン戦から先発を6人変更。メルテンスやインシーニェ、ロサーノらに代えてペターニャやジエリンスキ、エルマスらが先発で起用された。 ナポリは先日急逝したディエゴ・マラドーナ氏が現役時代に着用した背番号10のユニフォームを選手全員が着用し入場。試合前には黙とうが捧げられるなど、追悼ムードの中試合開始のホイッスルが吹かれた。 試合が動いたのは41分、バイタルエリアでパスを受けたジエリンスキがターンで相手マークを剥がすと、そのままボックス左深くまで侵攻しクロス。これがアナスタシオのオウンゴールを誘発し、ナポリが先制した。 後半は立ち上がりから一進一退の展開が続く中、ナポリは64分にポリターノとジリエンスキを下げてロサーノとインシーニェ、69分にデンメとエルマスを下げてロボツカとメルテンンスを投入。フレッシュな攻撃陣で追加点を狙う。 すると75分、センターライン手前のインシーニェがゴールへ向かうロングパスを送ると、これに反応したロサーノがゴール前でボールを収めると、GKとの一対一を冷静に制し、ナポリが待望の追加点を奪った。 結局、試合はそのまま2-0でタイムアップ。ナポリがマラドーナ氏へ勝利を捧げるとともに、グループFの首位に浮上した。 また、グループFもう一試合のAZvsソシエダは0-0の引き分けに終わった。。AZの菅原由勢はベンチ入りも出場機会はなかった。 2020.11.27 07:23 Fri
twitterfacebook
thumb

久保が先発のビジャレアル、連勝ストップで決勝トーナメント進出は次節以降に持ち越し…《EL》

久保建英の所属するビジャレアルは26日、ヨーロッパリーグ(EL)グループI第4節でマッカビ・テルアビブとアウェイで対戦し、1-1の引き分け終わった。久保は63分までプレーした。 5日にホームで行われた前節の同一カードを4-0で快勝したビジャレアルは、直近のレアル・マドリー戦からバッカとペドラサ以外の先発9人を変更。退団報道で注目の集まる久保は、左MFで公式戦3試合ぶりの先発出場となった。 この試合勝利すれば決勝トーナメント進出の決まるビジャレアルは、立ち上がりから攻勢を強める。すると6分、左サイドでボールを持った久保がクロスを入れると、チュクウェゼが反応。浮き球となったボールをボックス手前でバッカがダイレクトボレー。しかし、これはGKがセーブする。 その後は膠着状態が続く中、ビジャレアルは45分にバッカのラストパスでゴール前に抜け出したバエナが冷静にGKとの一対一を制して先制。さらに前半終了間際には、ボックス内でボールキープしたバッカの落としをボックス手前のコクランがコントロールショットで狙ったが、シュートはわずかに枠の上に外れた。 迎えた後半、ビジャレアルは開始早々にピンチを迎える。47分、右クロスを対応したフォイスのクリアが中途半端になると、ゴールエリア左のペレツが折り返したボールを最後はペシッチが決めた。 同点を許したビジャレアルは、63分に久保やバッカ、チュクウェゼらを下げてジェラール・モレノ、ジェレミ・ピノ、フェル・ニーニョと攻撃陣を入れ替える。すると73分、ボックス左に侵入したバエナの折り返しからジェラール・モレノがシュート。しかし、これはクロスバーを直撃した。 89分にペーニャへの報復行為でサボリが退場となり数的優位となったビジャレアルだったが、最後まで追加点は生まれず。試合はそのまま1-1でタイムアップ。4連勝を逃したビジャレアルの決勝トーナメント進出は次節以降に持ち越しとなった また、グループIもう一試合のカラバフvsスィヴァススポルは2-3でスィヴァススポルが勝利している。 2020.11.27 05:47 Fri
twitterfacebook
thumb

吉田フル出場もサンプはダービーで逆転負け…ラウンド16の対戦カードが決定《コッパ・イタリア》

吉田麻也の所属するサンプドリアは26日、コッパ・イタリア4回戦でジェノアと対戦し、1-3で敗戦した。吉田はフル出場。 公式戦3試合勝利のないサンプドリアは、直近のボローニャ戦からスタメンを6人変更。吉田はセンターバックの一角で公式戦4試合連続のスタメンとなった。 立ち上がりから攻勢に出るサンプドリアは18分、相手バイタルエリアでボールを奪ったヴェッレがボックス右手前からミドルシュート。これが左ポストの内側を叩き、ゴールネットに吸い込まれた。 リードして後半を迎えたサンプドリアだったが、60分にロングカウンターから失点する。自陣でミスパスをカットしたルカ・ペッレグリーニがロングスルーパスを送ると、左サイドを駆け上がったショムロドフがボックス内まで持ち上がり折り返しを供給。最後はスカマッカがゴール右にシュートを流し込んだ 同点とされたサンプドリアは、ここから立て続けに失点を許す68分にもピンチを迎える。バイタルエリアのルカ・ペッレグリーニがアーリークロスを上げると、ゴール前に走り込んだスカマッカがヘディングシュート。これがGKアウデーロが弾くもこぼれ球をレラガーに押し込まれた。さらに72分には、ペナルティアーク手前からスカマッカに強烈なミドルシュートをゴール右に決められた。 結局、試合はそのまま1-3で終了。逆転勝利を収めたジェノアは、ラウンド16で王者ユベントスと対戦する。なお、4回戦の結果とラウンド16の対戦カードは以下の通り。 ◆4回戦結果 カリアリ 2-1 ヴェローナ(2部) パルマ 2-1 コゼンツァ(2部) エンポリ(2部) 3-0 ブレシア(2部) ボローニャ 2-4 スペツィア ウディネーゼ 0-1 フィオレンティーナ トリノ 2-0 ヴィルトゥス・エンテッラ(2部) SPAL(2部) 2-0 モンツァ(2部) サンプドリア 1-3 ジェノア ◆ラウンド16対戦カード アタランタ vs カリアリ ラツィオ vs パルマ ナポリ vs エンポリ ローマ vs スペツィア インテル vs フィオレンティーナ ミラン vs トリノ サッスオーロ vs SPAL ユベントス vs ジェノア 2020.11.27 03:07 Fri
twitterfacebook
thumb

遠藤航がシュツットガルトとの契約を2024年まで延長

シュツットガルトは26日、日本代表MF遠藤航(27)との契約延長を発表した。新契約は、現行の2022年6月30日から2年間延長した2024年6月30日までとなる。 新契約にサインした遠藤は、公式サイトで以下のように喜びを語った。 「契約延長にとても満足しているし、シュツットガルトでのこれからがとても楽しみだよ。ここはとても居心地が良いんだ。そして僕は、クラブが目標を達成するため、これからも貢献していきたいと思っているよ」 湘南ベルマーレでプロデビューした遠藤は、浦和レッズやシント=トロイデンでのプレーを経て、2019年夏にレンタル移籍でシュツットガルトに加入。加入当初は試合に絡めない時期が続いたが、同年11月から主力定着すると、ブンデスリーガ2部で13試合に出場。1年での1部復帰に貢献した。 この活躍が認められ、遠藤は今年4月にシュツットガルトへ完全移籍。自身初挑戦となったブンデスリーガでは、ここまで8試合に出場し昇格組ながら8位と順調な戦いぶりをみせるチームの中盤を支えている。 2020.11.26 23:15 Thu
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly