ムバッペが負傷からの復帰を回想 「負傷した夜に死んだと思った」

2020.08.19 14:33 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表FWキリアン・ムバッペが、サンテチェンヌ戦での負傷により、チャンピオンズリーグ(CL)欠場を覚悟していたことを認めている。フランス『レキップ』が伝えている。

PSGは18日に行われたCL準決勝でRBライプツィヒと対戦。共に初のファイナル進出を懸けた激戦必至の一戦は、ブラジル代表DFマルキーニョス、アルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアが前半に2ゴールを挙げると、後半もスペイン代表DFフアン・ベルナトにダメ押しの3点目が生まれ、攻守に圧倒したPSGが3-0の快勝で決勝進出を決めた。

同試合で先発復帰し、ゴールやアシストこそなかったものの、軽快な動きで勝利に貢献したムバッペは、試合後の公式会見に出席。右足首のケガからの戦列復帰について説明した際にはCL欠場を覚悟していたことを明かしている。

ムバッペは7月24日に行われたクープ・ドゥ・フランス決勝のサンテチェンヌ戦で、相手DFの悪質なタックルを受けて右足首を捻挫。3週間の離脱と発表された中、12日のアタランタ戦に途中出場で復帰していた。

「正直なところ、サンテチェンヌ戦で負傷した日の夜には、死んだ(終わった)と思っていたよ。そして、一晩中泣いていたんだ」

「それでも、次の日には早期回復に向け、できる限りのことをやっていくことを自分自身に言い聞かせた。精神的にきつかったけど、順調に回復していったことで徐々に希望が湧いてきたんだ。この冒険にチームの一員として参加し続けたかったしね」

「アタランタ戦ではチームを助けることができたし、今は再びプレーできている。それは本当に大きな喜びだよ。それに不安もない。状態は良い感じだし、もう痛みもないけど、患部をガチガチに固定してプレーしているんだ」

「チームのためにすべてを捧げる準備はできているし、日曜日(決勝)にはそうなるはずさ。僕が求めるのは勝つことだけ。フィールドですべてを出し尽くすつもりだよ」

また、ムバッペはここまでのPSGの勝ち上がりに関して、2018年ロシア・ワールドカップ(W杯)で優勝を果たしたフランス代表との共通点を見いだしている。

「似ているように感じるね。僕らはなんとかグループを作ることができた。みんながそれぞれの形でチームに貢献している。そういったものが、ピッチ上で少しずつ出ていると思うよ。そうやって僕らは勝ってきた」

「やっぱり、チームや仲間のことを好きだと感じるほど、懸命に走れるようになるものなんだ。僕らが(フランス代表と同じように)勝てるのかって? それはわからないけど、そうなるかもしれない」

さらに、ピッチ上で阿吽の呼吸を見せるブラジル代表FWネイマールに関しては改めてピッチ内外での良好な関係性を強調している。

「ネイマールとはピッチ内外でとても仲が良いよ。彼は世界最高のプレーヤーの一人だしね。僕らは同じぐらいの年代だし、同じ目標を共有しているんだ。最初から意気投合していたし、彼との関係を楽しんでいるよ。僕らが勝つためには一丸になって戦う必要があるんだ。それは僕ら2人だけでなく、チーム全員でね」

最後に、決勝戦の相手に関してバイエルンとリヨンのどちらと対戦したいかとの質問に対しては、「リヨンだね。彼らは同じフランスのクラブだからだ。僕らがリーグ・アンを評価しないで、誰が評価してくれるっていうんだい? 彼らとの対戦になれば、特別に味わい深いものになるはずさ」と、リヨンとの同国対決を希望している。

関連ニュース
thumb

代理人がハキミのインテル退団を明言! PSG&チェルシーが関心

モロッコ代表DFアクラフ・ハキミ(22)のインテル退団は決定事項のようだ。同選手の代理人が『Cómo te va』で明言している。 昨夏、レアル・マドリーから4000万ユーロ(約53億円)でインテル入りしたハキミ。アントニオ・コンテ前監督の下、右ウイングバックで絶対的な主力となり、11年ぶりのスクデットを獲得した今季は37試合に出場し7ゴール10アシストの成績を残した。 しかし、インテルは経営規模縮小に向けて今夏の主力売却を考えており、選手本人も退団を希望していると見られるハキミは換金対象の1人と見なされている。 そういった中、ハキミとアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネス(23)の代理人を務めるアレハンドロ・カマノ氏は、『Cómo te va』で両選手の去就に関して言及。ハキミの今夏の退団の可能性を明言している。 「現時点で私が代理人を務めるプレーヤーでインテルを離れるのは、ハキミだけだ。ラウタロに関しては諸々取り組む必要がある」 なお、ハキミの新天地に関しては以前から関心が伝えられるパリ・サンジェルマン(PSG)と、すでに公式にコンタクトを取ったと言われるチェルシーの2クラブが有力な候補に挙がっている。 2021.06.16 06:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ネイマールとマルキーニョスは東京五輪に出られず…PSGが派遣拒否の理由は?

東京オリンピックに臨むブラジル代表だが、FWネイマールとDFマルキーニョスの来日は叶わないようだ。ブラジル『ESPN』が伝えた。 U-24ブラジル代表は、来月行われる東京オリンピックに出場。リオ・デ・ジャネイロ・オリンピックに続いて2大会連続での金メダル獲得を目指す。 前回大会もオーバーエイジとして参加したネイマールは、母国開催で金メダル獲得に貢献。東京大会でもブラジルサッカー連盟(CBF)は、招集を希望していた。 現在はコパ・アメリカに参戦するブラジル代表としてプレーしているが、コーチングスタッフはそのまま東京へ派遣するつもりでいたようだ。 CBFは、2人が所属するパリ・サンジェルマン(PSG)に対して招集のレターを送ったとのこと。しかし、PSGはこの要請を拒否したようだ。 『ESPN』によると、PSGはオリンピックの日程が国際サッカー連盟(FIFA)が設定するインターナショナル・マッチデーから外れており「公式な大会」ではないため、選手の招集を受ける義務がないとし、招集を拒否したようだ。 ネイマールの契約には、クラブは代表戦のために常に派遣する義務が含まれているが、オリンピックの位置付けを問題視した。 なお、パウメイラスもGKウェヴェルトンの招集を拒否。そのため、CBFはオーバーエイジとして考えていた3名全員が拒否されているという。 果たして誰がオーバーエイジとして招集されるのか。各国のメンバーに注目が集まる。 2021.06.15 15:05 Tue
twitterfacebook
thumb

ドンナルンマ獲得噂のPSGにK・ナバスが意味深コメント「価値を正しく評価してくれないのなら…」

パリ・サンジェルマン(PSG)のコスタリカ代表GKケイロル・ナバスが、クラブへ意味深長なコメントを残している。 2019年夏にレアル・マドリーからPSGに加入し、正GKとして公式戦80試合に出場しているケイロル・ナバス。昨季のリーグ・アン優勝など5つのトロフィー獲得に貢献してきたが、クラブは今夏、ミランを退団するイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマを獲得しようとしている。 すでに正式発表まで秒読み段階と言われており、5年契約締結が決定的な様子。クラブにとっては、その年代では最高峰の22歳GKをフリーで獲得できれば今後10年は安泰だが、現守護神であるナバスは納得できないようだ。 先日、34歳のコスタリカ代表GKはインスタグラムで「自分の存在を評価してくれない者に、自分の不在を提供する」とのコメントを綴っており、これがクラブに向けられたものなのではないかと推測されている。本人としては、今年4月に契約を延長したばかりであるにもかかわらず、自分に取って代わる新たなGKの補強に不満が募っているのだろう。 振り返ってみれば、ナバスはマドリー時代にも同じような経験がある。2015-16シーズンから3シーズン連続で正GKを務め、チャンピオンズリーグ3連覇にも多大な貢献を残したが、2018年夏に加入したベルギー代表GKティボー・クルトワにその座を奪われ、2019年夏のPSG移籍に繋がった。 その苦い経験が再び繰り返されようとしており、ナバスも気が気ではないのかもしれない。なお、同選手にはユベントスやマンチェスター・ユナイテッドが興味を持っていると伝えられている。 2021.06.15 14:29 Tue
twitterfacebook
thumb

「正直、バルサに行くもんだと…」 PSG移籍のワイナルドゥム、心変わりの理由明かす

オランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥムがパリ・サンジェルマン(PSG)移籍の理由を明らかにした。 今月限りでリバプールとの契約が切れるなか、新天地としてバルセロナが有力視されたワイナルドゥム。その間にオランダ代表時代の恩師であるロナルド・クーマン監督の続投も決まり、ワイナルドゥムのバルセロナ加入も時間の問題とされた。 だが、つい最近になり、PSGがバルセロナと比較して2倍以上の給与を含む3年契約でオファーとの報道が浮上。ワイナルドゥムは一転してPSG入りに心が惹かれ、合意に至ったといわれると、10日に報道どおりに3年契約でのパリ行きが正式決定した。 そんなオランダのダイナモは13日に行われるユーロ2020グループC第1節のウクライナ代表戦を前にPSG入りに心変わりした理由を問われると、「難しい選択だった。バルセロナとは4週間にわたり、交渉したが、合意に至らなかったんだ」と説明を続けた。 「PSGの方が素早く、彼らのプロジェクトもより説得力があったんだ。正直、僕はバルセロナに移籍するもんだと思ってもいた。というのも、最初に興味を示してくれたのは彼らだけだったからね」 「PSGもバルセロナも本当に素晴らしく、どっちも自分がプレーしたいと思うクラブだ。そのなかで、ユーロが開幕する前に決断したく、最終的にPSGを選ばせてもらったんだ」 2021.06.13 11:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド&チェルシー関心のヴァラン獲りにPSGも?

パリ・サンジェルマン(PSG)もレアル・マドリーのフランス代表DFラファエル・ヴァラン(28)に興味を示しているようだ。 2011年夏に17歳でマドリー入りして以降、主力センターバックとして公式戦通算360試合の出場数を誇り、チームとしても4度のチャンピオンズリーグ(CL)優勝を経験するなど、数々のタイトル獲得に寄与するヴァラン。今や誰もが認めるマドリーの中心選手だが、来季が契約最終年となる。 マドリーは契約延長を望むが、本人が新たな挑戦を求めているといわれ、交渉が難航。そのため、マドリーは移籍金に還元できる今夏のタイミングで放出も検討し始めていると囁かれ、マンチェスター・ユナイテッドやチェルシーといったイングランド勢が行き先候補に浮上している。 だが、そこにPSGも割って入る動きがあるようだ。フランス『Foot Mercato』によると、来季に向けてディフェンスの強化も目指すPSGはヴァランに関する情報を収集しようと、選手の代理人にコンタクトを取ったという。 なお、ヴァランは先日、注目される自らの去就について「今は僕の将来に関する話をするときじゃない。ユーロのことにフォーカスしている」とコメント。マドリーは今夏に売却することになれば、獲得を希望するクラブに6000万ユーロ(約79億6000万円)程度を求む模様とみられる。 2021.06.12 16:45 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly