スールシャール監督、極寒のELアスタナ戦でアカデミー3選手の先発デビュー明言!

2019.11.28 18:45 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドを率いるオーレ・グンナー・スールシャール監督は28日のアスタナ戦に向けてアカデミー3選手の先発デビューを明言した。クラブ公式サイトがノルウェー人指揮官の公式会見でのコメントを伝えた。前節、ヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント進出を決めたユナイテッドは今回、マイナス20度のカザフスタンの地でグループL第5節のアスタナ戦に臨む。その中で今週末以降、アストン・ビラ、トッテナム、マンチェスター・シティとのプレミアリーグ3連戦を控えるチームは、今回のカザフスタンで大幅なターンオーバーを敢行。

トップチームで公式戦20試合以上の出場歴を誇る選手は、MFジェシー・リンガードとDFルーク・ショーの2選手のみとなり、残すはDFアクセル・トゥアンゼベら出場機会の少ない若手と、第3GKを務める36歳のベテラン、リー・グラントに、トップチームでプレー経験のないアカデミー所属選手だ。

スールシャール監督は今回のアスタナ戦に向け、DFディション・バーナード、DFイーサン・レアード、MFディラン・レビットのアカデミー3選手のスタメンデビューを明言。また、今回のメンバー構成に関して以下のように語っている。

「我々は4試合を全力で戦い、次のラウンドへの進出を決めた。これにより、プレータイムが必要なプレーヤーに出場時間を与える機会を得ることができた。アクセルやルーク、ジェシーらだ。彼らはケガから復帰して間もない」

「それに、リーにも先発の機会を与えられる絶好のチャンスだ。若手プレーヤーたちにとってはプロレベルでシニアチームと戦える機会はめったにないから貴重なものになるはずだ」

また、同試合に向けた大きなトピックのひとつが、ガンを乗り越えてトップチームデビューのチャンスを手にしたDFマックステイラーの存在だ。スールシャール監督は不屈の精神を持つ19歳の若者が周囲に好影響を与える存在だと考えている。

「彼が復帰を遂げることができたのは素晴らしいストーリーだ。彼に会ったのは私が着任して間もない頃だったが、そこから彼はフィットネスレベルを上げてここまで自分を高めてきた」

「その経験は生涯彼のものになる。多くの人が体験しないことを、彼は乗り越えてきた。その経験は他のプレーヤーたちにもインスピレーションを与えるものだ。ピッチに立ったときの彼からは、まったく恐れなど見られない。命を懸けて戦う経験をした彼にとって、恐れというものはすでに体験してきたことだからだ。だからピッチでは存分に楽しむことができる」

「彼がこれからキャリアを積み上げていくのをどうか見守ってもらいたい。我々としても彼にモチベーションを与えてやりたいと思っている」

関連ニュース
thumb

C・ロナウド、プライベートジェットをバックにしたフォーマルな1枚に反響「ボーイングCR777だ」

ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがインスタグラムに公開したフォーマルな1枚に注目が集まっている。 C・ロナウドは、17日に行われた2021年度の『ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ』の式典に参加。ポルトガル代表で通算115ゴールに到達し、歴代最多のゴール数を更新したことで特別賞を受賞した。 スイスで行われた式典にはプライベートジェットで訪れたようで、C・ロナウドは帰国後にインスタグラムを更新。 『CR7』のロゴが入った機体をバックに、トロフィーを持った自身の写真を投稿した。タートルネックにスーツを合わせたフォーマルな1枚とともに「ベストなキャプションを着けた人が勝ち!」とフォロワーに投げかけた。 C・ロナウドの問いかけには多くのファンが反応。「C AIR SEVEN!」、「世界最高のスマイル」、「ボーイングCR777」、「siuuu(C・ロナウドのゴールパフォーマンスの愛称)」など様々なコメントが寄せられている。 世界最多3億8000万人のフォロワーを持つC・ロナウド。ピッチの外でも常に注目を集めている。 <span class="paragraph-title">【写真】あなたならなんとコメントする?C・ロナウドがプライベートジェットバックにポージング</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CY4JoX7oSrg/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CY4JoX7oSrg/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CY4JoX7oSrg/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Cristiano Ronaldo(@cristiano)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.01.20 07:05 Thu
twitterfacebook
thumb

エランガのプレミア初弾、ラッシュフォード3カ月ぶり弾のユナイテッドが3戦ぶり勝利《プレミアリーグ》

マンチェスター・ユナイテッドは19日、プレミアリーグ第17節延期分でブレントフォードとのアウェイ戦に臨み、3-1で勝利した。 ユナイテッド内での新型コロナウイルスの感染拡大により延期となっていた一戦。 4日前に行われたアストン・ビラ戦を2-2の引き分けに持ち込まれた7位ユナイテッド(勝ち点32)は、前節負傷欠場のC・ロナウドが復帰。[4-2-3-1]で臨み、2列目には右からグリーンウッド、ブルーノ・フェルナンデス、エランガと並べた。 積極的な入りを見せてきた14位ブレントフォード(勝ち点23)に対し、ユナイテッドは13分に大ピンチ。ダロトの自陣でのパスミスからボックス内のイェンセンに枠内シュートを打たれるも、GKデ・ヘアがファインセーブで凌いだ。 ひやりとしたユナイテッドは25分、ダロトが際どいミドルシュートを放ったが、32分にもピンチ。ロングカウンターを受けた流れからボックス内でのイェンセンとの一対一をGKデ・ヘアが再びファインセーブで救った。 ハーフタイムにかけては互いに好機を作れずゴールレスで前半を終えた。 迎えた後半、開始2分にユナイテッドに決定機。CKの流れからC・ロナウドのヘディングシュートがバーに直撃した。 そして55分、ユナイテッドが先制する。フレッジのフィードをボックス中央で受けたエランガがヘディングシュートで押し込んだ。 エランガのプレミア初ゴールで試合を動かしたユナイテッドは62分、リードを広げる。マクトミネイのボール奪取からカウンターに転じると、C・ロナウドのチェストパスを受けたブルーノ・フェルナンデスがボックス内へ独走。並走していたグリーンウッドへプレゼントパスを送り、ユナイテッドに2点目が生まれた。 負傷明けのC・ロナウドを下げ、ラッシュフォードを投入したユナイテッドは、そのラッシュフォードが77分に3点目。マクトミネイのボール奪取からショートカウンターに転じ、ブルーノ・フェルナンデスのラストパスを受けたラッシュフォードがシュートを決め切った。 ラッシュフォードの約3カ月ぶり弾で勝負を決めたユナイテッドは、85分にロングスローの流れからトニーにゴールを許すも、3-1で勝利。リーグ戦3試合ぶりの白星を飾っている。 2022.01.20 06:56 Thu
twitterfacebook
thumb

今夏に契約満了も…ラングニック監督はこれからのポグバに期待「高いモチベーションを持っているはず」

マンチェスター・ユナイテッドのラルフ・ラングニック監督が、フランス代表MFポール・ポグバの復調に期待した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 2016年夏にユベントスから古巣ユナイテッドへ復帰したポグバは、これまで公式戦通算219試合に出場して38ゴール49アシストを記録。今季は開幕からの4試合で7アシストを記録するなど好調をキープしていたが、プレミアリーグ第9節のリバプール戦では危険なタックルによって一発退場となると、その後は11月に右足太ももを負傷したことで戦列を離れている。 そんなポグバとユナイテッドの契約は今夏に満了を迎えるが、現在まで交渉に進展はなし。退団の可能性が日に日に増している状況にあって、負傷から復帰後のラングニック監督の対応に注目が集まっている。 しかし、19日に行われる延期分のプレミアリーグ第17節ブレントフォード戦の前日会見に出席したラングニック監督は、ポグバが復帰すれば大きな戦力になると断言。どんな状況であれ、モチベーションの高い選手は起用する姿勢を見せた。 「(契約切れ間近のポグバを起用する意味は)もちろんある。ネマニャ・マティッチとの契約も、同様にこのままなら夏に切れるからね。ちなみに、私の監督としての契約も夏に切れる」 「とはいえ、我々は皆が同じ目標を持っている。これから3、4カ月の間で、可能な限りの成功を収めたいという野心を持っているのだ」 「私にとって、選手が契約満了になるかどうかは問題ではない。問題は、彼がまだこのグループの一員でありたいとどれだけ思っているかのみだ。精神的にも肉体的にも、まだこのグループの一員でありたいとどれだけ思っているかが重要だ」 「彼はマンチェスター・ユナイテッドのファン、上層部、そして全世界に自分がどんな選手であるかを見せたいと思っているだろう。たとえそれが、他の場所で新しい契約を結ぶためだけの理由であっても、そのための高いモチベーションを持っているはずだ。そんな選手を、起用しない理由はあるだろうか」 「もちろん、今言ったように、選手が自分の現状とどう向き合っているかが違いになる。今の状況に、どう対処するのかについてね。もし彼らがプロフェッショナルな方法で、野心的な方法で状況を処理するならば、もちろん私は夏に契約が切れる選手であってもプレーさせるつもりだ」 2022.01.19 17:55 Wed
twitterfacebook
thumb

ビラ戦出場拒否否定のマルシャル、ラングニック監督は問題解決と主張

マンチェスター・ユナイテッドのラルフ・ラングニック監督がフランス代表FWアントニー・マルシャルとの問題が解決したと主張した。 ラングニック監督は今冬での移籍願望が判明したマルシャルに対し、15日に敵地で行われたプレミアリーグ第22節でアストン・ビラ戦で本人の意向を尊重してメンバー外にしたと主張。 しかし、マルシャルは後に自身インスタグラムのストーリーで 「マン・ユナイテッドの試合を拒否するなんて絶対にない。僕はここに7年いるが、クラブやファンにリスペクトを欠いたことなんてないし、これからもそうだ」と反論。 これを受けてラングニック監督は次のように答えた。 [日曜日に彼と個人的に話をした。何が起こったのか、どういう状況だったのかを伝えた。そして問題は解決されたよ。昨日、彼はトレーニングをしていなかった。おそらく今日はできるだろう。その状態を見て試合に帯同させるかを決める」 2022.01.19 00:00 Wed
twitterfacebook
thumb

去就不透明のポグバ、2月に復帰へ

マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバが2週間後に復帰できるようだ。ユナイテッドを率いるラルフ・ラングニック監督が明かしている。 右足太ももの負傷により11月から戦列を離れていたポグバ。今季終了後には契約が切れ、去就が不透明となっている。 しかし、ラングニック監督は以下のようにポグバについて言及している。 「トレーニングを見た感じでは今後にとても期待が持てそうだった。彼を起用できることになればとても楽しみだ。2週間後、代表ウィーク明けにスタメンの候補になってくるだろう」 2022.01.18 23:00 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly