バチュアイ、初挑戦リーガ開幕に向け意気込む! 「グーグル翻訳で会話してる」2018.08.13 17:00 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽今夏にチェルシーからバレンシアにレンタル加入したベルギー代表FWミッチー・バチュアイ(24)が、新天地での意気込みを語っている。スペイン『アス』が伝えた。▽バチュアイは2017-18シーズンの冬にもレンタルでドルトムントに加わり、ブンデスリーガ10試合で7得点をマーク。7月まで行われていたロシア・ワールドカップではベルギー代表として出場し、3試合1得点を記録した。

▽今夏には、出場機会を求めて移籍を望んでいることが伝えられており、10日にバレンシア加入が発表。同クラブがチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得してることも、プラスに働いていたようだ。以下のように語っている。

「僕に(バレンシア以外の)他の選択肢があったのは事実だ。でも、(マルセリーノ・ガルシア・トラル)監督と話して、気持ちが固まったんだ」

「(ゴール数の)目標を設定する前に、確かな印象を残すことを切望しているよ。“23”のシャツが着たいね。もし空いていればだけど」

「(チームでの会話には)携帯のグーグル翻訳を活用しているよ。でも、クラブは先生を付けてくれる計画でいる思うし、チームメートだって助けてくれるに違いない」

「僕はここの野望に納得させられた。チャンピオンズリーグに参加するのが楽しみだよ。マルセリーノとの会話が本当に重要な要因だった」

▽スペイン語の問題解決のためにグーグル翻訳を利用しつつ、初挑戦となったリーガエスパニョーラの開幕に向けて準備を進めるバチュアイ。スペイン代表FWロドリゴ・モレノと競争が勃発することも伝えられているが、ポジションを確保することはできるのだろうか。
コメント
関連ニュース
thumb

ゴンサロ・ゲデスのミドル弾2発のバレンシアがベティスに逃げ切り勝利で4位ヘタフェを追走《リーガエスパニョーラ》

バレンシアは21日、リーガエスパニョーラ第33節でベティスとのアウェイ戦に臨み、2-1で勝利した。 同日の試合でセビージャに勝利し、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内に浮上した4位ヘタフェを暫定5ポイント差で追う6位バレンシア(勝ち点49)が、ヨーロッパリーグ(EL)出場権を狙う9位ベティス(勝ち点43)のホームに乗り込んだ一戦。 3日前に行われ、2-0で勝利したEL準々決勝2ndレグのビジャレアル戦のスタメンから5選手を変更したバレンシアは、ゴサンロ・ゲデスとサンティ・ミナの2トップで臨んだ。 フラットな[4-4-2]の3ラインを敷くバレンシアがベティスにボールを持たせる展開で推移していった中、24分にピンチ。CKの流れからマンディに決定的なヘディングシュートを許してしまった。 そして30分にはアクシデント。チェリシェフがドリブルを仕掛けたところで右ヒザを負傷し、プレー続行不可能となってしまった。代わってロドリゴ・モレノを投入したバレンシアはハーフタイムにかけてもチャンスを作れずにいたが、前半終了間際の45分に個人技で先制する。 ボックス手前左でパスを受けたゲデスが中に切れ込み、中央からミドルシュート。これがゴール左隅に決まった。 ワンチャンスを生かしてリードしたバレンシアは迎えた後半開始4分に加点する。決めたのはまたしてもゲデス。CKの流れからボックス手前左でパスを受けたゲデスが右足を振り抜くとゴール左にミドルシュートが決まった。 2点をリードしたバレンシアが自陣に引いてベティスの攻撃を受け止めていた中、終盤の78分にCKの流れでガブリエウのハンドを取られてPKを献上する。これをロ・セルソに決められて1点差に詰め寄られたバレンシアは、82分にロドリゴ・モレノに2枚目のイエローカードが出されて10人での戦いを強いられる。 終盤にかけてベティスの攻勢を受けたバレンシアだったが、何とか逃げ切って勝利。4位ヘタフェとの2ポイント差を維持している。 2019.04.22 05:41 Mon
twitterfacebook
thumb

ビジャレアルとの同国対決を快勝で制したバレンシアが準決勝でアーセナルと対戦へ!《EL》

ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグ、バレンシアvsビジャレアルが18日に行われ、2-0でバレンシアが勝利した。この結果、2戦合計スコアを5-1としたバレンシアが準決勝に進出している。 1週間前に敵地で行われた1stレグを後半追加タイムの2ゴールで3-1と先勝したバレンシアと、逆転突破のためには少なくとも3点が必要なビジャレアルによるスペイン同国対決。 共にフラットな[4-4-2]で臨んだバレンシア自治州ダービーは、ホームチームのバレンシアが押し込む入りとなると、10分にパレホがGK強襲のシュートを浴びせた。 そして13分、バレンシアが先制する。敵陣でゴンサロ・ゲデスがボールを奪って柔らかい浮き球パスを送ると、ボックス左に走り込んだラトがボレーでうまく合わせた。 先制後はバレンシアが余裕を持って試合をコントロール。そして前半半ば以降はバレンシアが自陣に引きながら対応し、ビジャレアルに付け入る隙を見せない。39分にCKからジェラール・モレノに打たれたヘディングシュートはGKネトが難なくセーブし、2戦合計スコア4-1として前半を終えた。 後半からラバに代えてチュクウェゼを投入したビジャレアルが前がかると、52分にペドラサが枠内シュートを浴びせる。 それでも54分、バレンシアにゴールが生まれる。ボックス手前左で得たFKをパレホが直接狙うと、壁に当たってコースの変わったシュートがゴール右に吸い込まれた。 逆転には4点が必要なビジャレアルが終盤にかけても押し込む展開となったが、バレンシアが集中を切らさずにシャットアウト。2戦合計スコア5-1で圧勝したバレンシアは準決勝でエメリ監督率いるアーセナルと対戦する。 2019.04.19 05:58 Fri
twitterfacebook
thumb

バレンシアMFコンドグビア、筋肉内血腫で入院

バレンシアは17日、中央アフリカ代表MFジェフリー・コンドグビアが筋肉内血腫の再出血で入院したことを発表した。 今季ここまで公式戦27試合に出場しているコンドグビアは、今月上旬に左大腿部に同様の問題が見つかり手術に至っていた。だが、この度手術した箇所から再び出血し、16日夜から入院しているという。 クラブによると現在も入院したままのようで、今後の経過を見守っていくとのことだ。 2019.04.17 18:51 Wed
twitterfacebook
thumb

【平成史に残るレジェンドチーム50選】vol.27“ベニテスの堅守速攻”2冠達成/バレンシア[2003-04]

1989年1月8日に日本で始まった「平成」。日本では31年にわたって使用されてきたが、2019年4月30日をもってその時代が終わりを告げる。 日本サッカーにおいても激動の時代であった「平成」だが、目をヨーロッパに向け、同じ時代で印象に残ったレジェンドチームを超ワールドサッカー編集部が選出。記憶や記録に残る50チームを紹介していく。 <div style="position: relative;margin: 2em 0;padding: 25px 10px 7px;border: solid 2px #FFC107;"><span style="position: absolute;display: inline-block;top: -2px;left: -2px;padding: 0 9px;height: 25px;line-height: 25px;vertical-align: middle;font-size: 17px;background: #FFC107;color: #ffffff;font-weight: bold;">vol.27</span><p style="margin: 0; padding: 0;font-weight:800">2003-2004シーズン/バレンシア 〜ベニテスの堅守速攻〜</p></div> <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/2003-04valencia.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brians,LTD.<hr></div><div style="padding: 0.5em 1em;margin: 2em 0;border: double 5px #4ec4d3;"><p style="margin: 0; padding: 0;">監督:ラファエル・ベニテス(43) 獲得タイトル:リーガエスパニョーラ、UEFAカップ 攻撃力8:★★★★★★★★☆☆ 守備力9:★★★★★★★★★☆ タレント7:★★★★★★★☆☆☆ 連係9:★★★★★★★★★☆ 選手層7:★★★★★★★☆☆☆ </p></div> <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;background: #dbeeff;border-left: solid 5px #7db4e6;">2冠達成</div> 当時のバレンシアの監督は、就任3年目のラファエル・ベニテスだった。2001-02シーズンにバレンシアに招へいされたベニテスは、1年目にして約30年ぶりとなるリーガエスパニョーラ制覇を達成。メンディエタやキリ・ゴンサレスを擁して2000年から2シーズン連続でCLファイナリストとなったエクトル・クーペルがつくった堅守速攻のチームをベースとしたベニテスは、サポーターが待ち望んでいたタイトルを獲得した。 2003-04シーズンは、リーガエスパニョーラで第2節から第7節まで6連勝するなど好スタートを切った。中盤戦以降は、バルセロナ、レアル・マドリー、デポルティボと熾烈な優勝争いを繰り広げたが、第27節でデポルティボを3-0で下したのをキッカケに、そこから6連勝と勢いに乗る。そして、最終的には2位バルセロナに勝ち点5差をつけて、71得点27失点という素晴らしい成績で、2年ぶり6度目の優勝を達成した。なお、リーガでは、2013-14シーズンにアトレティコ・マドリーが優勝するまで、このシーズンのバレンシアが、レアル・マドリードとバルセロナ以外で最後に優勝したチームであった。 また、UEFAカップでは、決勝トーナメントでボルドーやビジャレアルを撃破し、決勝に進出。マルセイユとの決勝では、ビセンテとミスタのゴールによって2-0で勝利し、見事に戴冠を果たした。 <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;background: #dbeeff;border-left: solid 5px #7db4e6;">ソリッドな守備+a</div> 前述したように、チームのベースはクーペル時代からの堅守速攻。ただ、ベニテスは、ワントップのクラウディオ・ロペスやカリューをスペースに走らせていたクーペル時代よりも、ストライカーも含めてショートパスを繋ぐスタイルを意識していた。 守護神は安定感抜群のカニサレスが務め、アジャラがまとめる最終ラインは大きく崩れることはなかった。中盤の底には、バレンシアお馴染みの“バラハ&アルベルダ”。2人のコンビネーションは抜群だった。右サイドには、メンディエタほどの輝きはなかったものの、攻守に堅実なルフェテを配置。左サイドのビセンテは、キレ味鋭いドリブルが持ち味だった。 システムは4-2-3-1と4-4-2を併用。4-2-3-1の場合は、ワンタッチプレーでアクセントを付けるアイマールがトップ下を務め、2トップの場合は縦への推進力があるアングーロがミスタとコンビを組むパターンが多かった。 2000年代前半のバレンシアの問題点だったのが、エース不在による得点力不足。しかし、このシーズンはミスタが19ゴールを挙げる活躍を披露。ビセンテも2桁ゴールを記録し、強固な守備組織を有するチームのなかで、得点力が大幅にアップしたのが2冠達成の最大の要因となった。 <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;background: #dbeeff;border-left: solid 5px #7db4e6;">ピックアップ・プレイヤー</div> <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">DFロベルト・アジャラ (30)</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/ajaraPC.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> アルゼンチン代表として115試合に出場した名センターバック。加入した2000年以降、バレンシアの最終ラインの中心となり、2度のリーガ優勝やCL決勝進出に多大な貢献を果たした。177cmとセンターバックとしては小柄ながらも、驚異的なジャンプ力を誇り、空中戦に無類の強さを誇った。UEFAカップの決勝では、当時マルセイユに所属していたドログバを、まるで子ども扱い。売り出し中のストライカーを完璧に抑えきり、優勝の立役者となった。 2019.04.16 22:00 Tue
twitterfacebook
thumb

後半ATに2GのバレンシアがAG3つ獲得! ビジャレアルとの同国対決を先勝!《EL》

ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝1stレグ、ビジャレアルvsバレンシアが11日に行われ、1-3でバレンシアが勝利した。 ラウンド16でゼニトを下したビジャレアルと、クラスノダールを下したバレンシアによるベスト4を懸けたスペイン同国対決。 ビジャレアルはチュクウェゼとジェラール・モレノが2トップを形成するフラットな[4-4-2]でスタート。一方のバレンシアはガメイロとロドリゴ・モレノが2トップを形成する、こちらもフラットな[4-4-2]でスタートした。 試合は5分、ゴンサロ・ゲデスがボックス左でカセレスに倒されて、バレンシアがPKを獲得する。キッカーのパレホがゴール左に蹴ったシュートはGKアセンホに防がれるも、ルーズボールをゲデスが詰めてバレンシアが先制した。 失点を受けて前がかったビジャレアルだったが、バレンシアの守備を崩せずシュートを枠に飛ばすことはできない。それでも35分、ビジャレアルにもPKが与えられる。イボーラがボックス左に侵入したところでガライに倒された。これをカソルラが決めてビジャレアルが試合を振り出しに戻した。 追いついたビジャレアルは前半追加タイム1分、チュクウェゼが枠内シュートを浴びせたが、GKネトにセーブされ、1-1で前半を終えた。 迎えた後半もビジャレアルがボールを持つ流れで推移する中、59分に決定機。カソルラのスルーパスでディフェンスライン裏に抜け出したチュクウェゼがシュート。だが、前に出ていたGKネトにキャッチされてしまった。 さらに直後、チュクウェゼがミドルシュートを放つも枠を捉えきれない。その後もビジャレアルが攻勢に出る中、67分にイボーラに代えてバッカを投入し勝負に出た。 しかし、終盤にかけては互いに目立ったチャンスを生み出せずに1-1でタイムアップするかに思われた。ところが追加タイム2分、ガヤの左クロスをファーサイドのヴァスが左足ダイレクトで合わせたシュートがゴール左に決まり、バレンシアが勝ち越した。 さらにラストプレーでバレンシアに大きな3つ目のアウェイゴールが生まれる。ロングカウンターに転じたバレンシアは、左サイドのスペースを突いたチェリシェフがクロスを入れると、ファーサイドのゲデスが決めて3-1で勝利。後半追加タイムに2ゴールを加点したバレンシアがベスト4進出に大きく近づいている。 2019.04.12 06:08 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース