山形ユースDF半田陸&FC東京U-18GK野澤大志ブランドンらが選出! U-17日本代表メンバーを発表《国際ユースサッカー》

2019.07.02 18:20 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本サッカー協会(JFA)は2日、新潟で行われる第23回国際ユースサッカーU-17日本代表の19名を発表した。今回のメンバーには、6月のアルゼンチン遠征から佐々木雅士(柏レイソルU-18)ら11選手を引き続き招集。Jリーグ勢からは2種登録選手としてJ2リーグにも出場しているモンテディオ山形ユースのDF半田陸やU-23チームとして明治安田生命J3リーグで経験を積むFC東京U-18のGK野澤大志ブランドンらが選出。高体連からは畑大雅(市立船橋高)ら2選手が選出された。

9日からトレーニングを行い、11日にU-17北信越選抜とのトレーニングマッチを実施予定して大会を迎える。13日にU-17メキシコ代表、14日にU-17ボスニア・ヘルツェゴビナ代表、15日にU-17新潟県選抜と対戦する。

◆U-17日本代表メンバー

GK
1.野澤大志ブランドン(FC東京U-18)
12.佐々木雅士(柏レイソルU-18)

DF
2.鈴木海音(ジュビロ磐田U-18)
3.半田陸(モンテディオ山形ユース)
4.畑大雅(市立船橋高)
5.中野伸哉(サガン鳥栖U-18)
15.村上陽介(大宮アルディージャU18)
16.藤田譲瑠チマ(東京ヴェルディユース)

MF
6.横川旦陽(湘南ベルマーレU-18)
7.三戸舜介(JFAアカデミー福島U18)
8.山内翔(ヴィッセル神戸U-18)
9.相良竜之介(サガン鳥栖U-18)
10.成岡輝瑠(清水エスパルスユース)
13.田中聡(湘南ベルマーレU-18)
14.中野桂太(京都サンガF.C.U-18)
17.中野瑠馬(京都サンガF.C.U-18)

FW
11.唐山翔自(ガンバ大阪ユース)
18.杉浦力斗(興国高)
19.武内翠寿(名古屋グランパスU-18)
関連ニュース
thumb

2022年開催のU-17、U-20の女子アジアカップが中止に…コロナ禍で開催困難

日本サッカー協会(JFA)は6日、AFC U-17女子アジアカップ、AFC U-20女子アジアカップの中止を発表した。 この決定はアジアサッカー連盟(AFC)が5日に行ったもの。新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大が続いており、すべての利害関係者、特に若手プレーヤーの健康と安全を優先することの重要性を考えての判断とのことだ。 両大会は、2022年にそれぞれインドネシアとウズベキスタンで開催される予定だった。 これを受け、U-19日本女子代表の池田太監督、U-16日本女子代表の狩野倫久監督、今井純子女子委員長がコメントしている。 【今井純子女子委員長】 今回、育成年代ということもあり、アジア各地での新型コロナウイルス感染拡大の様々な状況、1次予選、2次予選を実施して上位ラウンドへと進行していくことが非常に困難ということで、残念ながら育成年代の女子アジアカップ全体が中止と なってしまいました。 育成年代代表の目標は、1つでも多くの良い経験を積み上げて将来に向けて成長することです。その中でも国際経験、プレッシャーの掛かる大会の経験は何物にも代えがたい貴重な経験の場であり、非常に残念です。 ワールドカップへどのような方法でアジアからの出場チームを決定するかはまだ不明ですが、出場できることを想定し、そこに向けて両代表の強化活動を変わらず継続していきます。まだ国際経験が困難な時期が続きますが、状況を見ながらできる限りの良い経験が積めるよう進めていきたいと思います。 【U-19 日本女子代表 池田太監督】 選手達が大きく逞しく成長できる大会が中止となり本当に残念です。しかし健康や安全が大切なことは間違いありません。 アジア各国との戦いは選手達の成長や経験値を上げることと共ににワールドカップ予選という次へのステージがかかっている緊張感や達成できた時の自信などを得られる機会と考えていました。今後の活動で海外のチームとの対戦も調整して継続的に強化していかなければならないと感じています。 アジアの出場枠がどのように決定されるのかはまだ分かりませんが、2022年8月にコスタリカで予定されているワールドカップに向けて引き続き選手達と成長の歩みを止めず、進んでいきます。 【U-16 日本女子代表 狩野倫久監督】 U-16日本女子代表は、今年の4月に新チームとして立ち上げ、AFCU-17女子アジアカップ優勝をひとつの目標にし、そこからFIFAU-17女子ワールドカップインド大会での躍進を大きな目標に掲げていました。前回のFIFAU-17女子ワールドカップに続き、AFCの大会が中止になったことで国際経験を体験できないことは残念ではありますが、今後の目標や選手たちの目指すべきところ「世界のなでしこになる」は変わることはなく歩みを止めてはいけません。 今回の中止を更なるステップアップ、今後の成長を更に加速させるきっかけになるよう、今後の目標に対し、今一度内省し今後への歩むべき道筋を立て、未来に向かい今まで以上に日々全力で迷うことなくチャレンジして欲しいと思います。 我々スタッフ一同、これからも育成年代の強化・育成、レベルアップのために、より一層尽力していきます。まだまだ大変な状況下にありコロナウイルスによる影響は今後も続くかもしれませんが、皆さんと共に、この状況を乗り越えていきたいと思います。 2021.07.06 18:13 Tue
twitterfacebook
thumb

U-17日本代表候補メンバーが発表! キャンプには中村憲剛ロールモデルコーチが帯同

日本サッカー協会(JFA)は9日、U-17日本代表候補メンバーを発表した。 U-17日本代表候補は、4月12日〜15日にかけてトレーニングキャンプを実施。森山佳郎監督の下、千葉県の高円宮記念JFA夢フィールドでトレーニングキャンプを行う。 今回は、先日JFAと契約した中村憲剛ロールモデルコーチも参加することとなる。 ◆U-17日本代表候補メンバー GK 松原快晟(カマタマーレ讃岐U-18) デューフエマニエル凛太朗(流通経済大学付属柏高) 涌井寿大(大宮アルディージャU18) 須田純弥(東福岡高) DF 杉田隼(横浜FCユース) 溝口修平(鹿島アントラーズユース) 坂本光(ルーテル学院高) 小澤晴樹(大宮アルディージャU18) アッパ勇輝(日本大学藤沢高) 足立凱(柏レイソルU-18) 小川遼也(カターレ富山U-18) 西野奨太(北海道コンサドーレ札幌U-18) 寺阪尚悟(ヴィッセル神戸U-18) 植田悠太(京都サンガF.C.U-18) 竹内諒太郎(サガン鳥栖U-18) 大川佳風(流通経済大学付属柏高) 石川晴大(清水エスパルスユース) MF 梶浦勇輝(FC東京U-18) 山市秀翔(桐光学園高) 山崎太新(横浜FCユース) 越道草太(サンフレッチェ広島ユース) 荒井悠汰(昌平高) 土橋公哉(浦和レッズユース) 福井太智(サガン鳥栖U-18) 北村一真(国見高) 大迫塁(神村学園高) 髙橋隆大(静岡学園高) 大関友翔(川崎フロンターレU-18) 廣井蘭人(帝京長岡高) 橋本陸斗(東京ヴェルディユース) FW 福田師王(神村学園高) 南野遥海(ガンバ大阪ユース) 小林俊瑛(大津高) 前澤拓城(大宮アルディージャU18) アジズブライアン瑛太(ジェフユナイテッド千葉U-18) 貴田遼河(名古屋グランパスU-18) 2021.04.09 17:05 Fri
twitterfacebook
thumb

U-17W杯出場権を懸けたAFC U-16選手権の組み合わせが決定!今年11月開催予定で中国、インドネシア、サウジと同居《AFC U-16選手権》

アジアサッカー連盟(AFC)は18日、11月に予定されているAFC U-16選手権の組み合わせ抽選会を実施した。 同大会は11月25日(水)〜12月12日(土)までバーレンで開催。日本は、グループDに入り、インドネシア、サウジアラビア、中国と同居することとなった。 なお、上位4チームは2021年にペルーで行われるU-17ワールドカップの出場権を獲得する。 ◆AFC U-16選手権組み合わせ 【グループA】バーレーン、北朝鮮、イラン、カタール 【グループB】タジキスタン、オマーン、イエメン、UAE 【グループC】韓国、オーストラリア、インド、ウズベキスタン 【グループD】日本、インドネシア、サウジアラビア、中国 また、組み合わせ結果を受けてU-16日本代表の森山佳郎監督がコメントしている。 ◆森山佳郎監督(U-16日本代表) 「本日、AFCで行われたドローによって対戦相手が決まりました。どの国も難敵揃いで、大変厳しい戦いが待ち受けているなという印象です。非常に身が引き締まると同時に、選手たちがどんな戦いをしてくれるのかとても楽しみな気持ちです」 「私自身は2016年、2018年に続き、チームを率いて3度目の挑戦となりますが、今回は新型コロナウイルスの影響で、ほとんど活動ができておらず、過去とは全く異なる準備状況になっています」 「この大会は来年ペルーで行われるFIFAU-17ワールドカップ2021への出場権がかかっています。日本サッカー史上初めて、U-17日本代表、U-20日本代表がワールドカップに2大会連続出場中です」 「将来の日本サッカーのため、選手たちの大きな成長のため、なんとしても兄弟そろっての3大会連続ワールドカップ出場を果たし、世界での経験を積み上げなければならないと思っています」 「11月のAFC選手権に向けて、限られた状況のなかでできうる最善の準備をして臨みます。ぜひとも応援よろしくお願いします」 2020.06.18 19:15 Thu
twitterfacebook
thumb

大宮U-18所属のU-17日本代表DF村上陽介が大会最多パス数&パス成功数を記録

ブラジルで行われているU-17ワールドカップ。U-17日本代表は、7日にU-17メキシコ代表を相手に2-0で敗れ、ベスト16で敗退となったが、ある記録が生まれていた。 その記録を生み出したのは、メキシコ戦で先発出場したDF村上陽介だ。センターバックとして出場したが、記録したのは攻撃のスタッツだ。 『Opta』によると、村上はメキシコ戦で129本のパスを出し、119本が成功。成功率は92.3%を記録した。 村上が記録したパス数は、1試合でのパス本数、パス成功数ともに今大会最多。サイドへの横パスも多いが、前線へのパスも多く、ビルドアップに大きく貢献したことがわかる。 村上は、所属する大宮アルディージャU-18でもキャプテンを務め、期待の大型センターバック。トップチームはJ1昇格を戦い、所属する大宮U-18はJユースカップでベスト4に進出している。世界の舞台での村上の活躍が、チームメイトに力を与えるだろう。 大宮U-18がベスト4に進出しているJユースカップは、10日にレベルファイブスタジアムで準決勝が行われ、大宮U-18は名古屋グランパスU-18と対戦。もう1カードは、アビスパ福岡U-18とガンバ大阪ユースの一戦となる。決勝は17日に、ミクニワールドスタジアム北九州で行われる。 2019.11.08 12:40 Fri
twitterfacebook
thumb

メキシコに完敗の日本、ベスト16で敗退…《U-17W杯》

U-17日本代表は6日、U-17ワールドカップ(W杯)ブラジル大会の決勝トーナメント1回戦でU-17メキシコ代表と対戦し、0-2で完敗した。 オランダ代表、アメリカ代表、セネガル代表と同居したグループステージを2勝1分けの首位で通過した日本は、4日前に行われ1-0で勝利したセネガル戦のスタメンから6選手を変更。若月や西川、成岡といった主力がスタメンとなった。 グループFを3位で通過したメキシコ相手に、4大会ぶりのベスト8進出を目指す日本はフラットな[4-4-2]を採用。GKに鈴木彩艶、4バックに右から畑、鈴木海音、村上、中野伸哉、中盤に右から成岡、藤田、山内、三戸、2トップに若月と西川を並べた。 キックオフ前に激しい雨が降り出した中、立ち上がりからメキシコのポゼッションに押し込まれた日本は15分にピンチ。ディフェンスライン裏を取られ、エフレイン・アルバレスに決定的なシュートを許したが、GK鈴木がセーブした。 その後も劣勢を強いられた日本は30分、再びエフレイン・アルバレスのミドルシュートでゴールを脅かされると、36分にもピンチを迎えたが、エフレイン・アルバレスのシュートはGK鈴木がセーブした。 直後、日本にこの試合初めての決定機が訪れる。カウンターに転じ、ボックス右に侵入した三戸がシュートに持ち込んだが、GKの守備範囲だった。 ペースを掴めずにゴールレスで迎えた後半、日本は56分にピンチ。CKからマルティネスのヘディングシュートが枠を捉えるも、ゴールライン前の鈴木海音がカットした。しかし直後のCKから失点する。モリーナにボレーシュートを打たれると、ルーズボールをピスットに蹴り込まれた。 今大会初失点を受けて前がかる日本は64分に若月が枠内シュートを放つも、74分に致命的な2失点目を喫する。ボックス手前からムニョスのミドルシュートが決まってしまった。 2点を追う日本は唐山と田村を投入。88分にFKから西川がヘディングシュートを放つも枠を捉えきれず、そのまま0-2で完敗。ベスト16敗退に終わった。 U-17日本代表 U-17メキシコ代表 【メキシコ】 ピスット(後12) ムニョス(後29) 2019.11.07 06:23 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly