【超WS選定週間ベストイレブン/J1第21節】イニエスタが超絶美技からJ初ゴール!2018.08.13 13:00 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
▽明治安田生命J1リーグ第21節の9試合が10〜11日にかけて開催された。超WS編集部が今節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。

◆寸評(所属/今シーズンの選出回数)
GK飯倉大樹(横浜F・マリノス/2回目)
▽横浜FMの守護神として最後尾で存在感。湘南の決定機をことごとく凌ぎ切り、9試合ぶりの完封でチームに久々の勝利をもたらした。

DF蜂須賀孝治(ベガルタ仙台/3回目)
▽この試合でもチームの攻撃に多大なる貢献度を誇る。右サイドでボールの収めどころとなり、クロッサーとしても力を発揮した。

DF水本裕貴(サンフレッチェ広島/3回目)
▽経験に裏打ちされた先読みの守備でチームとして我慢の時間帯を凌ぎ切る。際立った場面こそ少ないが、中央で全体を統率した。

DF板倉滉(ベガルタ仙台/3回目)
▽連携、対人、クロス対応など申し分ない出来。柏の強みである右サイドを封じ込み、第18回アジア競技大会に臨むU-21日本代表に合流へ。

DF金井貢史(名古屋グランパス/初選出)
▽PK献上こそあったが、移籍後初ゴールを含む2得点をマーク。最多入場者数更新の一戦で神々しい活躍を披露した。

DFティーラトン(ヴィッセル神戸/初選出)
▽イニエスタに極上のプレーに沸いた試合だったが、その中で攻守に貢献度高きプレーを徹底。運動量も目が見張るものがあった。

MF高橋秀人(サガン鳥栖/初選出)
▽浦和のワイドな攻撃に動じず、豊富な運動量で縦横無尽に広範囲をカバー。決勝点を挙げ、チームの連勝を呼び込んだ。

MF前田直輝(名古屋グランパス/2回目)
▽全4ゴールに絡む会心のパフォーマンス。卓越したドリブルスキルで鹿島守備陣を完全に手玉に取り、名古屋の攻撃を形づくった。

MFアンドレス・イニエスタ(ヴィッセル神戸/初選出)
▽絶妙なターンから移籍後初得点をマークするなど、Jリーグで別次元のプレーぶり。ホットライン開通のポドルスキと共に神戸を力強くリードした。

FW小林悠(川崎フロンターレ/2回目)
▽ボールを引き出す動きと決定力で清水守備陣を翻弄。1得点1アシストを挙げ、フロンターレのエースを評される所以を示した。

FWアデミウソン(ガンバ大阪/初選出)
▽ファンを含むチーム一丸の思いを乗せたドラマチックな一発。個人としても2試合連続ゴールとなり、今後の活躍にも期待大。
コメント
関連ニュース
thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第7節】長谷川トーキョーのエース、公私充実の圧倒的2発!

明治安田生命J1リーグ第7節の9試合が13日から14日にかけて開催された。超WS編集部が今節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。 ◆寸評(所属/今シーズンの選出回数) GK朴一圭(横浜F・マリノス/初) 84分のジョーとの一対一を筆頭に好守連発。同点の場面では仲間のミスを救うセーブ直後にボックスを飛び出して畠中へのパスコースを創出。存在感は絶対だった。 DF岩田智輝(大分トリニータ/2回目) 迫力ある攻撃参加がついに実り、J1初ゴール。守備も力強く3試合ぶりの無失点に貢献。 DFマウリシオ(浦和レッズ/初) チーム全体が守勢のなかで、槙野と共に鉄壁を築く。ファン・ウィジョに1本もシュートを許さずの守備は見事だった。 DFキム・ミンテ(北海道コンサドーレ札幌/初) 元同僚FW都倉賢とのマッチアップで自由を与えず。カバーリングで周囲も助けた。 MFヘナト・アウグスト(清水エスパルス/初) 豊富な運動量とデュエルで初静岡ダービーにて躍動。本格的に起用され始めた前節からオレンジ軍団が安定してきた。 MF大島僚太(川崎フロンターレ/初) 約1カ月ぶりの復帰戦。見事なパス捌きで先制点も演出。王者の中盤に必要不可欠な存在であることを再証明。 MF永井謙佑(FC東京/2回目) 豪快ヘッドでJ1通算50ゴール目。2点目の場面では絶妙なトラップとスルーパス。脅威は増すばかり。 MF柏好文(サンフレッチェ広島/2回目) 献身性とポジショニング、相手の嫌がるプレーで神戸を追随する1G1A。 FW鄭大世(清水エスパルス/初) 35歳のベテランが吠えた。平成最後の静岡ダービーで貴重な先制弾。身体を張った気迫のプレーで初勝利を呼び込んだ。 FW渡大生(サンフレッチェ広島/初) 開幕戦以来の先発起用に応える美弾2発。抜群のシュートセンスで逆転勝利の主役に。 FWディエゴ・オリヴェイラ(FC東京/初) 圧倒的な個人技からの2発で鹿島守備陣を蹂躙。第一子誕生から3試合連続ゴール。エースの幸せな時間はまだまだ終わらない。 2019.04.15 12:15 Mon
twitterfacebook
thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第6節】2G1Aのマリノス新助っ人が会心の気円斬!

明治安田生命J1リーグ第6節の9試合が5日から6日にかけて開催された。超WS編集部が今節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。 ◆寸評(所属/今シーズンの選出回数) GKカミンスキー(ジュビロ磐田/初) 守りで無失点、攻撃でキャッチからの素早いスローでアシスト。GKながら勝負を決めた。 DF飯田真輝(松本山雅FC/初) リーグ戦初先発で好パフォーマンス。1失点こそ許したが、追加点をも決めて輝いた。 DF野上結貴(サンフレッチェ広島/2回目) タイトな守備でクラブ新記録の5試合連続完封に貢献。35分のシュートブロックも見事。 DF奈良竜樹(川崎フロンターレ/初) 1失点こそ喫したが、一対一の対応で強さを見せ、絶妙な縦パスでチャンス創出。攻守に奮闘。 MF松本怜(大分トリニータ/初) エース藤本の活躍が光るなか、右WBとして抜群の輝き。自サイドを完全制圧して好機演出。 MF東慶悟(FC東京/2回目) D・オリヴェイラの点取り屋としての活躍の影でMOM級の働き。逆転劇の功労者。 MFレオ・シルバ(鹿島アントラーズ/2回目) 敵陣中央付近から圧巻の50mドリブルV弾。この試合でも攻守にエネルギッシュな働き。 MF柏好文(サンフレッチェ広島/初) 対面の三浦を途中交代に追いやる。守り偏重のチーム内で先制点を決めるなど速攻の急先鋒に。 MF吉尾海夏(ベガルタ仙台/初) 2得点に絡み、攻撃を活性化。今季初白星をもたらすだけでなく、今後に向けた光にも! MFマルコス・ジュニオール(横浜F・マリノス/初) 三好が存在感を放つなか、2G1Aの全得点を演出。埼スタで「気円斬」パフォをお披露目。 FW藤本憲明(大分トリニータ/3回目) 開幕6試合で得点ランク首位の6ゴール目。“日本のヴァーディ”としてさらなるブレイクの予感。 2019.04.08 11:35 Mon
twitterfacebook
thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第5節】ポルディが“ワールドクラス”を体現!

明治安田生命J1リーグ第5節の9試合が3月29日から同月31日にかけて開催された。超WS編集部が今節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。 ◆寸評(所属/今シーズンの選出回数) GK大久保択生(サガン鳥栖/初) 好守連発。最後まで冷静さを保ち続け、勝ち点1獲得。 DF松田陸(セレッソ大阪/初) 縦突破でサイド攻撃活性化。35分に都倉の移籍後初弾をお膳立て。 DF野上結貴(サンフレッチェ広島/初) ゴールこそ決まらなかったが、本業の守備で奮闘。上々の出来だった。 DFフレイレ(湘南ベルマーレ/初) 古巣戦で攻守に圧巻。元同僚を最後まで苦しめた。 DF登里享平(川崎フロンターレ/初) 正確なクロスで先制弾をアシスト。守備も粘り強く隙なし。 MF川辺駿(サンフレッチェ広島/2回目) 中盤からしっかりゲームメイク。ボールの回収も◎。 MF松田天馬(湘南ベルマーレ/2回目) 美弾を含む全得点に絡む。新境地ボランチで大車輪の活躍。 MFガブリエル・シャビエル(名古屋グランパス/初) 今季初弾を含む2発。この男が輝けば勝利は自ずとついてくる。 MF和泉竜司(名古屋グランパス/初) 常にと言って良いほど連動した美しい攻撃の中心に。一際輝いた。 FWルーカス・ポドルスキ(ヴィッセル神戸/初) チームの目を覚まさせる豪快な一撃。随所でワールドクラス。 FW古橋亨梧(ヴィッセル神戸/初) 逆転劇呼びこむ殊勲の2アシスト。VIPに負けず劣らずの輝き。 2019.04.01 12:00 Mon
twitterfacebook
thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第4節】長谷川トーキョーのスピードスターが首位浮上に導く

明治安田生命J1リーグ第4節の9試合が17日に開催された。超WS編集部が今節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。 ◆寸評(所属/今シーズンの選出回数) GK林彰洋(FC東京/2回目) 至近距離からのシュートを2本セーブ。3試合9得点と好調攻撃陣を見事に完封。 DF岩田智輝(大分トリニータ/初) 機を見たオーバーラップから2点目をアシスト。69分には難しいボールをヘディングで防ぐなど攻守に貢献した。 DFチャン・ヒョンス(FC東京/初) 昨季の得点王ジョーに自由を与えず。森重真人と共に鉄壁なディフェンスを披露。 DF菅沼駿哉(ガンバ大阪/初) 川崎Fの強力アタッカー陣に対して終始冷静に対応。空中戦にも迫力があった。 DF安西幸輝(鹿島アントラーズ/初) 守備でルーカス・フェルナンデスを封じれば、売りの攻撃性能を発揮し2点目をお膳立て。日本代表初選出たる所以を示した。 MF永木亮太(鹿島アントラーズ/初) 気迫あるボール回収とカバーリングでピンチの芽を幾度も摘んだ。レアンドロのゴールに繋がったワンタッチパスも絶妙。 MF川辺駿(サンフレッチェ広島/初) 優れた危機察知能力でカウンターを封殺。気の利いたポジショニングとパスも光り攻守両面で相手の嫌な存在に。 MF原川力(サガン鳥栖/初) 随所に顔を出し何度も攻撃の起点に。極めつけはクエンカへのピンポイントクロス。今季初白星をもたらした。 FW藤本憲明(大分トリニータ/2回目) 卓越したポジショニングとシュートセンスで2ゴール。遅咲きエースの躍動が大分の好スタートを支えている。 FW伊藤翔(鹿島アントラーズ/初) 新天地で覚醒したゴールハンターが2発。公式戦6試合7ゴール。守備面での献身的なプレーもチームの助けとなった。 FW永井謙佑(FC東京/初) チート級のスピードで攻守に輝き。首位浮上に導く決勝弾も奪い、勝利の立役者となった。 2019.03.18 12:30 Mon
twitterfacebook
thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第3節】J復帰のブラジル人アタッカーが4ゴールと大爆発!

明治安田生命J1リーグ第3節の9試合が9日から10日にかけて開催された。超WS編集部が今節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。 ◆寸評(所属/今シーズンの選出回数) GKキム・スンギュ(ヴィッセル神戸/初) 1失点も集中を保ち、好守も連発。外国人枠による出場機会減少の危機を前に守護神ぶりをアピール。 DFエミル・サロモンソン(サンフレッチェ広島/2回目) 開幕節での華麗かつ豪快なボレーの次は泥臭い決勝弾。守備での貢献も◎ DF宮澤裕樹(北海道コンサドーレ札幌/2回目) 隙を見逃さず一本の縦パスで先制点を演出。最終ラインの司令塔として攻撃陣を活性化。 DF福森直也(大分トリニータ/初) 守備では相手の侵攻を許さず、適切な攻め上がりで攻撃に厚み。絶妙クロスで決勝弾をアシスト。 DF安西幸輝(鹿島アントラーズ/初) 3連戦も驚異の運動量。サイドバックとは思えぬ巧みな切り返しからゴールを奪い、チームに今季初白星をもたらした。 MFレオ・シルバ(鹿島アントラーズ/初) 安西の決勝弾をアシスト。卓越したパスセンスとキープ力で攻撃をリード。ボール奪取も健在で攻守に躍動した。 MFアンドレス・イニエスタ(ヴィッセル神戸/初) 仙台の守備組織にズレを生じさせ、1アシスト含め全ゴールに絡んだ。周囲を生かすプレーは流石の一言。 MFジョアン・シミッチ(名古屋グランパス/初) 視野の広さと効果的な配球で攻撃にリズムを加えた。移籍後初ゴールは意外にも頭だった。 FW後藤優介(大分トリニータ/初) 今季リーグ戦初起用に応える1G1A。スルーパスで大南の退場も誘い、致命傷を負わせた。決勝ボレーはお見事。 FWアンデルソン・ロペス(北海道コンサドーレ札幌/初) 衝撃の4ゴールで清水を粉砕。文句なしの選出。ただ、ゴール裏の看板を越える際には要注意。 FW鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌/初) スピード生かした抜け出しからから2戦連発。ドリブルでも積極的に仕掛け、自信を感じさせた。 2019.03.11 12:30 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース