ルヴァン王者・湘南と対戦するアトレチコ・パラナエンセ来日メンバー発表!

2019.08.05 18:51 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本サッカー協会は5日、JリーグYBCルヴァンカップ/コパ・スダメリカーナ王者決定戦に出場するアトレチコ・パラナエンセ(ブラジル)の来日メンバーを発表した。2008年に創設されたJリーグカップ王者と、CONMEBOLスダメリカーナ王者による国際大会である、JリーグYBCルヴァンカップ/コパ・スダメリカーナ王者決定戦。

今大会では2018シーズンにルヴァンカップを初制覇した湘南ベルマーレと、同じくコパ・スダメリカーナを初制覇したアトレチコ・パラナエンセが8月7日にShonan BMWスタジアム平塚で対戦する。


今回発表されたアトレチコ・パラナエンセの来日メンバーでは、過去にリーベル・プレートやマルセイユ、ポルトなどで活躍した元アルゼンチン代表MFルチョ・ゴンサレスや、元アルビレックス新潟のFWホニ、元ビジャレアルのFWマルコルベン、シャフタール・ドネツクでプレー経験のあるDFマルシオ・アゼベドらが選出されている。

◆アトレチコ・パラナエンセ来日メンバー
GK
サントス
カイオ
レオ

DF
ジョナタン
ペドロエンリケ
レオ・ペレイラ
マジソン
マルシオ・アゼベド

MF
ルチョ・ゴンサレス
ブルーノ・ギマランエス
ウェリントン
ルーカス・アウテル
レオ・シタディーニ
トマス・アンドラーデ
ブライアン・ロメロ
ブルーノ・ナザリオ
トニーアンデルソン

FW
マルセロ・シリノ
ニカン
ホニ
マルコ・ルベン
関連ニュース
thumb

前嶋のJ1初ゴールなどで湘南を破った横浜FC、14試合目にして今季初勝利!【明治安田J1第14節】

明治安田生命J1リーグ第14節の1試合が15日にニッパツ三ツ沢球技場で催され、ホームの横浜FCが2-0で湘南ベルマーレを下した。 横浜FCは第13節にアウェイで清水エスパルスと対戦して1-1に終わり、ここまでリーグ戦13戦未勝利と苦しい状況が続いている。前節からはスタメンを4人入れ替え、岩武、小川、ジャーメイン、渡邉に代わって前嶋、瀬古、マギーニョ、クレーベが入った。 対照的に湘南は8試合負けなしで、前節はホームでの大分トリニータ戦を2-0で制している。前節からの先発の変更はなく、同じ布陣で臨んだ。 開始早々に横浜FCが試合を動かす。安永が右サイドに展開して松浦が浮き球を送ると、クレーベの右足シュートは相手に至近距離でブロックされるも、こぼれたボールを前嶋が回収。ペナルティエリア手前から左足を振り抜くと、右にステップを踏んだGK谷の逆を取るような形でゴールに吸い込まれ、幸先よく先制に成功した。 追い付きたい湘南は31分、セットプレーの流れから町野、タリクが立て続けにシュートを放ち、最後はGK市川がはじいたところに岡本が詰めてネットを揺らした。 だが、VARからの通信があり、松尾主審はオンフィールドレビューの結果、GK市川への岡本のファウルがあったとしてゴールを取り消し。湘南にとっては悩ましい判定となった。 追い打ちをかけるように湘南は前半アディショナルタイムに町野が負傷交代。CKの守備の際に瀬古の足が顔に入ってしまい、大橋との交代を余儀なくされた。 リードして試合を折り返した横浜FCが、後半の頭にもチャンスを作る。中盤で松浦が田中からボールを奪って素早く前線へ送ると、マギーニョが右足で狙うも枠の左へと逸れた。 その勢いのままに横浜FCが追加点を奪う。65分、クレーベがファウルを受けて自陣の浅い位置でFKを得ると、安永は相手の意表を突いて素早くリスタート。裏へ抜け出した松浦は飛び出してきたGK谷の位置を冷静に見極め、脇を抜けるコントロールショットで点差を広げた。 湘南は67分にタリク、山田に代えてウェリントン、茨田を投入して前線にパワーを持った選手を置いて1点を狙いにいくと、そのウェリントンが直後に見せる。ペナルティエリア手前から強烈な右足で狙うも、GK市川が立ちはだかった。 後半アディショナルタイムには左サイドから入ったボールをウェリントンが落とし、走り込んだ池田がペナルティエリア手前から右足を振り抜くも、大きく枠を外れてしまう。 結局、湘南の猛攻をしのぎきった横浜FCが逃げ切り、14試合目にして今季初勝利を収めた。 横浜FC 2-0 湘南ベルマーレ 【横浜FC】 前嶋洋太(前5) 松浦拓弥(後20) 2021.05.15 19:53 Sat
twitterfacebook
thumb

湘南が4試合ぶり勝利で8戦負けなしのクラブ記録更新! 名古&ウェリントンの一発で大分戦制す【明治安田J1第13節】

明治安田生命J1リーグ第13節の1試合が9日にレモンガススタジアム平塚で催され、ホームの湘南ベルマーレが2-0で大分トリニータを下した。 7戦負けなしと安定感のある一方、うち6試合が引き分けの15位湘南は前節の北海道コンサドーレ札幌戦から先発を2人変更。大橋が今季初めてベンチスタートとなり、前節に決定的な場面を作ったタリクが初スタメンを飾った。 9試合ぶりの勝利を手にし、7連敗の長いトンネルから抜け出した大分は前節の清水エスパルス戦からスタメンを2選手入れ替え、香川、小林成豪が外れ、福森、渡邉が名を連ねた。 自陣の深い位置からボールを繋ぐ大分に対して、高い位置からプレッシャーをかける湘南。大分がプレス回避のためにロングボールを織り交ぜるも、強く巻いた風の影響もあり、前線の長沢に収まらない。 そうしたなか、9分に敵陣右サイドで獲得したFKのチャンスからクロスの跳ね返りを拾った名古の右足シュートでゴールに迫った湘南が17分に先取する。左サイドで町野が高橋からボールを引き出し、深い位置から左足のクロス。風に戻されて大きく曲がったボールが名古に収まると、ペナルティエリア中央から倒れ込みながら左足を振り抜く。低い弾道のシュートは右のポストに当たってゴールに吸い込まれた。 飲水タイム明けから大分がボールを握り倒すものの、縦パスを入れるコースやタイミングを見つけられず、湘南の守備ブロックの前に攻めあぐねる時間が続く。すると、直近7試合でわずか2失点の堅守が光る湘南は40分、波状攻撃からまたしても名古。ペナルティアーク付近から右足のシュートを放っていくが、GKポープ・ウィリアムにセーブされる。 攻撃の糸口を見いだせず、前半にシュートシーンがなく、後半に入った大分だが、59分に味方とのワンツーで右サイドのスペースに走り込んだ松本のクロスから渡邉がフィニッシュ。大分の1stシュートだったが、GK谷のビッグセーブに阻まれ、セカンドボールに反応した渡邉の押し込みも左ポストに嫌われてしまう。 守備に体力を割かれた湘南は60分に3枚替え。町野、名古、山田に代えて大橋、茨田、古林を投入し、落ち始めた中盤の運動量を再び上げて大分のパス回しに対して制限をかけにいく。 その湘南は67分、GK谷からロングボールが送られると、大橋が飛び出してきたGKポープ・ウィリアムと入れ替わり、右サイドの深い位置から無人のゴールにシュート。しかし、角度が厳しく、枠に飛ばせない。 72分には大分も選手交代。屋敷、エンリケ・トレヴィザンを入れ、三竿を一列上げて攻撃の活性化を図ると、81分には町田のクロスをボックス内の長沢が収めて、反転からシュート。さらに84分、町田の縦パスを長沢が落としてペナルティエリア手前から下田が左足で狙うも、枠の右に外れる。 押し込まれる展開となった湘南だったが、途中出場選手が絡んで後半アディショナルタイムに貴重な追加点。左サイドでこぼれ球を拾った池田がインスイングのクロスを上げると、77分から出場のウェリントンが得意のヘディングシュートをゴール左に決めて、勝利をさらに手繰り寄せた。 結局、粘る大分を無失点で振り切った湘南が4試合ぶりの白星。J1での7試合負けなしのクラブ記録をさらに更新して、「8」に伸ばした。 湘南ベルマーレ 2-0 大分トリニータ 【湘南】 名古新太郎(前17) ウェリントン(後47) 2021.05.09 17:45 Sun
twitterfacebook
thumb

勝利が遠い湘南、札幌とドローで7戦負けなしもわずか1勝【明治安田J1第12節】

明治安田生命J1リーグ第12節、湘南ベルマーレvs北海道コンサドーレ札幌が2日にレモンガススタジアム平塚で行われ、0-0のゴールレスドローに終わった。 現在6戦負けなしとはいえ、その間1勝5分けと勝ちきれない試合が続いている湘南。3試合ぶりの白星を目指す今節は、土壇場で追いついた前節の清水エスパルス戦からスタメンを3人変更。中村が第2節柏以来の先発となった。 対する札幌は、前節はベガルタ仙台に2-1で勝利し、今季初の連勝を狙う。先発ではキム・ミンテが外れ、ジェイがリーグ戦では今季初めて名を連ねた。 まずは8分に札幌のチャンス。右サイドの金子のクロスにジェイが頭で合わせるも、GK谷の正面を突く。13分にはペナルティエリアの手前で得たFKを福森が直接狙うが、壁に当たってしまう。 湘南はセットプレーから好機を作る。25分、ボックスの右脇でFKを獲得。中村がファーサイドへクロスを送り、町野がヘディングシュートを放つも、枠をとらえられない。 30分には、札幌はこぼれ球に反応した福森が敵陣中央からダイレクトでシュート。さらに前半のアディショナルタイムにも、駒井のボール奪取から好機を作る。パスを受けた金子は外を追い越した田中を使い、そのリターンを受け、ボックスの右から左足でグラウンダーのシュートを放つも、GK谷に処理されてしまった。 折り返しの後半最初のビッグチャンスは札幌。55分、ゴール正面のFKの場面で、福森が蹴ると見せかけ、田中が左に展開する。パスを受けた菅のシュートはGK谷に阻まれ、こぼれ球に反応した宮澤がプッシュしてネットを揺らすも、オフサイドの判定に。 対する湘南は58分、岡本が自陣から送ったロングボールに町野が抜け出し、ボックスの右から狙ったものの、枠に収まらず。 そんな湘南は62分に2枚替えを決行。ウェリントンが湘南に復帰後、初めてホームのピッチに立った。そのウェリントンは64分に、あいさつ代わりのミドルシュートで会場を沸かせる。 71分にも湘南が2枚替え。山田と大橋に代わって古林とタリクを投入する。タリクはこれが今季初出場となった。 終盤はホームチームがセットプレーから攻め立てる。87分には右CKの流れから、タリクがバイシクルシュートを放つもバーに阻まれ、セカンドボールに再びタリク。これもGK菅野に阻まれてゴールを奪えない。 最もゴールに迫ったシーンは後半のアディショナルタイム。93分、こぼれ球を中村が押し返すと、ウェリントンが頭で落としたボールに岡本が詰めてネットを揺らす。しかし、ここもオフサイドの旗が上がる。 結局、互いにゴールを奪うことはできず、ゴールレスドローで勝ち点を分け合った。 湘南ベルマーレ 0-0 北海道コンサドーレ札幌 2021.05.02 18:04 Sun
twitterfacebook
thumb

降格ライン手前の清水、終盤に追いつかれ6戦勝ち無しに【明治安田J1第11節】

明治安田生命J1リーグ第11節、清水エスパルスvs湘南ベルマーレが25日にIAIスタジアム日本平で行われ、1-1の引き分けに終わった。 両チーム10試合消化時点で勝ち点を「10」とし、得失点の差で清水エスパルスが16位、湘南べルマーレが15位に位置。今季は降格が4チームとなっており、互いに残留ライン付近から早々に抜けるための重要な一戦となる。 清水は公式戦5試合勝ち無しで得点もわずか1ゴールのみ。だが、前節までと同様[4-4-2]のシステムを採用し、スタメンも前節から変更は無し。唯一の得点を挙げたエウシーニョは今節も先発出場となった。対する湘南は前節からスタメンを2枚入れ替え、前節までと同じく[3-3-2-2]のシステムを採用。左ウイングバックに古林、2トップに大橋と石原直樹を起用した。 立ち上がりは清水が主導権を握る。1分に相手陣地で奪ったボールを、ボックスの外からチアゴ・サンタナがオープニングシュートを放つ。さらに16分、エウシーニョのパスから西澤がボックス内に運びシュートを放つも、相手のブロックに阻まれる。 攻め込まれる湘南は最終ラインに5人並べてカウンターを狙っていく。だが、運動量でカウンターに厚みをつけるが、清水の素早い帰陣に阻まれフィニッシュまでは持っていけない。 そんな中、16分に湘南にアクシデントが起こる。石原直が突如ピッチ上で座り込んでしまい、足を痛めて続行が不可能に。一時はピッチ外で治療を受けるが、結局、町野との交代を余儀なくされてしまった。 そんな湘南を尻目に清水は35分、チアゴ・サンタナが敵陣でボールを奪って奇襲を仕掛ける。相手に囲まれボールをロストするが、こぼれ球を拾った鈴木唯人が相手をかわしてフィニッシュへ。しかし、爪先で狙ったシュートは枠を捉えることはできなかった。 前半は繋ぐ清水、速攻の湘南という構図。加えて両チームとも多くの運動量でハイプレスをかけ、相手陣地でボールを奪ってチャンスを生み出すが、ゴールレスで前半が終了する。 後半立ち上がりの49分、清水に決定機が訪れる。自陣からエウシーニョがチアゴ・サンタナにスルーパスを送ると、チアゴ・サンタナがこれを後ろから走ってきた中山に落とす。ボックス手前から中山がボールを運びシュートを放つが、ここは湘南のGK谷が右手1本で守って見せた。 攻め込む清水にようやくその瞬間が訪れる。60分、入ったばかりの中村が左サイドから仕掛け、ボックス手前右のエウシーニョへパス。エウシーニョがそこから左足でクロスを送ると、ボックス中央で待ち構えていたチアゴ・サンタナがヘディングシュートを突き刺して、均衡を破った。 ここから清水の攻勢はさらに強まり、74分には右サイドでフリーになっていた中山がボックス内まで運びグラウンダーのクロス。チアゴ・サンタナがしっかり合わせるが、湘南DFの身体を張ったブロックに阻まれてしまう。 このまま清水の流れで試合が終わるかと思われた87分、同点弾が生まれる。途中交代の茨田が右から左へサイドチェンジを起点に、同じく途中出場の毛利が左足でアーリークロス。最後はウェリントンが強烈なヘディングシュートを叩き込み、交代3選手の力で同点追い付いた。 このゴールで俄然熱量を増した両チームは、素早いカウンターを次々に展開し、何度もゴールに迫っていく。しかし、結局試合は1-1で終了。両チームとも下位争いからは抜け出せずにいる。 清水エスパルス 1-1 湘南ベルマーレ 【清水】 チアゴ・サンタナ(後15) 【湘南】 ウェリントン(後43) 2021.04.25 16:07 Sun
twitterfacebook
thumb

田中聡がプロ初ゴール!無敗の広島を破った湘南が今季2勝目【明治安田J1第9節】

明治安田生命J1リーグ第9節、サンフレッチェ広島vs湘南ベルマーレが10日にエディオンスタジアム広島で行われ、0-1で湘南が勝利した。 ここまで4勝4分けで無敗を維持する広島は、前節は横浜FCを浅野の2ゴールなど前半だけで3得点し快勝。4位に浮上した。2度目の連勝を目指す今節は、前節からスタメンを8名変更と、大幅なターンオーバーを行った。 対する湘南はここ3試合引き分け続き。ここまでわずか1勝で、暫定15位という状況だ。5試合ぶり勝利を目指す今節はのスタメンは3名変更となった。 試合は序盤からボールを持って攻撃の形を作る広島と、しっかりブロックを敷いて守りから入る湘南という構図に。広島は幾度かCKやリーグ戦4試合ぶりの先発出場となった柏のシュートなどの攻撃を見せるが、いずれも相手を脅かすまでには至らない。 一方で守勢に回る湘南も、17分の高橋のミドルシュートを除けばチャンスラシイチャンスはない。 あまり動きのない前半だったが広島は40分、右サイドから切り込んだ藤井の縦パスをドウグラス・ヴィエイラがスルーし、反応した柏がシュートへ。前半最大の決定機を迎えると、42分には青山のミドルシュートが炸裂。ここはGKに弾かれたが、ゴールの匂いを窺わせながら後半へ向かう。 ハーフタイムには両チームともテコ入れ。広島は藤井を下げて森島、湘南は茨田と石原直樹を下げて名古と町野を投入すると、この交代が功を奏したのは湘南だった。 56分、敵陣中央でボールを奪った田中が、ボックス手前で町野とワンツー。これで守備の網を掻い潜りゴール前に侵入した田中が左足で蹴り込み、湘南が先制に成功した。 これを受けて広島は59分に一挙に3枚替え。ハイネル、ドウグラス・ヴィエイラ、柏を下げて、川辺、ジュニオール・サントス、浅野と、休ませていた主力を投入する。 ここから盛り返したい広島だが、62分の長沼のシュートは大きく枠を越え、64分のCKでは森島のクロスに井林が頭で合わせたが、こちらも枠を捉えられず。 さらに79分にはジュニオール・サントスが単騎突破を見せるが、湘南もシュートまでは許さず上手く対応。その後は殊勲の田中を下げて大岩を送り出し、守備固めに入る。 そして、4分のアディショナルタイムも過ぎ試合終了。湘南は第4節のベガルタ仙台戦以来、今季2勝目。広島は初黒星となった。 サンフレッチェ広島 0-1 湘南ベルマーレ 【湘南】 田中聡(後11) 2021.04.10 15:55 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly