サウールがシティ移籍に近づく! 今夏100億円で加入か

2019.03.21 02:02 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・シティがアトレティコ・マドリーに所属するスペイン代表MFサウール・ニゲス(24)の獲得に迫っているようだ。『ESPN』が伝えている。

今夏の移籍市場でブラジル代表MFフェルナンジーニョの後釜獲得を最優先事項としているシティ。昨夏、今冬にはイタリア代表MFジョルジーニョやブラジル代表MFフレッジ、オランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングの獲得に相次ぎ失敗しており、これ以上の補強失敗は許されないところだ。

そして、シティが今夏に獲得を目指しているのが、強靭なフィジカル、テクニック、戦術眼を併せ持つリーガ屈指の万能型MFのサウールだ。

2017年7月に異例の9年契約をアトレティコと結んだサウールだが、ここ2シーズンでクラブが期待外れのシーズンを送っていることもあり、今夏ワンダ・メトロポリターノを離れることを考慮しているという。

また、アトレティコもチーム内のサラリー高騰や旧スタジアム跡地の売却の遅れの影響によって深刻な財政難に陥っており、主力放出に踏み切る情勢だ。

そのサウールに関しては中盤の世代交代を目指すバルセロナが強い関心を示しているが、『ESPN』はシティ移籍の可能性が濃厚だと主張している。

なお、アトレティコはサウールの移籍金として1億2000万ユーロ(約151億円)を求めていると言われているが、最終的には8000万ユーロ(約101億円)程度で獲得が可能だという。

関連ニュース
thumb

低調アトレティコが今季初黒星…開幕5戦全敗の最下位アラベスに金星献上《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第7節、アラベスvsアトレティコ・マドリーが25日にエスタディオ・デ・メンディソローサで行われ、ホームのアラベスが1-0で勝利した。 リーグ連勝を狙うアトレティコは開幕5戦全敗の最下位アラベスと敵地で対戦。前節は開幕全敗のヘタフェ相手に大苦戦を強いられたが、相手の退場によって数的優位を得た後半半ば過ぎから猛攻を仕掛けると、ルイス・スアレスの見事なドブレーテの活躍によって後半アディショナルタイムでの劇的な逆転勝利を収めた。 28日に重要なチャンピオンズリーグ(CL)のミラン戦を控えている中、大幅なターンオーバーも見込まれたが、ヘタフェ戦からのメンバー変更は4人に留まった。ホセ・ヒメネスとロージ、コレア、エレーラに替わってフェリペ、エルモソ、コンドグビア、デ・パウルを起用した。 今シーズンはスロースタートの印象が強いアトレティコはいきなりビハインドを負う難しい入りを強いられる。開始4分、アラベスの右CKの場面でキッカーのドゥアルテが右足インスウィングで上げたボールに対して、DFフェリペが被ってしまうと、その背後に飛び込んだラグアルディアのヘディングシュートがゴールネットを揺らした。 ここ数試合を教訓に早い時間帯に同点に追いつき勝ち越したいアトレティコは、ここから反撃を開始。カラスコとトリッピアー、マルコス・ジョレンテが幅を取りつつ、70%近いボール支配率で相手を押し込んでいく。 だが、[4-4-2]のコンパクトな守備ブロックを敷き、中央の危険なエリアをしっかりとケアするアラベスの守備に苦戦を強いられ、セットプレー以外に可能性を感じさせる仕掛けを見せることができない。結局、前半に5本のシュートを放ったものの、枠内シュート0で試合を折り返すことになった。 迎えた後半、同じ11人で臨んだアトレティコは立ち上がりから攻勢を仕掛けていく。52分には相手陣内左サイドで得たFKの場面でニアへ飛び込んだジョレンテがヘディングでコースを変えたボールがゴール方向へ向かうが、これはDFラグアルディアのゴールカバーに阻まれる。 何とか流れを変えたいシメオネ監督は60分にトリッピアー、カラスコ、コンドグビアを下げてマテウス・クーニャ、ロージ、コレアを同時投入。さらに、エルモソとジョレンテに替えてエレーラ、ヴルサリコを投入し、試合終了まで15分以上を残して全ての交代カードを切る。 だが、69分にコレアがようやく最初の枠内シュートを放ったものの、選手交代の効果もなく集中したアラベスの守備を前に、完全に攻撃が八方塞がりに。それでも、アラベスがママドゥ・ルム、ピナと決定的なカウンターチャンスをフイにしたことで、今季勝負強さを発揮している試合終盤まで最少得点差を維持した。 しかし、この日のアトレティコは最後まで攻撃にスイッチが入り切らず、GKオブラクも攻撃参加を見せたラストプレーのFKも不発に終わり、試合はこのままタイムアップ。 開幕5戦全敗だったアラベスに今季初勝利となる金星を献上したアトレティコは、今季初黒星を喫することになった。 2021.09.25 22:59 Sat
twitterfacebook
thumb

140万超えの「いいね!」出場停止中のフェリックスが『FIFA 22』をプレー、特別Ver.のムバッペを当てて喜ぶ

アトレティコ・マドリーのポルトガル代表FWジョアン・フェリックスがフランス代表FWキリアン・ムバッペを引き当てた。 18日のラ・リーガ第5節、アスレティック・ビルバオ戦で1分間に2枚の警告を受け、退場処分となっていたフェリックス。2試合の出場停止となっていたため、21日の第6節ヘタフェ戦では実質オフとなっていた模様。自由な時間を満喫していたようだ。 フェリックスはサッカーゲーム『FIFA 22』に興じていた様子。その中で特別仕様のムバッペを手に入れたようだ。イギリス『433』がその様子を公開している。 青と白の印象的なカードデザインは、FUTVIPと呼ばれるバージョンとのこと。ただ、デザイン以上に目を惹くのはムバッペがアーセナルの7番を着用していることだろうか。インスタグラムに公開されたこの写真には140万を超える「いいね!」が集まった。 なお、ゲームの正式リリースは10月1日。『Ultimate Edition』購入者には9月27日からの早期アクセス権が付与される。 <span class="paragraph-title">【写真】『FIFA 22』でアーセナルのユニを着用するムバッペ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"> <a href="https://twitter.com/joaofelix70?ref_src=twsrc%5Etfw">@joaofelix70</a> <a href="https://twitter.com/KMbappe?ref_src=twsrc%5Etfw">@KMbappe</a> <a href="https://t.co/kXEOkhnvKK">pic.twitter.com/kXEOkhnvKK</a></p>&mdash; 433 (@433) <a href="https://twitter.com/433/status/1440662760279330821?ref_src=twsrc%5Etfw">September 22, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.24 21:55 Fri
twitterfacebook
thumb

2Gでアトレティコの逆転勝利に貢献のスアレス、チームについては「改善すべき点があると認識しないと…」

アトレティコ・マドリーのウルグアイ代表FWルイス・スアレスが、勝利を喜びつつ改善の必要性を語った。スペイン『マルカ』が伝えている。 ここまで公式戦1ゴールと不調のスアレスは、21日に行われたラ・リーガ第6節のヘタフェ戦に先発出場。リーグ戦5連敗中の相手に先制を許す苦しい展開となったが、78分にスアレスが同点ゴールを記録。すると、後半アディショナルタイムにもスアレスはDFシメ・ヴルサリコのクロスに頭で合わせゴールネットを揺らし、2-1での劇的逆転勝利に多大な貢献を果たした。 試合後、スアレスは勝利への貢献を喜びつつ、チームの課題についても言及。リーグ戦は始まったばかりであり、これから改善していきたいと語っている。 「何より嬉しいのは0-1で負けてしまうかもしれないという状況から、チームが正しい状態の時に状況を覆すことができたことだね。でも、僕たちはもう少し多くのことをしなければならないと自覚している。だからこそ、今日のような試合で逆転勝利ができたことは、僕たちがこれから向上していくうえで感情的にも役立つと思う」 「相手にも自分たちの強みやプレッシャーのかけ方、攻撃の仕方があるだろう。僕たちは改善すべき点があることを認識して、うまく機能しない点を解決しなければならない。ラ・リーガは始まったばかりだから、ここから改善する必要がある」 また、スアレスは自身に向けられた批判についても言及。外からの声に惑わされることはないと強調しており、今この瞬間を楽しんでいると語った。 「批判されることには慣れないとね。エリートになるためにはそれが必要さ。批判されたからといって沈むことはなく、褒められたからといって自分が世界最高だと信じることもないよ。それが僕の仕事のやり方だ。うまくいくこともあれば、思い通りにならないこともある。でも僕は、ただこの瞬間を楽しんでいるよ」 2021.09.22 13:45 Wed
twitterfacebook
thumb

スアレスが終盤に2発、アトレティコが苦しみながらも全敗のヘタフェに逆転勝利《ラ・リーガ》

アトレティコ・マドリーは21日、ラ・リーガ第6節でヘタフェとのアウェイ戦に臨み、2-1で勝利した。 前節アスレティック・ビルバオ戦をゴールレスドローで終え、3勝2分けスタートとなったアトレティコは、ビルバオ戦のスタメンから3選手を変更。デ・パウルやコンドグビアらに代えてスアレスやカラスコを先発に戻した。 5連敗のヘタフェに対し、スアレスとグリーズマンの2トップとする[4-4-2]で臨んだアトレティコがポゼッションする展開となった中、最初にゴールに迫ったのはヘタフェ。 31分、FKの流れからボックス左のマタにシュートを打たれると枠の右を捉えていたが、GKオブラクが好守で凌いだ。 守護神の好セーブによって失点を免れたアトレティコは37分、スアレスがルーズとなった浮き球のボールをボレー。こちらも枠を捉えたが、GKソリアの守備範囲だった。 すると45分、ヘタフェに先制を許す。FKの流れからGKオブラクがキャッチングできずに二次攻撃を許すと、最後はミトロビッチにヘディングシュートを決められた。 迎えた後半、56分にグリーズマンがミドルシュートでゴールに迫ったアトレティコは、63分にデ・パウルとエルモソを投入。 すると68分、スアレスのヘディングシュートがバーに直撃する決定機を演出。そして73分にはアレーニャがクーニャのふくらはぎを踏みつけてVARの末、一発退場に。 数的優位となったアトレティコは76分、コレアがボレーシュートでゴールに迫るも、GKソリアのビッグセーブに阻まれた。 それでも2分後に追いつく。左サイドからのエルモソのアーリークロスを受けたボックス左のスアレスが左足でシュートを蹴り込んだ。 そして追加タイム1分、アトレティコが逆転する。ロングスローの流れから右サイドのヴルサリコからのクロスをファーサイドのスアレスがヘディングシュートで押し込んだ。 アトレティコがスアレスの終盤に生まれた2つのゴールによって全敗のヘタフェに逆転勝利を収めている。 2021.09.22 04:39 Wed
twitterfacebook
thumb

シメオネ、連戦によるコンデションへの不安視を一蹴「言い訳を求めているわけではない」

アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督が、チームの状況について語った。スペイン『アス』が伝えている。 21日に行われるラ・リーガ第6節でアウェイのヘタフェ戦を控えたアトレティコ。前節のアスレティック・ビルバオ戦では、78分に審判への抗議によりポルトガル代表FWジョアン・フェリックスが2枚目のイエローカードで退場するアクシデントに見舞われたのの、ゴールレスドローでリーグ戦無敗を継続した。 加えて、チャンピオンズリーグ(CL)のグループリーグを戦っていることにより、スケジュールが中2日から3日の過密日程で進行。連戦が続く中、選手のコンディションが不安視されている。 しかし、試合前の会見に出席したシメオネ監督は、その印象を一蹴。良いコンディションで試合に臨むことが選手の仕事であると語った。 「言い訳を求めているわけではない。単純に、選手がピッチに立つときに良いコンディションであることを確認する必要がある。それが我々の仕事だ。(試合の)前に起きたことは、誰にとっても重要ではない。サポーターにとって重要なのは、選手が良い状態でピッチに入ってくることだ」 続けてアルゼンチン人指揮官は、開幕から5連敗で19位に沈んでいるヘタフェ戦のカギとなるポイントについても語った。 「ヘタフェは苦境に立たされているが、すべての試合で健闘しており、結果以上の価値がある。機動力のあるチームで、様々なラインからプレスをかけようとしていることがわかる」 「いつもの対戦と同じように、難しい試合になるだろう」 2021.09.21 17:40 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly