バレンシアがオタメンディの買い戻しを画策?

2020.01.23 16:00 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バレンシアがマンチェスター・シティに所属するアルゼンチン代表DFニコラス・オタメンディ(31)の獲得を検討しているようだ。イギリス『サン』が報じている。

2015年夏に移籍金3200万ポンド(約46億円)でバレンシアからシティに加入したオタメンディ。ここまで6つのタイトル獲得に貢献してきたが、昨シーズンのプレミアリーグは18試合出場にとどまり、昨夏にも移籍が取り沙汰されていた。

残留で迎えた今シーズンはここまでリーグ戦に15試合出場と序列アップかに見えるが、これはシティのディフェンス陣のケガ人続出の影響が大きいと考えられる。

そんな中、シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が“世界最高の左利きCB”と絶賛するフランス代表DFアイメリク・ラポルテが21日に長期離脱から復帰。これによって出場機会の減少が予想されている他、外国人枠確保のための放出第一優先になることが懸念されている。

シティとの契約を18カ月残すオタメンディ。主軸として活躍したバレンシア復帰は実現するのだろうか。
コメント