熊谷紗希、英『BBC』年間最優秀選手候補に! 22日に発表

2019.04.26 17:25 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
イギリス『BBC』が女子フットボーラー・オブ・ザ・イヤー2019(年間最優秀選手賞)最終候補5名を発表した。イギリスの公共放送『BBC』独自に行う同賞の候補者は、監督や選手、連盟、記者などサッカー有識者により選出。5月2日締切の一般投票により、年間最優秀選手が決定する。

その候補の1人として、リヨンのなでしこジャパンDF熊谷紗希がノミネート。熊谷は昨年、史上初のチャンピオンズリーグ3連覇やリーグ優勝のほか、なでしこジャパンの主将としてもアジアカップ制覇に貢献した。

投票結果は22日に発表される。

◆女子フットボーラー・オブ・ザ・イヤー2019候補
FWペアニレ・ハーダ(ヴォルフスブルク/デンマーク)
FWアダ・ヘガーベルグ(リヨン/ノルウェー)
MFリンジー・ホラン(ポートランド・ソーンズ/アメリカ)
FWサマンサ・カー(シカゴ・レッドスターズ/オーストラリア)
DF熊谷紗希(リヨン/日本)

関連ニュース
thumb

ヘンクの日本代表MF伊東純也のゴールが年間最優秀ゴール部門で3位、最優秀選手部門でも5位に

ベルギーメディア『HLN』は12日、2021年の各アワードを発表。ヘンクの日本代表MF伊東純也のゴールが年間最優秀ゴール部門で3位となった。 12日、ベルギーメディア『HLN』が2021年における各アワードを発表。年間最優秀ゴール部門において、昨年1月23日にクラブ・ブルージュ戦で決めた伊東の左足でのバックヒールは3位となった。 年間最優秀ゴールに選出されたのはクラブ・ブルージュのオランダ代表FWノア・ラングがワースラント=ベフェレン戦で決めたゴール。同メディアによると、24,603票が投じられ、ラングが51%を獲得。2位はベールスホットのベルギー人FWヤン・ファン・デン・ベルフ(28%)、3位が伊東純也(21%)であった。 男子年間最優秀選手には伊東の同僚、ナイジェリア代表FWポール・オヌアチュが選出された。同部門では伊東も5位にランクインしている。また、女子年間最優秀選手にはMFジャニス・ケイマン(リヨン/フランス)が選ばれている。 <span class="paragraph-title">【動画】年間最優秀ゴール候補となった伊東のバックヒール&受賞したノア・ラングのゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="nl" dir="ltr">Goal van het jaar, toch? <br><br>Een Gouden Schoen-outsider, maar voor onze ploeg zoveel meer. Onze Japanner<a href="https://t.co/Xg0pb9IClA">https://t.co/Xg0pb9IClA</a><a href="https://twitter.com/hashtag/mijnploeg?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#mijnploeg</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/riseabove?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#riseabove</a> <a href="https://t.co/1b1bTS9Kg7">pic.twitter.com/1b1bTS9Kg7</a></p>&mdash; KRC Genk (@KRCGenkofficial) <a href="https://twitter.com/KRCGenkofficial/status/1481212792053157892?ref_src=twsrc%5Etfw">January 12, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="nl" dir="ltr">STEM NU! <br><br>Noa Lang komt met deze beauty in aanmerking voor Doelpunt Van het Jaar &amp; jij bepaalt of hij die trofee mee naar huis mag nemen! <a href="https://twitter.com/hashtag/GoudenSchoen2021?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#GoudenSchoen2021</a><br><br>Stem via de HLN-app of hier <a href="https://t.co/5W8FbIwjNW">https://t.co/5W8FbIwjNW</a> <a href="https://t.co/P3OZo7A5uJ">pic.twitter.com/P3OZo7A5uJ</a></p>&mdash; Club Brugge KV (@ClubBrugge) <a href="https://twitter.com/ClubBrugge/status/1481234948350746630?ref_src=twsrc%5Etfw">January 12, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.01.13 20:35 Thu
twitterfacebook
thumb

エメルソンのレンタルバックを目論むチェルシー、リヨンは拒否の姿勢か

リヨンにレンタル中のイタリア代表DFエメルソン・パルミエリ(27)のリコールを目指すチェルシーだが、目論見通りにいっていないようだ。 DFベン・チルウェルのヒザ負傷を受け、今冬に左ウイングバックの補強に動くことになったチェルシー。エバートンのDFリュカ・ディーニュ獲得の噂もあった中、最優先としているのがエメルソンのレンタルバックだ。 エメルソンは昨夏の移籍市場でリヨンに期限付き移籍。チェルシーではチルウェルやDFマルコス・アロンソの後塵を拝し出場機会に恵まれなかったが、リヨンではここまでリーグ・アン16試合に出場するなど、主力の一人として貢献している。 イギリス『アスレティック』によると、チェルシーはそんなエメルソンを呼び戻すため、330万ポンド(約5億1800万円)の補償金を提示したが、このタイミングで主力を手放すわけにはいかないリヨンは拒否。選手本人もリヨンで満足している様子で、今のところ復帰の意思は薄いと見られている。 リヨンには虫のいい話と取られかねないが、果たしてチェルシーはこの問題をどう解決していくのだろうか。 2022.01.13 16:45 Thu
twitterfacebook
thumb

ポチェッティーノ采配的中、途中出場のケーラー弾で追いついたPSGが公式戦7戦負けなし《リーグ・アン》

パリ・サンジェルマン(PSG)は9日、リーグ・アン第20節でリヨンと対戦し1-1の引き分けに終わった。 公式戦6戦負けなしで首位に立つPSGが、リーグ戦4試合勝利のない13位リヨンのホームに乗り込んだ一戦。新型コロナウイルスの影響でメッシやディ・マリアを欠くPSGは、3トップにワイナルドゥム、イカルディ、ムバッペを並べた。 試合は早い時間にスコアが動く。リヨンは8分、ギマランイスのロングパスでDFの裏に抜け出したパケタがボックス内まで切り込むと、冷静にゴール左隅にシュートを流し込んだ。 先制を許したPSGはすぐに反撃出るも、前線にデンベレ1人を残して[5-4]の堅固な守備ブロックを形成するリヨンの牙城を崩すことができず。 膠着状態が続く中、PSGは38分にボックス右までオーバーラップしたダグバの折り返しからニアに走り込んだムバッペが決定機を迎えたが、シュートは空振り。さらにブロックに戻った相手DFに当たったボールはゴール右サイドネットを叩いた。 さらに42分にもボックス左手前でパスを受けたムバッペがコントロールショットでゴールを狙ったが、このシュートはわずかにゴール右に逸れた。 迎えた後半、PSGは54分に味方のパスを左サイド高い位置で受けたメンデスがダイレクトクロスを供給すると、ゴール前に抜け出したイカルディが左足で合わせたが、これは枠に上に外れた。 後半は劣勢の時間が続くリヨンだが59分、アワールのスルーパスでDFの裏に抜け出したデンベレがボックス内まで切り込みシュートを放ったが、これはGKケイロル・ナバスの好セーブに防がれた。 1点が遠いPSGは、69分にエレーラ、パレデス、ダグバを下げてミシュ、シャビ・シモンズ、ケーラーを投入する3枚替えを敢行。すると76分、ムバッペのパスでボックス左に抜け出したミシュの折り返しがボックス右に流れると、走り込んだケーラーがダイレクトシュートをゴール左隅に流し込んだ。 追いついたPSGは、82分にもボックス左横で獲得したFKからムバッペが直接ゴールを脅かしたが、このシュートは右ポストに弾かれた。 結局、試合はそのまま1-1でタイムアップ。ポチェッティーノ采配が的中したPSGが勝ち点1を獲得している。 2022.01.10 06:42 Mon
twitterfacebook
thumb

フランスサッカー連盟、暴動発生で中止となったパリFCvsリヨンの両者敗退を発表

フランスサッカー連盟(FFF)は27日、クープ・ドゥ・フランスのラウンド64、パリFCvsリヨンで発生した暴動に対する処分として、両チームの敗退及び罰金などを処分を科したことを発表した。 事件はハーフタイム中に発生。サポーター同士の喧嘩が勃発し、照明弾や花火が打ち上げられたりするなど、暴動に発展。その後、警察が介入しようとすると、ファンがピッチにあふれ出し、後半開始の準備をしていた選手や関係者はドレッシングルームに戻らざるを得ない状況に。 警察の対応により、サポーターはピッチから排除されたが、最終的に試合は中止となっていた。 FFFは27日に規律委員会による会議を開催し、両チームを敗退とする処分を決定した。これにより、パリFCvsリヨンの勝者とラウンド32で対戦予定だったニースのラウンド16入りも決定している。 リーグ・アンのマルセイユ戦でも問題を起こしており、再犯と判断されたリヨンは、敗退処分に加えて5万2000ユーロ(約677万円)の罰金とスタジアムに生じた損害賠償を負うことに。また、2021-22シーズンにFFFとLFP(フランス・プロリーグ機構)が主催する大会において、アウェイ戦の観客動員も禁止となった。 一方、パリFCは敗退処分に加えて、1万ユーロ(約130万円)の罰金と今後5試合のホームゲームを本拠地で開催できないという罰則が科せられた。 2021.12.28 08:00 Tue
twitterfacebook
thumb

女子CLベスト8の組み合わせ決定! 岩渕はヴォルフスブルク、熊谷はPSG、そしてクラシコも実現

20日、UEFA女子チャンピオンズリーグ(UWCL)の準々決勝の組み合わせ抽選会が行われた。 来年5月にトリノのユベントス・スタジアムで決勝が行われるUWCL。なでしこジャパンのFW岩渕真奈(アーセナル)、DF熊谷紗希(バイエルン)もここまで勝ち上がっている。 前回王者であるバルセロナは、レアル・マドリーとの“エル・クラシコ”が実現。ファイナリストのチェルシーはすでに敗退しているが、同組で1位になったヴォルフブルクは岩渕が所属するアーセナルと対戦する。 また、熊谷が所属するバイエルンはパリ・サンジェルマン(PSG)と、もう1つのカードは決勝がホームで行われるユベントスとリヨンの組み合わせとなった。 なお、岩渕のアーセナルと熊谷のバイエルンは決勝に進まない限り対戦することはなく、準決勝はレアル・マドリー/バルセロナvsアーセナル/ヴォルフスブルク、ユベントス/リヨンvsバイエルン/PSGのカードに決定。4月に実施される。 ◆女子チャンピオンズリーグ 【準々決勝】 バイエルン vs パリ・サンジェルマン ユベントス vs リヨン アーセナル vs ヴォルフスブルク レアル・マドリー vs バルセロナ 【準決勝】 レアル・マドリー/バルセロナ vs アーセナル/ヴォルフスブルク ユベントス/リヨン vs バイエルン/パリ・サンジェルマン 2021.12.20 22:15 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly