普段は堅実なナチョが見せた、攻撃陣顔負けのスペクタクルなジャンピングボレー!【インクレディブル・ゴールズ】

2020.07.11 21:45 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。今回はレアル・マドリーのスペイン代表DFナチョフェルナンデスが決めたスーパーゴールだ。

◆ナチョが魅せたスペクタクルなジャンピングボレー


マドリーの下部組織で育ったナチョは、生え抜きのDFとして両サイドバックもセンターバックもこなす堅実な戦力として重宝されてきた。決して派手なタイプではなく、縁の下の力持ち的な存在のナチョだが、2016年10月26日に行われたコパ・デル・レイ3回戦、クルトゥラル・レオネサ戦の1stレグで豪快なスーパーゴールを決めている。

3部相手の試合ということもあり、序盤から圧倒的な優勢を見せていたマドリー。FWアルバロ・モラタやFWマルコ・アセンシオが2ゴールずつ上げるなど、5-0でリードして迎えた68分にナチョが魅せた。

ショートコーナーから右サイドでボールを持ったMFハメス・ロドリゲスが中央へクロスを上げると、相手DFラインの手前でフリーになっていたナチョに絶好のボールが入る。ボールとの間合いをしっかりと取ったナチョは、トラップをするかと思いきや、そのまま豪快なジャンピングボレー。空中のボールに完璧にミートさせたボールは相手GKの頭上を超え、豪快にゴールネットを揺らした。

普段は最終ラインでチームを支えるナチョのスペクタクルなストライクは、敵のみならず味方をも驚かせるスーパーゴールとなった。ナチョはマドリーでのキャリアを通して11ゴールを記録しているが、このゴールは最高の一つだろう。
コメント
関連ニュース
thumb

マルセイユ時代のB・メンディが叩き込んだ豪快なロングシュートにスタンドも歓喜【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はマンチェスター・シティのフランス代表DFバンジャマン・メンディがマルセイユ時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆マルセイユ時代のメンディが決めた美しいロングシュート<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI4QmVjSFJMVCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ル・アーブルでデビューしたメンディは2013年夏にマルセイユに加入し、ブレイク。その後モナコでプレーした後、2017年夏にマンチェスター・シティに移籍した。 攻撃も得意とする現代的なサイドバックとして活躍するメンディだが、マルセイユ時代の2015年9月13日に行われた、リーグ・アン第5節のバスティア戦では、美しいゴールを決めている。 0-0で迎えた15分、マルセイユが左からのコーナーキックを得る。すると、ショートコーナーを受けたMFラサナ・ディアラがボックスの手前にパス。これにメンディが後方から走り込み、ダイレクトでシュートを放つ。左足のシュートはカーブしながらゴールに向かうと、クロスバーの下に跳ね返り見事にゴールインした。 美しいシュートにゴール裏のマルセイユサポーターは大騒ぎに。このゴールで先制に成功したマルセイユは、その後も得点を重ね、4-1で勝利している。 2020.10.24 19:00 Sat
twitterfacebook
thumb

フェルナンジーニョが決めた豪快なアンストッパブルミドル【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はマンチェスター・シティのブラジル代表MFフェルナンジーニョが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆フェルナンジーニョが決めたアンストッパブルなゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ4bFlLV3I1byIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 母国ブラジルのアトレチコ・パラナエンセでのデビューを経て、ウクライナのシャフタール・ドネツクでブレイクしたフェルナンジーニョ。2013年夏にマンチェスター・シティに加入し、ステップアップを果たしている。 チームにとって欠かせない存在となっているフェルナンジーニョだが、2018年10月20日に行われた、プレミアリーグ第9節のバーンリー戦では、豪快なミドルシュートを決めている。 2-0とシティリードの56分、シティが左コーナーキックのチャンスを得る。クロスは相手DFにクリアされるも、このこぼれ球にフェルナンジーニョが反応。ペナルティアーク内からダイレクトでシュートを放つと、ボールはゴール右上の完璧なコースに一直線に突き刺さり、見事な追加点となった。 この後も得点を重ねたシティが5-0の大勝を収めている。 2020.10.23 19:00 Fri
twitterfacebook
thumb

カカが初めてのマドリッド・ダービーで決めた、相手の一瞬の隙を突く美しいロングシュート【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元ブラジル代表MFのカカ氏がレアル・マドリー時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆カカが初めてのダービーマッチで決めた美しいゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJWUmlod3pqUyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ブラジルの名門サンパウロでキャリアをスタートさせたカカ氏は、ミランで大ブレイク。世界最高峰のアタッカーとしての評価を受けると、2009年夏にレアル・マドリーに加入した。 4シーズンを過ごしたマドリーでは、公式戦120試合に出場し29ゴール39アシストを記録したカカ氏だが、2009年11月7日に行われたラ・リーガ第10節、アトレティコ・マドリーとの“マドリッド・ダービー”では、見事なゴールを決めている。 開始早々の4分、MFラサナ・ディアラが相手陣内中央でボールを持つと、右サイドのDFセルヒオ・ラモスとのパス交換で中央突破を図る。ラモスへのパスは相手に奪われてしまうものの、すぐさまプレスをかけ、ボールを取り返すことに成功する。 相手へのタックルがそのままパスになり、カカにボールが渡ると、カカがボックスの外から鋭いロングシュート。右足から放たれたシュートは滑らかな弧を描き、カーブしながらゴール左に決まった。 カカの美しいゴールで早々に先制点を奪ったマドリー。その後も攻勢を強み、一時は3-0でリードするも、66分にラモスが一発レッドを受け、数的不利の中3-2と1点差まで迫られたが、なんとか逃げ切りに成功している。 2020.10.22 19:00 Thu
twitterfacebook
thumb

キレキレの天才カッサーノがサンプドリアで決めた単独突破ゴール【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元イタリア代表FWのアントニオ・カッサーノ氏がサンプドリアで決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆“悪童”カッサーノが決めた圧巻のソロゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJjMUUyT2Z6cSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> バーリでのデビューを経て、2001年に加入したローマで大ブレイクし、若き天才として名を馳せたカッサーノ氏。2006年1月にはレアル・マドリーに移籍を果たしたものの、素行の悪さや不摂生がたたり、その後は多くのクラブを転々とした。 ムラこそあったものの、天性のフットボールセンスでスーパーゴールを多く決めたカッサーノ氏だが、2009年1月28日に行われた、セリエA第21節のラツィオ戦では圧巻のソロゴールを決めている。 前半に両チームにゴールが生まれ、1-1で迎えた51分、左サイド深くでカッサーノがボールを受ける。素早くプレスに来た相手DFと1vs1の駆け引きになるものの、左右への大きな振りと細かいターンで鮮やかに相手をかわし、ボックス内に侵入。 続いてプレスに来た別のDFも鋭いターンで簡単にかわすと、ゴール左の角度の厳しい位置から豪快なシュートを放つ。右足のシュートはゴール右のサイドネットに突き刺さり、単独突破でのゴールを決めてみせた。 このゴールで勝ち越しに成功したサンプドリアは、さらに1点を加え、3-1で勝利している。 2020.10.22 15:00 Thu
twitterfacebook
thumb

バチュアイがパレスで決めた、フィジカルとテクニックが詰まった豪快至近距離ボレー【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はクリスタル・パレスのベルギー代表FWミッチー・バチュアイが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆バチュアイがゴール前での強さとテクニックを見せる<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ4Sk5ib0FpeCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> マルセイユで頭角を現したバチュアイは2016年夏にチェルシーに加入。その後レンタルで数々のクラブを渡り歩いたバチュアイは、どのクラブでの一定の活躍を見せている。 今シーズンからは2018-19シーズンの後半戦をレンタルで過ごしたクリスタル・パレスに再びレンタルで復帰しているが、2019年5月12日に行われたプレミアリーグ第38節ボーンマス戦では、力強いゴールを決めている。 0-0と同点で迎えた24分、右サイドを鮮やかなワンタッチパスで崩したクリスタル・パレス。右サイド深部でFWウィルフリード・ザハがボールを持つと、クロスを上げるが、これは相手のディフレクションが入り、ボールは高く上がったままボックス内に飛んでいく。すると、ゴール前にポジションを取っていたバチュアイが、相手との競り合いでもガッチリとポジションをキープし、落下点に入る。そのまま落ちてくるボールに対し、豪快なボレーシュートを放ち、相手GKに反応の隙を与えずにゴールネットに突き刺した。 このバチュアイのゴールで先制したクリスタル・パレス。この後打ち合いの展開になったが、バチュアイの2ゴールなどで大量5ゴールを決め、5-3で勝利している。 2020.10.21 19:00 Wed
twitterfacebook