リバプール、ふくらはぎ負傷のシャキリらがMKドンズ戦を欠場…

2019.09.24 22:00 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リバプールは24日、翌日に行われるEFLカップ(カラバオカップ)3回戦のMKドンズ戦に向けた最新のチームニュースを発表した。22日に行われたチェルシー戦を2-1で競り勝ちプレミアリーグ開幕6連勝を達成したリバプール。絶好調のチームは25日、今季のEFLカップ初戦でリーグ1(イングランド3部)のMKドンズと対戦する。

同試合に向けた前日会見にユルゲン・クロップ監督の代理として出席したアシスタント・マネージャーのペパイン・ラインダース氏は、最新のチームニュースを発表。

FWディヴォック・オリジ、GKアリソン・ベッカーらリハビリ組と共に、この試合で起用が見込まれていたFWジェルダン・シャキリが、23日の練習中に負ったふくらはぎのケガで欠場することを明かした。

「昨日の最後のトレーニングの中で、シャキリはふくらはぎに張りを訴えていた。彼はそのままトレーニングを続けることができず、すぐに検査を行った。その結果、筋肉に若干の損傷があることが判明した」

「我々は今後数日に渡って彼の状態を観察する必要があるが、少なくとも明日の試合でプレーすることはない。現時点で彼には休息が必要だ」

また、前述のチェルシー戦で打撲を負ったFWサディオ・マネに関してはMKドンズ戦でプレーすることはないものの、今週の木曜日から練習を再開する見込みであるという。

「サディオは打撲を負っている。ただ、見た感じは悪くない。今日はトレーニングを休んで明日は治療を受けることになるが、木曜日には再びトレーニングを再開できると思う」

なお、リバプールは今回のMKドンズ戦に向けて大幅なターンオーバーを行う見込みで、ラインダース氏はFWリアン・ブリュースターやGKカオイムヒン・ケレハーら若手の起用を明言している。
コメント
関連ニュース
thumb

負傷離脱のファン・ダイクを「妻が刑務所の夫を待つように待つ」 クロップから温かい励ましの言葉

リバプールのユルゲン・クロップ監督がクラブ公式サイトでオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクに対するサポートを誓った。 ファン・ダイクは17日に敵地で行われたプレミアリーグ第5節のエバートン戦に先発したが、序盤に相手のイングランド代表GKジョーダン・ピックフォードと交錯して負傷交代。翌日にクラブから右ヒザの前十字じん帯損傷による手術が明らかにされた。 離脱期間こそ明らかになっていないが、長期の離脱が囁かれるファン・ダイク。そのファン・ダイクがすでに自身のSNSで復帰に向けた始動を明らかにしたなか、クロップ監督も温かい励ましのメッセージとともに、フォローを約束した。 「私はこの仕事に長く携わっているからわかる。私もケガを負ったことがある。正しければ、同じケガだ。そうじゃなければ、色々言われるだろうがね。これからすべてが始まるが、もちろん、我々は彼と繋がっている。我々は彼の隣にいる。彼もそれをわかっている。良き妻が刑務所の夫を待つように、我々も彼の帰りを待つ。その間、彼ができるだけ簡単に戻ってこられるように我々もすべてをする」 また、復帰時期にも言及。期限を設けない姿勢を示すと、長期離脱にという結果も想定内だったと述べた。 「いくつかのことが明らかになっているわけで、しばらくはチームを離れるだろう。正直、選手はそれぞれだから、時期を設定したくない。ヴィルヒルはヴィルヒル。どんな期限も設定したくない。長くプレーできないだろう。そういう状況だ。あの試合後、こういう状況を予想した。特に、あのチャレンジを見直したときにね。最初はベンチから見たが、見直すと、長期離脱は明らかだった」 2020.10.20 19:05 Tue
twitterfacebook
thumb

ウルブス主将コーディ、古巣リバプール復帰を笑顔で否定「ここでプレーすることを愛している」

ウォルバーハンプトンで主将を務めるイングランド代表DFコナー・コーディ(27)が、リバプール復帰の噂を否定した。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 リバプールのユースチーム出身であり、かつては「スティーブン・ジェラードの後継者」としてクラブから高い期待をかけられていたコーディ。2014年夏にリバプールを退団してからも同クラブのファンであり続けており、リバプールOBのキャラガー氏らとも良好な関係を築いている。 リバプールは、17日に開催されたマージーサイド・ダービーでオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクが負傷。手術を受けることが決定しており、この先クラブが苦境に立たされているのは間違いない。 キャラガー氏はこうした状況を踏まえ、「ユルゲン・クロップ監督はファン・ダイクの穴埋めとしてコーディに注目している」とコメントしていた。 そのコーディは、19日に行われたプレミアリーグ第5節リーズ・ユナイテッド戦にフル出場すると、集中した守りを見せ1-0の勝利に貢献。試合後、イギリス『スカイ・スポーツ』に出演すると、ジェイミー・キャラガー氏が語ったリバプール移籍の噂を笑い飛ばした。 「(キャラガー氏に対して)僕にそんなことを言うなんて信じられないよ。いや、少しも(移籍するつもりは)ないよ」 「僕がどんな人間か知っていると思うけど、ウォルバーハンプトンでプレーすることを愛している。今日はリーズ相手に素晴らしい試合をして勝つことができた」 コーディはイングランド代表でも存在感を高めており、8日に開催されたウェールズとの国際親善試合では、代表初ゴールを記録。インタビューのなかで代表についても触れており、自分をここまで成長させてくれたクラブへの感謝を語っている。 「イングランド代表での経験は全てが素晴らしかった。それもクラブが僕に大きな信頼を寄せてくれたからこそだ。代表として過ごした2つのキャンプはアメイジングだったよ」 9月30日に、ウォルバーハンプトンとの間で5年間の契約延長にサインしたコーディ。キャラガー氏の望みとは裏腹に、今後も忠誠を誓ったクラブでの活躍が見られそうだ。 2020.10.20 11:55 Tue
twitterfacebook
thumb

【蒂亚戈】このサッカー選手は誰?

サッカー選手の名前を中国語で表記したら…?中国では、基本的に海外の選手名やチーム名を漢字による音訳をして表記していますが、そのまま漢字に置き換えることが難しい場合もあり、愛称が用いられることも多くあります。 この企画では、あるサッカー選手の名前を中国語表記で出題します。それが誰を指すのか、当ててみてください! 問題:「蒂亚戈·阿尔坎塔拉」 さすがにこれだけでは分からない方も多いと思うので、ここでヒントです! ヒント①:イタリア、スペイン、ブラジルの多重国籍を持っています。 ヒント②:中国語で「バチカン」は「梵蒂冈」と表記します。 ヒント③:生粋のサッカー一家の生まれで、父親が元サッカー選手なだけでなく、弟と従兄弟もサッカー選手です。 ヒントを見て、もう分かった方もいるのではないでしょうか?それでは、正解発表です。 <div id="cws_ad"> <br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJTWWFGVDVzdCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 正解はこちら! 「蒂亚戈」の読み方は…「チアゴ」でした。そう、リバプールに所属するスペイン代表MFのチアゴ・アルカンタラです。 ラストネームの「アルカンタラ」の方は何とか読める方もいたのではないでしょうか。チアゴの出身はイタリアですが、スペイン代表としてプレーすることを選択しています。 サッカー選手クイズ、いかがでしたか?気になる方は他の選手の名前もチェックしてみてください! 2020.10.20 06:30 Tue
twitterfacebook
thumb

歴史的大敗とファン・ダイクの長期離脱で絶望のリバプールに朗報? 守護神アリソン早期復帰か

リバプールの守護神を務めるブラジル代表GKアリソン・ベッカーが早期復帰を果たす可能性があるようだ。イギリス『デイリー・スター』が『The Athletic』を引用して伝えている。 アリソンは4日に行われたプレミアリーグ第4節アストン・ビラ戦前の練習中に肩を負傷。守護神不在で迎えた同試合は、代役を務めたスペイン人GKアドリアンのミスも絡んで2-7の惨敗を喫した。 ユルゲン・クロップ監督は当初、1カ月以上の離脱を仄めかしていたが、順調に回復を続けるアリソンに早期復帰の可能性が出てきた模様だ。伝えらえるところでは、まもなくトレーニングに戻れるようで、10月末には復帰戦を迎えられる見込みとのことだ。 リバプールは17日に行われた第5節のエバートン戦でオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクが前十字じん帯を負傷。手術が必要な大ケガに見舞われており、守護神の早期復帰となれば、少しは追い風に出来そうだ。 2020.10.19 21:50 Mon
twitterfacebook
thumb

ファン・ダイクに対するピックフォードのファウルは不問に…FAが決定

先日のリバプール戦における、オランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクへファウルに対するエバートンのイングランド代表GKジョーダン・ピックフォードへの処罰は見送りになったようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 17日のプレミアリーグ第5節で激突したエバートンとリバプール。試合はダービーらしい白熱した展開となり、リバプールの先制から始まったシーソーゲームは2-2という結果に終わった。 <div id="cws_ad"><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=91fgrkmgbeld1al24mu6kc3mx" async></script></div> だが、そんな試合内容よりも大きなトピックとなったのは開始5分のシーン。リバプールのセットプレーの流れで、クロスに飛び込んだファン・ダイクがピックフォードのアフターチャージで足を挟まれ負傷交代。試合後の検査で右ヒザ前十字靭帯の損傷が見つかり、手術を余儀なくされる大ケガとなった。 試合ではファン・ダイクのオフサイドが取られ、ピックフォードのファウルとはならなかったものの、危険なプレーだったとして調査対象に挙げられていた。 しかし、イングランドサッカー協会(FA)は当試合での主審とVARの判定を尊重し、不問に。ピックフォードはお咎めなしとなった。 2020.10.19 21:01 Mon
twitterfacebook