清水の篠田監督が初受賞! J2は岡山の有馬監督、J3は富山の安達監督《月間優秀監督賞》

2019.10.11 19:18 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
Jリーグは11日、9月度の「月間優秀監督賞」として、J1では清水エスパルスの篠田善之監督、J2ではファジアーノ岡山の有馬賢二監督、J3ではカターレ富山の安達亮監督を選出した。

同賞は各月のリーグ戦を対象に最も優れた指揮をした監督を表彰する賞。Jリーグの成績などをもとに選考委員が選出する。なお、「月間優秀監督賞」を受賞した監督は12月に開催予定の2019Jリーグアウォーズで表彰される「優秀監督賞」にノミネートされる。

篠田監督は、9月の2試合を全勝したほか、その2試合で9得点2失点とスタッツ面でも印象を残した。篠田監督のコメントと選考委員会による選出理由は次の通り。

◆篠田善之(清水エスパルス)
「J1リーグ9月度月間優秀監督賞に選出いただき、大変光栄に思います。これは選手、スタッフ、サポーターが一丸となって戦ってきた結果、得られた賞だと思いますし、クラブに関わる全ての皆様に感謝したいと思います。今シーズン残りリーグ6試合と天皇杯もありますが、最後まで全員が一つになり、応援いただいている全ての皆さんのご期待に応えられるよう、チームの目標に向かって一戦一戦戦ってまいります。清水エスパルスをよろしくお願いいたします」

原博実委員
「9月2連勝、夏の移籍で北川航也が抜けた穴を上手くカバー。西澤健太河井陽介金子翔太の2列目がどんどん飛び出す小気味の良い攻撃が出来ている」

福西崇史委員
「順位を争ってるチームとの戦いの中で、沢山の得点をとって勝利を重ねた」

北條聡委員
「会心の連勝。手駒の個性を引き出し自在の攻め。ドウグラス依存脱却も見事」

有馬監督は9月の4試合で2勝2分けの戦績を残し、チームをJ1参入プレーオフ圏内に接近させた。有馬監督のコメントと選考委員会による選出理由は次の通り。

◆有馬賢二監督(ファジアーノ岡山)
「まず、このような賞をいただき、大変嬉しく光栄に思います。この賞は、選手の頑張り、チームスタッフの支え、そしてクラブ関係者、クラブを支えてくださる方々、チームを応援してくれるサポーターの皆さんの後押しがあったおかげです。みんなで喜び合いたいと思います。これからのシーズン終盤、自分たちが積み上げてきたものを信じて、選手、スタッフと共に『岡山の夢』『チームの目標』に向けて、目の前の一試合一試合を全力で戦っていきたいと思います。これからも応援をよろしくお願いします」

◆原博実委員
「イ ヨンジェ中野誠也仲間隼斗の前線3人の攻撃力を上手く活かしている。プレーオフ圏内を目指す」

柱谷幸一委員
「就任一年目ながら、月間で勝点8をとりプレーオフ圏内に近づけた」

安達監督は、9月の3試合で3連勝を飾り、この間のスタッツは12得点無失点という完璧なものに。安達監督のコメントと選考委員会による選出理由は次の通り。

◆安達亮監督(カターレ富山)
「9月のJ3月間優秀監督賞に選出され、大変光栄に思います。この賞は自分というよりは、チームスタッフ、選手、クラブスタッフ、そしてファン、サポーターの皆さんが一丸となった結果だと思います。ただ個人的なことを言うと7、8、9月の受賞者が、自分の母校である市立船橋高校関係者で続いたことを嬉しく思っています。残り少ないシーズンも最後まで努力をしていきたいと思います」

◆原博実委員
「9月3連勝、12得点無失点は文句なし。この勢いで昇格争いに加わっていきたい」

◆福西崇史委員
「負けなしで得点12とってるのも凄いけど、失点0はもっと凄い」

◆柱谷幸一委員
「連勝で勝点9を取り8位から5位に順位を上げ、12得点0失点と完璧なゲーム内容だった」

◆北條聡委員
「破竹の連勝導く。圧巻のゴールラッシュに3戦連続無失点。文句なしの仕事」

寺嶋朋也委員
「9月は3連勝。積み上げてきたポゼッションスタイルの開花と大谷駿斗のブレイクがあり、3試合で12ゴールを記録した」

関連ニュース
thumb

「可愛すぎ」、「とってもクール」名古屋GKランゲラックを支える息子、スタンドから全力エール「素晴らしい息子だ」

名古屋グランパスのGKランゲラックには心強い応援があったようだ。 妻のリアノン・ランゲラックさんがインスタグラムを更新。豊田スタジアムで夫の試合を見守る姿だが、息子の姿が話題を呼んでいる。 リアノンさんが投稿したのは、メインスタンドで息子を抱っこした姿。息子も試合観戦にテンションが高いようだ。 その中で話題となったのが一緒に投稿された動画。豊田スタジアムで選手入場の前に行われた演出。スタジアムではライトが照らされ、音楽が流れる中、息子のノリノリナスがたが映されている。 さらに、父を含めて選手が入場してくると、頭の上で手を叩き、ピッチに向かって手を振る姿が。決してピッチに近い席ではないのだが、さすがは父親。息子が手を振っていると、それを見つけたのか手を振り返す姿も映っている。 父を応援する息子の姿には「可愛すぎる」、「素晴らしい息子だ」、「とってもクールだ」とコメント。この試合は浦和レッズ戦とみられ、勝利した後には父ランゲラックが投げキッス。これは息子たちに向けられたもののようで「お父さんもカッコいい」、「素晴らしい」とランゲラック一家の絆にファンも喜んだ。 <span class="paragraph-title">【写真&動画】最高にかわいいランゲラック息子、父をスタンドからサポート</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cg_MN5Jh2gz/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cg_MN5Jh2gz/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cg_MN5Jh2gz/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Riahannon Langerak(@riri_langerak)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.08.10 12:45 Wed
twitterfacebook
thumb

浦和がSNS上での“暴力的な表現を用いた発信”に声明、「明確に非難」…警察とも連携して対応

浦和レッズは10日、SNS上での投稿についての声明を発表した。 クラブの発表によると、「SNS上にて、他のJ1クラブのサポーターの方に対する暴力的な表現を用いた発信を確認した」とのことだ。 ただ、発信されたアカウントは既に削除。また、浦和のファン・サポーターであるという情報もあるため、クラブとしてのスタンスを改めて説明した。 「スポーツは闘いですが、そこにはルールがあります。ルールある熱いサポートは、仲間との絆を深め、チームを勝利に導くと考えております」 「一方、SNS上で暴力的な表現を用いた投稿を行うという行為は「ルールある熱いサポート」には該当せず、私たち浦和レッズの理念にも反する行為であると認識しており、明確に非難いたします」 犯人の特定は現時点でできてはいないものの、警察と連携して対応しているという。 10日に行われるYBCルヴァンカップ準々決勝第2戦の名古屋グランパス戦は、埼玉スタジアム2002で初の声出し応援対象試合となる。浦和は、改めてルールを守ったサポートを求めた。 「本日、埼玉スタジアムで行われる試合は、浦和レッズのホームゲームとして初めて迎える、声出し応援の段階的導入運営検証対象試合となります」 「選手、チームは最後まで走り、闘い抜きますので、ファン・サポーターのみなさまにおかれましては、「ルールある熱いサポート」で共に闘ってくださいますようお願いいたします」 2022.08.10 12:30 Wed
twitterfacebook
thumb

福岡がDF三國ケネディエブスの復帰を発表…昨季途中から栃木へ育成型期限付き移籍

アビスパ福岡は10日、栃木SCへ育成型期限付き移籍していたDF三國ケネディエブス(22)が復帰することを発表した。背番号は「20」になる。 三國は青森山田高校から2019年に福岡へと入団。2021年5月から栃木に育成型期限付き移籍していた。 福岡では明治安田生命J1リーグでで2試合、YBCルヴァンカップで2試合1得点、明治安田生命J2リーグで30試合1得点、天皇杯で2試合に出場。栃木では明治安田J2で27試合に出場していた。 今シーズンはここまでJ2で3試合、天皇杯で2試合の出場に終わっていた。 三國はクラブを通じてコメントしている。 ◆アビスパ福岡 「アビスパ福岡に復帰することになりました。チームの勝利に貢献できるよう、また皆さんに成長した姿を見せられるよう頑張ります。引き続き応援をよろしくお願いします」 ◆栃木SC 「この度、アビスパ福岡に戻ることになりました。チームに貢献できなかったのはとても不甲斐なく、悔しい気持ちですが、栃木SCで過ごした1年と少しの期間に皆さんに本当にお世話になりました。ありがとうございました」 「良い結果が皆さんの耳に届くように、これからも頑張っていきたいと思います!」 2022.08.10 10:57 Wed
twitterfacebook
thumb

京都がウクライナからブラジル人FWパウリーニョ・ボイアを期限付きで獲得…ユーティリティ性が高い万能型のFW

京都サンガF.C.は10日、ウクライナのメタリストからブラジル人FWパウリーニョ・ボイア(24)が期限付き移籍で加入することを発表した。背番号は「47」をつける。 パウリーニョ・ボイアは、サンパウロから2018年8月にポルティモネンセへとレンタル移籍。その後、サン・ベント、ジュヴェントゥージでのプレーを経て、2022年1月にメタリストへと完全移籍する。 しかし、ロシアによるウクライナへの軍事侵攻が始まったことで国外へ退去。アメリカ・ミネイロでプレーしていた。 ポルティモネンセ時代には日本代表GK権田修一(清水エスパルス)とチームメイトだった。 カンピオナート・ブラジレイロ・セリエA(ブラジル1部)では、39試合で3ゴール1アシスト。セリエBでは24試合で3ゴール1アシストを記録していた。 京都はパウリーニョ・ボイアについて「CFとしてプレーすることが多いが、左右ウイング及びトップ下(シャドー)など前線のポジションはどこでもこなせるユーティリティな選手。小柄ながらテクニックとスピードがあり、前線での突破に長けている。また、ハードワークができることから攻守にわたってチームに貢献することができる」とプレーの特徴を紹介している。 パウリーニョ・ボイアはクラブを通じてコメントしている。 「私に京都でプレーするチャンスを与えて下さったことに対し、また、チームが望む目標を達成するお手伝いが出来ることに感謝したいと思います。日本でプレーするという夢をかなえることが出来ましたので、京都をチャンピオンに導けるよう全力を尽くします」 2022.08.10 10:13 Wed
twitterfacebook
thumb

福岡で新たに選手・スタッフ合計3名が新型コロナ陽性…今夜の神戸戦は現時点で開催予定

アビスパ福岡は10日、トップチームの選手・スタッフの合計3名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性診断を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、1名は9日に実施したJリーグ指定の抗原検査で陽性判定。その後、医療施設でPCR検査を受け、陽性診断を受けたという。 他の2名は9日に体調不良を訴えたとのこと。医療施設でPCR検査を実施し、陽性診断を受けていた。 福岡は10日にYBCルヴァンカップ プライムステージ準々決勝第2戦でヴィッセル神戸と対戦。予定通り試合の開催の準備をすすめているものの、試合開催に支障がある場合は速やかに協議し、報告するとしている。 2022.08.10 10:03 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly