【Jリーグ移籍情報/12月29日】バルサ出身の鳥栖MFクエンカが仙台へ! 元日本代表FW李忠成は来季京都でプレー

2019.12.30 06:30 Mon
©︎J.LEAGUE
Jリーグ移籍情報まとめ。12月29日付けのJリーグ各クラブにおける移籍動向を一挙にお届け。

【J1】
◆ベガルタ仙台
《契約更新》
DF金正也(31)
MF中原彰吾(25)
[IN]
《完全移籍》
MFイサック・クエンカ(28)←サガン鳥栖
◆FC東京
《契約更新》
MFナ・サンホ(23)
[IN]
《昇格》
GK野澤大志ブランドン(17)←FC東京U-18

◆横浜F・マリノス
[OUT]
《完全移籍》
FW李忠成(34)→ 京都サンガF.C.
《期限付き移籍》
MF泉澤仁(28)→ヴァンフォーレ甲府

◆湘南ベルマーレ
[IN]
《期限付き移籍》
GK谷晃生(19)←ガンバ大阪
[OUT]
《完全移籍》
GK松原修平(27)→ザスパクサツ群馬
FW野田隆之介(31)→京都サンガF.C.
◆松本山雅FC
《契約更新》
GK田中謙吾(29)
DF橋内優也(32)
DF浦田延尚(30)
DF高木利(27)
DF高橋諒(26)
DF大野佑哉(23)
MF中美慶哉(28)
MF藤田息吹(28)
MF米原秀亮(21)
[IN]
《完全移籍》
MF山本真希(32)←ジェフユナイテッド千葉
《復帰》
MF山本龍平(19)←モンテディオ山形
FW本樹(19)←ザスパクサツ群馬
[OUT]
《完全移籍》
DFエドゥアルド(26)→サガン鳥栖
MF岩上祐三(30)→ザスパクサツ群馬
MF宮阪政樹(30)→ザスパクサツ群馬

◆清水エスパルス
《契約更新》
DF吉本一謙(31)
DF福森直也(27)
DF立田悠悟(21)
MFヘナト・アウグスト(27)
MF石毛秀樹(25)
FWジュニオールドゥトラ(31)

◆ジュビロ磐田
《契約更新》
DF小川大貴(28)
MF山本康裕(30)
[IN]
《育成型期限付き移籍》
DF舩木翔(21)←セレッソ大阪

◆ガンバ大阪
[IN]
《期限付き移籍》
GK猿田遥己(20)ガンバ大阪←柏レイソル
《復帰》
FW一美和成(22)←京都サンガF.C.
[OUT]
《期限付き移籍》
GK谷晃生(19)→湘南ベルマーレ
MF高江麗央(21)→FC町田ゼルビア
FW一美和成(22)→横浜FC

◆セレッソ大阪
[IN]
《期限付き移籍》
MF島村拓(20)←京都サンガF.C.
[OUT]
《育成型期限付き移籍》
DF舩木翔(21)→ジュビロ磐田

◆サンフレッチェ広島
《契約更新》
GK廣永遼太郎(29)
DF佐々木翔(30)
DF井林章(29)
MF柏好文(32)

◆サガン鳥栖
[IN]
《完全移籍》
DFエドゥアルド(26)←松本山雅FC
[OUT]
《完全移籍》
MFイサック・クエンカ(28)→ベガルタ仙台

◆大分トリニータ
《契約更新》
DF岩田智輝(22)
[IN]
《完全移籍》
GK吉田舜(23)←ザスパクサツ群馬
MF佐藤和弘(29)←ヴァンフォーレ甲府
[OUT]
《期限付き移籍》
GK小島亨介(22)→アルビレックス新潟

【J2】
◆モンテディオ山形
[OUT]
《育成型期限付き満了》
MF山本龍平(19)→松本山雅FC

◆水戸ホーリーホック
《契約満了》
FW周余冶(19)
[IN]
《完全移籍》
MF奥田晃也(25)←Y.S.C.C.横浜
MF河野諒祐(25)←Y.S.C.C.横浜

◆栃木SC
[OUT]
《期限付き移籍》
DF藤原広太朗(29)→鹿児島ユナイテッドFC

◆大宮アルディージャ
[IN]
《期限付き移籍》
FW戸島章(28)←横浜FC

◆ジェフユナイテッド千葉
《契約更新》
DFゲリア(26)
FW佐藤寿人(37)
[OUT]
《完全移籍》
MF山本真希(32)→松本山雅FC

◆柏レイソル
[IN]
《復帰》
GK猿田遥己(20)←鹿児島ユナイテッドFC
[OUT]
《期限付き移籍》
GK猿田遥己(20)→ガンバ大阪

◆FC町田ゼルビア
《契約更新》
MF森村昂太(31)
[IN]
《期限付き移籍》
MF高江麗央(21)←ガンバ大阪

◆横浜FC
[IN]
《期限付き移籍》
FW一美和成(22)←ガンバ大阪
[OUT]
《期限付き移籍》
FW戸島章(28)→大宮アルディージャ
《育成型期限付き移籍》
GK大内一生(19)→Y.S.C.C.横浜

◆ヴァンフォーレ甲府
《契約更新》
GK河田晃兵(32)
[IN]
《期限付き移籍》
MF泉澤仁(28)←横浜F・マリノス
[OUT]
《完全移籍》
MF佐藤和弘(29)→大分トリニータ

◆アルビレックス新潟
[IN]
《期限付き移籍》
GK小島亨介(22)←大分トリニータ

◆FC岐阜
《契約更新》
DF会津雄生(23)

◆京都サンガF.C.
[IN]
《完全移籍》
FW李忠成(34)←横浜F・マリノス
FW野田隆之介(31)←湘南ベルマーレ
[OUT]
《期限付き移籍》
MF島村拓(20)→セレッソ大阪
《期限付き満了》
FW一美和成(22)→ガンバ大阪

◆鹿児島ユナイテッドFC
《契約更新》
DF水本勝成(29)
[IN]
《期限付き移籍》
DF藤原広太朗(29)←栃木SC
[OUT]
《期限付き満了》
GK猿田遥己(20)→柏レイソル

◆FC琉球
[OUT]
《完全移籍》
DF花房(23)→Y.S.C.C.横浜

【J3】
◆ブラウブリッツ秋田
《契約更新》
MF久富賢(29)
[IN]
《完全移籍》
DF鈴木(23)←藤枝MYFC

◆福島ユナイテッドFC
[OUT]
《完全移籍》
FW颯(24)→カターレ富山

◆ザスパクサツ群馬
《契約更新》
DF舩津徹也(31)
DF光永祐也(25)
MF田中也(22)
MF金城ジャスティン俊樹(22)
[IN]
《完全移籍》
GK松原修平(27)←湘南ベルマーレ
MF岩上祐三(30)←松本山雅FC
MF宮阪政樹(30)←松本山雅FC
MF白石智之(26)←カターレ富山
[OUT]
《完全移籍》
GK吉田舜(23)→大分トリニータ
《育成型期限付き満了》
FW本樹(19)→松本山雅FC

◆Y.S.C.C.横浜
[IN]
《完全移籍》
DF花房(23)←FC琉球
《育成型期限付き移籍》
GK大内一生(19)←横浜FC
[OUT]
《完全移籍》
MF奥田晃也(25)→水戸ホーリーホック
MF河野諒祐(25)→水戸ホーリーホック

◆カターレ富山
[IN]
《完全移籍》
FW颯(24)←福島ユナイテッドFC
[OUT]
《完全移籍》
MF白石智之(26)→ザスパクサツ群馬

◆藤枝MYFC
[OUT]
《完全移籍》
DF鈴木(23)→ブラウブリッツ秋田
関連ニュース

マテウス・サヴィオのコントロールショットに高卒ルーキー安齋悠人のデビュー弾! 柏vs京都はドロー決着【明治安田J1開幕節】

明治安田J1リーグ開幕節の1試合が25日に三協フロンテア柏スタジアムで行われ、柏レイソルvs京都サンガF.C.は1-1のドローに終わった。 昨季は残留争いを演じた両者の一戦。ホームで開幕戦を迎える柏は今季も攻撃の中心となるマテウス・サヴィオや細谷真大のほか、白井や大卒1年目の関根がスタメン入りした一方で、京都は鈴木、マルコ・トゥーリオの新加入選手が先発した。 肌寒い天候での試合は両軍ともなかなかシュートチャンスが巡らず。30分にようやく柏エースの細谷が左サイドからバイタルエリア中央にカットインして右足を振り抜いていったが、惜しくも相手GKの正面を突く。 すると、今度は京都にも38分にバイタルエリア左でFKのチャンス。鈴木が左足で狙っていき、外から内にカーブしていきながらゴール左隅に向かっていったが、相手GKに対応されてしまう。 その京都は最終的にオフサイドながら、豊川の裏抜けからゴールに迫ったほか、柏もボックス左のマテウス・サヴィオが折り返したボールに細谷がワンタッチ。両チームともチャンスがあったが、0-0で折り返す。 後半に入り、柏ボールが多く、京都がカウンターを仕掛ける構図で進むが、ともに最後でもうひと押しが足らず。そのなかで、柏ペースが色濃くなると、ベンチも66分に古巣戦の木下、そして土屋の投入に動く。 そんな柏は77分、バイタルエリア左のマテウス・サヴィオがボールを持ち上がった山田からパスを受けると、右足コントロールショットをゴール右隅に。相手GKも見送るだけのスーパーなミドルでついに均衡を破る。 追いかける京都は交代の動きも活発化させるが、86分に良いタイミングでの攻撃参加からボックス右でボールを受けようとした山田がファウルを受け、PKチャンスをゲット。だが、細谷がゴール左に外してしまう。 突き放しに失敗した柏は立田投入と同時に5バックで逃げ切りを図るが、最後の交代カードも切った京都が攻め込み、90+4分に敵陣左サイドでのFKから、89分に入ったばかりの安齋がこぼれ球を押し込んだ。 18歳の高卒ルーキーがデビュー戦で大仕事をやってのけた京都が引き分けに持ち込み、勝ち点1ずつを分け合う結果となっている。 柏レイソル 1-1 京都サンガF.C. 【柏】 マテウス・サヴィオ(後32) 【京都】 安齋悠人(後45+4) 2024.02.25 16:30 Sun

31年ぶり実現の東京Vと横浜FMの開幕戦での黄金カード! 松原健の劇的逆転弾で再びトリコロールに軍配【明治安田J1開幕節】

明治安田J1リーグ開幕節の東京ヴェルディvs横浜F・マリノスが25日に国立競技場で行われ、アウェイの横浜FMが1-2で逆転勝利した。 昨シーズンのJ2リーグを3位フィニッシュし、昇格プレーオフを制して16年ぶりのJ1帰還を果たした東京V。就任3年目の城福浩監督の下、今季J1で最年少となる平均年齢24.1歳の若きスカッドは難敵相手の開幕戦で白星発進を狙った。注目のスタメンはGKマテウス、谷口栄斗、森田晃樹、染野唯月ら昇格の立役者と共に翁長聖、山田楓喜、見木友哉、木村勇大と4人の新戦力が起用された。 一方、昨季J1で2位で2年ぶりの覇権奪還へ昇格組相手の白星スタートを狙った横浜FM。直近のACLでバンコク・ユナイテッドを撃破し、クラブ史上初のベスト8進出を果たしたハリー・キューウェル率いる新生トリコロールは、120分の激闘を戦った4日前のACLから先発3人を変更。加藤蓮、ナム・テヒ、ヤン・マテウスをベンチに置き松原健、山根陸、水沼宏太を起用した。 1993年5月15日に行われたJリーグの開幕カードであり、“クラシコ”、“ナショナル・ダービー”とも称される、東京Vと横浜FMによる31年ぶりの開幕節での国立決戦。 5万3026人の大観衆を集めた一戦は開幕戦特有の硬さを感じさせないアグレッシブな入りを見せた東京Vがライバルにいきなり牙を剥いた。 開始3分、背後へ飛び出した木村がボックス手前でGKポープ・ウィリアムと競り合う。これでポープにホールディングでのファウルでイエローカードが出る。だが、木村博之主審はVARの助言を受けてエリア外でのハンドを含めた決定機阻止での退場の可能性を確認。ただ、退場なしの判定となった。 これに納得がいかないホームチームだったが、ボックス手前右の好位置で得たFKをキッカーの山田楓が左足を振り抜くと、美しい軌道を描いたシュートがゴール右上隅に突き刺した。 京都から新加入のパリ五輪候補の鮮烈な一撃によって早くもスコアを動かした東京Vは、徐々に横浜FMの圧力に晒されて守勢を強いられるが、真骨頂の粘りの守備で応対。エウベルやアンデルソン・ロペスらにタイトな寄せで対応する。 また、ACLの疲労によって重さやイージーミスも散見される相手に対して、後方からのプレス回避、カウンターの形からチャンスを創出。21分には森田のスルーパスに抜け出した染野がボックス左での細かいステップワークでDFをかわしてゴール至近距離からのシュート。以降も推進力のある攻めから山田楓の正確な左足のラストパスを軸に木村や染野が際どいフィニッシュを見せる。 一方、ボールは持てるものの、相手の連動した守備にパスの精度を乱されるアウェイチーム。幾度か相手の不用意なボールロストからカウンターに転じるが、自慢の強力なアタッカー陣が違いを生み出せず。その後、山田楓に与えた決定機はGKポープのビッグセーブで凌いだものの、攻撃の糸口を見いだせぬまま前半を終えた。 前半の難しい状況を受け、選手交代での変化も予想された横浜FMだが、後半も同じメンバーでスタート。ただ、古巣初対戦の渡辺皓太を中心に全体のギアを上げて早い時間帯の同点ゴールを目指していく。さらに、56分には水沼、喜田拓也を下げてヤン・マテウス、宮市亮を同時投入。エウベルをトップ下に配した[4-2-3-1]の攻撃的な布陣に変化した。 この交代策によって両サイドを起点にアウェイチームのチャンスが増え始めると、城福監督も素早いテコ入れ。山田楓と齋藤功佑の両サイドを下げて山見大登、河村慶人を同時投入した。その河村は投入直後にボックス右でルーズボールを回収し、枠のわずか右に外れる際どいシュートを放つ。 以降はブラジル人トリオのコンビネーションに加え、宮市を中心に背後への飛び出しの意識が増えたことで、より多彩な攻撃を繰り出す横浜 FMの時間帯が続く。だが、宮市のゴールシーンでオフサイドを取られるなど粘る東京Vの堅守をあと一歩でこじ開けられない。 後半半ばを過ぎて試合が膠着し始めると、両ベンチが積極的に交代カードを切っていく。その中で相手の攻撃を単純に撥ね返すだけの苦しい戦いを強いられる東京Vだが、染野や森田がしたたかに相手陣内で時間を進める。 だが、リスクを冒して攻め続ける横浜FMは89分、土壇場で同点に追いつく。ボックス内でのナム・テヒのクロスが河村のハンドを誘ってPKを獲得。これをキッカーのアンデルソン・ロペスが冷静に左隅へ決める。 さらに、畳みかける横浜FMは31年前の歴史を再現するかのように試合を引っくり返す。93分、右サイドでのヤン・マテウスの仕掛けから短いマイナスのパスを受けた松原健がボックス右に侵入し、左足のコントロールシュートを放つと、これがゴール左上隅の完璧なコースに決まった。 そして、31年前の国立決戦同様に東京V相手に逆転勝利を飾った横浜FMが今季のリーグ戦初陣を白星で飾った。一方、善戦も最後は屈した東京Vは16年ぶりのJ1の戦いを黒星でスタートすることになった。 東京ヴェルディ 1-2 横浜F・マリノス 【東京V】 山田楓喜(前7) 【横浜FM】 アンデルソン・ロペス(後44) 松原健(後45+3) <span class="paragraph-title">【動画】31年前の再現! 松原健の衝撃ゴールで横浜FMが逆転勝利!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>国立が揺れた!<br>\<br><br> <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1761648923230286319?ref_src=twsrc%5Etfw">February 25, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.02.25 16:10 Sun

G大阪新CB中谷進之介が初陣! その出来は? 「PKを与えちゃったんで、あれがなければ…」

ガンバ大阪は24日の明治安田J1リーグ開幕節でFC町田ゼルビアのホームに乗り込み、1-1で引き分けた。 J1初挑戦の町田は試合の入りから、黒田剛監督のもとで土台とする強度を押し出し、G大阪にリズムを作らせず。17分にオンフィールドレビューでのチェックからPKチャンスを掴み、鈴木準弥が先制ゴールを決めた。 失点後もなかなか攻め手に回れずのG大阪だったが、後半途中から数的優位に立つと、その後の宇佐美貴史、ネタ・ラヴィ、松田陸を送り込む3枚替えで攻撃が活性化。84分に宇佐美の鮮烈FKで勝ち点1をもぎ取った。 名古屋グランパスから今季加入で、三浦弦太とともに最終ラインの中央でフル出場した中谷進之介は勝ち点1という結果をこう振り返った。 「最低限ですね。前半はかなりバタバタしたし、何失点してもおかしくない状況だった。そこから立て直せたのは1つの収穫だと思う」 そんな27歳はセンターバックは昨季J1ワーストタイの61失点を喫したG大阪の守備を立て直す一手として加入。PK献上のシーンは不運なハンドだったが、ほかでは鋭いブロックだけでなく、ロングフィードでも存在感を示した。 昨季、センターバックの軸を定められなかったG大阪からすれば、大きな新戦力の中谷は初陣での出来を尋ねられると、「PKを与えちゃったんで、あれがなければ…」と悔やみつつ、それなりの手応えを口にしている。 「すごくシュートブロックもできたし、足が動いてもいたから、悪くはなかったと思う。なかなかのプレッシャーもあったし、移籍してきて注目もされるなかでの一戦だったから、『負けなくて良かった』というのが正直なところ」 2024.02.25 10:45 Sun

【J1注目プレビュー|第1節:東京Vvs横浜FM】31年の時を経て、国立開幕戦で激突! 名門のプライドを背負った戦い

【明治安田J1リーグ第1節】 2024年2月25日(日) 14:00キックオフ 東京ヴェルディ(昨季J2・3位) vs 横浜F・マリノス(昨季2位) [国立競技場] <span class="paragraph-subtitle">◆16年ぶりのJ1、新たな歴史はここから【東京ヴェルディ】</span> 名門が16年の時を経てJ1の舞台に復活。緑の戦士たちが、新たな歴史の第一歩を歩み出す。 2023シーズンはJ1昇格争いを続けた中、最終節で3位に浮上。プレーオフではレギュレーションを活かして清水エスパルスを下し、J1への切符を手にした。 城福浩監督率いるチームは30代の選手が3人しかいないJ1最年少スカッド。Jリーグ開幕を告げた国立での試合時には生まれていない選手がほとんどだ。歴史の中の出来事と言えるだろう。 久々のJ1の舞台、ほとんど経験のない選手ばかりだが、チームはハードワーク、粘り強い守備、切り替えの早さを武器にするスタイルは変わらない。下部組織育ちの生え抜き選手にとっては永遠のライバル。名門の新たな歴史の幕開けに注目だ。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:マテウス DF:稲見哲行、林尚輝、谷口栄斗、翁長聖 MF:森田晃樹、齋藤功佑 MF: 山田楓喜、見木友哉、山見大登 FW:染野唯月 監督:城福浩 <span class="paragraph-subtitle">◆J1の門番、31年前同様に立ちはだかる【横浜F・マリノス】</span> 対してこちらの名門は降格経験のない2つのチームのうちの1つ。東京Vとは歩んできた道のりが全く違う。近年は常にリーグ優勝を争ってきただけに、力の差は歴然だ。 今シーズンはすでに公式戦2試合を終え、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)ではクラブ史上初のベスト8進出。歴史の扉を開けることとなった。連戦となるが、気合は十分と言ったところだろう。 ハリー・キューウェル監督にとってはJ1での初陣。昨シーズンまでの戦い方をベースに、さらに攻撃力を増し、ゴールに向かう姿勢を見せていきたいところだろう。 注目は31年前の開幕戦でピッチに立っていた父を持つ水沼宏太。出番は間違いなく訪れると考えられるが、なかなかないシチュエーション。高精度クロスで、緑の壁を打ち破りたいところ。また、GKポープ・ウィリアム、MF渡辺皓太、DF加藤蓮と東京Vでプレーした3選手にも注目。大観衆の前で、しっかりとJ1としての実力を見せつけられるか。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:ポープ・ウィリアム DF:松原健、上島拓巳、エドゥアルド、加藤蓮 MF:渡辺皓太、喜田拓也、天野純 FW:水沼宏太、アンデルソン・ロペス、エウベル 監督:ハリー・キューウェル <span class="paragraph-title">【動画】感動の声続出! 31年前の開幕戦再来の煽り映像が話題に</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="h-ZS5B2dGTo";var video_start = 237;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.25 09:45 Sun

「Gの最高傑作」「生涯記憶に残るFK」G大阪の宇佐美貴史、大好きな後輩・谷晃生から有言実行のゴールが大反響「痺れるわ!」

ガンバ大阪のFW宇佐美貴史の完璧なFKに称賛の声が集まっている。 24日、G大阪は明治安田J1リーグ第1節でFC町田ゼルビアと対戦。アウェイでの開幕戦となった。 相手の町田はクラブ史上初のJ1挑戦となり、その初陣の相手となったG大阪。古巣対決となったGK谷晃生が先発出場した中、前半から町田のペースで試合が進む。 するとPKで失点しビハインドのG大阪。ただ、後半早々に仙頭啓矢が2枚目のイエローカードをもらい退場。G大阪は数的優位となると、84分にボックス手前でFKを獲得した。 キッカーを務めたのは後半途中から出場した宇佐美。よく知る後輩のGK谷との対決となった中、短い助走から完璧に壁の上を越えるシュートを放つと、ゴール左隅に吸い込まれ、G大阪が終盤に同点に追いついた。 完璧なコースに完璧な軌道のFKを沈めた宇佐美。背番号7を背負い、かつてその7番を背負ったFKの名手である遠藤保仁氏がコーチに就任しての初戦で彷彿とさせる見事なFKを沈めた。 ファンは「やっぱり宇佐美だ!」、「Gの最高傑作」、「痺れるわ!」、「生涯記憶に残るFKだな」、「大好きな後輩から点を奪うとは」、「特別な選手なんだよな」、「有言実行なのはさすが」とコメントを寄せている。 宇佐美は開幕を前にしたJリーグのPRイベントで谷と共演しゴール宣言。試合後には「自分の思うところに蹴れれば入ると思ったし、前日の練習でいい感触でFKを蹴れてもいた」とゴールを振り返っていた。 <span class="paragraph-title">【動画】宇佐美貴史が開幕戦で完璧なFK! チームを救う同点弾</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="ubYdemkAfxU";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.24 22:55 Sat
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly