アトレティコ会長、ハメスの獲得を否定「計画に加わると思えない」

2020.08.06 15:25 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アトレティコ・マドリーのエンリケ・セレソ会長が、レアル・マドリーに所属するコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(29)の獲得を否定した。スペイン『マルカ』が伝えた。昨夏、2年間のレンタル期間を過ごしたバイエルンを去り、マドリーへ復帰したハメス。しかし、ジネディーヌ・ジダン監督の構想外と目されていたことから、アトレティコやナポリ行きの可能性も取り沙汰されたが、最終的には残留を決断した。

しかし、シーズン序盤戦こそ出場機会を手にしていたハメスだったが、昨年11月の負傷を機に出場機会が激減。ラ・リーガ第34節以降は自己志願でベンチ外となっていた。

今夏も退団が濃厚と見られ、新天地を探しているハメスだが、アトレティコ移籍の可能性が再浮上。コロンビアメディアでは移籍オペレーションが80%進んでいるとも報じられていたが、セレソ会長は「ハメスがアトレティコ・マドリーの計画に加わるとは思えない」と獲得の可能性を否定した。

なお、ハメスの新天地候補としてマンチェスター・ユナイテッドやエバートン、ウォルバーハンプトンが関心を示しているとみられている。
コメント
関連ニュース
thumb

クーマン、スアレスのバルサ退団はクラブの意向だと主張 「私は悪者ではない」

バルセロナのロナルド・クーマン監督が、アトレティコ・マドリーへ移籍したウルグアイ代表FWルイス・スアレスについて言及した。スペイン『マルカ』が伝えている。 2014年夏にリバプールからバルセロナに加わり、クラブ歴代3位の公式戦通算198ゴールを誇ったスアレスだが、今季から指揮を執るロナルド・クーマン新監督の構想外に。そして、25日にライバルチームであるアトレティコ・マドリーに2年契約で移籍した。 クーマン監督は27日に行われるラ・リーガ第3節のビジャレアル戦前日会見でスアレスのバルセロナ退団はクラブの判断だったことを強調している。 「映画で言う悪役のような扱いを受けているが、そうではない。就任初日から選手としても、人としても彼に敬意を示していた。初日から全力でトレーニングもやってくれた。私は彼に対して、プレーするのが難しくなるだろうと言ったが、残っていればグループの一員として扱っていただろう」 「決断はクラブによるものだ。私が就任する前の段階で、クラブにはすでにいくつかの計画があった。クラブの決定なんだ。チームは変わろうとしているところ。若手にはチャンスがある。私とルイスは互いをリスペクトしている。彼はアトレティコ・マドリーへ移籍したが、私は彼の成功を祈っている」 また、獲得が取り沙汰されるリヨンのオランダ代表FWメンフィス・デパイや、インテルのアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスについては明言を避けている。 「何も除外されていない。このクラブにいる選手についてのみ話す。毎年のように、クラブはチームを改善するために選手に目を向けている」 2020.09.27 15:45 Sun
twitterfacebook
thumb

スアレスのバルサ退団劇、同胞フォルランが皮肉交じりに語る

元ウルグアイ代表FWのディエゴ・フォルラン氏がウルグアイ代表FWルイス・スアレスのバルセロナ退団劇に言及した。 2014年夏にリバプールからバルセロナに加わり、クラブ歴代3位の公式戦通算198ゴールを誇ったスアレスだが、今季から指揮を執るロナルド・クーマン監督の構想から外れ、25日にアトレティコ・マドリーに移籍した。 大きな話題をさらったスアレスのアトレティコ行きだが、フォルラン氏からすれば、驚きでも何でもないようだ。スペイン『Radio MARCA』で同胞の移籍劇について、こう述べた。 「あのクラブのスアレスに対する仕打ちは彼らの歴史上でほかの選手の身にも起こったことだ」 「最も重要なのは彼がバルセロナのためにすべてを尽くしたということ。彼自身が後悔することは何もない」 元スペイン代表FWのダビド・ビジャ氏ら歴代点取り屋をあっさりと手放してきたバルセロナの歴史を皮肉交じりに指摘したフォルラン氏。自身の古巣でもあるアトレティコでスアレスの活躍を期待した。 「スアレスのような選手はアトレティのようなクラブでうまくやれる。家にいるような感覚になると思う。彼がチームの力となり、トップポジションを目指して戦ってくれるのを願う」 また、「スアレス、ジョアン・フェリックス、ジエゴ・コスタがアトレティコ・マドリーのトリデンテを形成し得る」と語り、チームとしての新たな形にも期待を膨らませている。 2020.09.26 11:50 Sat
twitterfacebook
thumb

「競争力のある集団」アトレティコ移籍のスアレスが移籍の経緯やメッシ、仲間からのアドバイスを語る

バルセロナからアトレティコ・マドリーへと完全移籍したウルグアイ代表FWルイス・スアレスが、入団に際してメディア取材に応じた。 2014年夏にリバプールからバルセロナに加入したスアレスは、在籍6シーズンで公式戦283試合に出場し、クラブ歴代3位となる198ゴールをマーク。しかし、ロナルド・クーマン新監督体制で構想外となり、バルセロナを退団することとなった。 アトレティコとは2022年6月までの2年契約を結び、600万ユーロ(約7億3000万円)の移籍金が支払われた。 スペイン『アス』はスアレスの第一声を報道。スアレスは、新天地にアトレティコを選んだ理由について語った。 「アトレティコというスペインでも偉大なクラブからのオファーはモチベーションになった。素晴らしい選手がいるし、常にトップ、そしてラ・リーガ制覇を目指して戦う競争力のある集団だ。ファンや監督も多くのモチベーションを与えてくれた」 また、ディエゴ・シメオネ監督との会話があったかについては、その必要はなかったとコメント。アトレティコ入りを望んでいたことを明かした。 「監督との会話は、アトレティコに来たいと思っている人にとっては常にプラスになる。彼が話すやり方、その信念によって動機づけられるんだ。でも、僕の希望はここにあったし、話す必要はなかった。とても興奮していたね」 バルセロナを去ることとなり、長年の相棒であったアルゼンチン代表FWリオネル・メッシと離れることになったスアレス。別れのメッセージがあったメッシについてもコメントした。 「レオは僕を知っている。僕がトレーニングしているのを見て、僕がどれだけ彼を必要としていたかを知っている。僕は良いイメージを持ったまま離れることができた。競争力のあるチームに来たことでやる気に満ち溢れているよ」 また、バルセロナでチームメイトだったフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンやウルグアイ代表のチームメイトであるDFディエゴ・ゴディンからもアドバイスをもらっていたようだ。 「彼らが僕に行ってきたことは全てポジティブなことで、彼らはここで何年もプレーし、歴史を作った。僕にアドバイスをくれ、協力してくれたよ」 新天地となるアトレティコは、バルセロナとは大きく戦い方が異なる。これまでも移籍を繰り返してきたスアレスは、アトレティコでもチームに適応できると自信を見せた。 「選手はチームの試合に関わる哲学を変えることはできない。選手は精神面、熱意、行動でも適応しなければならない」 「僕はアヤックスからリバプール、そしてバルサへと行ったが、全てがかなり異なっていた。でも、それに慣れた。僕には今回も例外ではないだろう」 <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">移籍の決め手は?<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%90%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%83%AD%E3%83%8A?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#バルセロナ</a> から <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%A2%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%B3%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%BC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#アトレティコ・マドリー</a> へと完全移籍した<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%AB%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%82%B9?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ルイス・スアレス</a> が移籍の決め手や <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%8D%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%A1%E3%83%83%E3%82%B7?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#リオネル・メッシ</a> について、仲間からのアドバイスについて語った。<br><br>スアレスのアトレティコ初トレーニング<a href="https://t.co/7IkqDCSEoD">https://t.co/7IkqDCSEoD</a> <a href="https://t.co/FuPgdxce8B">pic.twitter.com/FuPgdxce8B</a></p>&mdash; 超ワールドサッカー (@ultrasoccer) <a href="https://twitter.com/ultrasoccer/status/1309677128892297216?ref_src=twsrc%5Etfw">September 26, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.09.26 11:11 Sat
twitterfacebook
thumb

スアレスのアトレティコ移籍が決定!2年契約を締結

アトレティコ・マドリーは25日、バルセロナを戦力外になっていたウルグアイ代表FWルイス・スアレス(33)の獲得を発表した。契約期間は2022年6月までの2年間で、移籍金はバルセロナの発表によれば、600万ユーロ(約7億3000万円)とのことだ。 2014年夏にリバプールからバルセロナに加入したスアレスは、在籍6シーズンで公式戦283試合に出場し、クラブ歴代3位となる198ゴールをマーク。 チャンピオンズリーグを1度制覇した他、4度のラ・リーガ優勝、4度のコパ・デル・レイ優勝に貢献した。しかし、ロナルド・クーマン新監督体制で構想外となり、バルセロナ退団となった。 当初はユベントス移籍が濃厚と思われていたが、パスポートの取得に時間がかかってしまい、アトレティコへの移籍で決着となった。 2020.09.26 00:10 Sat
twitterfacebook
thumb

元神戸のビジャがスアレスに助言、かつてバルサからアトレティコへ移籍した経験を伝える

かつてバルセロナからアトレティコ・マドリーへ移籍した経験がある元スペイン代表FWダビド・ビジャが、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスへアドバイスを送った。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えた。 今年2月、ヴィッセル神戸で現役生活に幕を下ろしたビジャ。Jリーグでも28試合で13ゴール2アシストとストライカーとしての能力を存分に発揮したが、2013年7月にはバルセロナからアトレティコへと移籍した過去がある。 アトレティコではわずか1シーズンの在籍に終わったが、公式戦47試合に出場し15ゴール5アシストを記録。ラ・リーガでは優勝を成し遂げると、チャンピオンズリーグでは決勝に進出。レアル・マドリーとの決勝で敗れたものの、1年と短い中でファンの心を掴んだ。 そのビジャと同じ道をたどることとなったスアレス。ビジャは、自身の経験からディエゴ・シメオネ監督についてスアレスに助言した。 「チョロ(シメオネ監督)はタフさを求める監督だ。彼は選手に働きかけ、最高のパフォーマンスを引き出すことを望む監督だ。同時に、彼はとてもよく喋り、多くのことを伝え、選手ととてもフレンドリーに話をする。私はチョロとは素晴らしい時間を過ごした」 「選手としても、人としても多くのことを学ぶことができた。それは強烈なものであり、彼が選手だったことを踏まえて、監督して色々伝えて来る」 2020.09.25 22:10 Fri
twitterfacebook