リバプールに朗報! サラー&ファン・ダイクが練習復帰

2018.10.19 19:15 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リバプールに所属するエジプト代表FWモハメド・サラーとオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクが、問題なく練習している。イギリス『テレグラフ』が報じた。

▽リバプールでは、代表ウィーク中にサラー、ファン・ダイクが負傷。さらに、セネガル代表FWサディオ・マネ、ギニア代表MFナビ・ケイタがケガを負ったことも伝えられていた。

▽しかし、18日に『テレグラフ』が報じたところでは、攻撃の要であるサラーと守備の要であるファン・ダイクが通常通りに練習に参加。24日のチャンピオンズリーグ(CL)グループC第3節ツルヴェナ・ズヴェズダ戦に照準を合わせる可能性も考えられるが、20日に行われるプレミアリーグ第9節ハダースフィールド戦に向けても問題なさそうだ。

▽また、ハムストリングに問題を抱えているナビ・ケイタに関しても悲観的な状況ではなく、ハダースフィールド戦の帯同も議論されているという。さらに、マネは負傷箇所を手術しているが、経過次第で早期復帰の判断もあり得るようだ。
コメント
関連ニュース
thumb

拍手なんて完全拒否!ベルナルド・シウバのガード・オブ・オーナー中の様子が話題に

マンチェスター・シティのポルトガル代表MFベルナルド・シウバのリバプール戦前の様子が話題になっている。 6月25日のプレミアリーグ第31節でチェルシーと対戦したマンチェスター・シティが敗れたことで、30年ぶりのリバプール優勝を達成していたリバプール。2日のリバプールとシティの直接対決では、優勝が決まったリバプールの選手たちに対して、ピッチ入場の際にシティの選手たちが花道を作り、拍手で出迎える「ガード・オブ・オーナー」が行われる予定だった。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad">◆ガード・オブ・オナーでリバプールを讃える<br/><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1p5af2hfv03t11vrzurzwq9s8h" async></script></div> これについては、スポーツマンシップに則った敬意に溢れる行為であるとする見方が多い中、優勝した側であるリバプールのユルゲン・クロップ監督が「必要性を感じない」とコメント。強制されるべきでないとの懐疑的な見方もあるなど、意見の分かれるトピックとなっていた。 そんな中、リバプール戦の前には予定通りシティの選手による「ガード・オブ・オーナー」が行われたが、その際のベルナルド・シウバの様子が話題になっている。 この日ベンチスタートだったベルナルド・シウバは、「ガード・オブ・オーナー」には参加はしているものの、他の選手とは違い、拍手をする素振りを全く見せずにリバプールの選手たちを静観。さらに、途中で手に持っていたドリンクを飲むと、リバプールの選手たちが入場しきる前にシティベンチへ向けて歩き出す姿がカメラにとらえられていた。 ベルナルド・シウバが拍手を拒否した理由は定かではなく、もちろん強制されて行うことではないが、少し悪目立ちしてしまっている感が否めない結果となってしまった。なお、ベルナルド・シウバはこの試合で79分から途中出場を果たしている。 2020.07.03 22:10 Fri
twitterfacebook
thumb

J・ゴメスのリーグ無敗記録に終止符…約2年半ぶりの黒星に

リバプールのイングランド代表DFジョー・ゴメスのリーグ戦無敗記録に終止符が打たれることになった。イギリス『Squawka』が伝えている。 2015年にチャールトンから加入したジョー・ゴメスは、これまで本職のセンターバックに加え、左右のサイドバックを主戦場にリバプールの最終ラインの準主力として活躍。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad">◆ジョー・ゴメス、リバプールでのハイライト<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJhbVp1Snc5TyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> 度重なるケガの影響でオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクの完全な相棒とはなり切れていないが、スタメンや試合のクローザー役として近年のレッズの多くの勝利に貢献している。 そのジョー・ゴメスは2018年1月22日に行われたスウォンジー戦(0-1)の敗戦を最後に、自身が出場したプレミアリーグの試合で無敗を維持。リバプールにとって、今シーズンの初黒星となった今年2月末のワトフォード戦(0-3)ではメンバー外となっており、敗戦を免れていた。 しかし、2日に行われたプレミアリーグ第32節のマンチェスター・シティ戦ではまさかの0-4の大敗を喫し、無敗記録が41試合でストップ。シティの先制点に繋がるPKを献上するなど、微妙なパフォーマンスに終始したジョー・ゴメスは前半のみの出場となり、892日ぶりの敗戦を味わうことになった。 また、『Squawka』が伝えるところによれば、今回の敗戦はジョー・ゴメスとファン・ダイクがセンターバックでコンビを組んだリーグ戦で初めての敗戦となったという。 これまで両者がコンビを組んだリーグ戦23試合の戦績は21勝2分けで、15回ものクリーンシートを記録していたという。 そのため、リバプールは今回のシティ戦で2つの記録が途切れることになった。 2020.07.03 15:15 Fri
twitterfacebook
thumb

「リバプールは酔いを覚まして来た」 4発快勝のペップが選手の発奮を主張

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が選手たちの発奮を主張した。イギリス『ガーディアン』が報じている。 今季のプレミアリーグでリバプールに王者の座を奪われ、3連覇の夢が潰えたシティ。2日に行われた第32節で、そのリバプールをホームに迎え撃った。シティはその試合前のピッチ入場時、王者のリバプールをガード・オブ・オナーで祝福。しかし、試合が始まると、王者に対して見事な戦いぶりを披露してみせ、4-0の快勝で飾った。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad">◆マンチェスター・シティvsリバプール<br/><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1p5af2hfv03t11vrzurzwq9s8h" async></script></div> グアルディオラ監督は試合後、「ガード・オブ・オナーで健闘を称える選手たちからチャンピオンを倒すべく、信じられないほどの集中力を目の当たりにした。この試合に意識があって、労いの言葉すらかけてもいなかったね」と述べ、選手たちが示した意地を称賛した。 ユルゲン・クロップ監督は試合後、「チャンピオンが決まった1週間前のような戦いができなかった」と話したが、グアルディオラ監督は「彼らは今週、ビールを浴びるように飲んだが、酔いを覚ましてここにやって来た」と語り、ケチのつけようがない勝利だと誇った。 また、ベルギー代表MFケビン・デ・ブライネを名指しで絶賛。さらに、U-21イングランド代表MFフィル・フォーデンも褒めちぎっている。 「間違ったことは言いたくないが、代表チームのガレス・サウスゲイトはインクレディブルな才能を持っていると思う。私自身、これまで多くの選手を見てきて、信じられないような才能を指導してきた。フィルもその1人だ」 2020.07.03 11:15 Fri
twitterfacebook
thumb

0-4大敗のクロップ「集中力欠如のストーリーにしたいなら、そうすれば良い」

リバプールのユルゲン・クロップ監督が気の緩みを否定した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 プレミアリーグ初制覇を成し遂げたリバプールは2日に敵地で行われた第32節で2位マンチェスター・シティと対戦。優勝決定後初のゲームということもあり、王者らしい戦いを披露したいところだったが、PK献上やオウンゴールも響き、0-4の大敗を喫した。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad">◆マンチェスター・シティvsリバプール<br/><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1p5af2hfv03t11vrzurzwq9s8h" async></script></div> そうした大敗劇を受け、試合後のインタビューで気の緩みを突く質問を受けたクロップ監督だが、「集中力が足りていなかったという方向にストーリーを作りたいのであれば、そうすれば良い」と述べ、選手たちを擁護した。 「素晴らしい姿勢を目の当たりにした。闘争心もだ。チャンピオンが決まった1週間前のような戦いはできなかったがね。流動性を欠いた。フィフティ・フィフティの場面において、彼らの方がマインドの部分で速かった」 「彼らはいくつかのチャンスを生かして、我々はそれを生かせなかった。もちろん、シティの方が100%勝利に相応しかったが、5-3のスコアもあり得たと思う。しかし、現実は4-0で、それを受け入れなければならない」 また、「シティは信じられないぐらい良いチームだと証明した。あんなフットボールを展開するシティが同じリーグにいるのに、他のチームがチャンピオンになれたというのは素晴らしいと思わないかい?」と続け、シティに賛辞を贈っている。 「シティはインクレディブルだ。これまでの試合もチェックしてきたが、シーズンを通じてバッドゲームがない。負けても良いフットボールをしている。最終的にこういう状況(リバプールが優勝)になってしまったがね」 2020.07.03 10:20 Fri
twitterfacebook
thumb

新旧王者対決はまさかの大差に シティがリバプールを4発圧倒!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第32節、マンチェスター・シティvsリバプールが2日に行われ、4-0でシティが勝利した。 近年のプレミアリーグの覇権を握ってきたシティと、30年ぶりのリーグ優勝を果たしたリバプールによる新旧王者対決。 キックオフ前にシティ選手らによるガード・オブ・オナーが行われた中、試合は4分のサラーのシュートからスタート。ファン・ダイクのロングパスを胸で受けてシュートに繋げた。 10分には、今度はカウンターからマネにチャンス。アーノルドのクロスを頭で合わせたが、同時にボールに飛び込んでいたサラーと被り、枠へ飛ばすことができなかった。 一方、シティはワントップのジェズスがフリーランで抜け出すシーンが2度あったが、どちらもオフサイドの判定。デ・ブライネのシュートもブロックされゴールに届かなかった。 19分にはサラーのシュートが右ポストを叩くなどリバプールが優勢に進めていたが、ボックス内でボールを収めたスターリングのアジリティについていけなかったジョー・ゴメスが、抱え込むようにして倒してしまいPKを提供してしまう。 これをデ・ブライネが決めてシティが先制。試合は25分に動いた。 守備でもサラーのチャンスをGKエデルソンが飛び出して防ぐなど高い集中力を見せるシティ。すると35分、その守備からカウンターを発動。ジェズスからフォーデン、ボックス左のスターリングへと繋がり、最後は右足でジョー・ゴメスの股を抜いてゴールを決めた。 意外な展開となった新旧王者対決だが、シティはさらに45分、ギュンドアンからのパスを受けたフォーデンが、デ・ブライネとのワンツーでリバプールの最終ラインを突破。そのままゴールを沈めてリードを3点に広げた。 後半も攻撃の手を緩めないシティは、49分にジェズス、50分にカウンターからスターリングがゴールを脅かす。さらに51分にはCKの流れからデ・ブライネの折り返しをフォーデンがシュート。枠を捉えていたが、ファン・ダイクが直前でクリアする好セーブを見せる。 1点でも返しておきたいリバプールはチェンバレンやケイタ、オリジを投入するも、試合を動かしたのはまたもシティだった。67分、リバプールのCKを跳ね返し、右サイドでボールを奪った途中出場のマフレズからカウンターがスタート。中央でのロドリから左前方のデ・ブライネへと繋ぎ、最後はスターリングがボックス右から左足でシュート。チェンバレンがスライディングで止めに入るも、逆にコースが変わってオウンゴールに。シティのリードは4点に広がった。 敗戦濃厚のリバプールは85分に南野が登場。しかし、見せ場はほとんどなく試合終了。リバプールが優勝直後の試合を大差で落とす予想外の結果となった。 2020.07.03 06:15 Fri
twitterfacebook